千と千尋の神隠し 歌 歌詞。 千と千尋の神隠し「いつも何度でも」歌詞の意味と秘密。木村弓と覚和歌子の現在

木村弓 いつも何度でも 歌詞

千と千尋の神隠し 歌 歌詞

Contents• 主題歌「いつも何度でも」誕生秘話 この曲について、木村弓さんが映画完成前に作曲し、宮崎駿監督へ送った経緯があるというのは結構よく知られた話です。 始まりは、木村さんが映画「もののけ姫」を観たことにありました。 「もののけ姫」に感銘を受けた木村さんは、ご自身の作品CDやテープを手紙とともに宮崎監督に送ったそうです。 すると監督から以下のようなお返事が。 「煙突描きのリン」という作品の企画が進行中で、その作品が形になるときには連絡させていただくかもしれません。 宮崎監督から送られた「煙突描きのリン」とは、大地震に見舞われた東京を舞台にした物語でした。 手紙の中の作品アイデアを読み、しばらくしてからふとメロディーが生まれ、それが「いつも何度でも」になりました。 歌詞は、最初の2行だけ木村さんのアイデアでしたが、その後が出てこなかったため作詞家の覚和歌子さんに相談。 木村さんが「煙突描きのリン」の物語について話をしながら、鼻歌でメロディーを歌ったところ、覚さんにあるイメージが湧きました。 煙突の上に少女がいて、眼下に広がる瓦礫の向こうに海が見える… それからものの10数分で「いつも何度でも」の歌が完成したと言います。 「煙突描きのリン」の企画は残念ながら中止となってしまったそうですが、完成した「いつも何度でも」を聴いた宮崎監督は「とてもいい歌ですね」と感想を述べています。 企画は中止となっても、「煙突描きのリン」のアイデアは、不思議の町にある油屋の煙突、水に沈んだ街のイメージとして作品世界に出現しています。 歌詞と意味 「いつも何度でも」の歌詞は、やさしい言葉の中にとても深いものを感じます。 「千と千尋の神隠し」の物語に沿って解釈することもできますが、この歌詞はもともとの企画だった「煙突描きのリン」のイメージを重ねることで、よりぴったりくるようにも思います。 繰り返すあやまちの そのたび人は ただ青い空の青さを知る 果てしなく 道は続いて見えるけれど この両手は光を抱ける 大きな災害で破壊された都市、被災した人々、かなしみのやり場のない憤り。 そうした中にも希望が見える、そんな情景が浮かびます。 若干16歳にして単身渡米、ピアノを専攻して大学を卒業後、声楽家として勉強されていました。 一時、体調を崩して声楽の道を断念されたものの、癒しや祈りに関わる音楽の世界へ。 最近の活動 現在は全国各地でコンサートを行っていて、オーケストラと共に演奏されることも。 2016年末には三鷹の森ジブリ美術館にてサプライズ・クリスマスコンサートに出演されています。 詳細はにて確認できます。 覚和歌子さん 「いつも何度でも」の歌詞を担当されたのは、 覚和歌子(かく・わかこ)さん。 山梨県出身の詩人・作詞家として活躍。 沢田研二さん、平原綾香さん、SMAP、クミコさん他、多くのアーティストの作品に参加しており、詩集や翻訳絵本も出版されています。 最近の活動 詩作ワークショップや朗読会など、詩人としての活動を活発にされているようですね。 詩人の谷川俊太郎さんと、対談ならぬ対詩ライブを継続的に開催されています。 詳細は覚和歌子さん公認の公式ファンサイトにて確認できます。 「いのちの名前」 「いつも何度でも」と並んで、聴くと映画のシーンが思い浮かぶ曲として「いのちの名前」があります。 作曲はジブリアニメとは切っても切れない人・ 久石譲さんです。 劇中ではインストゥルメンタルのみですが、実はこの曲にも覚和歌子さん詞をつけています。 映画公開時に発売されたマキシシングルでは木村弓さんが歌っています。 未来の前に すくむ心が いつか名前を 思い出す 叫びたいほど 愛おしいのは ひとつのいのち 帰りつく場所 わたしの指に 消えない夏の日 これは2番の歌詞の一部ですが、千尋がハクに見送られて不思議の国を後にするシーンを思い浮かべて切なくなってしまいます。 映画音楽は、曲を聴いただけで物語や映像が浮かんでくるものが多いですが、ジブリ作品では特に印象に残る楽曲が多いと感じます。 映像がなくても、音楽でそのときの感動が呼び起こされるなんてすごいことですよね。 最後まで読んでいただいてありがとうございました!.

