豆腐 ダイエット メニュー。 ダイエットレシピ1週間で痩せる献立【豆腐・ささみ・スープ】 │ ダイエットノートBIZ

豆腐ダイエット成功するやり方と口コミ!痩せない場合の対処法は?

豆腐 ダイエット メニュー

豆腐ダイエットとは? 豆腐ダイエットには、 一日3食のうち1~2食の主食を豆腐に置き換える、もしくは、 食事の前に豆腐を食べてある程度お腹を満たした上で食事を行うことで、自然と量を減らすというダイエット方法の2種類があります。 豆腐は一丁(木綿)あたり200㎉と低カロリーのため、置き換えもしくは先に食べることで、摂取カロリーを減らすことができます。 また、豆腐は血糖値を上げにくい低GI食品のため、摂取後の血糖値が緩やかに上がります。 血糖値が急激に上がると、それだけ下降も早くなるため食後に空腹を感じやすくなりますが、低GI食品は腹持ちがよいので満腹感が持続しやすく、過食を防いでくれる効果があります。 ダイエットには豆腐が良いって本当?その効果は? 豆腐の原料である大豆には、ダイエット効果が期待できる様々な栄養が含まれています。 大豆サポニン 腸で吸収した糖が脂肪と結びつくのを阻害する働きがあるので、 脂肪の蓄積を抑えてくれる効果があります。 大豆レシチン 血中のコレステロールや中性脂肪を減少させる働きがあります。 ビタミンB群 糖質の代謝を促進するビタミンB1や、脂質の代謝を促進するビタミンB2など、 ビタミンB群は体内に脂肪が溜まるのを防ぐ働きがあります。 大豆オリゴ糖 大豆オリゴ糖は、腸内にある善玉菌のエサとなる成分です。 腸内で善玉菌が優勢になると、 便秘を解消されて新陳代謝が活発になります。 タンパク質 筋肉や骨などを作るのに欠かせないタンパク質ですが、食事制限を行うとタンパク質の摂取量が減るため、筋肉量が低下し代謝が下がってしまい、結果としてリバウンドしやすい体質になってしまいがちですが、豆腐にはタンパク質が多く含まれているため、 筋肉量の低下を防いでくれます。 このようなことから、豆腐はダイエットに有効であると考えられます。 また、同じ大豆製品の納豆や豆乳などに比べ、味が淡泊でどのような料理にも合いやすいことも、ダイエットに活用しやすい食材と言えるでしょう。 豆腐ダイエットの正しいやり方の基本 豆腐ダイエットは、 朝食、昼食、夕食のどれか1食ないし2食を豆腐のみに置き換える方法か、食事の前に豆腐を食べる方法の2つがあります。 置き換え方法の場合、豆腐のみを食べるのではなく、ご飯やパンといった主食を豆腐に変えるため、おかずは食べても構いません。 また、 食事の前に豆腐を食べる方法でも、その後の食事を意図的に制限するのではなく、あくまでもお腹がいっぱいだと感じて無理なく量を減らすことが目的となります。 そのため、空腹やストレスを感じることなく行える方法となっていますが、 ダイエットの基本は、摂取カロリー<消費カロリーであることは間違いないため、「豆腐を食べていれば、他は何を食べてもよい」というわけではないのでご注意を。 低カロリーで血糖値を上げにくい豆腐を優先的に食べることで、結果的に摂取カロリーを減らしていくようにして下さい。 夜だけ豆腐ダイエットのやり方!効果あるの? 朝食や昼食に、豆腐を主食に(もしくはメインに)してしまうと、どうしてもエネルギー不足になってしまう・・という方は、夜のみ豆腐を食べる方法を行ってみましょう。 夜は、食事をした後寝てしまうだけなので、カロリーの消費がされにくくなります。 そのため、夜だけ豆腐ダイエットは、実はとても理にかなった方法とも言えるのです。 ただし、1日2食置き換える方法よりは、カロリー自体を減らすことは難しくなってしまうので、気長に続けることが大切になります。 また、夜だけ豆腐ダイエットの時には、他のおかずにも気を遣ってカロリーの高い物はなるべく避け、野菜を多く摂るようにすると効果がアップします。 ダイエットにおすすめの安全でおいしい豆腐の選び方! 低カロリー高たんぱく質の豆腐は、ダイエット中の強い味方となってくれる食材。 お腹いっぱい食べたいけれどカロリーが気になるという時は、豆腐料理を一品増やして摂取カロリーを抑えつつ、満足のいく食事をすることができますよね。 しかし、ダイエットのためと思って食べているその豆腐、どこでどうやって作られているものかご存じでしょうか。 豆腐は安いものから高いものまで、価格が幅広いですが、一般的に安い豆腐は輸入大豆を使用して作られています。 輸入大豆を原料に作られている豆腐は、たんぱく質が少なく旨味が薄いと言われています。 