大阪 弁。 【大阪弁】大阪では新品を「さら」と呼ぶ!?

大阪弁

大阪 弁

概要 [ ] 大阪市は近畿地方の経済・文化(特に)の中心地であることから、大阪弁は近畿地方一円(場合によっては四国なども)の方言に強い影響力を持ち、などを通じて全国的にも知名度・認知度が高い。 と同様に、大阪では方言への愛着や自負心が強く、地元を離れた時やテレビに出た時にも大阪弁を使い続ける人が少なくない。 一方で語彙面を中心に化が進んでおり、他府県からの人口流入もあって大阪弁は変容し続けている。 江戸時代から近代にかけて、現在の大阪市内にあたる地域には地区や階層によって様々な言葉が存在していた。 船場(町人=)、天満(役人=江戸訛り)、天王寺(農民)、島之内(芸人)、長町(スラム)、木津(市場商人)など。 明治後期以降、の路線網の充実化などによって市内各所の交流が活発になるにつれて、市内の言葉は均質化・簡略化していったという。 音声 [ ] 「」も参照 舌や唇などをあまり緊張させずに発音することが特徴である。 男性の荒い口調ではラ行音がになりやすい。 高齢層では語中のが聞かれるが、中年層以下では衰退している。 子音と対照的に母音は明瞭に発音され、が少ない。 例えば「そうです」は「そーですー」のように語尾が伸び、「す」を無声化させる東京の発音に比べて、歯切れが悪い印象を与える。 ウはに近く発音される。 アクセントはであり、大阪市内だけでなく大阪府全域でも地域差がほとんどないが、世代間での違いはかなり大きい(以下例 )。 高年= アノオトコ アレワ フネ ノ ナカ ニ ア ルト シンジテルミタイヤ(=あの男は、あれは船の中にあると信じているようだ)• 中年= アノオトコ アレワ フネ ノ ナカ ニ ア ルト シンジテル ミタイヤ• 若年= アノオトコ アレワ フ ネノ ナ カニ ア ルト シンジテル ミタイヤ 表現 [ ] 「」も参照• 丁寧体には「です」と「ます」を用いるが、年配層では「です」の代わりに「体言+ だす」「体言+ でおます」「形容詞連用形ウ音便+ おます」を用いる(「おます」単体では「ある」の丁寧語)。 丁寧体の後ろに終助詞が接続すると「す」が促音化・撥音化するのも伝統的な大阪弁の特徴である。 「だす」「ます」「おます」は「す」が省略されることもある。 例:ここが大阪城です、ここが大阪城だす、ここが大阪城だ、ここが大阪城でおます、ここが大阪城でおま• 動詞に否定の助動詞「へん」を接続させる場合、主に「ア段+へん」と「エ段+へん」の2形があるが、大阪弁では「 エ段+へん」が優勢である(同様の用法はにも見られる)。 「ア段+へん」が優勢な地域(京都や神戸など)では不可能を表すのにの「エ段+へん」を用いるが、大阪弁では通常の「エ段+へん」とのを避けるため、可能動詞を使わずに「 未然形+れへん」を用いる(近年は京都でも「未然形+れへん」が多用されるようになっている)。 ただし「ん」の場合は、「エ段+ん」を通常の否定に用いることはなく、京都などと同じく不可能表現となる。 例:行けへん - 大阪では「行かぬ」、京都では「行けぬ」の意。 「行けん」は大阪でも京都でも「行けぬ」の意。 例:行かれへん - 大阪で「行けぬ」の意。 京都では「行けへん」だが、最近は京都でも「行かれへん」を用いる者が増えている。 例:膝は笑えへんやろ - 大阪では「膝は笑わないだろう」、京都では「膝は笑えないだろう」の意。 例:なんで決勝に残れへんねん - 大阪では「なぜ決勝に残らないんだ」、京都では「なぜ決勝に残れないんだ」の意。 動詞に否定の助動詞「へん」を接続させる場合は「エ段+へん」で安定しているが、動詞に接続させる場合には個人や世代によって複数の形があり、例えば「見る」の否定形には「めーへん」「みえへん」「みーへん」があり、若年層では「みーひん」という形も多い。 動詞と動詞の場合は「けーへん」と「せーへん」が優勢で、一部では「こえへん」や「しえへん」もあるが、若年層では「きーひん」「こーへん」や「しーひん」が広まっている。 「 もうかりまっか」• 「儲かりますか」の転。 いかにも金に細かい大阪人らしい表現として喧伝され、大阪弁の代名詞ともいうべき有名なフレーズ。 しかし、実際には「もうかりまっか」を用いる大阪商人は殆どおらず、「どう(どない)でっか」「負けてはりまっか」「お忙しいでっか」などが一般的な商人の挨拶だったという。 大阪市浪速区生まれの放送作家である新野新は「『阪僑』という言葉は、評論家大宅壮一の造語だが、ぼくの推論として、その流れをくむ週刊ジャーナリズムが、昭和20年代の後半に『大阪人は顔を合わせると『もうかりまっか』とあいさつする』と言い出したのではないだろうか」と推察している。 