トライシー。 [B!] 京浜急行バス、深夜急行バス廃止 箱根湯本発着の空港バス廃止し、桶川・上尾路線から撤退

トライシージャパン、旅行者向け掲示板サービス「Traicy Talk(トライシー・トーク)」を正式オープン|株式会社トライシージャパンのプレスリリース

トライシー

当社は移動をしたいお客様と、移動手段(乗り物)、 その間のプロセスを繋ぐ、移動サービスカンパニーです。 よって、バス会社、バスの手配サービス、旅行会社ではありません。 お客様が抱えられているニーズ~目的達成まで、 当社が寄り添いながら、お客様の成功をサポートすることを強みとしております。 当社は移動に関わるプラットフォーム事業を行っております。 現在は、移動の中で特に貸切バスに焦点をあてて事業展開を行っています。 全国の一般、法人の方と、全国のバス会社の最適なマッチングを行うと共に、自社によるサービスで利用者様のご負担をなくし、 安心安全を担保の上で、当日の成功を全力でサポートさせていただきます。 また、バス会社様には、当日のサービスに集中していただくことで、 利用者の満足度を上げていただくために、当日までのアテンドは全て当社で行わせていただきます。 私どものサービスは日本における、貸切バス利用の全体最適化を事業として行い、 業界をよりよくし、貸切バス文化を日本に広げることを使命としております。 世の中が変化するスピードは速く、新しいデバイスと同時に新しいサービスも次々と生まれています。 私たちが身近に利用しているインターネット・サービスも、つい最近まで、なかったものばかりです。 移り変わりの激しい中、生き残ることは厳しいですが、その一方で、自分たちのアイデアひとつで世界を大きく変えられるチャンスもあります。 私たちは、インターネット・サービスを提供していく中で、お客様に感動していただくことの大切さを学びました。 お客様の期待以下のサービスはもってのほかですが、期待通りでも感動していただけません。 誰もがアッと驚く革新的で、気が利いていて、真っ直ぐで熱く誠実な気持ちを感じられるサービスこそ、期待を上回り、価値が生まれ、そしてお客様に感動いただけるのだと。 また、「文化」の定義のひとつに「社会を構成する人々によって習得・共有・伝達される行動様式ないし生活様式の総体」とあります。 当社では、ヒトが感動し、その感動をヒトに伝えたくなるような、まさに「文化」につながるサービスを創造するべく、徹底的にお客様の視点で考え抜くことを大切にしています。 そして、お客様の期待はどこにあるのか?それを超えたサービスとは何か?を徹底的に追求することで、システムの力のみに頼らないインターネット・サービスのノウハウを蓄積しています。 私は、この仲間たちと共に、一人では到底生み出せないような、果てしなく大きなインパクトを世の中に与えていきたいと考えています。 革新的なアイデア・ホスピタリティ・情熱で、人々に大きな喜びと驚きを届け、未来を創り続けていきます。