そのため、味を保つために様々な添加物が使われていることがあります。 これでは、体にとってよいとは言えないですよね。 また、豆腐を作る際にできる泡を消す消泡剤については、今現在表示の義務がないので、例え消泡剤を使っていてもパッケージに記載する必要がありません。 消泡剤を使わずに作っている豆腐には、消泡剤を使っていない旨が記載されているので、添加物が気になる方は表示を確認するようにするとよいでしょう。 なお、にがりについても、天然のにがりと人工的に作られたにがりがありますが、当然ながら天然のにがりを使っているものが安全です。 ダイエットにはどんな種類の豆腐がおすすめ?高野豆腐も効果はあるの? 木綿豆腐のカロリーは一丁あたり216㎉なのに対し、絹ごし豆腐は168㎉。 カロリーだけ見ると絹ごし豆腐の方がダイエットに向いているように思えますが、水分の多い絹ごしに比べて 水分を抜いている木綿は、その分栄養も多く含まれています。 このようなことから、豆腐を絞って作る高野豆腐は、さらにダイエットに有効と言えます。 また、高野豆腐自体には水分がありませんが、味噌汁や鍋などに入れることで水分をたっぷりと含み食べ応えもアップするため、少量で満足感を得やすいのが特徴です。 豆腐ダイエットを行う時は、豆腐の種類にもチェックをしてみましょう。 なお、飽きずに続けるために豆腐の種類を変えてみるのもおすすめです。 豆腐ダイエットの注意点やポイント!量はどれぐらい? 豆腐は低カロリーな食材ですが、食べ過ぎればそれだけカロリーを多く摂ってしまうことになるので注意しましょう。 また、大豆に含まれる大豆イソフラボンは、過剰に摂取してしまうと生理不順などを引き起こすとも言われているので、1日1丁を食べることを目安にして下さい。 豆腐ダイエットの成功した口コミは? 豆腐ダイエットは、チャレンジした方の多くに効果があったと感じるダイエットの一つと言われています。 実際に、 「夜だけ豆腐のみを食べるダイエットにしたところ、5kg減量に成功」や 「食事前に豆腐を食べる、という決まり事だけを1ヶ月半続けたところ、体重が3kg減りました」 など、豆腐ダイエットで痩せたという声が多く聞かれることから、これから初めてみようと思っている方にとっては、励みになるのではないでしょうか。 ダイエットに効果のある豆腐のレシピメニュー! 豆腐ダイエットでは、毎日豆腐を食べるわけですから、当然食べ飽きも起こります。 そこでここでは、飽きずに続けられて、なおかつダイエットに効果のある豆腐のレシピをご紹介します。 参考URL: 糖質オフ豆腐で作る恵方巻き ポイントは、豆腐の水切りをしっかり行うこと。 これで具材を巻いても崩れにくくなり、巻きやすくなります。 参考URL: ヘルシー!豆腐のもずくとキュウリかけ 豆腐に切ったキュウリともずくをかけるだけの、超簡単スピードメニュー。 参考URL: 豆腐ダイエットで痩せない場合の原因と対処法! 低カロリー高たんぱく質のため、ダイエットの強い味方と言える豆腐。 しかし、豆腐ばかりを食べていたら絶対痩せられるだろうと、いざ豆腐ダイエットを始めてみたものの、思うように痩せられなかったことはありませんか? 豆腐ダイエットで痩せない場合の原因には主に次のようなものがあります。 その対処法と一緒にご紹介してみましょう。 しかし、一日3食毎日豆腐ばかりを食べていたら、味に飽きてしまいますよね。 また、豆腐は糖質の量が少ないため、血糖値が上がりにくいので空腹を感じやすい食材です。 そのため、豆腐ダイエットを行う時は豆腐だけを食べるのではなく、主食の代わりに豆腐を食べてその他のおかずは食べるようにしたり、夕食のみ豆腐に置き換えるなど食べ方を工夫するとよいでしょう。 ダイエットの結果を急ぐあまり、豆腐だけ食べて食事の量を減らしすぎてしまうと、便秘になりやすくなってしまいます。 便秘になると老廃物が腸内に溜まって、有害ガスが発生し、腸壁を通じて吸収されて代謝が下がってしまいます。 豆腐ばかりを食べて便秘になっている時は、食事の量を少し増やしてみましょう。 筋トレと言ってもジムに行ってマシンを使う必要はなく、自宅で出来るスクワットや腹筋を取り入れてみましょう。 豆腐ダイエットで簡単に痩せるのか?成功するやり方と口コミ!のまとめ 豆腐ダイエットは、ダイエット方法として効果のありそうな方法だということがわかりました。 しかし、いくら豆腐が栄養豊富な食材だからと言って、三食全てを豆腐だけにする、というような無謀な方法はお勧めできません。 あくまでも、毎日の食生活に豆腐を上手く取り入れて、健康的に痩せることを目指して下さいね。