船場言葉 [ ] 船場言葉(せんばことば)は、大阪市の商家で用いられた言葉。 昭和中期まで、折り目正しい大阪弁の代表格として意識されていた。 大阪弁研究家の前田勇は船場言葉について「大阪弁は庶民的な言語であるというのが通説であるけれども、少なくとも船場言葉にそれは当たらず、船場言葉は、いうべくば貴族的以外の何物でもない。 」と評した。 江戸時代から近代初期にかけて、船場は天下の台所と称され、古代から中世にかけ国内流通の中心であり、港湾都市であった住吉津、難波津、渡辺津、以来再び大坂の中心地として繁栄し、船場言葉は商業社会の共通語として広く用いられた。 が船場を開発した当初はから強制移住させられた商人が大半を占めていたが、その後は商人、京都の商人らが台頭。 江戸時代中期にはが船場へ進出した。 このような経緯から、船場言葉は各地商人の言葉が混ざり合って成立した。 商いという職業柄、丁寧かつ上品な言葉遣いが求められたため、(とりわけ御所言葉)の表現を多く取り入れ、独自のまろやかな語感・表現が発達した。 一口に船場言葉といっても、話し相手や状況、業種、役職などによって言葉が細かく分かれていた。 暖簾を守る船場商人に限っては、経営者(主人、旦那)一族と従業員(奉公人)の独特の呼称を固定して用いた(後述)。 明治以後、中等・高等教育の普及による標準語化(船場言葉の使用層は裕福な家庭が多く、教育熱が高かった)や・の宅地開発に伴う船場商人の職住分離化()で船場言葉は変質していった。 その後、や戦後の混乱による旧来住人の離散やによる商習慣の変化、さらには船場商人をルーツとする企業の東京移転などが原因となって船場言葉は急速に衰退し、今ではのなどで耳にする他は、限られた高齢者にしか船場言葉は残っていない。 船場言葉を守り伝えようとする動きもあり、例えばに結成された「なにわことばのつどい」では約200人の会員が活動している。 表現 [ ]• できる限り丁寧な表現を用いるように努め、一般の大阪市民が多用した「おます」や「だす」よりも、「 ござります」や「 ごわす・ ごあす」を多用した。 「ごわす」は「ござります」が変化したもので、船場独特のややくだけた丁寧語として知られた。 否定形は「ごわへん」または「ごあへん」。 尊敬語に関しても、一般市民が多用した「なはる」や「はる」よりも、その原型である「 なさる」や京言葉から取り入れた「 お…やす」を多用した。 また、江戸時代に多用され、明治以降の大阪では「はる」に押されて衰退した てや敬語(例:言うてや=言っておいでだ)を船場では昭和まで用い続けた。 「すもじ・おすもじ(寿司)」「おだい(大根)」「おみや(足)」といったを日常生活で多用した。 船場商人独特の呼称の例• 主人一族への呼びかけ• おやだんさん(主人の父)• おえさん・おえはん(主人の母)• だんさん・だなはん(主人)• 隠居後は、ごいんきょはん。 ごりょんさん(主人の妻)• 隠居後は、いんきょのおえはん。 さらに後家になった後は、おこひっつぁん。 ぼんさん・ぼんぼん(主人の息子)• 複数いる場合、上から順に、あにぼんさん、なかぼんさん、こぼんさん。 成人後は、わかだんさん。 その妻は、わかごりょんさん。 いとさん・いとはん・とおはん(主人の娘)• 複数いる場合、上から順に、あねいとさん、なかいとさん、こいとさん・こいさん、こいこいさん。 奉公人の呼称• ばんとはん(番頭)• 各人を呼ぶ時は名前に「どん」を付けた。 (例:五助どん)• おみせのおかた・おみせのん(店員)• でっちさん・こどもっさん・ぼんさん(丁稚)• 各人を呼ぶ時は名前に「どん」または「とん」を付けた。 (例:定吉どん、さだきっとん)• おとこっさん(下男)、おなごっさん(下女)• おんばはん(乳母)、だきんばはん(乳を与えず、抱っこするだけの乳母)、もりさん(子守り) しゃれ言葉 [ ] 大阪では様々な言葉が発達した。 現在でも通用するものがいくつかある。 白犬のおいど:面白い(尾も白い)• 黒犬のおいど:面白うない(尾も白うない)• 牛のおいど:物知り(モーの尻)• うどん屋の釜:言うばかり(湯ぅばかり)• 雪隠場の火事:やけくそ(焼け糞)• 五合とっくり:一生つまらん(一升詰まらぬ)• 蟻が十匹、猿が五匹:ありがとうござる(蟻が十、五猿)• 夜明けの行灯:薄ぼんやり 役割語としての大阪弁 [ ] 漫画やドラマなどのの世界において、大阪弁および関西弁は一定のを伴うとして描かれることがある。 「役割語」の提唱者であるは、大阪弁を話す登場人物がいたらほぼ間違いなく、以下のステレオタイプを1つか2つ以上持っていると述べている。 また、ステレオタイプな役割語は表現者の意図した、あるいは意図しない偏見・差別意識を伝える場合があると指摘している。 