次の

千と千尋の神隠し主題歌【いつも何度でも】ロシアのチェルノブイリで被災したナターシャの歌で初めてこの歌詞の深い意味を知った

千と千尋の神隠し 歌 歌詞

Contents• 主題歌「いつも何度でも」誕生秘話 この曲について、木村弓さんが映画完成前に作曲し、宮崎駿監督へ送った経緯があるというのは結構よく知られた話です。 始まりは、木村さんが映画「もののけ姫」を観たことにありました。 「もののけ姫」に感銘を受けた木村さんは、ご自身の作品CDやテープを手紙とともに宮崎監督に送ったそうです。 すると監督から以下のようなお返事が。 「煙突描きのリン」という作品の企画が進行中で、その作品が形になるときには連絡させていただくかもしれません。 宮崎監督から送られた「煙突描きのリン」とは、大地震に見舞われた東京を舞台にした物語でした。 手紙の中の作品アイデアを読み、しばらくしてからふとメロディーが生まれ、それが「いつも何度でも」になりました。 歌詞は、最初の2行だけ木村さんのアイデアでしたが、その後が出てこなかったため作詞家の覚和歌子さんに相談。 木村さんが「煙突描きのリン」の物語について話をしながら、鼻歌でメロディーを歌ったところ、覚さんにあるイメージが湧きました。 煙突の上に少女がいて、眼下に広がる瓦礫の向こうに海が見える… それからものの10数分で「いつも何度でも」の歌が完成したと言います。 「煙突描きのリン」の企画は残念ながら中止となってしまったそうですが、完成した「いつも何度でも」を聴いた宮崎監督は「とてもいい歌ですね」と感想を述べています。 企画は中止となっても、「煙突描きのリン」のアイデアは、不思議の町にある油屋の煙突、水に沈んだ街のイメージとして作品世界に出現しています。 歌詞と意味 「いつも何度でも」の歌詞は、やさしい言葉の中にとても深いものを感じます。 「千と千尋の神隠し」の物語に沿って解釈することもできますが、この歌詞はもともとの企画だった「煙突描きのリン」のイメージを重ねることで、よりぴったりくるようにも思います。 繰り返すあやまちの そのたび人は ただ青い空の青さを知る 果てしなく 道は続いて見えるけれど この両手は光を抱ける 大きな災害で破壊された都市、被災した人々、かなしみのやり場のない憤り。 そうした中にも希望が見える、そんな情景が浮かびます。 若干16歳にして単身渡米、ピアノを専攻して大学を卒業後、声楽家として勉強されていました。 一時、体調を崩して声楽の道を断念されたものの、癒しや祈りに関わる音楽の世界へ。 最近の活動 現在は全国各地でコンサートを行っていて、オーケストラと共に演奏されることも。 2016年末には三鷹の森ジブリ美術館にてサプライズ・クリスマスコンサートに出演されています。 詳細はにて確認できます。 覚和歌子さん 「いつも何度でも」の歌詞を担当されたのは、 覚和歌子(かく・わかこ)さん。 山梨県出身の詩人・作詞家として活躍。 沢田研二さん、平原綾香さん、SMAP、クミコさん他、多くのアーティストの作品に参加しており、詩集や翻訳絵本も出版されています。 最近の活動 詩作ワークショップや朗読会など、詩人としての活動を活発にされているようですね。 詩人の谷川俊太郎さんと、対談ならぬ対詩ライブを継続的に開催されています。 詳細は覚和歌子さん公認の公式ファンサイトにて確認できます。 「いのちの名前」 「いつも何度でも」と並んで、聴くと映画のシーンが思い浮かぶ曲として「いのちの名前」があります。 作曲はジブリアニメとは切っても切れない人・ 久石譲さんです。 劇中ではインストゥルメンタルのみですが、実はこの曲にも覚和歌子さん詞をつけています。 映画公開時に発売されたマキシシングルでは木村弓さんが歌っています。 未来の前に すくむ心が いつか名前を 思い出す 叫びたいほど 愛おしいのは ひとつのいのち 帰りつく場所 わたしの指に 消えない夏の日 これは2番の歌詞の一部ですが、千尋がハクに見送られて不思議の国を後にするシーンを思い浮かべて切なくなってしまいます。 映画音楽は、曲を聴いただけで物語や映像が浮かんでくるものが多いですが、ジブリ作品では特に印象に残る楽曲が多いと感じます。 映像がなくても、音楽でそのときの感動が呼び起こされるなんてすごいことですよね。 最後まで読んでいただいてありがとうございました!.

