勝 新太郎 の 息子。 【孤独死】中村玉緒の息子:鴈龍が死去!事故の俳優は加藤幸雄で逮捕は?

勝新太郎の息子・奥村雄大(鴈龍)は現在何をしている?語り継がれる真剣事件とは?

勝 新太郎 の 息子

コンテンツ• 彼ほど豪胆な雰囲気の俳優さんは、後にも先にもなかなか現れるものではありません。 お若い頃の演技にも、年を重ねられてからの演技にも、 それぞれの年齢ごとの魅力があり、観ていて楽しい俳優さんです。 いまだに解明されていない、ナゾ多き事件と言えるでしょう。 なぜか、撮影現場には模造刀に混じって 真剣が置いてあり、 この真剣で、奥村雄大さんは斬られ役の俳優さんを実際に斬ってしまい、 死なせてしまったのです。 殺人なのか事故なのかが争点となりましたが、結局 事故扱いとなりました。 奥村さんは 謹慎となり、現在はふたたび俳優として活躍されているのだとか。 wikipedia. その真剣を誤って手にした奥村さんが、撮影の合間に 相手の首に刀を振り下ろしてしまった。 つまり、 不幸な事故として一件落着してしまったのです。 これ、下手をすれば 殺人事件になっていたワケですが、 やはりこの事故には さまざまな噂が飛び交いました。 まず、真剣って すごく重いです。 模造刀は軽々と扱えても、真剣なら 手にずっしり来るハズなんですね。 たとえ素人であっても、その違いは手にするだけで気づくと思うんです。 でも、奥村さんはなぜか、それを振り回していて、 相手の俳優さんを斬ってしまった、ということになっています。 いくら臨場感を出すためとはいえ、現場のスタッフさんが 模造刀の中に真剣を混ぜる、という危険行為をわざわざ冒すでしょうか? 「誰かが真剣をこっそり混ぜたのでは」という 陰謀説まで浮上しましたが、 実際のところはどうだったのか・・・。 模造刀であれば、撮影の合間に斬り合うフリをしてふざけることもあるでしょうが、 真剣でふざけていた、となると大問題ですよね。 でも、この映画「座頭市」は、奥村さんにとって デビュー作でもある大事な作品ですし、 自らの手を血で汚すようなことも考えにくい・・・。 ますます深まる謎。 映画「座頭市」はけっきょく、無事公開に至りましたが、 なんとも 後味の悪い事件となりました。 1989年の出来事ですから、もう 真相は闇の中です。 関連記事: 関連記事: スポンサードリンク.