冗談好き、笑わせ好き、おしゃべり好き• けち、守銭奴、拝金主義者• 食通、食いしん坊• 派手好き• 好色、下品• ど根性(逆境に強く、エネルギッシュにそれを乗り越えていく)• なお、大阪では本来、「ど根性」とは悪い根性を意味する語であった。 本来の大阪弁で現在の「ど根性」のニュアンスに近い語は「土性骨」である。 やくざ、暴力団、恐い 2から6はいずれも、直感的・現実的な快楽や欲望をなりふり構わず肯定、追求しようとする性質と結びついている。 それは周囲の常識人から顰蹙を買い、嘲笑や軽蔑の対象となるが、一方で1と結びついて愛すべき道化役となり、また偽善・権威・理想・規範といった縛りを笑い飛ばす役回りにもなる。 すなわち、ステレオタイプな大阪人・関西人はの役どころを与えられていると金水は指摘する。 1から6のステレオタイプは、江戸時代後期には既に相当完成されていたとされる。 江戸時代、では現実的で経済性を重んじる気風があり、また商交渉を円滑にするため饒舌が歓迎されていたと考えられる。 これは禁欲主義・理想主義・行動主義的で寡黙な人格が好まれるとは対照的であった。 特に商都大坂から江戸へ金儲けにやってくる上方商人達の姿は「宵越しの銭は持たぬ」にとって強く印象的だったろうと考えられる。 また上方のの芸風もステレオタイプの形成に影響を与えたと考えられる。 『』に登場する喜多八の「惣体上方ものはあたじけねへ。 気のしれたべらぼうどもだ」 という台詞は当時の江戸から見た上方者のイメージの例と言えよう。 近代になると、大阪では・を中心にが急速に発展し、ラジオを通じて日本全国で人気を博した。 また戦後のテレビにおいても『』や『』などの上方喜劇番組が盛んに放送された。 こうしたマスメディアでの発信は大阪弁・関西弁の浸透を日本全国に促すとともに、「関西人=お笑い」が固定化されていったと考えられる。 またこの同時期にはの戯曲『』 やの「根性もの」がブームとなり、「関西人=どケチ・ど根性」が固定化されていったと考えられる。 中井精一は「大阪弁は面白く、大阪はお笑いだ。 このイメージは、80年代の漫才ブームが火付け役になり、90年代になって一般に普及していった。 これは見方を変えると、90年以降、バブルがはじけて多くの中小企業が倒産し、大阪の凋落が決定的になったことと同一線上で語られる現象で、成功者が激減した大阪は『ど根性』から『どあほう』の街へ全国の人々のイメージを変容させたとも言えそうである」と記述している。 最後の7はになって形成された、比較的新しいステレオタイプである。 江戸時代においては、で喧嘩っ早い江戸っ子に比べて、上方者は気が長く柔弱であるとされていた。 明治時代においてもが「草雙紙に現れたる江戸の女の性格」で同様に評している。 は、(7年)に随筆「私の見た大阪及び大阪人」にて、「関西の婦人は凡べてそういう風に、言葉数少く、婉曲に心持を表現する。 それが東京に比べて品よくも聞え、非常に色気がある。 (中略)猥談などをしても、上方の女はそれを品よくほのめかしていう術を知っている。 東京語だとどうしても露骨になる。 」と記している。 「関西人=暴力的」のイメージは、1950年代から1970年代にかけて、の「河内もの」、『』に代表される関西が舞台の、『』や『』のようなエネルギッシュな漫画作品の流行などによって形成されたと考えられる。 その後、1980年代には映画さながらのやなどの凶悪犯罪が関西で多発し、新聞やワイドショーを連日賑わせるなかで「関西=恐い」のイメージがあおり立てられた。 これらの印象付けをは「マスコミでは、ふだん、大阪のことは全国記事になりにくいのに、暴力団の抗争や警官不祥事などというとすぐに大きい扱いとなる。 これでは大阪の印象は良くならない」「イメージのひとり歩きが『文化テロル』に繋がる」と指摘している。 また、副学長のもスポーツ紙から次第に一般化したと、役割語としての関西弁の広がりを指摘する。 大阪を取り上げる在京マスコミの姿勢がそもそも、「あくまで関東人にとってのステレオタイプの大阪」しか求めようとしないという指摘もある。 脚注 [ ]• 楳垣編 1962 、429頁。 橋爪監修 2009 、12頁。 橋爪監修 2009 、12頁。 平山ほか編 1997 、10頁。 前田 1977 、47頁。 平山ほか編 1997 、19頁。 の2006年12月のブログより。 札埜 2006 、p13-23• 札埜 2006 、p13-23。 朝日新聞大阪本社社会部編『ごめんやす「おおさか弁」』(1994年、リバティ書房)からの引用。 前田(1977)、45頁。 前田(1977)、31-32頁。 金水 2003 、82-83頁。 金水敏 2003 , , 2008年5月4日閲覧。 