俺ガイル ss 戸塚。 俺ガイルSS やはり俺の球技大会は間違っている。

SSまとめるー : 俺ガイル

俺ガイル ss 戸塚

", "雪ノ下雪乃" and more. The novel "陽乃姉さんと雪乃姉さんは弟の八幡を溺愛中!" includes tags such as "俺ガイル", "比企谷八幡" and more. The novel "俺ガイルss 犠牲なくして勝利なし" includes tags such as "やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 ", "雪ノ下雪乃" and more. ~戸塚とワイン~ ある日、千葉市内の一室で大人になった八幡という男ととても可愛らしい戸塚という人がワインを飲みながら暖炉の前でくつろいでいた。 このssは誰もが幸せになれるハッピーエンドになります。 原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 タグ: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 俺ガイル 比企谷八幡 雪ノ下雪乃 由比ヶ浜結衣 雪ノ下陽乃 下部メニューに飛ぶ 23 of the novel series "俺ガイル ゆきのんヒロインSS". 俺ガイル 下着は着けない方が八幡くんの好みなのよね? 俺ガイル短編集(作者:タンデム ) 原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。. 俺ガイルSS 126 比企谷八幡は常に冷静だが、時に感情的だ 俺ガイルSS 114 比企谷家の未来 俺ガイルSS 105 雪乃「比企谷くんを救うことになった。 "俺ガイル 下着は着けない方が八幡くんの好みなのよね?" is episode no. 短編集 誤字脱字があったらすみません 時系列を気にしている人がいますが、思いついたら書いているだけなので結構バラバラです。 【俺ガイル・八雪ss】雪ノ下雪乃は比企谷八幡の部屋に住む。 23 『昨日、〇〇区のマンシ... 記事を読む.

