ブラック シャーク 3。 「Black Shark 3」がいよいよ3月3日発表!世界最高峰性能のゲーミングスマホ【一部スペックも判明】

タナックス (TANAX) バイクミラー ナポレオン シャークミラー3 ブラック 防眩鏡【RAYSAVE】 左右共通 10mm正ネジ AOS3

ブラック シャーク 3

Xiaomiが出資するゲーミングスマートフォンメーカーBlack Sharkが、新スマートフォンBlack Shark 3と上位モデルのBlack Shark 3 Proを中国で発表しました。 まず上位モデルのBlack Shark 3 Proですが、横向きに構えた際、ショルダー部にゲーム専用の物理ボタンを備えているのが特徴です。 ROG Phoneなど、この部分に感圧式のボタンを備えたスマートフォンはありますが、それらよりも、さらにゲーム機らしい操作感を得られそうです。 ディスプレイは7. 1インチ 3120 x 1440、90Hz駆動のAMOLEDで、270Hzのタッチサンプリングレートに対応。 バッテリー容量は5000mAhで、65WとノートPCなみの急速充電に対応するほか、背面にマグネット式の充電ポートを備えており、こちらでは18Wの充電が可能です。 もう一方のBlack Shark 3は、ディスプレイが6. 67インチ 2400 x 1800と一回り小さくなります。 ショルダーボタンこそありませんが、90Hz駆動で270Hzのタッチサンプリングレートに対応するのは共通です。 バッテリー容量は4720mAh。 65W充電や、背面の18Wマグネット充電にも対応しています。 どちらのモデルもSoCはSnapdragon 865で、5G接続に対応。 RAM 16GBを搭載するのではとの噂もありましたが、12GB止まりとなっています。 背面カメラも両モデルとも共通で、64MPのメインカメラに13MPの超広角カメラ、5MPの深度測定用カメラというトリプル構成。 フロントカメラは20MPです。 中国ではどちらも予約の受付が開始されており、グローバルでも近いうちに発表があると考えられます。 Black Shark 2は日本でも販売され、低価格なゲーミングスマートフォンとして話題になりました。 Xiaomiも正式に日本市場に参入したことですし、Black Shark 3の販売も期待したいところです。

次の

タナックス (TANAX) バイクミラー ナポレオン シャークミラー3 ブラック 防眩鏡【RAYSAVE】 左右共通 10mm正ネジ AOS3

ブラック シャーク 3

Contents• comのオーナー、クリス氏の許可を頂いて翻訳しています ブラックシャーク(Black Shark)登場 シャオミは、新しいスマホを市場に次々と投入しているね。 Snapdragon 845を搭載し、GPUは、Adreno 630。 RAMサイズは、64ギガもしくは128ギガを選べるよ。 ここにあるのは、64ギガのモデルだ。 僕が今、手に持っているのがオプションのコントローラーで、ブラックシャークをブルーツゥース経由で接続する事ができる。 この箱とても軽いね。 サイドにトリガーが付いているみたいだ。 ブラックシャークの背面の上側には、LEDフラッシュがあって、ディアルトーン・カメラが付いている。 20メガピクセルともう片方が12メガピクセルだ。 背面は、プラスチック製だけれでも、ビルドクオリティはとてもイイよ! 手で持った感じもいいし、思ったほど厚みがないね。 下部には、ブラックシャークのロゴがあって、スピーカー、マイク、Type-Cポートがあるね。 それと、アンテナのラインがある。 ボリュームのボタンは、金属製で電源ボタンを押した時の感触もいい。 エッジは、カーブで仕上がっていて、ビルドクオリティは最高だね! ホームボタンを指紋認証は、フロント下にある。 落ち着いた雰囲気だ。 重さは、198グラムなので、僕が使っているXiaomi Mix 2sと、ほぼ同じ重さだね。 厚みは、9.55ミリで、カメラのでっぱりなどは他のスマホとおなじ感じだね。 ひとつ気がついたのは、背面のデザインが良いので、横向きでブラックシャークを持った時に、しっかりと持つことができるよ。 手で持ったときに滑る感じがしないので、イイよね。 ブラックシャークのロゴが入っている。 装着してみると、ピッタリと入るね。 ブラックシャークの一部みたいなケースだ。 スマホを周りはガードできるけどスクリーンは、保護できないね。 あとは、スクリーンプロテクターも付属している。 電源アダプターは、12V 1.5Aでクアラルコムのクイックジャージをサポートしているはずだ。 黒のType-Cケーブルと、3.5ミリのアダプターも付属している。 スクリーン スクリーンについては、良いIPSスクリーンだし、スクリーンの感度とか発色もとても良い。 ホワイトバランスもOK。 不思議なのは、シャオミは、リフレッシュ・レートを210に上げないで、60Hzにしたのは残念だね。 でも、全体的には良いスクリーンだし、Xiaomi Mi Mix Sのスクリーンよりも良いと思うよ。 カメラ カメラのアプリには、 MIMU 9. 5カメラのアプリを使用。 背景をぼかすポートレイト・モードは、リアカメラにはあるけれど、フロントカメラには無いんだよね。 ビデオ ビデオはMi Mix2sと同じチップセットなので同じモジュールを使用しているんじゃないかと思うよ。 EIS(電子手ぶれ補正)機能は内蔵されているみたいだ。 4Kで実際に動くかテストをする必要はあるけれどね。 動画サンプル まとめ ブラックシャークのビルドクオリティはとてもいいよ。 配色も黒と緑で典型的なゲーマ用のデザインになっている。 アドオンのコントローラーは、ゲームで遊ぶときに楽だよね。 でも、ブラックシャークは大きいスマホだよね、ほとんど、Mi Max 2と同じサイズだ。 ビデオもオーディも通話もMi Max2よりもイイよ。 バッテリについては、PUBGで20分遊んだだけで、10%もバッテリーを消費したよ。 だから、ゲームモードのスイッチをオンにすると4〜5時間しかバッテリーは持たないんじゃないかと思うよ。 良い点:• ビルドクオリティはとても良い• ジョイスティックのアドオン• 性能がとても良い• ラウドスピーカーは、Mi Mix 2sよりも良い• IPSは明るくて発色も良い 悪い点• 外観が典型的なゲーマ使用、一般うけはしない• リフレッシュレートが120Hzではない、3.5ミリジャックがない• グローバルROMを使用しているのか不明• 露出オーバー気味である、背面の動画は、4KでEISをサポートしていない• 最新のカメラではない、オートフォーカスの焦点が合わない Powerd by Koro-Tech.

次の

ブラックシャークが世界初の5Gゲーミング用スマートフォン「Black Shark 3」および「Black Shark 3 Pro」と、ブラックシャークBluetoothイヤホン2を発表

ブラック シャーク 3

0 おしい!実におしい• 0人中、0人が役立ったといっています• 商品発送の対応などは問題ありません。 中身の六角レンチ同包は嬉しいのですが別に要りません。 バイク屋で付ける方は勿論必要なし 個人で取付される方はある程度 知識もあり工具は一通り持っているでしょう。 何が言いたいのか? 必要なある物がないです。 それはスプリングワッシャーです。 強烈な力で締め込んでもボルトが中で頭打ちをして完全に締めきれず走行していると風でミラーが動きます。 今後六角レンチは必要ないのでスプリングワッシャー2種類を同包してほしいです。 で購入しました•

次の