梅雨明け いつ。 関東の梅雨入り・梅雨明け予想!2020年はいつ?

気象庁|過去の梅雨入りと梅雨明け

梅雨明け いつ

令和2年の梅雨入りと梅雨明け(速報値) 梅雨期は大雨による災害の発生しやすい時期です。 また、梅雨明け後の盛夏期に必要な農業用の水等を蓄える重要な時期でもあります。 一方、梅雨期は曇りや雨の日が多くなって、日々の生活等にも様々な影響を与えることから、社会的にも関心の高い事柄であり、気象庁では、現在までの天候経過と1週間先までの見通しをもとに、梅雨の入り明けの速報を「梅雨の時期に関する気象情報」として発表しています。 (発表後3日程度の間、に各地方別の情報として掲載しています。 地方に含まれる都府県は、をご覧ください。 ) このページは梅雨入りと梅雨明けの情報を発表したときに更新しています。 ただし、情報発表が休日の場合は休日明けの平日に更新となる場合があります。 後日、春から夏にかけての実際の天候経過を考慮した検討を行い、その結果、この情報で発表した期日が変更となる場合があります。 ここに掲載した期日は移り変わりの期間の概ね中日を示しています。 ・「平年」は、平成22年(2010年)までの過去30年の平均(入り・明けを特定しなかった年は除外)の日付です。

次の

2020年の梅雨入り、梅雨明けはいつ?関東、関西、沖縄など地域ごとに傾向を解説

梅雨明け いつ

10日以上に渡って長く続いている「令和2年7月豪雨」。 今週末も再び大雨の恐れがありますが、一連の豪雨も、ようやく終わりが見え始めてきました。 大雨と梅雨明けの見通しです。 記録的大雨いつまで続く 7月3日 金 から梅雨前線が本州付近に長く停滞し、これまでに例のないような記録的な大雨が10日以上に渡って長期間続いています。 9日 木 に命名された「令和2年7月豪雨」はなおも継続中で、きょう14日 火 も島根県を流れる江の川が氾濫するなど、中国地方を中心に命に係わる危険な雨の降り方となりました。 ただ、広範囲に甚大な被害をもたらした一連の豪雨も、ようやく終わりが見え始めてきました。 長く連なっていた雨雲 こちらの画像はJAXAの「世界の雨分布リアルタイム」で、佐賀県、長崎県、福岡県に大雨特別警報が発表された6日 月 17:00〜17:59の雨の強さを示したものです。 本州や九州だけでなく、東シナ海から大陸にかけて梅雨前線に伴う降水域が帯状に長く連なっているのが分かります。 これまでは西から発達した雨雲が次から次へと日本へ流れ込んでいました。 雨雲はいったん途切れる 一方、こちらはきょう14日 火 5:00〜5:59までの雨の強さを示したものです。 本州から九州、東シナ海にかけて降水域がみられますが、大陸付近ではいったん途切れています。 梅雨前線はあさって16日 木 にかけて本州の南へ下がり、全国的な雨はいったん小康状態となるでしょう。 ただ、湿った空気などの影響により、九州から東北は所々で雨が降りそうです。 降る範囲はこれまでより狭く、雨量もこれまでより少ない予想ですが、長引く大雨により土砂災害や川の氾濫の危険度が高まっている所があります。 油断せず、安全な場所で過ごすようにしてください。 今週末は再び発達した雨雲 長く続いていた豪雨の出口は見え始めたものの、まだトンネルを抜けたわけではありません。 今週末は再び大雨となる恐れがあります。 17日 金 からは再び梅雨前線が本州まで北上してきます。 19日 日 にかけて再び広い範囲に発達した雨雲がかかり、前線の活動の程度によっては雨の量が多くなることも考えられます。 降水域が再び東シナ海から大陸にかけて長く連なるかもしれません。 「雨雲レーダー」とともに、「世界の雨雲の動き」にも注目してみてください。 梅雨明けはいつ? 待ち遠しい梅雨明けですが、来週になると太平洋高気圧の勢力が強まる傾向が出ています。 週間予報を見ますと、20日 月 頃からは西日本を中心に晴れマークが見られるようになりました。 ただ、梅雨明けと同時に厳しい暑さがやってきます。 災害の復旧作業は暑さとの闘いとなりそうです。

次の

関東の梅雨入り・梅雨明け予想!2020年はいつ?