『大阪ことば事典』講談社、1979年。 金水 2003 、84-85頁。 金水 2003 、85-91頁• 八編下、472頁。 札埜 2006 、p24-25では「がめつい」という言葉自体『がめつい奴』に由来しているとしており、つまり菊田の造語であると説明している。 金水 2003 、92-95頁。 札埜 2006 、p33-34。 金水 2003 、90頁。 金水 2003 、95-98頁。 「大阪の挑戦 快適ナンバー1都市をめざして」• 「」、「」2009年10月31日。 リンク切れ。 ブックウオッチング 参考文献 [ ]• 編『近畿方言の総合的研究』、1962年。 前田勇『上方語源事典』、1965年。 前田勇『大阪弁』、1977年。 ほか編『日本のことばシリーズ 27 大阪府のことば』、、1997年、。 金水敏『ヴァーチャル日本語 役割語の謎』、2003年、。 監修『大阪の教科書 -大阪検定公式テキスト』、2009年。 「1限目 国語 大阪ことばを学ぶ」• 札埜和男『大阪弁「ほんまもん」講座』新潮社、2006年。 関連項目 [ ] ウィキブックスに 関連の解説書・教科書があります。 周辺の方言 - 、、•

次の

かわいい大阪弁一覧★関東人にモテる方言の言葉10選

大阪 弁

大阪の方言の特徴とは?大阪弁と標準語の違い 大阪弁の特徴 大阪弁の最大の特徴は単語の語尾をとにかく伸ばします。 例えば目が覚めたは 『目ぇー覚めた』、頭が痛いは『あーたまが痛い』になります。 また地名なども 『おーさか』 大阪 『こーべ』 神戸 、『きょーと』 京都 など、とにかく言葉を伸ばしてしまいます。 数字の「しち」が「ひち」になったり、「すいません」が「すんまへん」になるほど非常にさ行の発音が悪くなります。 大阪弁を使う人はたとえ東京に行っても大阪弁への愛着が強くて、大阪弁を使い続ける人が多いのも特徴です。 大阪弁の区分 1.大阪弁の区分:摂津弁 大阪府の中でも 元摂津国だった高槻市や枚方市などの地域が使っている言葉です。 ここら辺の地域は京都に近かったため京都の方言の影響を受けており、ほかの地域に比べると少し 優しい印象があります。 2.大阪弁の区分:河内弁 大阪府の中でも 元河内国だった地域で使われている言葉です。 ここの方言は二人称で 『われ』を使ったり、疑問の終助詞 『け』など少しきつい印象があります。 例:われ、今日仕事ににいかんかったけ? あなた、今日仕事に行かなかったのですか? 3.大阪弁の区分:泉州弁 泉州弁は元々 和泉国と呼ばれていた大阪府の南側で使われていた言葉です。 ここの方言が大阪の中で一番荒っぽく、泉州弁で話しかけられると怒られているように思うことが多々あります。 例としてあげるなら大阪府岸和田市で毎年行われているだんじり祭りとかの掛け声が泉州弁です。 大阪府民がよく使う大阪弁の定番フレーズ15選 大阪の定番フレース 1 かめへん これは標準語で言うと 『大丈夫』という意味です。 この言葉は特に仲の良い人に使う言葉で非常に使いやすい大阪弁の一つです。 イントネーションは最初の「か」を強く言ってください。 例:先に行っといてもかめへんよ 大阪の定番フレース 2 おない これは標準語で言う所の 『同い年』と言う意味になります。 標準語では『タメ』と言うことが多いですが、大阪では同じという意味で捉えているだめこうなります。 イントネーションは『な』を強く言って下さい。 例:あの子、俺とおないやねん 大阪の定番フレース 3 ~さん これは標準語では人名に使う言葉ですが、大阪弁の場合にはどんなものでもつけてしまいます。 例えば 飴ならあめちゃん、いなり寿司だったらお稲荷さん、焼き芋のことをお芋さん、おかゆのことをお粥さん、天満宮のことを天神さんなどというように、いろんなところで〜さんと言う表現を使うことが多いです。 大阪の定番フレーズ 4 ほんま これは標準語で言う所の 『本当に』と言う意味です。 よく漫才師なんかはこの言葉を使っていますね。 例:ほんまに今日疲れたなぁ〜 大阪弁の定番フレーズ 5 めっちゃ これは標準語で言う所の 『とても』と言う意味です。 何か強調したい時などばこの言葉を使います。 例:なんか今日君めっちゃ不機嫌やね? 大阪弁の定番フレーズ 6 直す これは標準語では『修理する』と言う意味となりますが、大阪弁ではこれは 片付けると言う意味となります。 例:この本直しといて〜 大阪弁の定番フレーズ 6 ほる これも標準語とは意味が違い、標準語では土を掘るといった意味となりますが、大阪弁ではこれは 捨てると言う意味となります。 例:このゴミほっといて 大阪弁の定番フレーズ 7 〜したる これは標準語で言う所の 『〜してあげる』や『〜してやる』というような意味があります。 