ルッコラ 料理。 ルッコラ ルーコラ ロケットの選び方と保存方法や食べ方:旬の野菜百科

ルッコラのオススメの食べ方はこれ!生で食べてるだけじゃ勿体ない!

ルッコラ 料理

ルッコラが苦い、辛い!と思ったことがある方に、その原因のいくつかと、苦味や辛みが旨味になるレシピを紹介します。 ルッコラはイタリア料理になくてはならないハーブ、野菜ですが、時期やものによって、苦みや辛味がとても強くて生では食べにくい時があります。 私はルッコラが大好きなので、苦くても辛くても平気というか、まあ食べちゃうのですが、ビタミンAやCも豊富でしかもかゴマの香りがなんとも言えないルッコラが、その苦みや辛味から敬遠されてしまうのは残念すぎるので、苦みや辛味が強い場合でもそれが旨味に変わる食べ方、レシピをいくつか紹介しようと思います。 ルッコラは主にサラダで食べることが多いですが、火を入れてもとても美味しい野菜です。 油分との相性がいいので、ドレッシングを工夫したり、一緒に合わせる食材を工夫することでその苦みや辛味が旨味になって絶妙な一皿にすることができます。 スポンサーリンク 目次• ルッコラの苦い、辛い成分の正体 ルッコラの辛味成分はアリルイソチオシアネートという成分です。 これは大根の辛味やわさびの辛味と同じ成分です。 ルッコラ、大根、わさびはどれもアブラナ科の植物。 細胞壁が壊れるときに酵素と結合してこの辛味が生成されます。 苦みについてはルッコラの成長過程で窒素が多すぎるとか強い日光にあたりすぎる、水が足りない、など複数の原因が考えられるようです。 ルッコラの辛味成分には殺菌作用がある このアリルイソチオシアネートには殺菌作用があることで知られています。 刺身や寿司を食べる時、殺菌作用のあるおろしわさびをつけるのは昔の人の知恵でした。 大根おろしを焼き魚に添えたり、生牡蠣を洗うときに大根おろしで洗うのも同じです。 ですのでルッコラは肉や魚と合わせて食べると食べ合わせもよいですし、肉や魚に含まれる油分がルッコラの辛味を和らげて旨味にしてくれるのでオススメです。 スポンサーリンク ルッコラの苦い、辛いをやり過ごす方法 ルッコラの辛味成分に殺菌作用があって体にいい、とわかっていても辛いものは辛い。 苦味や辛味は苦手、料理は美味しく食べたい、という方にルッコラの苦味や辛味をうまくやり過ごす方法を紹介します。 アリルイソチオシアネートは揮発性なので時間を置くと辛味はどんどん抜けていきます。 実際、大根おろしはかなり辛いものでも一晩冷蔵庫で保存して置くと翌日は嘘のように辛味が抜けています。 ルッコラが辛いので水に挿して一晩おいて翌日食べたら辛味が抜けていた、という方もいらっしゃいます。 ルッコラの辛味を抜きたい方は手に入れたルッコラを萎れないように水に挿すか浅く水を張ったボウルに軽く浸した状態で冷蔵庫で1〜2日おくとよいでしょう。 これでかなり辛味は抜けると思います。 ルッコラの苦味や辛味が和らぎ甘みが感じられるプランター栽培の時期 ルッコラは真夏と真冬以外はタネをまいて育てられるのですが、やはり育てやすくて美味しい時期があります。 ほうれん草や小松菜は冬の寒さに当たると葉が厚くなり甘みを増しますよね。 ルッコラも同じです。 秋にタネをまいて冬に向けて育てると葉は厚く甘みが増し、辛味は控えめになります。 