梅雨明け いつ

【関西の梅雨明け時期。 例年と2020年予想は?】 気象庁のデータによると、関西の梅雨明けは例年だと7月21日頃です。 梅雨入りは例年で6月7日頃なので、梅雨は2ヶ月ほど続きます。 ちなみに、2019年は梅雨入りが6月27日と大幅に遅れましたが、梅雨明けは7月24日と例年通りでした。 2018年は梅雨入りが6月5日で梅雨明けが7月9日と早く梅雨明けしていますし、2020年は例年通りに行くとは限りません。 【関東の梅雨明け時期。 例年と2020年予想は?】 気象庁のデータだと、関東の梅雨明けは例年だと7月21日です。 梅雨入りが6月8日と関西とほぼ同時期なので覚えやすいですよね。 ただ、関東の2019年の梅雨入りは6月7日、梅雨明けは7月24日と梅雨入りした時期が関西よりも早く、梅雨明けは関西と同じ日にちでした。 なので、関西よりも梅雨の時期が長かったと言えます。 2018年は6月6日が梅雨入り、6月29日が梅雨明けで、関西と梅雨入りは同じ時期だけど梅雨明けは一足早い年でした。 【北陸の梅雨明け時期。 例年と2020年予想は?】 北陸の梅雨明けは、例年だと7月24日頃です。 梅雨入りは例年だと6月12日で、ほぼ関西や関東と変わりません。 2019年は6月7日が梅雨入り、梅雨明けは7月24日、2018年は6月9日が梅雨入り、7月9日が梅雨明けです。 2018年は例年よりも早く早く梅雨明けしていますが、過去のデータではだいたい7月後半が梅雨明け時期です。 【中国地方の梅雨明け時期。 例年と2020年予想は?】 中国地方の例年の梅雨明けは7月21日です。 梅雨入りは6月7日で、他の地域とほぼ同じです。 2019年の梅雨入りは6月26日、梅雨明けは7月25日、2018年は梅雨入りが6月5日で梅雨明けは7月9日でした。 過去2年で例年よりもズレましたが、過去のデータでは梅雨明けが例年とほぼ同じ時期なので、2020年も例年通りかもしれませんね。 【北海道の梅雨明け時期。 例年と2020年予想は?】 北海道には梅雨がありません。 なぜなら梅雨前線は東北地方のあたりでなくなってしまうからです。 梅雨前線は暖かい空気と冷たい空気のぶつかり合いだと説明しましたよね。 梅雨前線が北上すると、暖かい空気の太平洋高気圧の勢いが強すぎて冷たいオホーツク海高気圧がおし負けてしまいます。 そのため、前線が消えて北海道まで梅雨はやってきません。 ただ、温暖化の影響で前線が弱まらず、北海道まで梅雨入りする年もあります。 また、北海道では蝦夷梅雨と呼ばれる小雨が降り続く日があります。 そしてリラ冷えと呼ばれて冷え込む日もあるため、北海道も雨と無縁ではありません。 しかし、蝦夷梅雨で降る雨は本州の梅雨よりも少なく、ジメジメしないのが特徴です。 また、降ったりやんだりで本州のようにザーザー降りになる事もありません。 北海道の花で有名なのがラベンダーですが、ラベンダーはスッキリした天気を好みます。 梅雨が来ないから、北海道はラベンダーがきれいに咲くのです。 【沖縄の梅雨明け時期。 例年と2020年予想は?】 沖縄の梅雨明けは本州よりも1ヶ月ほど早いです。 例年だと6月23日に梅雨明けをし、梅雨入りは5月9日です。 ゴールデンウィークが明けた頃に梅雨入りとなり、本州が梅雨入りした時に梅雨明けをするという事ですね。 なので、本州よりもだいぶ早い梅雨入りと言えます。 2019年は梅雨入りが5月16日、梅雨明け7月10日、2018年は梅雨入りが6月1日で梅雨明けは6月23日です。 年によってバラつきがあるのが分かります。 そして、2020年はすでに梅雨入りしています。 6月2日現在 九州南部や四国も梅雨入りしたとの事で、間もなく梅雨明けすると予想されます。 もし6月の初旬に梅雨明けしたら、例年よりも早い梅雨明けとなります。 いかがでしたでしょうか? 梅雨明けは地域によってバラつきがありますが、年によってもだいぶ違いますよね。 なので2020年の梅雨明けを完璧に言い当てるのは困難ですよね。 ただ、例年通りなら本州が7月の終わり頃に梅雨明けし、沖縄は6月の終わり頃です。 なので、沖縄で梅雨明けしたら、そろそろ梅雨入りだなと考えれば良しです。 また、北海道は梅雨がありませんが、冷たい雨がシトシトと降る雨はあります。 もし梅雨が来たら、珍しいなと思っておくと良しです。

次の