例:この宿題をちゃっちゃと終わらせたる 大阪弁の定番フレーズ8 いっこも〜ない これは標準語で言う所の 『全然ない』と言う意味です。 このいっこは一個ということですので、ひとつもないというニュアンスとして捉えればGOODです。 例:いっこも京都行きの列車が無いなぁ〜 大阪弁の定番フレーズ 9 えげつない これは標準語で言う所の 『ひどい』『ヤバい』という意味です。 今ではえぐいとして定着していますが、とてつもなく多いものを見かけた時にはよくこの言葉を使います。 例:このビルえげつないほど高いなぁ〜 大阪弁の定番フレーズ 10 えらい これは標準語で言う所の 『大変』と言う意味です。 よく関西弁のキャラが『えらいこっちゃ』と言うことがありますが、このえらいこっちゃはここからきています。 ちなみにえらいと言う言葉は本来の偉いと言う意味としても使いますので、そこは話の流れから判断して下さい。 例:あの先生の授業えらい疲れるわぁ〜 大阪弁の定番フレーズ11 かなん これは標準語で言う所の 『敵わない』という意味です。 勝てない、どうしようもない時によく使います。 例:今回の練習試合の相手にはかなんわ~ 大阪弁の定番フレーズ12 せやねん 大阪弁で相手の話に賛同するときなどに使います。 大阪ではこの言葉はよく使われており番組の名前とかにもなったりしています。 ちなみにイントネーションは最初の「せ」を特に強く言ってください。 大阪弁の定番フレーズ13 あほちゃう 標準語に無理やり直すと 「阿呆とは違う」という感じになるのですが、大阪弁では 『阿呆ですね』という意味になります。 大阪ではアホという言葉は冗談半分で言ったり、ちょっと面白いことを言った人に対して『それアホちゃう!』という感じで使うことがよくあります。 そのかわり馬鹿という言葉を使うと大阪の人はけなしているという意味として捉えますので注意してください。 ちなみにアホちゃうは「阿呆とは違う」という意味でももちろん使われます。 話の内容から判断しましょう。 大阪弁の定番フレーズ 14 うち これは標準語では 自分のことを指します。 主に女性が使う言葉ですので間違って男性が使ってしまうと女々しい奴だと思われてしまうので注意が必要です。 大阪弁の定番フレーズ15 知らんけど これは確証していないことを話すときにもしもの時の責任逃れの時に最後に付け加える言葉です。 あまり使いすぎると信用できない人だと思われてしまいますので注意は必要です。 大阪の人が使う面白いフレーズ10選 大阪弁には本来は標準語で使うことはないけれど、大阪の人がよく使う大阪弁の面白いフレーズが沢山あります。 今回はそんな大阪弁の面白いフレーズを10個ご紹介します。 おとんがお父さん、おかんがお母さんという意味です。 大阪弁の面白いフレーズ2 かしわ 大阪の呼び方の一つで 鶏肉のことです。 東京でもイノシシ肉のことをぼたん。 鹿肉のことをもみじと植物の名前で言ったりしますが、大阪の場合なら鶏肉もかしわという植物の名で呼ぶことがあります。 大阪に行くときはかしわ飯という弁当を見かけたら鶏肉の混ぜ込みご飯のことだと思ってください。 大阪弁の面白いフレーズ3 フレッシュ 大阪人が標準語だと思っている言葉です。 東京とかでは コーヒークリームやコーヒーミルクと呼びますが、大阪ではフレッシュと呼びます。 コーヒーを飲むときに「フレッシュ取って」と言われたらコーヒークリームを取るようにしましょう。 大阪弁の面白いフレーズ 4 冷コー これは アイスコーヒーという意味です。 とは言っても最近は大阪でも一般的なコーヒーチェーンではアイスコーヒーと言いますが、喫茶店とかでは冷コーと言ってください。 大阪弁の面白いフレーズ 5 モータープール これは 駐車場という意味です。 大阪で車で来たときにはモータープールと書いてある看板のところに行けば駐車場があります。 大阪弁の面白いフレーズ6 いきり これも最近は馴染みの言葉になっていますが、これは 調子に乗るという意味です。 何か天狗になっている人や調子に乗っている人に『いきっている』という意味で使うこともあります 例:あの子最近テストでいい点数とっていきっているよねー 大阪弁の面白いフレーズ7 帰りしな これは 「帰っている途中に」という意味です。 例:帰りしなに牛乳買ってきてくれる? 大阪弁の面白いフレーズ8 がめつい これは いやしい人や欲張りな人のことです。 今では標準語としても使われることが増えてきましたが、大阪では普段でも使います。 大阪弁の面白いフレーズ9 いっちょかみ これはちょっとだけいろんなことに興味を持ち、ちょっとだけたしなんでいる人のことをさします。 標準語で言うところの 『器用貧乏』というやつです。 