お腹 の 脂肪 を 落とす 食事。 2週間でお腹周りの脂肪を落とす 3つの方法

2週間でお腹周りの脂肪を落とす 3つの方法

お腹 の 脂肪 を 落とす 食事

お腹の脂肪を落とす食事と運動。 特にして欲しい運動とは? お腹の脂肪を落とす方法を紹介します。 お腹の脂肪を落とすには食事と運動です。 難しいことをする必要はありません。 そしてお腹の脂肪を減らすためにして 特にして欲しい運動があります。 それでは順番に説明します。 ぽっこりお腹が気になる 女性の体で一番気になるのは、 ぽっこりお腹ではないでしょうか。 お腹がぽっこりしている人は多く、 このお腹の脂肪を落とすのが難しいのです。 ではどうしたらこのお腹の脂肪を 落とす事が出来るのでしょうか? お腹の脂肪を落とすには? お腹の脂肪はなかなか落ちないので、 食事制限や運動をコツコツ頑張って 落とすしかありません。 ですがお腹の脂肪を落とすからと言って、 特別なダイエットは必要ありません。 一般的なダイエットと同じ 運動と食事制限をして下さい。 そして、お腹の脂肪は落ちにくいので、 長く続ける事がコツです。 無理なダイエットをせず、 長く続く簡単なダイエット方法がオススメです。 お腹の脂肪を落とす運動 運動は水泳やランニングなど 苦しくて、続かない事をしなくても良いです。 水泳やランニングをする時間を、 毎日、歩けば良いのです。 ランニングなど辛いことを するから長く続かないのです。 歩く方がずっと簡単で、長続きします。 お腹の脂肪を落とす特別な運動 お腹の脂肪を落とすのに、 特別な事をしなくて良いと書きましたが、 1つだけして欲しい運動があります。 それが腹筋運動です。 腹筋はお腹の脂肪を落とすのに良い運動です。 でも腹筋は長時間出来ません。 腹筋だけでお腹の脂肪を 落とそうとするから大変なので、 長く続ける事ができません。 そこで歩く運動を平行させます。 歩くことを平行する事で、 簡単にお腹の脂肪が落とせます。 お腹の脂肪を落とす食事 無理な食事制限は長続きしません。 糖質制限ダイエットや 朝食置き換えダイエットがお勧めです。 朝食置き換えダイエットは、 酵素ドリンクに豆乳を 混ぜると腹持ちがよくなります。 まとめ お腹の脂肪を落とすには食事と運動が大事です。 でも苦しい運動をする必要はありません。 歩くだけでダイエット効果はあります。 そして、お腹の脂肪を落とすのに、 やって欲しいのは腹筋です。 腹筋をする事で、ぽっこりお腹は解消します。 そして朝食置き換えダイエットを平行すると良いです。

次の

お腹周りの脂肪を落とす為の食事戦略とは?

