力士 給料。 大相撲における三段目の時間や給料について。「三段目付け出し」とは?

【大相撲】幕下以下の力士の収入の実態とは?

力士 給料

大相撲の力士とは 力士とは相撲部屋に所属して日々トレーニングを行い、両国国技館などで相撲をとる人の事をいいます。 「関取」とも呼ばれています。 力士になるには 力士になるには相撲部屋に入門しなければなりません。 自ら相撲部屋と連絡を取り入門の意思を伝えれば、後は親方の判断次第で認められます。 当然ながら体格の大きい運動神経の良い人材が好まれるようです。 その後、本場所毎に行われる新弟子検査に合格すれば、日本相撲協会に登録され、力士として認定されます。 体格の大きい外国人力士の台頭や激しい稽古を嫌う若者が増加しているため、現在では日本人のなり手が減少し続けています。 収入状況について 大相撲の力士の給与システムは、月給や賞金を日本相撲協会から受け取るサラリーマンのようなシステムになっています。 月給は地位によって決められ、実力順に序列化されています。 全体で700人以上いる力士の中で月給が支給されるのは十両までの70人。 上位10%の力士だけしか給与が支給されない厳しい世界といえます。 項目 横綱 大関 三役(関脇・小結) 平幕 十両 月額給与 282万円 234. 7万円 169. 3万円 130. 9万円 103. 6万円 年額給与 3384万円 2816. 4万円 2028万円 1570. 8万円 1243. 2万円 年額賞与 564万円 469. 4万円 338万円 261. 8万円 207. 2万円 特別手当 120万円 90万円 30万円 出張手当 115. 5万円 99. 7万円 85万円 74. 5万円 68. 2万円 力士補助金 7. 5万円 7. 5万円 7. 5万円 7. 5万円 7. 5万円 力士褒賞金 - - - - - 年額報酬 4473万円 3717. 7万円 2657. 8万円 2045. 5万円 1629. 7万円 力士が受け取る事のできる主な収入は以下の通り。 賞与の年間総額は2ヵ月分の月給。 【本場所特別手当】 3役以上の力士に対して本場所毎に支給される手当て。 年間六回支給されるが欠場した日数に応じて減額がある。 横綱:20万円 大関:15万円 三役:5万円 【出張手当】 出張手当は3月・7月・11月場所の年3回支給される。 35日分支給。 横綱 宿泊費:8000円 日当:3000円 大関 宿泊費:7500円 日当:2000円 三役 宿泊費:6500円 日当:1600円 平幕 宿泊費:5700円 日当:1400円 十両 宿泊費:5300円 日当:1200円 【力士補助金】 1月・5月・9月場所の年3回、髪結の補助金として支給される。 横綱も十両も金額は変わらず一律2万5千円。 【力士報奨金】 本場所の成績によって受け取る事ができる賞金。 「持ち給金」といわれる支給標準額があり、力士の地位と成績によって支給される金額がそれぞれ異なる。 【懸賞金】 懸賞を出す企業の支払いは6万2000円。 ・3万円が勝利時ののし袋の現金。 ・相撲協会が必要経費として5300円。 ・残りの2万6700円は納税充当金として積み立て。 余剰分は引退時に退職金と同様に支給される。 横綱が約4500万円、十両以上が約1630万円と「関取」になることができれば相当な高収入が期待できます。 これらの他に、懸賞金や後援会からの援助、イベント出演やCM出演などの副収入があり、十両以上になれれば1600万円以上の年収は確実です。 角界最高位の横綱ともなれば1億円以上の年収は間違いありません。 横綱として長く活躍した元朝青龍関は年収1億円以上、引退時には退職金3685万円と1億2000万円の功労金、引退時に支払われる協会積立金と合わせて約3億4000万円が支給されたといいます。 経費も相当な金額に かなりの金額を稼ぎ出す力士ですが、必要経費も相当な金額になるためそれほどお金は残らないといいます。 元横綱貴乃花の現役時代には自身のクレジットカードを若い衆に渡して焼肉などをごちそうしていたそうですが、若い力士は一般人とは桁違いの食事量のため一回の食事だけで100万円を超えた事もあったそうです。 相撲取りは「見栄」で成り立っている部分もあり、着物などの衣料費や交際費の出費も相当な金額になるそうです。 タニマチの存在 相撲部屋や幕内力士にはそれぞれ「タニマチ」といわれる後援者がいます。 個人であったり団体であったりと様々ですが、相撲のチケット買い取りから遊興費の金銭的援助までありとあらゆるバックアップを担当します。 ・相撲部屋の力士が優勝したら~百万円の祝儀。 ・勝ち越したら10万円の祝儀。 など相当な資金力が必要で、だいたいは会社の社長や地元の資産家・有力者がなります。 タニマチ側に明確な金銭的メリットはありませんが、開催するパーティーに参加してもらったり、知名度を利用して営業活動を行ったりと「タニマチという立場」で自身の信頼度や能力を誇示できる大きなメリットがあります。 もちろん、損得勘定無しに「その力士が好きだから」という理由で応援している後援者も数多く存在しています。 50音順職業一覧• 年収ガイド人気コンテンツ.