同じアブラナ科の大根やキャベツの旬を考えてみるとよくわかると思います。 秋から冬にかけての大根やキャベツはグッと甘みを増します。 冬場の青首大根などはとても甘いですよね。 そして夏の時期、大根は辛味が強いです。 春まきのルッコラは成長が早く、葉が薄く柔らかいですが夏の強い日光に当たったり土が乾燥すると苦みや辛味が出やすいと言われています。 また気温が上がってくるとアブラムシや絵描き虫などの害虫もつきやすいので、私自身はあまり上手に育てられないので暖かい時期にはルッコラは育てません。 秋まきで冬から春先にかけて収穫して、それ以降は夏野菜を育てることが多いです。 今はハウスや水耕栽培で年間を通して色々な野菜が手に入るので旬を忘れてしまいそうになりますが、自分で育てるにはやはり適期に育てるのが、味もよいし病気や害虫の影響を受けにくく育てやすいです。 スポンサーリンク サラダだけじゃない!苦みや辛味を旨味に変えるルッコラのレシピ 辛味のあるルッコラでも工夫するとサラダなどの生でも美味しく食べられます。 もちろん火を入れてもルッコラは美味しいので、ルッコラの苦みや辛味を旨味に変えるレシピを紹介していきますね。 ルッコラと生ハムのシーザーサラダ <材料> ルッコラ 生ハム(プロシュート) 1〜2枚/1人分 ロメインレタス(なければサニーレタス) 半熟卵1個 くずすと黄身がとろりと流れるくらいのもの クルトン 適宜 パルミジャーノ・レジャーノチーズ すりおろしたもの 黒胡椒 ドレッシング(マヨネーズ2:ヨーグルト1:お好みでにんにくすりおろしをほんの少し) 仕上げのオリーブオイル <作り方> レタスは一口大にちぎって器に盛り付けます。 たっぷりのルッコラ、生ハム、クルトン、おろしたチーズをトッピングして粗挽きの黒胡椒をしっかり目に振ります。 卵を中央に乗せてクリーム系のドレッシングをかけて出来上がりです。 食べる直前にオリーブオイルをまわしかけ、卵を崩して全体をあえて味をなじませてから頂きます。 シーザーサラダは正式にはロメインレタスを使いますが、手に入らなければ普通のレタスやサニーレタスでもよいです。 よく育ったサニーレタスは程よい微かな苦みがあって、相性がいいので私はサニーレタスをよく使います。 生ハムやルッコラはオリーブオイルととても相性がいいので仕上げにオリーブオイルをまわしかけます。 こうすることで、生ハムや卵やチーズに含まれるタンパク質、仕上げのオリーブオイルと合わさり、ルッコラの辛味が旨味に変わります。 オリーブオイルがそのままソースになると思って、たっぷりのオリーブオイルを使って作りましょう。 <材料> 一人前の分量で書きます。 6mmのパスタ 一人前100g ルッコラの葉 たっぷりひとつかみ 一口大に切っておきます。 生ハム1〜2枚 エキストラヴァージン・オリーブオイル 大さじ2 にんにく大きめ 1かけ 細かくみじん切りにしておきます。 塩の量は水の量に対して1%程度を目安にしてください。 パスタを火にかけたらオリーブオイル、にんにくのみじん切り、鷹の爪をフライパンに入れて、弱火で焦がさないようにしっかり温めます。 パスタの茹で時間は説明書きの時間から2分程度引いて計算します。 茹で上がりをフライパンに移してオイルとあえる時間を加味します。 