お腹 の 脂肪 を 落とす 食事

冷たい食べ物と飲み物を控える まず、 「お腹を冷やすと体に悪いよ」というのは聞いた事があると思いますが、これからお話しするのは冷たい食べ物や飲み物を摂取することで、お腹周りの脂肪が増えやすくなる可能性があるよ、という話です。 冷たい食べ物や、飲み物ばかりを摂取していると、内臓は冷えてしまって代謝機能が低下しやすくなります。 そうなると、お腹周りに集まっている内臓を冷やさないようにしようと体が反応(対応)して、お腹周りを温めるために脂肪をつけやすくしようとするのです。 この状況に誰もがなるわけではありません ですから、なるべくお腹を冷やさないように、• 水は常温で飲むようにする• 暖かい食べ物を摂るようにする 1年中• 体が温まる食べ物を食べるようにする ショウガなど これらの事を実践していくと良いでしょう。 特に40代を過ぎてくると、何もしていなくても内臓の機能が低下してお腹周りに脂肪がつきやすくなるので、冷たい食べ物を控えるだけではなく、お腹を冷やさないよう腹巻などもするのも有効だと思います。 ・・・お試しあれ。 朝食・昼食・夕食の割合と食事メニューは? 朝食と昼食はしっかり摂る事をおすすめします・・・と言っても、食べ過ぎはダメですよ。 朝食 朝食は、起床時のお腹の状態や、体重の推移によって何をどのくらい食べるか?を選択します。 基本的に朝食では、• 炭水化物(白米・玄米・雑穀米・オートミールなど)• タンパク質(卵・無脂肪ヨーグルト・納豆・豆乳・プロテインなど)• 野菜(摂れない場合は、マルチビタミンのサプリで補う) こういった食べ物をチョイスしていくと良いでしょう。 昼食 昼食は、ほとんどの人は仕事や学校などで外食だったり、お弁当だったりすると思います。 外食をする場合は、 栄養も考えてなるべく和食中心のメニューがおすすめです。 (その際、塩分の摂り過ぎは注意してください) 和食の中で、良質なタンパク質の補給するために、魚や大豆(納豆など)、卵は外せない食材だと思います。 昼食では、炭水化物はしっかり摂取していきたいので、デンプンや小麦から出来ているお米(白米や雑穀米)や麺類(うどんや蕎麦)などを食べていくのが良いでしょう。 ちなみに、昼食をコンビニで済ましたい場合や弁当を持参の場合は、下記の記事を参考にしてみてください。 夕食 あと、夕食の時間帯(特に20時〜)は、人間にとって代謝の時間となってくるので、足りない分の栄養素を補いつつ、食べ過ぎには注意するようにしてください。 糖質は、 炭水化物 は状況によっては食べないようにして、タンパク質とビタミン・ミネラル中心の食事メニューを組んでいく事をおすすめします。 (体重が順調に落ちている場合は、糖質も摂取したほうが良いです) あくまでも例ですが、下記の食材を組み合わせた夕食が好ましいでしょう。 脂質の少ない肉(胸肉・ササミ・牛や豚のヒレ肉など)• 魚(魚の場合は、脂質のあるサーモンや青魚もOK)• 海藻やキノコ類• ネバネバの食品 納豆やオクラ、モロヘイヤなど• 酵素が入った食品 キムチやぬか漬けなど)• 野菜はしっかり摂る ブロッコリーやトマト、キャベツやほうれん草など 野菜に関しては、イモ類 ジャガイモやサトイモ や、 GI値の高い野菜 ニンジンやカボチャ は、夕食を食べる場合、状況に よって避けたほうが良いです。 あと、下記の記事でもお腹の脂肪の落とし方について言及しているので、良かったら参考にしてみてください。 間食をしよう 巷では間食は太るという概念がありますが、それは間違った認識です。 (太るのは、消費カロリーよりも摂取カロリーが多くなった時です) なるべく1日中血糖値を安定させる為に、むしろ間食は積極的にしましょう。 言い換えると、1日の食事回数を4回〜6回と増やす方が良い、という話です ただし、間食をする場合は、1日の総摂取量は変えないようにしましょう。 つまり、間食をして食事回数を増やしていく場合は、1回分の食事の摂取量を減らして調整してください。 じゃないと、カロリーオーバーでお腹の脂肪が増えてしまいますから。 間食する食べ物で、おすすめの食材は、• アーモンド• 果物 バナナ、リンゴなど• サラダチキン• 野菜ジュース• するめ、ビーフジャーキーなどの乾きもの よく噛むもの• 無脂肪ヨーグルト なるべく砂糖の含まれていないもの• プロテイン• プロテインバー などですね。 プロテインなら、現在私がおすすめしているのは、海外でも日本でも人気があって成分も良い『オプチマムのゴールドスタンダードプロテイン』です。 