次の

俺ガイル SS 雪乃 退学

俺ガイル ss 戸塚

文化祭終了後 雪ノ下「いやー姉さんは徹頭徹尾畜生だったわね」 八幡「血は争えねえなこれ」 雪ノ下「せやろか」 八幡「日々の罵倒」 雪ノ下「愛があるからセーフ……ッ!ノーカン……ッ!ノーカン……ッ!」 八幡「愛を再確認したところで2005年度の日本シリーズを振り返ってみましょう」 雪ノ下「なんでよ!阪神は関係ないでしょう!」 ガラッ 由比ヶ浜「やっはろー!」 雪ノ下「こんにちは由比ヶ浜さん。 やっと人が来たわ」 八幡「オイ、しれっと俺を人のカテゴリから外してんじゃねえよ。 無駄にするのも何だし配ってるんだ」 八幡「わざわざ俺に聞かなくてもお前なら配る相手もたくさん居るだろ」 葉山「チケットはかなりの枚数貰っているから気にしなくても大丈夫だよ」 八幡「そういうことじゃなくてだな……ぼっちの俺がチケットなんて貰ってどうしろっていうんだよ」 姫奈「一緒に行けば良いじゃない! 二人で仲良く行けば良いじゃないっ!!」 葉山「ははは、ヒキタニくんも相変わらずだね。 …………姫奈も、ね」 八幡「おい、こいつの保護者はどこ行ったんだよ。 この際、由比ヶ浜でも構わんが」 葉山「うーん、優美子は近くに居ないな。 結衣も見当たらないね」 姫奈「『俺と用事、どっちが大切なんだ隼人っ』『八幡……もちろん君だよ』 ぐふふ……」 八幡「……わ、わかった。 貰えるなら貰っておく」 葉山「あ、ああ、……じゃあ10枚ぐらいで良いよね?」 ~~~奉仕部室~~~ いろは「うわ、なんですかこの紅茶。 生徒会室のより断然美味しいですね」ゴクゴク 雪乃「それはどうも………」 八幡「…で、結局なんの用なんだ?」 いろは「あ、はい。 生徒会のお仕事を手伝ってもらおうかと思ったんですよ」 雪乃「ごめんなさい、ここは問題解決の手助けを方針に活動している部であって何でも屋ではないの」 いろは「そうですかー………じゃあ、生徒会活動を成功させたい!これでいいですか?」 結衣「あ、それならいいかも!」 八幡「いいかも!じゃねぇよ……まぁ、確かにそれならOKかもな。 どうだ雪ノ下?」 雪乃「……構わないわ。 ここ最近重要な案件も回ってきてないし。 それで、私達は何をすればいいのかしら?」 いろは「えーと、一人だけでも少しの期間生徒会室に行って手伝ってくれたらいいんです。 既にめぐり先輩が手伝ってくれてますし」 八幡「お前、一人既に協力者がいるっていうのにまだ誰か使役する気か……そんなんじゃお前のイメージが落ちんぞ」 いろは「でも出来ないものは出来ないんですよ。 だから誰かお願いします!」 八幡「開き直りやがったなこの野郎………んじゃ、俺行くわ」 雪乃「え?」 結衣「え?」 八幡「え?」 八幡「桂馬かっけー・・・。 」ボソッ 結衣「ヒッキー何読んでるの?」 八幡「え?あ、マンガ。 」 結衣「それは見てわかるし!」 八幡「神のみぞ知るセカイってやつだよ。 」 結衣「ふーん・・・おもしろい?」 八幡「ああ。 これ読んでると恋愛したくなるぞ。 」 結衣「ヒッキーきも・・・。 」 雪乃「由比ヶ浜さん。 今日はもう帰りましょうか。 何だか身の危険を感じるわ。 」 八幡「なんでお前が身の危険を感じてるんだよ。 てかあれだ、恋愛したくなるって言ってもこのマンガは普通の恋愛マンガとは違うんだよ。 明日も全部持ってきてやるから読んでみろ。 」 雪乃「なぜ私があなたの勧めるマンガを読まないといけないのかしら。 」 結衣「えー、いいじゃんゆきのん!あのヒッキーが良いっていう恋愛マンガだよ!?」 雪乃「それがどうしたというのかしら・・・。 」 結衣「ヒッキー攻略の参考になるかもしれないよ?」ヒソヒソ 雪乃「!?そうね。 わかったわ。 比企谷君、明日必ず持ってきなさい。 」 八幡「お、おう・・・。 」 学校が冬休みに入り、俺は有意義な時間を過ごしていた。 まずは撮り溜めていたアニメを全て見た。 その上でリアルタイムでの視聴もかかさない。 12月末には1クールが終るため、俺は一気に1話から視聴をし、記憶が新鮮なうちに最終話を見ることができた。 自分の計画性の高さに末恐ろしさを感じる。 後は積まれていた本を片っ端から読んだ。 まとまった時間があると読書も進むし、またストーリーを忘れることもなくて効率がよろしい。 他にも受験勉強をしている小町を構ってみたり、ゲームをポチポチやってみたり、昼まで寝てみたりと冬休みを満喫していた。 つまりだらけていた。 クリスマスは特につつがなく終わり、大晦日には紅白や特番を見て「あ~もう今年も終わるのか」と実感し、 新年へのカウントダウンを小町として、新年を迎えた瞬間にどっちが先に年越しそばを食切るかという勝負をして、俺は勝者となった。 新年早々勝つとは今年はいい年になりそうだ。 モバP「俺、結婚するんだ」 凛「……そう」 誰と? そう訊けなかった。 自分が情けない。 モバP「結婚してもこれまで以上に頑張るからな」 凛「……プロデューサーらしいね」 モバP「海外ロケのついでにささやかに結婚式を挙げる予定だ」 凛「前に言ってたよね。 サイパンだっけ」 モバP「凛は撮影の予定はないけど一緒にくるか?」 凛「いや、いいよ。 幸せにね」 モバP「ありがとう」 凛「じゃ、帰るから」 モバP「凛は明日は休みか。 俺は明後日からサイパンだしな。 次に会うのは来週だな」 凛「土産……期待してるから」 覚えてる限りそれが最後の会話。 航空機墜落のニュースは連日日本を騒がせた。 事故後ようやくプロデューサーの結婚相手がちひろさんだと知った。