まだ芯がはっきり感じられるくらいの状態で構わないので茹で上がったパスタをフライパンに移します。 仕上げに茹で汁を少し加えますので、それほどしっかりお湯を切らなくていいです。 それよりも茹で上がったパスタが伸びてしまわないように手早くフライパンにパスタを移します。 スポンサーリンク 生ハムとルッコラもフライパンに加え、パスタの茹で汁を50〜70cc (おたま1杯程度)加えます。 全ての材料が入ったらフライパンを揺すりながらルッコラ、生ハム、パスタとオイルを手早く絡めて器に盛り付けて完成です。 たっぷりのオリーブオイルに馴染んだルッコラは火が通ったことで辛味成分が抜けて、オイルと合わさりコクと旨味が増します。 鷹の爪の赤とルッコラのグリーンの色も鮮やかで香り高いペペロンチーノになります。 ペペロンチーノは材料もシンプルですし簡単なようでいて、美味しく作るには実は奥が深いです。 美味しく仕上げるコツはいいオリーブオイルを思い切ってたっぷり使うこと。 今回レシピのオリーブオイルの分量は、一般の方向けに大さじ2としていますが、私が自分の分を作る時は大さじ3くらい使っちゃいます。 パスタ自体に塩味がついているのと茹で汁を加えることでさらに塩味をつけられるので特に調味用の塩は必要ありません。 ルッコラたっぷりのペペロンチーノ、ぜひお試しくださいね。 ルッコラをたっぷりのイタリアンパセリに置き換えることも出来ます。 こちらも素晴らしく美味しいペペロンチーノになります😉 スポンサーリンク 肉や魚料理の付け合わせにフレッシュなルッコラを添える ルッコラはわさびとおなじ殺菌作用を持つ辛味成分を含んでいます。 ローストビーフやステーキ、魚のソテーや白身魚のマリネの付け合わせにフレッシュなルッコラをたっぷり添えて、一緒にいただくと、肉や魚の臭みを消し、旨味を増してくれます。 おつまみで生ハムを食べるときにもルッコラを添えて、オリーブオイルを回しかけると、生ハムの塩気がまろやかになり、ルッコラの香りでとても芳醇な味わいになります。 ルッコラの辛味成分、サラダやパスタなどのレシピで活用しない手はない! ルッコラはビタミンAやCがとにかく豊富です。 不足しがちな葉酸も含んでいます。 栄養価の高い野菜としての利用価値も大変高いです。 その辛味成分もわさびとおなじ、殺菌作用を持っていて、健康にとてもよいとされています。 私が生まれて初めて食べたルッコラは全く辛味も苦味もなく、むしろ 「甘い!」と感じて感動したくらいでした。 以来ルッコラの魅力にとりつかれ、今は秋になると自分でプランターに種をまいて栽培しています。 その年によっての出来不出来はありますが、総じて9月から10月に種をまくと簡単によく育って美味しいルッコラを収穫できます。 自分で育てているからこそ大量消費できて、炒め物やパスタにルッコラをたっぷり使うことができます。 今年10月初めにまいたルッコラの種がちょうど1ヶ月で収穫期を迎えました。 今週末に初収穫を楽しもうと思っています。 中央から南関東であれば今から種をまいても間に合うと思います。 もし気温が低ければ小さいうちはビニールをかけてやれば大丈夫です。 別記事でルッコラの育て方もこれからアップしていますので、ぜひ育てるところからやってみてくださいね。