プロテインは、手軽に間食として筋肉の材料になるタンパク質を摂取することが出来るので、誰にでもおすすめできるサプリメントです。 糖質(炭水化物)を制限しすぎない事 お腹周りの脂肪を何とかしたい人、落としたい人は食事管理で糖質 炭水化物 を制限しすぎる人がいます。 例えば、朝食だけおにぎりを1個食べてそれ以降は一切糖質(炭水化物)を摂らない・・・とか。 こういう事をすると、体脂肪を燃焼させるだけのエネルギーが足りなくなり、代謝が下がる可能性が高くなるので、体のエネルギー源になる糖質は、ある程度食べたほうがお腹周りの脂肪を減らすことに繋がります。 当然、炭水化物の適正摂取量は人によって違ってきます 基本的には、余程代謝が下がっていない限りは、朝食と昼食ぐらいはある程度しっかり糖質(炭水化物)を摂取したほうが体脂肪の燃焼につながりやすくなるでしょう。 (ちゃんと運動もしている場合) スポンサーリンク タンパク質の摂取量を増やす 筋肉を作る材料になるのはタンパク質であり、結果的に 代謝を上げやすい食材になるのもタンパク質。 これらの事を踏まえると、1日の食事を通してこまめにタンパク質の含んだ食べ物を摂る事がお腹周りの脂肪を無くすことに繋がってきます。 ちなみに、1日のタンパク質摂取量の目安は、筋トレを取り入れながらダイエット(減量)をしている場合は、体重1kgあたりで2. 2gくらいです。 (本格的に筋トレをしていない場合や、体重の軽い女性は、目安量より少なくても良いかもしれません) もちろん、人それぞれ体の大きさや体質によって最適な摂取量は前後してくると思うので、そこは摂取しながら調整が必要ですよ。 タンパク質を含む食品については、下記の記事で詳しく書いているので、良かったら参考にしてみてください。 水分を沢山摂取する 水分をしっかり摂取しないと、血液の流れが悪くなります。 血液は、体中(筋肉など)に栄養や酸素を運ぶ重要な役割を担っているので、水分不足は代謝の循環が悪くなって、体脂肪が燃焼しにくい環境を作ってしまいます。 なので、お腹周りの脂肪を落とすのを目的としているのなら、『摂り過ぎでしょ』というくらいの気持で水分を摂取するくらいが丁度良いと思います。 目安量としては、いきなり沢山の水分を摂取するのは難しいと思うので、1日で食事とは別で1. 5リットルくらいを目標にして、増やせるようであれば、徐々に増やしていくと良いでしょう。 筋肉を沢山つけているボディビルダーやフィジークの選手は、1日で4リットルとか、5リットル以上飲む人も結構いるみたいですから。 (聞いた中では、12リットル飲んでいた人もいました) また、水分は体内で余った分は尿や汗で排出されるので、一気に摂取せずになるべく一定の間隔(1〜2時間置きくらい)を空けて摂取していくのがおすすめです。 水分を摂取する時に飲むのは、水(ミネラルウォーター)だけにしましょう。 (お茶も良いですが、水のほうがおすすめ) まとめ 結局、上記の内容をまとめると、難しい事は何も言っていないし、真新しい事も言っていません。 むしろ、当たり前のことを当たり前に出来れば、お腹の脂肪は 無くなる確率は高くなる、という事ですね。 ただ、こういう事を一度にやろうとして挫折する人が多いので、1つ1つ習慣にしていく事をおすすめします。 お腹周りの脂肪は、今までの食生活や加齢が積み重なって付いたものです。 加齢はしょうがないので、これからは今までと違った生活習慣や、食生活を心がけないとお腹周りの脂肪は無くなりません。 今出来ることから1つ1つクリアしていきましょう。 それが出来れば、いつの間にかお腹の脂肪も無くなっていくでしょう。 補足 更に、お腹の脂肪を減らすのを加速させたい場合は、脚の筋トレをやる事をおすすめします。 詳しい事は、下記の記事を参考にしてみてください。 頑張ってお腹の脂肪を落としてかっこいい体を目指しましょう。 食事管理が苦手・面倒くさい場合 今回の記事を読んで、 「そういう食事管理は苦手だし、面倒くさいからあまりやりたくない・・・だけど、少しでも良いからお腹の脂肪を何とかしたい」 と思っている場合は、お腹の脂肪を減らすのを助ける効果が臨床試験結果で認められている「シボヘール」という「機能性表示食品」を試してみても良いかもしれません。 機能性表示食品というのは、何らかの効果を得られた食品を消費者庁に報告(届け出)した食品のことで、今回で言えば、「お腹の脂肪の吸収をおだやかにする効果が認められた、と消費者庁に届け出をした『シボヘール』がそれにあたります。 もし、食事の管理は嫌だけど、少しでもお腹周りを何とかしたいから、『シボヘール』に興味があるという場合は、公式サイトから詳細を確認してみてください。