次の

夜ご飯のメニューに!ダイエットのための一週間分の献立を紹介

豆腐 ダイエット メニュー

豆腐ダイエットとは、 主食(白米)の代わりに「豆腐」を食べるというダイエット法です。 基本的にこのダイエット方法は、いわゆる「置き換えダイエット」のジャンルに該当します。 「置き換えダイエット」とはようするに、糖質制限の一種で主食(白米)を低糖質の食品に置き換える方法のことです。 つまりその目的は「糖質制限」にあるわけです。 だから「豆腐ダイエット」の 大目的は主食を「豆腐」に置き換えて、なるべく無駄な糖質をカットすることにあるのです。 ダイエット効果は? 気になる「豆腐」のダイエット効果についてみていきましょう。 果たして、どのような「豆腐」の成分がダイエットに貢献するのでしょうか? オリゴ糖の整腸作用で便通改善 「豆腐」には、原料となる 「大豆」の「オリゴ糖」が豊富に含まれています。 「オリゴ糖」には、わたしたちの健康維持に不可欠な 「腸内善玉菌」すなわち「ビフィズス菌」の数を増やす効果が期待できます。 オリゴ糖によってビフィズス菌が活性化すれば、腸内環境が改善され、必然的に便通が良くなっていきます。 そして便通が良くなれば、不要な老廃物が排出されやすくなり、 肌荒れを防ぐとともに、デトックス効果でむくみも解消されていくでしょう。 女性のなかには、ダイエットを始めると腸内環境が荒れてしまい、かえって体調を崩してしまう方が多く見受けられます。 お腹の調子が肌に出やすい人は、ダイエットを始めてすぐに大人ニキビや肌荒れを引き起こして悩んでしまうことも……。 腸内環境は、美容・健康・ダイエットの命運を左右する非常に重要な場所です。 腸の具合がカギを握っているわけですから、「豆腐」によってオリゴ糖を摂取できるのはとても嬉しいですね! 難消化性のオリゴ糖は体重増加の心配がほとんどない 「オリゴ糖は通常の糖とは一線を画した存在です。 なぜなら、人間の消化酵素で分解されないからです。 一般的にオリゴ糖と呼ばれる糖類は、人間の消化酵素で分解されにくいという性質を持っています。 このような性質を「難消化性」といいます。 …(中略)…オリゴ糖は人間の消化酵素によって分解されない代わりに大腸において発酵を受けます。 その発酵の際には、短鎖脂肪酸であるカプロン酸などが産生されます。 このカプロン酸が各組織に運ばれ、エネルギーとして使用されるのです。 この短鎖脂肪酸によって回収されるエネルギーが、砂糖の産生するエネルギーの約半分、2キロカロリー程度に該当します。 ですので、オリゴ糖のカロリーは砂糖に比べて低くなっているのです。 」 引用: オリゴ糖は消化されにくい成分であり、実質的にほとんどわたしたちの「栄養」として貢献しない成分です。 「腸で吸収されたブドウ糖が脂肪酸と合わさるのを防ぎ、余分な脂肪の蓄積を抑制します。 脂肪の蓄積が予防できるので肥満予防になります。 大豆サポニンにはアディポネクチンの分泌を促進する働きがあります。 アディポネクチンとは脂肪細胞から分泌される物質で、動脈硬化や糖尿病を予防する働きがあります。 またアディポネクチンには脂肪の燃焼を促進する働きもあります。 」 (引用:公益財団法人 長寿科学振興財団 サポニンには余分な脂肪の蓄積を抑制する働きがあり、さらに 脂肪の燃焼を促進してくれるアディポネクチンの分泌を促す働きもあります。 