次の

ルッコラを使ったレシピ・作り方一覧(129件)

ルッコラ 料理

それではルッコラの美味しい食べ方をご紹介していきます。 ポピュラーな食べ方は生食 ルッコラは 生で食べることが多い野菜です。 イタリア料理では、サラダの具の1品として使用したり、カルパッチョやピザ、生ハムに合わせた食べ方をされることが多いです。 一般のご家庭でも同じ食べ方を楽しむことができますよ。 炒めて使う食べ方 ルッコラのゴマに似た香りを活かして、 炒め物として使う食べ方もあります。 オススメの食べ方は、ベーコンとにんにく(スライスかみじん切り)をオリーブオイルで炒めた中に、ルッコラを加えるレシピです。 味付けは塩コショウを適量、またはバルサミコ酢の合いますよ。 簡単で確実な一品になります。 生でも食べられるルッコラですので、 炒めすぎずさっと火を通す程度にするのがコツです。 その他に調べてみても豚肉、卵などと炒めるなど、炒め物としてだけでもいろいろな食べ方ができます。 また、他の材料と一緒に炒めて パスタの具としてもつかうことができます。 こちらもレシピを調べるとたくさん出てきますよ。 おひたしとして ルッコラは和風に おひたしとしても美味しく食べることが出来ます。 さっと火を通して冷ましたルッコラに、ゴマやおかか、醤油、ポン酢などお好みの味付けで召し上がってください。 ほうれん草をおひたしにする時とと同じ食べ方をすれば良いと思いますよ。 イタリアンのイメージが強いルッコラですが、おひたしといった 和風の食べ方や、炒め物では中華風にもできるなどいろいろな食べ方ができるのがおわかりいただけたと思います。 続いては、ルッコラの栄養とその効能を見ていきましょう。 Sponsored Links ルッコラの栄養・効能は ルッコラは緑黄色野菜に分類され、栄養が豊富な野菜です。 その栄養と効能をご紹介していきます。 あの辛味の成分は抗癌や抗菌の効能 ルッコラの辛味は アリルイソチオシアネートという成分からくるものです。 このアリルイソチオシアネートは大根の辛味と同じ成分で、抗癌作用、抗菌作用といった効能があります。 その他の栄養もたくさん その他にもビタミン類を中心とした栄養が豊富に含まれています。 【ルッコラのその他の栄養と効能】 主な栄養素 主な効能・効果 ビタミンC 風邪予防 疲労回復 肌荒れ防止 ビタミンE 抗酸化作用(美肌効果、アンチエイジング、生活習慣病予防) 血行促進(肩こり、腰痛改善、ダイエット効果) ビタミンK 出血時に血を固める(血液凝固)を助ける 歯や骨を丈夫にする マグネシウム 血液の生成を促す 動脈硬化・高血圧・心疾患予防 カルシウム 骨や歯を丈夫にする 骨粗鬆症予防 リン (カルシウムと結合して) 骨や歯を形成する カルシウムやマグネシウム、リンなどのミネラル類はダイエット時に不足しがちな栄養素なので、ビタミン類と合わせて、女性に嬉しい野菜と言えるでしょう。 もちろん男性にも必要な栄養素ですよ。 まとめ ルッコラの食べ方と、その栄養・効能について見てきました。 色々な食べ方ができる上に、栄養が豊富で、嬉しい・便利な野菜だということがおわかりいただけたと思います。 彩りも良くおしゃれな感じもするので、食卓の1品にルッコラが入った料理を加えてみてくださいね。