次の

【撮影中に死亡】座頭市 真剣事件の真相

勝 新太郎 の 息子

6月7日から開幕する大阪・新歌舞伎座開場60周年記念公演の6月の舞台に特別出演する女優・中村玉緒。 石原裕次郎さん、高倉健さんと並び、昭和を代表する映画スターの勝新太郎さんの妻で、79歳になった今でも現役で活躍中だが、このほど、54歳になる長男で俳優の鴈龍太郎と、2年前から絶縁状態にあることが「女性自身」(光文社)に報じられた。 それでも親の七光りのもと、89年には本名の奥村雄大の名前で、勝さんが監督も務めた映画『座頭市』でデビューしたが、ここで事件が起こる。 映画撮影中に、模擬刀ではなくスタッフが用意した真剣を使用したことで、共演俳優に重傷を負わせ、その後、死亡してしまったのだ。 ちなみに、映画公開後の90年1月には、父親である勝さんが、ハワイのホノルル空港でマリファナとコカインを下着の中に隠し持っていたとして現行犯逮捕されている。 日本に移送される際、「もうパンツははかない」と放言したことは今も語り草になっているが、その後、日本でも麻薬及び向精神薬取締法違反容疑で逮捕されている。 鴈が82年に大麻で逮捕された際には、姉の奥村真粧美も一緒だったことを思えば、此の親にして此の子あり、といったところだろう。 それでも、有名人で人気も高かった勝さんを当時のマスコミが深く追及しなかったこともあって、94年、勝さんは舞台『不知火検校』で復帰する。 その際、長男の奥村も、芸名を鴈龍太郎に改めて復帰した。 ところが、97年、勝さんが65歳の若さでこの世を去ってしまう。 勝さん亡き後は、母親の玉緒が鴈を一人前の俳優に育てようと尽力。 バラエティタレントしてブレイクした自身のコネで、舞台やバラエティ番組に出演させたが、鴈が俳優として開花することはなかった。 筆者も、知人の芸能関係者から紹介され、ハワイで鴈と話す機会があった。 だが、鴈は「親父が、親父が」と勝さんの自慢を繰り返すばかり。 これでは売れないと感じた。 精神的にも経済的にも親への依存を続ける息子について、玉緒も、女性誌「婦人公論」(中央公論新社)のインタビューで「私はちょっと贅沢をさせて、(子供たちの)育て方を間違えたかもしれません」と漏らしたこともあった。 実際、鴈のみならず姉の真粧美にも甘く、彼女が北海道の資産家の息子と結婚した際には、式の当日に「嫌ならすぐ帰って来てもいいのよ」と声をかけたことが話題となったが、その言葉通り、真粧美はスピード離婚している(勝さんが、婿の父親からの多額な借金を背負っていたことから政略結婚だったとも噂された)。 それでも、「でも、私にとっては、大事な子供たちです。 娘はいちど結婚してすぐ離婚しましたし、息子もまだ独身ですが、早くいい嫁さんに来てもらって、孫の顔が見たいですね」(前出「婦人公論」)と親の顔を見せている。 しかし、鴈は結婚どころか、仕事に対しても意欲がなく、母親の経済力に頼る生活を続けている。 「女性自身」によれば、業を煮やした玉緒が、「私が面倒をみているかぎり、あの子が立ち直ることはない」として、経済的援助を打ち切り、2年前から絶縁状態だという。 ところが、鴈は東京・赤坂で親しくなった飲食店関係者相手に、悪びれる様子もなく「俺は金が無い。 おふくろから小遣いをもらっている。 おふくろは時間があると赤坂のパチンコ屋にいる」と嘯いていたという。 玉緒の唯一の趣味がパチンコであることは業界では有名な話だが、どうやら鴈はパチンコ帰りの玉緒を狙って小遣いをせびっているようなのだ。 それが母親の悲しい性なのかもしれないが、いずれにせよ、「孝行のしたい時分に親は無し」などということにならないよう、2人とも早く目を覚まし、再起を目指してほしいものだ。 あわせて読みたい•

次の

勝新太郎

勝 新太郎 の 息子

11月1日に急性心不全のため55歳で急逝していたことが明らかになった俳優、勝新太郎さん(享年65)と女優、中村玉緒(80)の長男で俳優、鴈龍(がん・りゅう、本名・奥村雄大=おくむら・たけひろ)さん。 名古屋市内で孤独死していたという。 葬儀は11月29日に近親者だけで行い、納骨も済ませた。 複数の関係者によると、鴈さんは同市で働いていたが、連絡が取れなくなったため、不審に思った知人が自宅を訪ねたところ、鴈さんはすでに亡くなっていた。 一人暮らしだったこともあり、死後数日はたっていたとみられる。 事件性はないという。 父が勝新、母が玉緒。 伯父は若山富三郎さん(1992年没、享年62)と歌舞伎俳優の坂田藤十郎(87)という芸能一家に生まれた鴈さん。 期待されながらもなかなか芽が出ず、苦節の日々を過ごしていた。 勝さんの付き人を務めた後、勝さんが製作・監督・主演を務めた1989年公開の映画「座頭市」に本名で出演し、映画デビュー。 しかし、撮影中の88年に真剣を使用し、殺陣師の俳優を誤って切りつけ、死亡させる事故を起こした。 デビュー前には薬物事件を起こしたこともあった。

次の