豆腐にはこんなにダイエット効果が見込める成分が含まれていたんですね! レシチン・コリンの脂質の代謝促進作用 豆腐にはレシチンが含まれています。 レシチンは細胞膜の主成分で、脳神経や神経細胞を構成するリン脂質の1種です。 また、 レシチンにはコリンが構成要素として含まれています。 このレシチンとコリンには、• 脂質の代謝を促進する• コレステロールを抑制する といった働きがあります。 まさに、ダイエットにもってこいの働きですよね? さらに、 大豆由来のレシチンにはコレステロールが含まれていないという特徴があるので、この点もダイエットに役立ってくれるかもしれません。 参考:公益財団法人 長寿科学振興財団 ビタミンB2による脂質の代謝促進・蓄積防止作用 大豆には 「ビタミンB2」も含まれているのですが、この成分には脂質の代謝を促進させる働きがあります。 「私の実験においてもこれらの研究成績にほぼ一致し,ビタミンB2欠乏ラットを高脂肪食で飼育するとB2欠乏症状は増悪し,血中B2量は減少し,血清各脂質は増量すると云う結果を得た. ・・・(中略)・・・. この実験よりビタミンB2は脂肪酸の代謝を促進し,脂質の蓄積を防止する作用を有するものと思われる. 」 引用:昭和医学会雑誌第31巻 第5号 しばしば 「発育のビタミン」とも呼ばれるビタミンB2は、髪の毛や爪・皮膚などの成長に関与するビタミンでもあります。 成長するにはエネルギーが必要になりますが、体内の余分な脂質をエネルギー源としているのかもしれないですね! 高タンパク・低カロリー食材はダイエットに適した食材と言われますが、 豆腐はさらに含まれる成分の脂肪に作用する働きでより高いレベルでの効果を期待 できそうです。 タンパク質は筋肉を構成する成分として、人間が生きていく上で欠かせないものです。 三大栄養素の一つであることからも理解できますね? ところで、人間の無意識の活動で必要となるエネルギーを基礎代謝と言いますが、この基礎代謝を左右するのが筋肉量なのです。 筋肉量を増やして基礎代謝を向上させるのも、ダイエットを進めるうえで大切なポイントになります。 カロリーの消費を増やす基礎となる、このような形でも豆腐はダイエットに役立つのです。 バリエーションが豊富で飽きにくく、安価で気軽に入手できるという理由からも、「豆腐ダイエット」は初心者から上級者まで幅広くオススメできる優れたダイエットだと言えます。 身体の働きが活発になる昼間は、必然的にエネルギーの消費量も多くなるので、気兼ねせずに「ご飯(白米)」を摂取してください。 では、どのタイミングで「豆腐ダイエット」を敢行すればよいのでしょうか? 答えは「夜」です。 なんといっても「夜」は、わたしたちの身体の活動が鈍くなる時間帯ですので、夕飯で摂取したカロリーや糖質がエネルギーとして変換されにくくなり、余剰分が脂肪の蓄積へと回りやすくなります。 なので、この夕飯のタイミングで「豆腐」を食べれば、存分にダイエット効果を引き出すことができ、太るリスクを軽減できるようになります。 また、人間の体には 肥満遺伝子ともいわれる 『BMAL1(ビーマルワン)』というタンパク質があり、この成分が多く分泌される時間がもっとも太りやすのです。 そしてその時間帯は、だいたい22時くらいだと言われています。 