次の

ルッコラ

ルッコラ 料理

ルッコラが苦い、辛い!と思ったことがある方に、その原因のいくつかと、苦味や辛みが旨味になるレシピを紹介します。 ルッコラはイタリア料理になくてはならないハーブ、野菜ですが、時期やものによって、苦みや辛味がとても強くて生では食べにくい時があります。 私はルッコラが大好きなので、苦くても辛くても平気というか、まあ食べちゃうのですが、ビタミンAやCも豊富でしかもかゴマの香りがなんとも言えないルッコラが、その苦みや辛味から敬遠されてしまうのは残念すぎるので、苦みや辛味が強い場合でもそれが旨味に変わる食べ方、レシピをいくつか紹介しようと思います。 ルッコラは主にサラダで食べることが多いですが、火を入れてもとても美味しい野菜です。 油分との相性がいいので、ドレッシングを工夫したり、一緒に合わせる食材を工夫することでその苦みや辛味が旨味になって絶妙な一皿にすることができます。 スポンサーリンク 目次• ルッコラの苦い、辛い成分の正体 ルッコラの辛味成分はアリルイソチオシアネートという成分です。 これは大根の辛味やわさびの辛味と同じ成分です。 ルッコラ、大根、わさびはどれもアブラナ科の植物。 細胞壁が壊れるときに酵素と結合してこの辛味が生成されます。 苦みについてはルッコラの成長過程で窒素が多すぎるとか強い日光にあたりすぎる、水が足りない、など複数の原因が考えられるようです。 ルッコラの辛味成分には殺菌作用がある このアリルイソチオシアネートには殺菌作用があることで知られています。 刺身や寿司を食べる時、殺菌作用のあるおろしわさびをつけるのは昔の人の知恵でした。 大根おろしを焼き魚に添えたり、生牡蠣を洗うときに大根おろしで洗うのも同じです。 ですのでルッコラは肉や魚と合わせて食べると食べ合わせもよいですし、肉や魚に含まれる油分がルッコラの辛味を和らげて旨味にしてくれるのでオススメです。 スポンサーリンク ルッコラの苦い、辛いをやり過ごす方法 ルッコラの辛味成分に殺菌作用があって体にいい、とわかっていても辛いものは辛い。 苦味や辛味は苦手、料理は美味しく食べたい、という方にルッコラの苦味や辛味をうまくやり過ごす方法を紹介します。 アリルイソチオシアネートは揮発性なので時間を置くと辛味はどんどん抜けていきます。 実際、大根おろしはかなり辛いものでも一晩冷蔵庫で保存して置くと翌日は嘘のように辛味が抜けています。 ルッコラが辛いので水に挿して一晩おいて翌日食べたら辛味が抜けていた、という方もいらっしゃいます。 ルッコラの辛味を抜きたい方は手に入れたルッコラを萎れないように水に挿すか浅く水を張ったボウルに軽く浸した状態で冷蔵庫で1〜2日おくとよいでしょう。 これでかなり辛味は抜けると思います。 ルッコラの苦味や辛味が和らぎ甘みが感じられるプランター栽培の時期 ルッコラは真夏と真冬以外はタネをまいて育てられるのですが、やはり育てやすくて美味しい時期があります。 ほうれん草や小松菜は冬の寒さに当たると葉が厚くなり甘みを増しますよね。 ルッコラも同じです。 秋にタネをまいて冬に向けて育てると葉は厚く甘みが増し、辛味は控えめになります。 同じアブラナ科の大根やキャベツの旬を考えてみるとよくわかると思います。 秋から冬にかけての大根やキャベツはグッと甘みを増します。 冬場の青首大根などはとても甘いですよね。 そして夏の時期、大根は辛味が強いです。 春まきのルッコラは成長が早く、葉が薄く柔らかいですが夏の強い日光に当たったり土が乾燥すると苦みや辛味が出やすいと言われています。 また気温が上がってくるとアブラムシや絵描き虫などの害虫もつきやすいので、私自身はあまり上手に育てられないので暖かい時期にはルッコラは育てません。 秋まきで冬から春先にかけて収穫して、それ以降は夏野菜を育てることが多いです。 今はハウスや水耕栽培で年間を通して色々な野菜が手に入るので旬を忘れてしまいそうになりますが、自分で育てるにはやはり適期に育てるのが、味もよいし病気や害虫の影響を受けにくく育てやすいです。 スポンサーリンク サラダだけじゃない!苦みや辛味を旨味に変えるルッコラのレシピ 辛味のあるルッコラでも工夫するとサラダなどの生でも美味しく食べられます。 もちろん火を入れてもルッコラは美味しいので、ルッコラの苦みや辛味を旨味に変えるレシピを紹介していきますね。 ルッコラと生ハムのシーザーサラダ <材料> ルッコラ 生ハム(プロシュート) 1〜2枚/1人分 ロメインレタス(なければサニーレタス) 半熟卵1個 くずすと黄身がとろりと流れるくらいのもの クルトン 適宜 パルミジャーノ・レジャーノチーズ すりおろしたもの 黒胡椒 ドレッシング(マヨネーズ2:ヨーグルト1:お好みでにんにくすりおろしをほんの少し) 仕上げのオリーブオイル <作り方> レタスは一口大にちぎって器に盛り付けます。 