特急ソニック 運賃。 ソニック (列車)

特急ソニックには速いのと遅いのがある?【料金・停車駅・予約方法つき】

特急ソニック 運賃

特急『ソニック』路線図(国土地理院「地球地図日本」データ、国土交通省「国土数値情報」鉄道データを元に、格安旅行ナビが加工・作成。 駅名は、主な停車駅のみ表示) 特急『ソニック』は、博多・小倉〜別府・大分・佐伯を結ぶ JR九州の特急列車です。 博多〜大分間を、約2時間で結びます。 一部の列車は大分駅より先の佐伯駅まで運転しています。 ただ運転本数が少ないので、大分駅で特急『にちりん』に乗り換えて佐伯駅方面まで移動するのが一般的です。 特急『ソニック』の基本データは、以下の通りです。 使用車両 883系・885系電車 車両編成• 883系(7両編成)• 885系(6両編成) 停車駅 博多・吉塚・香椎・福間・東郷・赤間・ 折尾・ 黒崎・八幡・戸畑・ 小倉・下曽根・ 行橋・宇島・ 中津・柳ヶ浦・宇佐・杵築・亀川・別府・大分・鶴崎・大在・幸崎・臼杵・津久見・佐伯 全列車が停止する駅を 太字で示しています。 太字でない駅には一部の列車しか停車しません。 その他• 車内販売はありません。 全席禁煙です。 小倉駅で進行方向が変わります。 スポンサーリンク 特急『ソニック』の運賃・料金(大人・通常期) 区間 普通車自由席 普通車指定席 グリーン車 博多〜小倉 1,830円 2,360円 2,880円 小倉〜中津 1,970円 2,500円 3,020円 博多〜中津 3,420円 3,950円 5,020円 小倉〜別府 3,780円 4,310円 5,380円 小倉〜大分 3,780円 4,310円 5,380円 博多〜別府 5,150円 5,680円 6,750円 博多〜大分 5,150円 5,680円 6,750円 小倉〜佐伯 5,150円 5,680円 6,750円 博多〜佐伯 6,800円 7,330円 9,370円 特急『ソニック』と競合する交通機関 特急『ソニック』と競合する交通機関は、 高速バスです。 具体的には、以下の高速バス路線です。 (福岡〜別府・大分) 高速バスと特急『ソニック』の、所要時間と費用を比較してみます。 比較する区間は、 博多駅〜大分駅です。 大人1名が片道乗車するという条件です。 博多駅〜大分駅 交通機関 所要時間 費用(運賃・料金) 高速バス とよのくに号 約2時間40分 3,250円 特急『ソニック』 約2時間5分〜2時間25分 5,150〜6,750円 特急『ソニック』の運賃・料金は相対的に割高ですが、以下で紹介する 割引きっぷを利用することで、費用をある程度抑えることが可能です。 特急『ソニック』の割引きっぷ 特急『ソニック』の割引きっぷには、以下のようなものがあります。 九州ネットきっぷ・九州ネット早特3• 2枚きっぷ(指定席用・自由席用)• eきっぷ• JR九州ジパング倶楽部(シニア限定) それぞれの内容について、以下で見ていきましょう。 九州ネットきっぷ・九州ネット早特3 『』および『』は、JR九州のインターネット予約サイト「」から購入できる ネット限定の割引きっぷです。 「JR九州インターネット列車予約サービス」でのきっぷ購入には、 クレジットカードが必要です。 『九州ネットきっぷ』と『九州ネット早特3』の違いは、 予約期限の違いです。 『九州ネットきっぷ』は乗車日当日でも購入できますが、『九州ネット早特3』は乗車日の 3日前までの予約が必要です。 eきっぷの価格(主な区間) 区間 普通車指定席 グリーン車 小倉〜別府・大分 3,780円 5,280円 博多〜別府・大分 5,150円 6,650円 JR九州ジパング倶楽部(シニア限定) は、JR九州が運営するシニア世代向けの会員制サービスです。 男性が満65歳以上、 女性60歳以上の方が入会できます。 個人会員と夫婦会員があり、個人会員は年会費が 3,840円、夫婦会員は2人で 6,410円です。 JR九州ジパング倶楽部の特典の一つが運賃・料金の割引です。 JR九州ジパング倶楽部の会員は、インターネット限定の(会員登録無料)の会員になることも可能です。 ハロー!自由時間クラブの会員は、『JR九州インターネット列車予約サービス』での割引きっぷを購入することができます。 スポンサーリンク 博多〜大分(往復・普通車指定席) きっぷの種類 価格(運賃・料金) 割引率 九州ネット早特3 5,100円 55. JRの駅にある『みどりの窓口』• 主な旅行会社の窓口• (主要駅に設置)• インターネット予約サイト 特急『ソニック』の指定席券を予約できるインターネット予約サイトを、以下に挙げました。 これらのインターネット予約サイトは、いずれも会員登録無料です。 (JR九州)• (JR西日本・JR東海・JR四国・JR九州)• (JR北海道・JR東日本) カッコ内は、予約したきっぷの 受け取り可能エリアです。 九州にお住まいの方は、『JR九州インターネット列車予約サービス』か『e5489』のいずれかを利用すれば、JR九州の駅できっぷを受け取ることができます。 特急列車の予約方法についてさらに詳しくは、以下の記事をご覧ください。 スポンサーリンク.