次の

[B!] 東京BRT、5月24日からのプレ運行延期

トライシー

トライシー・ジャパンが運営する旅行専門掲示板サイト「Traicy Talk(トライシー・トーク)」は、Traicy Talkへの質問および回答内容が画像で投稿される機能「画像丸」の運用を開始しました。 また、これを記念して、質問の投稿者の中から抽選で10名に1,000円分のAmazon ギフト券をプレゼントするキャンペーンを、3月31日まで開催する。 株式会社トライシージャパン(本社:東京都千代田区)が運営する旅行専門掲示板サイト「Traicy Talk(トライシー・トーク)」 は、2月20日、「トライシー・トーク」に質問および回答内容が画像で投稿される機能「画像丸」の運用を開始した。 「トライシー・トーク」は、空港での乗り継ぎや航空券の購入方法、ご当地のおすすめ情報といった疑問や質問を行うことができるサービス。 疑問や質問に対して詳しい旅行者が自由に回答を投稿することで解決を促す。 この他にも、ある特定のテーマについて様々な議論を交わすことや、実際に旅行に行った情報を共有する場としても活用することもできる。 これまでは、質問や回答内容を文字にて自動投稿されていたが、今回の「画像丸」の追加により、公式Twitterアカウントの利便性が向上することが見込まれる。 また、「画像丸」機能のリリースを記念して、質問の投稿者の中から抽選で10名に1,000円分のAmazon ギフト券をプレゼントするキャンペーンを、3月31日まで開催する。 会員登録者数はオープンから8ヶ月で6,000人を突破しており、ゴールデンウィークでの旅行シーズンに多くの旅行者の疑問を共有、解決することで「トライシー・トーク」の活性化を促すことを目的としている。 キャンペーンの当選者には登録メールアドレスに4月上旬までに通知を行い、Amazonギフト券を送付する。 当選通知時に送付先が不明の場合、すでに退会している場合には、当選は取り消しとなる。 トライシージャパンが運営する、旅行者向けにセール情報をはじめとした各種旅行情報を提供しているウェブメディア「Traicy(トライシー)」の読者の中には多くのフリークエントトラベラー(多頻度旅行者)がおり、年間2回から3回程度、東京において開催している読者懇親会では、読者同士が様々な有益な情報を交換している。 読者有志が立ち上げたコミュニティの「旅人の会」では、日本各地を読者同士で旅行したり、バンコクやクアラルンプールなどで食事会を開くといった活動にまで発展している。 このような旅行者同士が疑問の解決や情報の提供を行うことができることで、多くの質が高く有益な情報を集約できるようになり、旅行者の様々な疑問を解決できるものと期待している。 今後は機能の充実や「トライシー」との連携を強化することで利用者数の拡大を図るほか、旅行会社のウェブサイトとの情報連携、海外の旅行代理店、専門家との連携も視野に入れている。 jpは、本プロモーションのスポンサーではありません。 Amazon、Amazon. jpは、Amazon. com,Inc. またはその関連会社の商標です。

次の

トライシージャパン、旅行者向け掲示板サービス「Traicy Talk(トライシー・トーク)」を正式オープン|株式会社トライシージャパンのプレスリリース

トライシー

この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 がまったく示されていないか不十分です。 内容に関するが必要です。 ( 2017年12月)• を満たしていないおそれがあります。 ( 2017年12月)• 的であり、で書き直す必要があります。 ( 2017年12月) Traicy URL 使用言語 タイプ 運営者 株式会社トライシージャパン 設立者 株式会社トライシージャパン 登録 任意 設立日 現状 運営中 株式会社トライシージャパン Traicy Japan Inc. 本社所在地 〒101-0041 東京都千代田区神田須田町2-23-1天翔秋葉原万世橋ビル605 設立 2017年6月1日 Traicy(トライシー)は、株式会社トライシージャパンが運営する、国内外の航空、鉄道、ホテル、ゲストハウス、旅行会社、観光情報などを専門に扱うインターネットメディアである。 歴史 [ ] 2011年7月1日に創刊、当時は格安航空券情報をまとめたサイトとしてオープンし、箇条書きなどを多く用いたブログテイストだった。 その後、扱うカテゴリーを増やし、総合的な旅行メディアにシフトした。 2013年11月には鉄道専門メディア「EX-TRAIN」とホテル専門メディア「Hotelers」(編集長:)、2014年3月にはゲストハウス専門メディア「GuesthouseToday(ゲストハウス・トゥデイ)」(編集長:向井通浩)、2014年7月には台湾版「Traicy Taiwan(旅遊新聞網「來・去旅行」)」をオープンしたものの、「EX-TRAIN」を除いて運用を停止している。 9月1日 航空ニュースサイト「Flight Liner(フライトライナー)」事業を買収により取得している。 黎明期から「Traicy懇親会」と呼ばれる読者懇親会を主催し、東京、大阪、名古屋で開催した。 数十人の旅行者が参加し、JTBパブリッシングやロッテ免税店などがスポンサードした実績がある。 創刊当時から2017年5月まではメディア・エージェンシー有限責任事業組合が運営を手がけていた。 外部リンク [ ].

次の