たっぷりのルッコラ、生ハム、クルトン、おろしたチーズをトッピングして粗挽きの黒胡椒をしっかり目に振ります。 卵を中央に乗せてクリーム系のドレッシングをかけて出来上がりです。 食べる直前にオリーブオイルをまわしかけ、卵を崩して全体をあえて味をなじませてから頂きます。 シーザーサラダは正式にはロメインレタスを使いますが、手に入らなければ普通のレタスやサニーレタスでもよいです。 よく育ったサニーレタスは程よい微かな苦みがあって、相性がいいので私はサニーレタスをよく使います。 生ハムやルッコラはオリーブオイルととても相性がいいので仕上げにオリーブオイルをまわしかけます。 こうすることで、生ハムや卵やチーズに含まれるタンパク質、仕上げのオリーブオイルと合わさり、ルッコラの辛味が旨味に変わります。 オリーブオイルがそのままソースになると思って、たっぷりのオリーブオイルを使って作りましょう。 <材料> 一人前の分量で書きます。 6mmのパスタ 一人前100g ルッコラの葉 たっぷりひとつかみ 一口大に切っておきます。 生ハム1〜2枚 エキストラヴァージン・オリーブオイル 大さじ2 にんにく大きめ 1かけ 細かくみじん切りにしておきます。 塩の量は水の量に対して1%程度を目安にしてください。 パスタを火にかけたらオリーブオイル、にんにくのみじん切り、鷹の爪をフライパンに入れて、弱火で焦がさないようにしっかり温めます。 パスタの茹で時間は説明書きの時間から2分程度引いて計算します。 茹で上がりをフライパンに移してオイルとあえる時間を加味します。 まだ芯がはっきり感じられるくらいの状態で構わないので茹で上がったパスタをフライパンに移します。 仕上げに茹で汁を少し加えますので、それほどしっかりお湯を切らなくていいです。 それよりも茹で上がったパスタが伸びてしまわないように手早くフライパンにパスタを移します。 スポンサーリンク 生ハムとルッコラもフライパンに加え、パスタの茹で汁を50〜70cc (おたま1杯程度)加えます。 全ての材料が入ったらフライパンを揺すりながらルッコラ、生ハム、パスタとオイルを手早く絡めて器に盛り付けて完成です。 たっぷりのオリーブオイルに馴染んだルッコラは火が通ったことで辛味成分が抜けて、オイルと合わさりコクと旨味が増します。 鷹の爪の赤とルッコラのグリーンの色も鮮やかで香り高いペペロンチーノになります。 ペペロンチーノは材料もシンプルですし簡単なようでいて、美味しく作るには実は奥が深いです。 美味しく仕上げるコツはいいオリーブオイルを思い切ってたっぷり使うこと。 今回レシピのオリーブオイルの分量は、一般の方向けに大さじ2としていますが、私が自分の分を作る時は大さじ3くらい使っちゃいます。 パスタ自体に塩味がついているのと茹で汁を加えることでさらに塩味をつけられるので特に調味用の塩は必要ありません。 ルッコラたっぷりのペペロンチーノ、ぜひお試しくださいね。 ルッコラをたっぷりのイタリアンパセリに置き換えることも出来ます。 こちらも素晴らしく美味しいペペロンチーノになります😉 スポンサーリンク 肉や魚料理の付け合わせにフレッシュなルッコラを添える ルッコラはわさびとおなじ殺菌作用を持つ辛味成分を含んでいます。 ローストビーフやステーキ、魚のソテーや白身魚のマリネの付け合わせにフレッシュなルッコラをたっぷり添えて、一緒にいただくと、肉や魚の臭みを消し、旨味を増してくれます。 おつまみで生ハムを食べるときにもルッコラを添えて、オリーブオイルを回しかけると、生ハムの塩気がまろやかになり、ルッコラの香りでとても芳醇な味わいになります。 ルッコラの辛味成分、サラダやパスタなどのレシピで活用しない手はない! ルッコラはビタミンAやCがとにかく豊富です。 不足しがちな葉酸も含んでいます。 栄養価の高い野菜としての利用価値も大変高いです。 その辛味成分もわさびとおなじ、殺菌作用を持っていて、健康にとてもよいとされています。 私が生まれて初めて食べたルッコラは全く辛味も苦味もなく、むしろ 「甘い!」と感じて感動したくらいでした。 以来ルッコラの魅力にとりつかれ、今は秋になると自分でプランターに種をまいて栽培しています。 その年によっての出来不出来はありますが、総じて9月から10月に種をまくと簡単によく育って美味しいルッコラを収穫できます。 自分で育てているからこそ大量消費できて、炒め物やパスタにルッコラをたっぷり使うことができます。 今年10月初めにまいたルッコラの種がちょうど1ヶ月で収穫期を迎えました。 今週末に初収穫を楽しもうと思っています。 中央から南関東であれば今から種をまいても間に合うと思います。 もし気温が低ければ小さいうちはビニールをかけてやれば大丈夫です。 別記事でルッコラの育て方もこれからアップしていますので、ぜひ育てるところからやってみてくださいね。

次の