いっちょかみを漢字に直すと一丁噛みとなり、元々何事にも首を突っ込むことや出しゃばるいわゆる野次馬のことを指す言葉でしたが、最近ではひたすらかかわりを持とうとする愛すべき人を指すことが多くなっています。 大阪弁の面白いフレーズ10 しゅっとした これは 『細身の』『ハンサムな』『垢抜けた』というような意味の褒め言葉です。 これを大阪出身の人に言うとその人はおそらく大喜びすると思いますので、もし、かっこいい人を見つけたら使ってみるといいでしょう。 【番外編】大阪弁で言われたい!グッとくる告白フレーズ5選 大阪弁で言われたい!グッとくる告白フレーズ1 「あんたのこと好きやで!」 相手のことを大阪弁では 『あんた』といいますが、こんな形で使うと相手にシンプルな形で想いを伝えることができます。 やっぱり男子にとっては回りくどく言うよりもストレートに好きと言われるのが一番心にくるのではないでしょうか? 相手に対して謙遜せず、可愛く無邪気な笑顔で「好きやで」と言えることがやっぱり関西弁の良さを感じれる気がすると思います。 また、本当に好きと言うことを強調したいときには好きと言うことをただ伝えるだけでなく、「ほんますき」と言うのもいいかもしれませんね。 大阪弁で言われたい!グッとくる告白フレーズ2「君じゃなかったらあかんねん!」 これは 『ダメ』と言う意味である関西弁のあかんを使った表現ですがこの表現を使うことによって 「あなたじゃないとダメ」という事を相手に対して伝えることができます。 強気な女性が告白するときにモジモジしながら女の子にこのように告白されたら、男の人たちはイチコロにされること間違いなしです。 大阪弁で言われたい!グッとくる告白フレーズ3「うちのことほらんといて!」 これは自分と言う意味である『うち』と、捨てるという意味である『ほる』と言う関西弁を使った表現です。 つまり標準語に直すと「私のことを捨てないで!」と言う意味となります。 これは告白のフレーズというよりは別れようとしている彼氏を引き止めようとしているときに使うフレーズですが、彼氏の服を掴みながらこう言われたら別れようとしている心も少しは揺らぐのではないのでしょうか? 大阪弁で言われたい!グッとくる告白フレーズ4「うちと付き合ってくれへん?」 これも告白するときに使う非常にシンプルな告白のフレーズです。 かしこまった形ではなく、シンプルな形ですのでこの場合だったらたとえ 関西出身でなくても告白の気持ちを伝えることができます。 関西出身ではない人に告白するときにオススメのフレーズです。 大阪弁で言われたい!グッとくる告白フレーズ5「むっちゃ好き!」 『むっちゃ』という大阪弁を使ったフレーズです。 これは上の4つに比べれば少し大阪弁の要素が強いですが、あまり関西弁を使わない女性からこの言葉が出てきたらそのギャップにときめいてしまうかもしれません。 普段は大阪弁を使わないようにしている方も、ここぞという時に使ってみてはいかがでしょうか。

次の

かわいい大阪弁一覧★関東人にモテる方言の言葉10選

大阪 弁

大阪の方言の特徴とは?大阪弁と標準語の違い 大阪弁の特徴 大阪弁の最大の特徴は単語の語尾をとにかく伸ばします。 例えば目が覚めたは 『目ぇー覚めた』、頭が痛いは『あーたまが痛い』になります。 また地名なども 『おーさか』 大阪 『こーべ』 神戸 、『きょーと』 京都 など、とにかく言葉を伸ばしてしまいます。 数字の「しち」が「ひち」になったり、「すいません」が「すんまへん」になるほど非常にさ行の発音が悪くなります。 大阪弁を使う人はたとえ東京に行っても大阪弁への愛着が強くて、大阪弁を使い続ける人が多いのも特徴です。 大阪弁の区分 1.大阪弁の区分:摂津弁 大阪府の中でも 元摂津国だった高槻市や枚方市などの地域が使っている言葉です。 ここら辺の地域は京都に近かったため京都の方言の影響を受けており、ほかの地域に比べると少し 優しい印象があります。 2.大阪弁の区分:河内弁 大阪府の中でも 元河内国だった地域で使われている言葉です。 ここの方言は二人称で 『われ』を使ったり、疑問の終助詞 『け』など少しきつい印象があります。 例:われ、今日仕事ににいかんかったけ? あなた、今日仕事に行かなかったのですか? 3.大阪弁の区分:泉州弁 泉州弁は元々 和泉国と呼ばれていた大阪府の南側で使われていた言葉です。 ここの方言が大阪の中で一番荒っぽく、泉州弁で話しかけられると怒られているように思うことが多々あります。 例としてあげるなら大阪府岸和田市で毎年行われているだんじり祭りとかの掛け声が泉州弁です。 大阪府民がよく使う大阪弁の定番フレーズ15選 大阪の定番フレース 1 かめへん これは標準語で言うと 『大丈夫』という意味です。 