次の

【ダウンロード可能】 俺ガイル 壁紙 1920×1080 ~ 無料のHD壁紙画像

俺ガイル ss 戸塚

比企谷家 めぐり「比企谷君、フライパンどこ?」 戸塚「八幡! こっちが醤油だよね」 小町「おにいちゃん何か顔緩んでるよ?」 八幡(どうしてこうなった?) 八幡(確か今日は・・・) 朝の学校 戸塚「はちまーん」 八幡「どうした戸塚」 八幡(朝から天使に出会うなんて今日は何か幸せが訪れそうだな。 というかもう訪れてる) 戸塚「今日、八幡の家に行って良い?」 八幡「なん・・・だと?」 戸塚「友達の家に行ってみたくて・・・もちろん、八幡が良ければだけど」 八幡「今日は部活が休みだ。 いいぞ」 八幡(友達の家だよね。 ホモダチの家じゃないよね) 戸塚「本当! やったぁ!」 八幡「じゃあ、何なら泊まってくか?」 戸塚「え! 本当!?」 八幡「それこそ、戸塚が良ければだが」 戸塚「八幡のお母さんとか居るの?」 八幡「いや、それが両親で旅行に行くらしくてな」 八幡(ご都合主義ナイス! 小町と戸塚とか俺もうどうかしちゃう自身あるぜ) 八幡(しかし、ヒロインが男と妹とは・・・) 戸塚「それじゃあ、お泊りセット持って行くね!」 八幡「おう。 それじゃあ、俺が家に帰ったら連絡するわ」 戸塚「やったぁ!」 海老名「お泊りデートとか、とつはち展開キマシタワー」ブシュ 三浦「姫菜、マジ擬態しろし」 八幡(流石にお泊りはとつはち展開あるかもしれない・・・理性の化物が獣になっちゃうかも? まぁ無いけど) 八幡「取り敢えず、何もありませんように」 放課後 八幡「」ダッ 「ヒッキー休みだからって速っ!?」 八幡(残念がらこれは帰りたい欲ではなく愛の力だ) いろは「せんぱーい」 八幡「・・・」ダッ いろは「何で逃げるんですか!?」 八幡「お前がその甘だるい声で頼み事をする時は、ろくな事がない」 いろは「色々ありましてねぇ、生徒会の・・・」 八幡「帰る」 いろは「えぇ!?」 いろは「それはあんまりじゃないですか!」 八幡「俺、何よりも大事な用事があってな」 いろは「先輩の用事なんてたかが知れてますよ!」 八幡「お前、マジで失礼だな」 八幡「今日は天使が家に泊まりに来る日なんだ」 いろは「そうですか。 それじゃあ、行きますよ」 八幡「信じてねぇだろ・・・」 八幡(ひと目でも戸塚を見たら信じるだろうがな) いろは「早く帰りたいなら、仕事を終わらせて下さい」 八幡「はぁ・・・やるしか無いのか」 いろは「はい? 」 八幡(何で生徒会の仕事が俺の義務になっちゃったんだよ) いろは「行きますよ!」タッタッタ 八幡「はぁ・・・」テクテク 生徒会室 めぐり「あ、比企谷君」 いろは「ボランティア連れてきました!」 八幡「さっさと仕事をよこせ」 めぐり「何で今日の比企谷くんは積極的なの?」 八幡「天使と会う為です」 いろは「何か良く解らない妄言を吐いているんですよ」 八幡「簡単に言えば、友達が家に来るからです」 いろは「嘘だぁ」 八幡「お前酷すぎるだろ・・・」 めぐり「友達ぐらい居るかもしれないじゃない」 八幡「めぐり先輩、それフォローになってないです」 いろは「これとこれとこれやって下さい」ドサッ 八幡「多すぎるだろ・・・」 いろは「友達に会いたければやって下さい」 八幡「仕方ねぇな・・・」ズババババ めぐり「速い・・・」 八幡「トツカトツカトツカトツカトツカトツカトツカトツカトツカ」 めぐり「ヒィ・・・『とつか』って誰?」 いろは「テニス部の戸塚先輩ですか?」 八幡「お前、天使の名前を軽々しく・・・」 いろは「先輩、目が怖いです」 八幡「戸塚に近づくなよ。 ビッチが感染る」 いろは「私は菌か何かですか!?」 八幡「俺だって比企谷菌って言われたんだ」 八幡「我慢しろ」 一時間後 八幡「終わった・・・」 いろは「絶対三時間はかかると思ってたのに・・・」 八幡「というか、何で俺とめぐり先輩が仕事してんだ」 めぐり「困った時はお互い様だよ」 いろは「ですよねぇ」 八幡「めぐり先輩騙されてますよ」 八幡「取り敢えず帰ります」 八幡 戸塚が俺を呼んでいる! いろは「急に走り去って行った!?」 めぐり「あれ? これって・・・」 八幡 戸塚 ! 待ってろよ! 八幡(そして、俺は家に帰って直ぐ戸塚に連絡) 八幡(戸塚とのお泊りが開始するはずだったが・・・) 玄関 めぐり「比企谷君忘れ物」ガチャ 八幡「めぐり先輩!?」 