次の

力士の給料

力士 給料

日本の国技である大相撲。 その大相撲の結びの一番が終わった後に 弓取り式が行われますよね。 小さい頃から見てきたので「そういうものだ」と思っていましたが、よく考えてみると勝負に関係ない弓取り式はなんか不自然にも感じます。 弓取り式ってどうして行われるようになったのでしょうか。 今回は、そんなところについて解説します。 弓取り式の由来 相撲の歴史はとても古く、古事記や日本書紀にもそれらしき力比べのことが出てきます。 今のように相撲を職業とする人たちが現れてからでもすでに200年以上が経ちます。 これだけ長い歴史がある相撲のなかで、弓取り式の由来と言っても「よく分からない」というのが正直なところですが、ここでは二つの説をご紹介します。 織田信長起源説 江戸時代に刊行された「古今相撲大全」によると、織田信長が元亀元年に催した相撲大会で一番強かった力士に弓を与えたとあるようで、これが一番古い記述で起源とされています。 しかし、織田信長の一代記である「信長公記(しんちょうこうき」にはそのようなことは書かれてなく、織田信長と弓取り式を関係づけるのはちょっと無理があるようです。 徳川家斉起源説 第11代将軍の徳川家斉の上覧試合のとき、当時の最高位であった大関・谷風梶之助が弓を受けて敬い捧げ振り回したと「相撲御覧之記」に書かれていて、これが弓取り式の起源だとされています。 現在はこの説が有力だと考えられていて、この上覧試合が行われたのが寛政三年(1791年)なので、もう200年以上も前のことになります。 それにしても、どうして弓取り式をしなければいけないのか不思議ですが、なかったとしたらちょっと味気ないものになってしまうような気もします。 重厚な雰囲気でカッコいいですね。 弓取り式をする力士の給料は? 弓取り式を行う力士には1場所当たり 9万円の手当が支給されます(年6回)。 (2017年現在) 弓取り式を行う力士は、横綱と同じ部屋の 幕下以下の力士から選ばれます。 大相撲の力士は、十両以上でないと月給は支給されず、幕下以下の力士は年6回の場所手当しか支給されません。 場所手当の額• 幕下: 150,000円• 三段目:100,000円• 序二段: 80,000円• 序の口: 70,000円 幕下以下の力士は成績によらずに決まって入ってくるお金はこれだけしかありません。 (参考:) 幕下以下の力士は、食事と住むところは所属している部屋が面倒をみてくれますが、場所手当のほかに入ってくる9万円は大きいですね。 弓取り式をする力士はどうやって決める? 弓取り式をする力士は最高位の力士(東の正横綱)が所属する部屋・または一門の部屋の幕下以下の力士が務めることになっています。 横綱が不在の場所は東の正大関の所属する一門の部屋の力士が努めます。 十両に昇進してしまうとお役御免になってしまうので、幕下以下でも早い昇進が見込まれる力士は選ばれにくい傾向にあります。 また、大銀杏を結わなくてはいけないので、入門したての若い力士も大銀杏を結えないので務めることはできません。 実は、弓取り式は本来は結びの一番に買った力士が行うのが本筋で、弓取り式を行う力士を別段に用意するという決まりはありません。 上の動画でも、行事さんが「日馬富士代(だい)、聡ノ富士」と弓取り式を行う力士を呼び上げています。 これは、「(勝った)日馬富士に代わって聡ノ富士が行う」ということを言っているわけです。 今の相撲では勝った力士は必ず「勝利者インタビュー」を受けなければいけないので、弓取り式はやっていられません。 そんなわけで代わりの力士が弓取り式を行っているんです。 出世した力士はいる? 弓取り式を経験した力士は出世できないと言われてます。 確かに弓取り式を行った力士がその後関取(十両以上)になって、よく名前を聞くようになったってことはあまりありませんよね。 これは、上に書いたように十両の力士は弓取り式ができないので、十両昇進の可能性がある力士が選ばれることがほとんどないため、もっともなことと思われます。 でも、なかには例外もいて横綱・千代の富士が所属した九重部屋の 巴富士は弓取りを経験したのち、19歳で十両に昇進し、その後も小結まで番付を上げました。 (小結としての取り組みは一番だけでしたが。 ) また、高砂部屋の皇牙(おうが)も弓取り式を努めた後、十両に昇進しました。 (皇牙は例外的に十両に上がったあとも弓取り式を努めたこともあります。 ) 最後に かっては弓取り式は千秋楽の一日しか行われていませんでした。 それが昭和27年の5月場所から結びの一番のあと、ファンサービスのために毎日行われるようになりました。 日本でテレビ放送が開始されたのが翌年の2月からですから、それを見据えた毎日開催だったのかもしれませんね。 現在は本割が終わって放映時間に余裕があるときには弓取り式も放送されます。 一日の相撲は結びの勝負がついたら終わり? いえいえ、弓取り式が終わったら終了です。 弓取り式を担う力士にとっては晴れの舞台です。 勇姿をしっかりと見てあげましょう。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次の