「夜食が太る」と言われるゆえんは、この「BMAL1」に根拠があるのです。 しかしその一方で、15時ごろはBMAL1の分泌が少ないので、この時間に多少食べ過ぎてもそこまで肥満に影響がないと言われています。 だから ランチタイムは、食べ過ぎに注意さえしていれば、好きな食べ物を食べても「肥満」に直接的に影響がないのです。 こうした理由から、「豆腐ダイエット」のベストタイミングは「夜」だと言えるのです。 スポンサーリンク メリットはレシピの多さと簡単さ! 「豆腐ダイエット」は、初心者から上級者までオススメできる簡単なダイエットです。 以下ではその主な理由をまとめてみましょう。 アレンジしやすい 豆腐単体だけでは味気ないかもしれませんが、 調味料ひとつでさまざまな味のバリエーションを楽しめます。 醤油はもとより、かつおぶし、わさび、生姜の組み合わせでアクセントをつけることができますし、生姜はもともとダイエット食材としても優れているので、一石二鳥です。 簡単豆腐レシピで満足度アップ! 簡単な豆腐レシピとしてはサラダに混ぜて 「ごまドレッシング」や「シーザーサラダドレッシング」などで食べる方法があります。 さらにその後、あらかたの調味料を味わい尽くしてしまった場合には、豆腐スープや豆腐ハンバーグ、はたまた麻婆豆腐などに姿を変えて、さらなる楽しみを増やすことも可能です。 そんなバリエーションの豊富な「豆腐」は、 飽きずに継続できるという意味で非常に優秀な食品だと言えるのです。 最強のコスパ! ダイエット食材と呼ばれるものは世の中に数多く存在し、また、そのどれもが魅力的な効果を持っています。 しかし、食材によっては、しばしば金銭的に負担になることもありますよね? しかし「豆腐」ならばまったくその心配がありません。 豆腐1丁で50円~100円程度。 もちろん、素材にこだわった豆腐はそれなりに値が張りますが、この価格帯はコスト面でも魅力ですね! このような理由から、「豆腐ダイエット」は、お金にシビアな主婦の方や、あまり自由にお金を使えない学生にも無理なくおすすめできるのです。 豆腐ダイエットの成功口コミは? 豆腐ダイエットの注目すべきところはやはりその成功率ではないでしょうか。 一日一食豆腐にしてあっという間に3kgダイエットに成功!• 豆腐ダイエットはアレンジしやすいのでずっと続けられる!すでに7. 5kg痩せた!• 週に3回豆腐の日を作り一ヶ月で4kgダウン! など豆腐ダイエットは成功しやすいダイエット方法と言えますね。 30秒でわかる!「豆腐ダイエット」ダイジェスト版! 数あるダイエット食材の中でも、「豆腐」は非常に頼りになる食べ物です。 「畑のお肉」と言わしめるほどの高い栄養価を誇る豆腐は、ヘルシーかつ栄養をしっかりと摂取したいダイエッターには不可欠です。 豆腐を活用した減量メソッドを巷では「豆腐ダイエット」と呼んでいます。 それでは、豆腐ダイエットとは具体的にどのような方法で行うのでしょうか? またそのメリットとは? ヒントは大豆のパワー。 大豆に含まれる諸成分が、ダイエットに有意義な効果を発揮します。 豆腐ダイエットはそれを利用するわけです。 アレンジもしやすく、食べ応えのある豆腐。 本記事では、そんな魅力的な豆腐の秘密に迫りつつ、実践的な豆腐ダイエットの方法を取り上げていきます。