この言葉は特に仲の良い人に使う言葉で非常に使いやすい大阪弁の一つです。 イントネーションは最初の「か」を強く言ってください。 例:先に行っといてもかめへんよ 大阪の定番フレース 2 おない これは標準語で言う所の 『同い年』と言う意味になります。 標準語では『タメ』と言うことが多いですが、大阪では同じという意味で捉えているだめこうなります。 イントネーションは『な』を強く言って下さい。 例:あの子、俺とおないやねん 大阪の定番フレース 3 ~さん これは標準語では人名に使う言葉ですが、大阪弁の場合にはどんなものでもつけてしまいます。 例えば 飴ならあめちゃん、いなり寿司だったらお稲荷さん、焼き芋のことをお芋さん、おかゆのことをお粥さん、天満宮のことを天神さんなどというように、いろんなところで〜さんと言う表現を使うことが多いです。 大阪の定番フレーズ 4 ほんま これは標準語で言う所の 『本当に』と言う意味です。 よく漫才師なんかはこの言葉を使っていますね。 例:ほんまに今日疲れたなぁ〜 大阪弁の定番フレーズ 5 めっちゃ これは標準語で言う所の 『とても』と言う意味です。 何か強調したい時などばこの言葉を使います。 例:なんか今日君めっちゃ不機嫌やね? 大阪弁の定番フレーズ 6 直す これは標準語では『修理する』と言う意味となりますが、大阪弁ではこれは 片付けると言う意味となります。 例:この本直しといて〜 大阪弁の定番フレーズ 6 ほる これも標準語とは意味が違い、標準語では土を掘るといった意味となりますが、大阪弁ではこれは 捨てると言う意味となります。 例:このゴミほっといて 大阪弁の定番フレーズ 7 〜したる これは標準語で言う所の 『〜してあげる』や『〜してやる』というような意味があります。 例:この宿題をちゃっちゃと終わらせたる 大阪弁の定番フレーズ8 いっこも〜ない これは標準語で言う所の 『全然ない』と言う意味です。 このいっこは一個ということですので、ひとつもないというニュアンスとして捉えればGOODです。 例:いっこも京都行きの列車が無いなぁ〜 大阪弁の定番フレーズ 9 えげつない これは標準語で言う所の 『ひどい』『ヤバい』という意味です。 今ではえぐいとして定着していますが、とてつもなく多いものを見かけた時にはよくこの言葉を使います。 例:このビルえげつないほど高いなぁ〜 大阪弁の定番フレーズ 10 えらい これは標準語で言う所の 『大変』と言う意味です。 よく関西弁のキャラが『えらいこっちゃ』と言うことがありますが、このえらいこっちゃはここからきています。 ちなみにえらいと言う言葉は本来の偉いと言う意味としても使いますので、そこは話の流れから判断して下さい。 例:あの先生の授業えらい疲れるわぁ〜 大阪弁の定番フレーズ11 かなん これは標準語で言う所の 『敵わない』という意味です。 勝てない、どうしようもない時によく使います。 例:今回の練習試合の相手にはかなんわ~ 大阪弁の定番フレーズ12 せやねん 大阪弁で相手の話に賛同するときなどに使います。 大阪ではこの言葉はよく使われており番組の名前とかにもなったりしています。 ちなみにイントネーションは最初の「せ」を特に強く言ってください。 大阪弁の定番フレーズ13 あほちゃう 標準語に無理やり直すと 「阿呆とは違う」という感じになるのですが、大阪弁では 『阿呆ですね』という意味になります。 大阪ではアホという言葉は冗談半分で言ったり、ちょっと面白いことを言った人に対して『それアホちゃう!』という感じで使うことがよくあります。 そのかわり馬鹿という言葉を使うと大阪の人はけなしているという意味として捉えますので注意してください。 ちなみにアホちゃうは「阿呆とは違う」という意味でももちろん使われます。 話の内容から判断しましょう。 大阪弁の定番フレーズ 14 うち これは標準語では 自分のことを指します。 主に女性が使う言葉ですので間違って男性が使ってしまうと女々しい奴だと思われてしまうので注意が必要です。 大阪弁の定番フレーズ15 知らんけど これは確証していないことを話すときにもしもの時の責任逃れの時に最後に付け加える言葉です。 あまり使いすぎると信用できない人だと思われてしまいますので注意は必要です。 大阪の人が使う面白いフレーズ10選 大阪弁には本来は標準語で使うことはないけれど、大阪の人がよく使う大阪弁の面白いフレーズが沢山あります。 今回はそんな大阪弁の面白いフレーズを10個ご紹介します。 おとんがお父さん、おかんがお母さんという意味です。 大阪弁の面白いフレーズ2 かしわ 大阪の呼び方の一つで 鶏肉のことです。 東京でもイノシシ肉のことをぼたん。 