次の

きっぷ一覧|JR九州

特急ソニック 運賃

大分方面へ向かう列車の場合、自由席の連休初日の午前中いっぱいはほとんど満席になっている。 乗車率100%ということになる。 上り列車の場合は停車駅に止まりたびに乗客が乗ってくるという流れになるため、始発駅である大分駅をはじめ、別府駅なら自由席でも空席がある可能性が大きいが、中津駅となるともう座れないことが少なくない。 乗車率が9割を超えると予想される。 自由席を狙うのであれば、上り列車は始発駅の大分駅から乗る場合を除いては指定席を狙うのがよいだろう。 日曜日の午後から夕方も混雑 日曜日の午後になると、今度はUターンラッシュが始める。 大型連休ではニュースで大きく取り上げられる言葉であるが、通常の土日でも規模は小さいが同じような現象が起こる。 週末の終わりは15~20時頃にかけては特急ソニック号の自由席・指定席ともに混雑する。 特に上り列車は行楽地から北九州・福岡市方面へ帰る人が殺到するため、午後から夕方にかけては満席になりやすい。 始発駅の大分駅から乗るのであれば、自由席でも座れる可能性は大きいが、その次の停車駅である別府駅からだと空席がゼロになりことが珍しくない。 上り、下りともに自由席でも空席を見つけやすい。 指定席も満席になることは稀であり、何か大きな出来事がない限りは空席状況の電光掲示板は「〇」印であり続ける。 ただし、朝ラッシュの上り列車の自由席に限っては混雑しやすい。 小倉・博多方面へ向かう通勤客が多く殺到するためである。 通勤ライナーのような存在になる。 自由席は定期券+自由席特急券で乗れる。 指定席も指定席特急券と定期券で乗れるものの、特急券そのものの値段が割高のため、自由席を狙う人が多い。 金曜日の夜は下りが混雑 金曜日に関しては、週末にかけて行楽地で過ごす人が早くも金曜日の夜から移動を開始する人が結構いることで混雑しやすい。 自由席・指定席ともに完全に満席になることは少ないものの、月・火・水・木と比べると乗車率が上がる。 特急ソニック号は博多駅始発がほとんどだが、博多駅から乗れば自由席でも座れる一方で、小倉駅のような途中駅からだと難しいかもしれない。

次の

ソニック (列車)

特急ソニック 運賃

8月8日以降利用分の発売を再開しております。 自由席を利用される場合、指定料金券は不要です。 この場合、指定料金部分の払いもどしはありません。 グリーン料金券はご乗車前に駅の窓口等であらかじめお求めください。 列車内での発売は行っておりません。 ご利用になる場合は別に乗車区間の運賃及び特急料金が必要です。 「SL人吉」をご利用の場合は座席指定券(大人840円・こども420円)が必要です。 )は100円を払いもどします。 (小児の場合、50円未満は、50円を払いもどします。 (グリーン席タイプの割引きっぷで指定席、自由席を利用された場合も同様です。 指定券については、同じ列車の指定券に限ります。 買いなおしたきっぷは、下車駅で「再収受証明」を受け、そのままお持ち帰りください。 あとからお買い求めいただいた無割引のきっぷについて、手数料220 円(指定券は340 円)をいただき、「再収受証明」のあるきっぷの運賃・料金を払いもどします。 ただし、あとからお買い求めいただいたきっぷのご利用状況などにより、払いもどしができない場合があります。 詳しくは係員にお尋ねください。 なくしたきっぷが発見された場合でも、きっぷの払いもどしはいたしません。 紛失しないようにご注意ください。 インターネット予約がさらにお得に.

次の