次の

お腹の脂肪を落とす食事法6選!女性必見のおすすめ食材&レシピまとめ

お腹 の 脂肪 を 落とす 食事

食事のとり方でこんなに変わる!体脂肪を落とす食事方法 摂取カロリーを減らしすぎると逆に体脂肪は落ちにくくなる! ダイエットで体脂肪を落とすためには、食事で摂取カロリーを減らす必要があります。 しかし早く痩せたいがために食事の量を極端に減らすのは、逆に体脂肪が落ちにくくなるって知っていますか? 摂取カロリーを減らしすぎると筋肉量が減って代謝が下がる 食べる量を極端に制限し、摂取カロリーを減らしすぎると筋肉量が減ってしまいます。 筋肉量が減ると代謝が低下するので、体脂肪が燃焼しない痩せにくいカラダになってしまうのです。 だから極端な食事制限は絶対にダメなのです! 正しく痩せるための摂取カロリーの目安 摂取カロリーを減らす場合は、成人の平均摂取カロリーより20%程度落とすのが最も効果的で健康的に体脂肪を落としていくことができます。 でも、そのために1日2食などムチャなやり方は絶対にダメです!食べないダイエットは確実にリバウンドしてしまうからなんです。 例えば炭水化物を極端に減らすなど、単純にカロリーを減らせばいいと思っていませんか?食事の質を見落としてはいけません。 PFCバランスを目安にする事で太りにくいダイエットに適した食生活となります。 ワンポイントとしてダイエットでは運動を行うためタンパク質の比率をやや重視して食事することが効果的となります。 だから朝から夜にかけて摂取カロリーを抑えることで脂肪の蓄積を抑えることができるのです! でも朝たくさん食べるのが苦手な方は多いのではないでしょうか。 朝たくさん食べるのが苦手な場合は、夕食のカロリー摂取を抑えるだけでもダイエット効果は期待ができるので、朝:昼:夜を2:3:1の割合で摂るようにしましょう。 現代人によくありがちな夜にかけて食事量が増える食べ方は、とても太りやすい食事方法なのです。 いくら総摂取カロリーが少なくても、朝食を食べずに昼と晩の2回の食事はさらに太りやすい食事の摂り方なので絶対にダメ! 【食事ダイエットのテクニック】食事回数を増やすことで体脂肪の燃焼を促進させる! 食事回数を増やして小分けして食べる 食事回数を増やすと言うのは、1日の摂取カロリーを小分けして食べると言うことです。 3回の食事で1500kcalを摂るよりも、4回に小分けして1500kcalを摂る方が効果的と言うこととなります。 食事回数は理想的な回数は5~6回とされていますが、これは現実的ではないので1日4回に分けるのが良いでしょう。 なぜ!?食事回数を増やすと代謝を高く保つことができるのか? 食事をとるとエネルギー代謝が上がり、一時的に体脂肪が燃焼しやすい状態になっているのです。 しかし食後数時間立つとエネルギー代謝は下がってしまい、このタイミングで消化したものが脂肪として蓄積してしまうのです。 だったら、なるべく代謝を下げないように高く保っていたほうが脂肪燃焼にはいいですよね。 食事回数を増やすことで代謝を1日を通して高く保つことができるので、体脂肪が燃焼しやすくなるというワケなのです。 理想的な回数は5~6回とされていますが、これは現実的ではないので1日4回に分けるのが良いでしょう。 消化が良くなるので脂肪として蓄積されにくくなる 食事を小分けすることで1回の食べる量が少なくなります。 食べた食品を体がしっかりと分解してくれるので、脂肪として蓄積され難くなります。 これだけで痩せる!?食事ダイエットの方法 食事制限をする場合、手っ取り早くカロリーを抑えるために炭水化物をカットしていませんか? 以前、炭水化物ダイエットが流行りましたが、実は炭水化物を減らしすぎるのはインスリンの分泌量を増やし、リバウンドしやすく太りやすい体質に変化させてしまう危険性も伴っているのです。 食事にはポイントがります。 しかも、これから紹介するたった3つのポイントを実践するだけでもダイエット効果を実感できると思います。 まずは脂質から減らしていく 摂取カロリーを減らしていく場合、まずは脂質から減らします。 脂質は1gのカロリー量が9kcalもあります。 これは炭水化物の約2倍!だから、まずは脂質を制限することが重要であり、これはダイエットの超基本なので忘れないように!そして毎日の食事から脂質をカットしていくことで、徐々に体脂肪は減って行きます。 炭水化物は正しい時間帯に摂る 炭水化物は「摂らない」ではなく「正しい時間帯に摂る!」これが大切です。 炭水化物は1日の後半に摂取するほど脂肪として蓄積しやすくなります。 よって1日の後半の食事になるほど炭水化物の摂取量を抑えていくようにすることが効果なのです。 高タンパクの食事を心がける 高タンパクの食事をすることで、筋肉を維持することができ運動で疲労した筋肉を回復させる役割をします。 これにより筋肉を良い状態に保つことができ、代謝の高い体を維持し続けることができます。 最近でいうとコンビニのサラダチキン、鶏のささみですね。 そのほか、赤身魚や赤身肉、納豆や豆腐などの大豆食品などを積極的に食べるように!プロテインドリンクも活用するとより効果的となります。 栄養バランスの取れたダイエットに効果を上げる食事メニュー では、ここまで解説してきたことを取り入れたダイエットに効果を上げる食事メニューを紹介します。 【朝食】600kcal 朝食は1日で最も大切な食事です。 朝食をしっかり食べて1日のエネルギーを蓄えます。 トーストや目玉焼き、サラダにオレンジジュース。 炭水化物、タンパク質、ビタミン摂取のバランスを考えたレシピがベスト!.

次の