マイクロソフト アカウント メール アドレス 変更。 Windows10のユーザーを新しいMicrosoftアカウントに変更する方法!!

[Microsoftアカウント]と[職場または学校アカウント]の違い

マイクロソフト アカウント メール アドレス 変更

マイクロソフトのアカウントについての紹介と作成についてまとめてみた。 シェアする• マイクロソフト アカウントとは? 以前は、Microsoft Wallet、Microsoft Passport、. NET Passport、Microsoft Passport Network、Windows Live IDなどの様々な呼び名があったが今はマイクロソフト・アカウント(Microsoft Account)に統一され、アカウントを作成することでマイクロソフトの様々なサービスを利用することができるようになる。 アカウントは無料で作成できるが、一部のサービスについては有料となる部分もある。 サービスによってはネットを介して利用することになり、Windows、Mac、iPhone、Androidなどの異なるデバイス間を気にすることなく利用できるようになり利便性が高まる。 主に利用する内容として下記の例がある。 Windowsのアカウント• メールサービスOutlookのアカウント• オンラインストレージサービスOneDriveのアカウント• Excel、Word、PowerpointなどのOffice 365用アカウント• ゲームサービスXbox Liveアカウント• 通話&チャットサービスSkypeアカウント マイクロソフト アカウントの作成 アカウントの作成方法は、下記のように3つの方法があるが、今回は「1. 既に持っているメールアドレスで登録」と「2. 新規メールを取得して登録」の作成方法について紹介。 既に持っているメールアドレスで登録• 電話番号で登録• 新規メールを取得して登録 ちなみに、PCでの画面で紹介しているが、iPhoneやAndroidなどのスマホを使って同様の手順作成できる。 既に持っているメールアドレスで登録 まずはMicrosoft EdgeやChromeなどのブラウザで下記のURLにアクセス。 初期設定では、既に持っているメールアドレスで登録ができるようになっている。 会社で支給されているWindows PCを持っていて会社のメールアドレスがあるなら、そのメールアドレスを使うといいだろう。 個人で利用するなら管理を楽にするGmailを使うことをお薦めする。 Gmailのメールアドレスを持っていない場合は下記を参考に取得して貰えれば。 そしたら、持っている メールアドレスを入力して 次へをクリック。 ちなみに、メールアドレスは後で変更も可能だ。 続いてはパスワードの入力。 パスワードは以下の要件を満たす必要がある。 なお、セキュリティ的にパスワードは他のサービスと同じものを使い回さないように。 8 文字以上• 大文字、小文字、数字、記号のうち 2 種類以上を含む 姓と名を入力して 次へ。 なお、姓と名は後でも変更が可能だ。 続いては、 生年月日を入力して、 次へ。 そうしたら、登録したメールアドレス宛に4桁の数字の 認証コードが送られているのでそれを入力し、 次へ。 最後にスパム対策として表示されている薄ピンクの背景の 画像にある文字を入力して、 次へをクリックすれば作業は完了だ。 下記のURLをブックマークしておくとアカウントの管理が色々と便利だ。 新しくメールアドレスを取得して登録する まずは下記のURLにアクセス。 そしたら、 新しいメールアドレスを取得をクリック。 マイクロソフトのアカウント作成で「新しいメールアドレスを取得」を選択すると、下記の3つのドメインからメールアドレスを取得することができる。 ここらへんは好みだが個人的にはoutlook. comが好み。 outlook. outlook. com• hotmail. com ドメインを選択したらサンプルのように実際の アカウントを入力して、 次へ。 続いてはパスワードの入力。 パスワードは以下の要件を満たす必要があり、パスワードは他のサービスと同じものを使い回さないように。 8 文字以上• 大文字、小文字、数字、記号のうち 2 種類以上を含む 氏名の入力だが、これは後で簡単に変更ができる。 次は 生年月日の入力。 これも後で変更が可能。 スパムではないことを証明するために画像に記載の文字を入力。 大文字、小文字はどちらでも良い。 これで登録は完了。 アカウント内容の変更 特に細かい紹介はしないが、プロフィール画像やメールアドレスの変更、名前の変更、パスワード変更などは下記にアクセスすれば変更が可能だ。 Windows関連記事.

次の

ローカルアカウントの変更方法(アカウント名・パスワード)

マイクロソフト アカウント メール アドレス 変更

Microsoftアカウントは、Windowsのログインアカウントとして使用することができます。 WindowsのログインにMicrosoftアカウントを使用すると、ブラウザーのお気に入り、テーマ、壁紙などの設定が、複数のパソコンで同期されます。 例えば会社のWindowsと、自宅のWindowsを同期させたいといった場合に便利です。 最近は、家電量販店でOffice365搭載のWindowsが売られていることがありますが、 Office365を使用するためには、Microsoftアカウントが必要となっています。 また、オンラインストレージの OneDriveを使用するときにも、Microsoftアカウントが必要です。 OneDriveは登録するだけで、無料で15GB分の無料スペーズが使用できるようになります。 このように、既存のメールアドレスを使ってMicrosoftアカウントを作成するすると、 Microsoftアカウントの作成時に時間がかかってしまうことや、メールアドレスの管理が手間になってしまうことがあります。 それに比べ、Outlook. comのメールアドレスの場合、ブラウザで簡単にメールの内容が確認でき、Microsoftから配信されるメールが迷惑メールに入ることもありません。 さらに、Microsoftのメールサービスであるため、Outlook. comのメールアドレスが使えなくなるといった事態はないでしょう。 Outlook. comのメールアドレスは、Microsoftアカウントの作成画面の中で、簡単に新規に取得できます。 次に、Microsoftアカウントの作成方法を紹介していきます。

次の

Microsoftアカウントの新規登録(新しいメールアドレスを同時に作成)

マイクロソフト アカウント メール アドレス 変更

ローカルアカウント• パソコンごとに、ユーザー名と任意でパスワードを登録し、サインインするためのアカウントです。 パソコンの設定は同期されません。 Microsoft Storeからアプリをダウンロードしたり、Microsoft社が提供するオンラインサービスを使用したりすることができません。 Microsoftアカウント• 電子メールアドレスとパスワードを使用してサインインすることで、Microsoft社が提供するオンラインサービス(Outlook. comやOneDriveなど)やMicrosoft Storeから任意のアプリをダウンロードすることができるようになります。 複数のパソコンに同じMicrosoftアカウントでサインインすると、個人設定をオンラインで同期して、パソコンのテーマや壁紙、ブラウザーのお気に入り、アプリなどを共有できます。 このページではローカルアカウント名とパスワードの変更の手順について説明します。 次に表示された画面に、新しく設定したアカウント名が表示されていれば設定は完了です。 入力が終わりましたら 「パスワードの作成」をクリックします。 パスワードの設定したくない場合は新しいパスワードの欄は空白の状態で「パスワードの変更」をクリックします。 今後のWindows更新により画面表示などが変更になる場合もあります。 予めご了承くださいませ。 カテゴリー: タグ:.

次の