鹿肉のことをもみじと植物の名前で言ったりしますが、大阪の場合なら鶏肉もかしわという植物の名で呼ぶことがあります。 大阪に行くときはかしわ飯という弁当を見かけたら鶏肉の混ぜ込みご飯のことだと思ってください。 大阪弁の面白いフレーズ3 フレッシュ 大阪人が標準語だと思っている言葉です。 東京とかでは コーヒークリームやコーヒーミルクと呼びますが、大阪ではフレッシュと呼びます。 コーヒーを飲むときに「フレッシュ取って」と言われたらコーヒークリームを取るようにしましょう。 大阪弁の面白いフレーズ 4 冷コー これは アイスコーヒーという意味です。 とは言っても最近は大阪でも一般的なコーヒーチェーンではアイスコーヒーと言いますが、喫茶店とかでは冷コーと言ってください。 大阪弁の面白いフレーズ 5 モータープール これは 駐車場という意味です。 大阪で車で来たときにはモータープールと書いてある看板のところに行けば駐車場があります。 大阪弁の面白いフレーズ6 いきり これも最近は馴染みの言葉になっていますが、これは 調子に乗るという意味です。 何か天狗になっている人や調子に乗っている人に『いきっている』という意味で使うこともあります 例:あの子最近テストでいい点数とっていきっているよねー 大阪弁の面白いフレーズ7 帰りしな これは 「帰っている途中に」という意味です。 例:帰りしなに牛乳買ってきてくれる? 大阪弁の面白いフレーズ8 がめつい これは いやしい人や欲張りな人のことです。 今では標準語としても使われることが増えてきましたが、大阪では普段でも使います。 大阪弁の面白いフレーズ9 いっちょかみ これはちょっとだけいろんなことに興味を持ち、ちょっとだけたしなんでいる人のことをさします。 標準語で言うところの 『器用貧乏』というやつです。 いっちょかみを漢字に直すと一丁噛みとなり、元々何事にも首を突っ込むことや出しゃばるいわゆる野次馬のことを指す言葉でしたが、最近ではひたすらかかわりを持とうとする愛すべき人を指すことが多くなっています。 大阪弁の面白いフレーズ10 しゅっとした これは 『細身の』『ハンサムな』『垢抜けた』というような意味の褒め言葉です。 これを大阪出身の人に言うとその人はおそらく大喜びすると思いますので、もし、かっこいい人を見つけたら使ってみるといいでしょう。 【番外編】大阪弁で言われたい!グッとくる告白フレーズ5選 大阪弁で言われたい!グッとくる告白フレーズ1 「あんたのこと好きやで!」 相手のことを大阪弁では 『あんた』といいますが、こんな形で使うと相手にシンプルな形で想いを伝えることができます。 やっぱり男子にとっては回りくどく言うよりもストレートに好きと言われるのが一番心にくるのではないでしょうか? 相手に対して謙遜せず、可愛く無邪気な笑顔で「好きやで」と言えることがやっぱり関西弁の良さを感じれる気がすると思います。 また、本当に好きと言うことを強調したいときには好きと言うことをただ伝えるだけでなく、「ほんますき」と言うのもいいかもしれませんね。 大阪弁で言われたい!グッとくる告白フレーズ2「君じゃなかったらあかんねん!」 これは 『ダメ』と言う意味である関西弁のあかんを使った表現ですがこの表現を使うことによって 「あなたじゃないとダメ」という事を相手に対して伝えることができます。 強気な女性が告白するときにモジモジしながら女の子にこのように告白されたら、男の人たちはイチコロにされること間違いなしです。 大阪弁で言われたい!グッとくる告白フレーズ3「うちのことほらんといて!」 これは自分と言う意味である『うち』と、捨てるという意味である『ほる』と言う関西弁を使った表現です。 つまり標準語に直すと「私のことを捨てないで!」と言う意味となります。 これは告白のフレーズというよりは別れようとしている彼氏を引き止めようとしているときに使うフレーズですが、彼氏の服を掴みながらこう言われたら別れようとしている心も少しは揺らぐのではないのでしょうか? 大阪弁で言われたい!グッとくる告白フレーズ4「うちと付き合ってくれへん?」 これも告白するときに使う非常にシンプルな告白のフレーズです。 かしこまった形ではなく、シンプルな形ですのでこの場合だったらたとえ 関西出身でなくても告白の気持ちを伝えることができます。 関西出身ではない人に告白するときにオススメのフレーズです。 大阪弁で言われたい!グッとくる告白フレーズ5「むっちゃ好き!」 『むっちゃ』という大阪弁を使ったフレーズです。 これは上の4つに比べれば少し大阪弁の要素が強いですが、あまり関西弁を使わない女性からこの言葉が出てきたらそのギャップにときめいてしまうかもしれません。 普段は大阪弁を使わないようにしている方も、ここぞという時に使ってみてはいかがでしょうか。

次の