次の

「いつも何度でも」歌詞の意味を教えます。【千と千尋の神隠し】

千と千尋の神隠し 歌 歌詞

日本の人気アニメソングの中国語版を聞いてみよう!一度聞くとメロディが頭から離れない。 歌詞も何となく聴き取れるかも 以下、中国国際放送局日本語版に興味深い記事が出ておりました。 当方も知らない興味深い情報(天皇陛下:現上皇陛下の中国訪問を前に親日ムードを盛り上げる為にドラえもんが放送されたこと、スラムダンクはエンディング()の歌の方が中国人に受けていたことetc…)が載っていましたので、以下に引用したいと思います。 中国においても日本のアニメは大変親しまれており、それで育った、という人がたくさんいるとのことです。 色々解説を聞くよりもまずは日本でもメジャーなアニメソングの中国語版聞いてみましょう。 ピンインは本ブログ運営者加筆 日本の人気アニメソングの中国語版(前編) 9月1日、北京では新学期が始まり、小学生から大学生まで夏休みを終えて再び学校通いを始めます。 夏休み中の映画業界は、アニメが最大の勝者となります。 今年は、国産のアニメ「哪吒之魔童降世(ナーザ)」、そして日本の「千と千尋の神隠し」などが中国で大ヒットしています。 そして日本アニメの挿入歌は、若者の間で大変な人気を集めています。 中国メロディーで、その人気ある日本のアニメの挿入歌の中国語バージョンを、2回に分けてご紹介しましょう。 「スラムダンク」のエンディング「世界が終わるまでは」 「スラムダンク」は、中国では1990年代後半にテレビ放送されました。 海外のアニメの中でも早期に中国で放映され、大人気となって、かなりの視聴率を記録しました。 子供たちへのバスケットボールのコーチ役を果たしたとも言われました。 当時、バスケの好きな若者はみな「スラムダンク」に惚れてしまいました。 特に、エンディングテーマの「世界が終わるまでは」に、数えきれない子供たちがわくわくし、多くの若者は「今聴いても最高だ。 元気いっぱいのメロディー、歌詞はわからないけど力強い音を感じ取れる」と感慨深げに言いました。 この感動的なメロディーを聞くと、湘北高校バスケ部キャプテン・赤木剛憲、イケメンの流川楓、キュートな赤木晴子、それに主人公の桜木花道など、夢を求めて頑張り続ける姿が目の前に浮かんでくるでしょうか。 今、この曲はすでに20代、30代の若者の青春の思い出となり、その燃え上がらせる歌詞で若者たちは元気付けられ、心強く感じました。 そして、人気歌手・張傑が2015年、この曲の中国語バーションを歌いました。 リアリティー番組のテーマソング「The Exploration of The World(世界の果てへ)」として注目を集めています。 「猫の恩返し」のエンディング「風になる」 「猫の恩返し」は平凡な女子高生、ハルがひょんなことから猫の国に招待され、不思議 な国の物語が繰り広げていくファンタジックな作品。 様々な誘惑に出会っても自分を見失わず、夢を諦めないで頑張る、といった物語です。 映画のエンディング「風になる」は、つじあやのが歌ったもので、その明るくて素朴なメロディーは心を打たれる魅力があります。 そして、台湾の歌手・梁静茹(フィッシュ・リョン)が、好きな人を思ってはにかみ、幸せを感じる少女の気持ちを中国語で生き生きと歌い上げました。 この歌に出てくる少女は、好きな人と手を繋いで花火を眺めたり、温泉を楽しんだり、人ごみの中で接近したりする幸せな時を思い出してはにかみ、心温まるムードを感じさせてくれます。 「千と千尋の神隠し」の「いつも何度でも」 今年の夏休み、アニメの「千と千尋の神隠し」は中国全土で上映され、大ヒットしました。 「千と千尋の神隠し」は、宮崎監督が子供たちに贈った大作ですが、これを見ると大人でも成長の足跡を見つけることができます。 途中に流れる「いつも何度でも」などの挿入歌に多くの観客の心が温められ、成長する道のりで出会うつらさや悲しさを生き生きと描きますが、エンディングは心温まるものでした。 そしてこの「いつも何度でも」を、実力派男性シンガーの周深が「亲爱的旅人啊(愛しき旅人)」というタイトルで、中国語で歌っています。 独特な澄んだ歌声が映画の美しく幻想的なムードとミックスし、一人ぽっちでの成長とやるせない別れの気持ちをうまく表現しました。 周深は女性のようなハイトーンと、男性的なボリュームや迫力を兼ね備えた声で、この曲にいろどりを添えています。 