次の

痩せるダイエットメニュー9選!朝食・昼食・夕食の食事レシピを紹介

豆腐 ダイエット メニュー

豆腐の持つ痩せ効果とは? 豆腐にはダイエットを実践するうえで有利に働く成分が盛りだくさん! 以下では、そんな痩せ成分を詳しくご紹介します。 また、血流促進効果もあるので、冷え性や肩こりの改善などにも効果があります。 また、中性脂肪を減少させる働きもあり、消化器官からの脂肪吸収も抑えるといわれています。 豆腐には豊富に含まれています。 また、植物性タンパク質が豊富な豆腐には、20種類あるアミノ酸が全て含まれているのも特徴。 肉や魚といった動物性のタンパク質とは違い、脂肪分が少なくヘルシーなのもダイエット中には嬉しい点です。 「ビタミンB群」が不足すると、食べ物としてとり込んだ脂肪をため込みやすくなり、炭水化物をうまくエネルギーにできなくなる傾向にあります。 理由は、脂肪分解に必要なのは大量の酸素であり、その酸素を運ぶのが赤血球の「鉄分」だから。 豆腐を摂ることで酸素の運搬もうまくいき、脂肪も燃えやすくなります。 豆腐を食べることで、腸にビフィズス菌のエサを届けることができるので、腸内環境を改善、便秘解消にも役立ちます。 また豆腐は水分が多いので、便量のかさ増し効果もあります。 その他、豆腐には女性ホルモンのひとつであるエストロゲンと同じような作用をする「大豆イソフラボン」が含まれているので、肌を潤わせ、髪のツヤやハリを保つのにも役立ちます。 ダイエットだけでなく、女性としての美しさや若々しさをキープするためにも豆腐を積極的に摂りましょう。 特に3食のなかで最も重くなりがちな夕食の炭水化物を豆腐に置き換えると効果的。 ご飯類よりも低カロリーなうえ、脂肪燃焼、代謝アップ、便秘解消効果の高い豆腐を、朝・昼・夜のうち1食だけ取り入れる方法なので、ストレスなくやせ体質に近づくことができるでしょう。 また、豆腐しか食べてはいけない! というわけではなく、おかずは食べてOK。 朝食や昼食は自由に食べられるのも嬉しいところです。 また、代謝を助けるビタミン類を補給するために、豆腐と一緒に野菜をたっぷり食べるのも痩せポイントで、脂肪分の多い肉や揚げ物は控えたほうがベターです。 ダイエットに役立つ豆腐レシピ そのままで食べるのに飽きてしまった時、ガイドおススメの豆腐レシピをご紹介します。 「中華やっこ」 長ネギ、ミニトマト、ニラを適当な大きさにカットし塩もみして水けを切ります。 これらを、おろし生姜、しょうゆ、ごま油、ラー油で混ぜ合わせ、豆腐に乗せて完成。 最後に再度ラー油を垂らしてもOK。 「豆腐しゅうまい」 木綿豆腐をキッチンペーパーにくるみ、電子レンジで2分加熱して水切りし冷ます。 これに、鶏ひき肉、長ネギ、生姜、生シイタケをみじん切りしたものを加え、片栗粉、ごま油、酒、醤油と一緒に粘り気が出るまで手で混ぜます。 以上の具をしゅうまいの皮で包み、蒸し器で10分ほど蒸し上げたら完成。 *しゅうまいの皮の変わりに白菜を使うと、よりヘルシーです。 「豆腐デザート」 ヨーグルト感覚できなこや黒蜜をかければ、ヘルシーなおやつとして役立ちます。 タンパク質、カルシウム、ビタミンEなど、絹より多く含まれています。 1日1丁程度の量がベストで、野菜や海藻などと合わせてカサ増ししましょう。 低カロリーで低価格、料理のアレンジもしやすい豆腐を上手に活用して、ダイエットに役立ててみてはいかがでしょうか。 【関連記事】•

次の