小町「おにいちゃんこの人誰!」 戸塚「え!? 八幡めぐり先輩と知り合いなの!」 めぐり「比企谷君、はいこれ」 八幡(めぐり先輩が持っていたのは俺のだった。 いつ忘れたんだ俺・・・?) めぐり「いやぁ、私、間違って比企谷くんのバッグから落ちたもの、持っててね」 小町「めぐり・・・あ! めぐりんパワーの使い手!」 八幡(小町が俺の雑説明を覚えてやがる!) めぐり「めぐりんパワー?」 八幡「何でもないです」キリッ 小町「ちょっと上がってお茶でもどうですか?」 めぐり「今日は親が家に居ないし、お邪魔してもいいかな」 八幡「いいですけど」(何このご都合溢れる展開) 戸塚「それじゃあ、めぐり先輩もゲームします?」 めぐり「あ、? 懐かしいなぁ」 八幡「めぐり先輩もやるんですか?」 めぐり「はるさんは強いよー」 八幡(でしょうね) 八幡(しかし、雪ノ下さんもゲームするんだな) 戸塚「じゃあ僕はピットで」 八幡(戸塚はピットより天使だ) 小町「私はで」 八幡(あざと可愛いやつ選ぶな) めぐり「私はファルコで」 八幡「・・・めぐり先輩、雪ノ下さんからなにか教わりました?」 めぐり「うん。 投げ連」 八幡(俺のウルフと、戸塚と小町は、めぐり先輩の餌食になった) 小町「めぐりさん強いですね」 めぐり「そう?」 戸塚「さっきの連続するの教えてください!」 めぐり「いいよー」 八幡(やべぇ、超癒される・・・)ウトウト 八幡「」グー 戸塚「あっ! 八幡寝てる」 めぐり「本当だ」 小町「二人も客人が来てるのに小町的にポイント低いよ」 戸塚「なんだか僕も眠くなってきちゃった・・・」ウトウト めぐり「」スピー 小町「私も昼寝しちゃおっかな・・・」 八幡「あれ・・・? 俺寝てたのか」 八幡(あの三人の癒やしパワー恐るべし。 天国って案外近いもんだったな) めぐり小町戸塚「」スピー 八幡「三人の寝顔が並んでいるだと・・・!」 八幡(今日は何なんだ。 俺は今日幸せ死するのかよ) 小町「むにゃ・・・今何時?」 八幡「えっと・・・七時!?」 小町「急いで料理作らなきゃ!」 戸塚「・・・ん? 寝ちゃってた」 めぐり「」スピー 八幡「起きて下さい」 めぐり「はっ!」 八幡(そうだ。 それで何故かめぐり先輩もウチで夕食を食べることに・・・) 戸塚「八幡! 聞いてる?」 八幡「あぁ、こっちが醤油だ」 めぐり「比企谷君どうしたの?」 小町「おにいちゃん専業主婦なら料理くらいやってよ」 八幡(エプロン姿の戸塚と小町とめぐり先輩からが出ていると思いました) 八幡「・・・こんな家庭で暮らしたい」 小町「え?」 戸塚「!」 めぐり「・・・」カァァ 八幡「あ! えっと、つい本心が口にだな・・・」 めぐり「まぁでも、何かこの四人って話しやすいよね」 戸塚「確かに。 初めて話した気がしないです」 八幡(それは俺以外全員天使に近い存在だからだよというか約一名天使だけど) 小町「つまり、私が戸塚さんと、おにいちゃんはめぐりさんと結婚すればいいってこと?」 戸塚「こ、小町ちゃん・・・」カァァ 小町「じょ、冗談ですよ。 ですけど・・・戸塚さんの事、ちょっと良いなぁって」 八幡「マジかよ。 戸塚が義弟とか大歓迎なんだけど」 戸塚「僕も小町ちゃんの事可愛いって思うよ」テレッ 小町「えぇ!」カァァ 八幡「天使が家の一員になった・・・」 めぐり「比企谷君・・・本当に実行しちゃう? 小町さんが言ってたその・・・それ」 八幡(いつもならその言葉を疑うだろう。 しかし、俺は癒やされすぎてある意味どうかしていた」 八幡「めぐり先輩さえ良ければ」 十年後 めぐり戸塚小町「行ってきまーす」 八幡「おう。 行ってらっしゃい」 八幡娘「ぱぱ、ジュース」 戸塚息子「はちまん。 おれにも」 八幡(俺は三人の専業主婦として、兄弟夫婦の二世帯住宅を支えている) 八幡(子供も居て超幸せ) 八幡(俺が高校を中退して本格的にめぐり先輩の専業主婦になるって行った時、父と母は驚いていた。 俺がかなり本気で努力をしようとしていた事に。 しかし、俺は癒され、勇気をもらったのだ。 間違いなく、俺の本物はこの家にある) 八幡(たまに酒を飲む平塚先生から聞いた話じゃ、雪ノ下は俺が辞めた後、雪ノ下さんに屈服して奴隷になったらしいし、はビッチが悪化したとか聞くけど、その点ではもしかして・・・) 八幡(俺の青春ラは間違っていたのかも、な) 終 元スレ 八幡「・・・ふう。 癒される・・・」.

次の