以下省略 出典: 2019-09-06 14:08 日本の人気アニメソングの中国語版(後編) 9月の北京、暑さも峠を越え、朝晩は涼しく虫の音が聞こえるようになりました。 さわやかな秋風も吹き始めています。 今回の中国メロディーは引き続き、日本のアニメの挿入歌の、中国語バージョンをお届けしましょう。 ドラえもん、ありがとう 1992年10月、日本の明仁天皇が中国の北京、上海、西安を訪れました。 天皇が中国を訪問したのは初めてのことで、中国は最高のおもてなしをしました。 実はこのとき、中国でムードを盛り上げるために、その1年前の1991年に、中国国営放送CCTVで「ドラえもん」の放映が始まったのです。 それから数年間、このネコ型ロボットは多くの中国の子供たちの成長に伴い、楽しいひと時を届けてくれました。 「ドラえもん」は、アジア人に受けのいいアニメだと言われ、ユーモアと想像力あふれるストーリーに多くの子供たちが惹かれました。 数えきれない子供たちの美しい思い出となっています。 若者たちは、「自分は野比のび太みたいに、気が小さくて不器用だ。 机の引き出しからドラえもんが出てほしい、悲しい時に慰めてくれて、自信をなくした時に励ましてくれて、静香ちゃんを思う時に一緒に会いに行ってほしい。 ドラえもん、ありがとう。 子供のころの最高の思い出だよ」としみじみと語ります。 そして2014年、「ドラえもん」の映画が初めて中国で上映され、その日本での売り上げ83億円を上回る90億円近い大ヒット作品になりました。 映画界では、外国での売上が国内の売上を上回るのはとても珍しいことです。 その後、「ドラえもん」シリーズは毎年中国で上映され、大ヒットを連発しています。 ドラえもんは中国人とともに歩み、そして中国人もドラえもんのサクセスストーリーを導いた、と言えましょうか。 ちびまる子ちゃん、80年代生まれの中国人の懐かしい思い出 去年の8月15日、「ちびまる子ちゃん」の作者・さくらももこさんが乳がんのため死去しました。 53歳でした。 このとき、中国でも大きく報道されて、誰もが哀悼の意を表しました。 「ちびまる子ちゃん」は中国でも絶大な人気を博し、多くの中国人に親しまれています。 中国でも指折りの人気アニメである「ちびまる子ちゃん」は、まる子と家族や友達とのほのぼのとした日常生活を描くもので、多くの人たちの共感を呼び起こしました。 「平凡なまる子がやること、考えること、そして友だちとのつきあいなどは私の子供のころとよく似ており、とても懐かしい気持ちになる」と思われています。 まる子ちゃんは、どこにでもいる子供たちの普通な姿であるとされています。 国や暮らし方は違いますが、子供たちは生まれつきみな同じなので、共感を得やすいのでしょう。 たとえば、勉強が苦手で、勉強すると眠くなったり、試験になると「頭痛い、学校休む」と言い出したり、夏休みの終わりが近づくと夜遅くまで宿題にとりかかり、絶望感に襲われたりする、といったものです。 このキャラクターはとても現実的で、まる子ちゃんがほぼ自分の子供のころとダブってみえる人が多いのでしょう。 そんなまる子ちゃんは、1980年代に生まれた中国人にとって懐かしい思い出となっています。 一期一会 「一期一会(いちごいちえ)」は日本のアニメ「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない」のエンディング「君がくれたもの」の中国語バージョンです。 この曲を聴いてアニメに興味を持つようになった人はかなり多いとのことです。 この曲は、「人生は長い道のりで、いろいろな人が行き来するけれども、出会いも別れもあるので、ぜひ出会いを大切にしてほしい」という気持ちを表しました。 それぞれの青海原へと向かっていく 遠い旅の最後の別れ 一緒に歩んでくれてありがとう 多くの人も多くのことも 一期一会だと知っている 歌詞の中に出た「一期一会」とは一生に一度だけの機会であることです。 つまり、一生に一度、という思いを込めて、周りの人々を大事にしていく気持ちを表しました。 この曲を聞くと、卒業シーズンでそれぞれの進路を歩もうとする時に、名残を惜しんで別れられないシーンを思い浮かべますね。 歌にあるように、友達との別れを惜しむ思いきれない気持ちもあれば、未来へのあこがれもあふれていますね。 この曲は今、中国で、卒業シーズンによく歌われるものになっています。 以下省略 出典: 2019-09-13 16:05.

次の