力士の仕事内容・なり方・給料・資格など

力士 給料

行司のお給料は最高50万円ほど!序ノ口格は12万円ほど! 行司の初任給は約12~13万円程度と言われています。 お給料は、以下の本給に加えて、衣装代や手当があります。 序ノ口格行司の場合には、本給プラス衣装代と手当で13万円ほどになるので、手当が多いのが分かります。 手当については相撲協会が決定していることなので、正確な金額は分かっていません。 年収に換算すると立行司ともなれば1,000~1,200万円ほどあるとのこと…ただし、立行司ともなれば行司差し違えがあれば、切腹する覚悟が必要ですから安すぎるとも言えるのではないでしょうか。 力士の年収についてはこちらの『』でも書いていますが、行司と力士では年収に大きな差があると言えます。 ただし、力士は長く続けることは出来ませんが行司は終身雇用に近いので安定した金銭を受給出来るメリットはあります。 行司さんのお仕事は行司だけじゃない! 行司さんは本場所の行司だけをしているわけではありません。 部屋付きとして所属し、部屋の仕事をしたり番付表を作成したり、決まり手をアナウンスしたり、翌日の取組書きや勝敗記録をつけたり。 更には、本場所終了後にはお礼状を出したり打ち上げなどの仕切りをしたりと、力士以上に多忙を極めています。 簡単に言ってしまうと土俵上でも土俵外でも、行司さんが居なければ大相撲が成り立ちません!それくらい行司さんが行う作業は多岐に渡ります。 しかも序ノ口格行司は、やることも多いですし覚えないといけないことも多く、それでいて安月給ですから乗り越えられるかが心配なところでしょう。 先輩行司の厳しい指導にもめげずに、何十年と月日を過ごして腕を上げていかければ幕内行司になることは出来ません。 大相撲を盛り上げてくれているのはもちろん力士さん達ではありますが、行司さんの表舞台や裏舞台での支えが非常に重要な役割を担っているわけです。 行司さんになりたい若者が少なくなれば、お給料の値上げを考えるかもしれませんね。

次の