ロバ の パン 屋 さん。 京都に本社のある移動販売「ロバのパン屋」を見かけたので蒸しパンを買ってみた

【高知】昭和レトロな音楽と共に、移動販売車 ロバのパン屋 が来た。

ロバ の パン 屋 さん

種類も増え新しくなったロバのパン 並木坂の裏通りで、たまたま聞こえてきた「ロバのおじさんチンカラリン~」の慣れ親しんだメロディー。 音のする方に行ってみると、懐かしのロバのパン屋のワゴンがありました! 千載一遇のチャンス到来!これは買わねば! 昔からあるメニューに加え、低糖ブルーベリージャム、キーマカリーに赤飯など種類が増えていました。 さらにはあげぱんもあり、昔の素朴な蒸しパンをベースにしながら、今風のメニューも増え、パワーアップした印象があります。 熊本市内をパワフルに営業中! 先代の跡を継いで営業をされているのが、こちらの福山さん。 子どもからお年寄りまで、みんなに愛されるパンを作られています。 小学生から高校生まで、3人の子育てをしながら、睡眠時間3時間で、朝からパン作りとパンの販売に勤しむ毎日だそうです。 「毎日大変だけど、たまに懐かしさに涙ぐみながら喜んでくれる人もいるから、頑張るしかないのよ」と明るく話される福山さんに脱帽です。 毎朝、手作りしている無添加のパン。 以前はショーケースに入れられていましたが、乾燥防止のため、蓋つきのパンケースで保管されているそうです。 懐かしくて新しい!新生ロバのパン屋 懐かしいパン代表のクリームパンと、今風のパン代表のキーマカリーを買ってみました。 袋の両端を持ってくるくる回して、口を閉じてくれます。 こちらがクリームパン。 蒸しパンの割れ目からはみ出すクリームが、懐かしく感じられます。 たっぷり詰まった、ずっしりと重めの自家製クリームが、素朴でおいしい!懐かしさと優しさがしみる味です。 キーマカリーは、ゆで卵やパセリもトッピングしてあり、オシャレな外観です。 口に入れると甘いようで、しっかりカレーの辛さもあって絶品!蒸しパンとの相性も抜群で、また買おうと思った一品です。 会えたらラッキー! 神出鬼没のロバのパン屋、行き先は変わるので、ネットなどには載せていないそうですが、「会いたい人も多いはず!」と、まわられるルートを聞いてきました! 月曜日は熊本市中心市街地と流通団地、 火・水曜日は長嶺や東区役所方面、 木曜日はルーテル学院周辺、 金曜日は龍田や楠方面で販売することが多いそう。 ほかに、益城や国府、西区方面に行かれることもあるそうです。 あの歌が聞こえてきたら、元気いっぱいのロバのパン屋さんに会いに行ってみられてはいかがでしょうか。

次の

[mixi]ロバのパン屋。

ロバ の パン 屋 さん

こんばんは。 『あなたを職場性ストレスから解放する』 メンタルトレーナーの木下空です。 「さあ、今夜はどんなブログ記事を書こうかな?」 そうボンヤリ考えていた時、 Twitterで衝撃的なニュースが飛び込んできた。 【後継者募集】昭和36年から熊本で「ロバのパン屋」を経営してきた谷秀夫さんが、首の骨折で入退院を繰り返し、閉店することに。 蒸し器やワゴン車などがまだ使える状態で「本当はまだ続けたいところ。 希望する人がいれば引き継ぎたい」とのこと。 — ほいじんが garaguda 「ロバのパン屋」が廃業危機!? というか、 「ロバのパン屋って何?」という人も多いかと思う。 「ロバのパン屋」 ロバのパン屋(ロバのパンや)とは、昭和のはじめから、日本でロバあるいは馬に馬車を牽かせて街なかを移動しながら売られたパン屋のことである。 日本が高度経済成長を迎えると馬車による販売形態は姿を消し、自動車による販売に切り替えられた。 (より) 「ロバのパン屋」ホームページ ロバに引かせた馬車で、 美味しい「蒸しパン」や「みたらし団子」を販売するというスタイル。 昔は蓄音機でロバのパン屋のテーマソングである「パン売りのロバさん」を流しながら、 街中を移動していたそうな。 昭和30年代には、 ロバのパン屋は、全国にチェーン店を150店舗以上も抱えるまでに成長したが、 高度経済成長期に入ると、徐々に衰退していった。 その頃には、移動販売車での営業になっていたが、 テーマソングの「パン売りのロバさん」は、 相変わらずカセットステレオから流れていた。 (嗚呼、懐かしい・・・・・) 他では食べられない、 良い意味での「駄菓子感」を醸し出しながら、 唯一無二の美味しさを誇る「みたらし団子」 私は、特にみたらし団子が好きな訳ではないが、 ロバのパン屋のみたらし団子は大好きだった。 そして看板商品である、 18種類以上の無添加手作りの「蒸しパン」 私は特に、カスタードクリームと黒糖あんが好きだったと記憶している。 食べると心がホッとするような、優しい味だった。 (嗚呼、今すぐ食べたい・・・・) 私が小学生の頃の時点で、すでにロバのパン屋は世間から消えつつあった。 高槻市の祖父母の家に行った時に、近所の公園で遊んでいると、 運が良ければ遭遇することが出来た。 私にとってロバのパン屋は、 子供の頃の、純粋で幸せな記憶を呼び覚ましてくれる、 「原風景」である。 大人になってから、数回ほどロバのパン屋と遭遇する機会があったが、 あの曲が流れてくるのを察知した瞬間、 まるで生き別れた家族と再開したような感極まった表情で小銭を握りしめながら全力でダッシュし、 蒸しパンを大人買いした記憶がある。 しかし残念ながら、 関西圏では、もうロバのパン屋を見ることは出来ない。 京都にあった本部は岐阜県に移り、 全国に数店舗ほどで、細々と営業をしているようだ。 (2018. 3月追記 京都でも販売が再開されているそうだ) その一角の、熊本のロバのパン屋が閉店危機に陥っている。 店主の健康面での廃業なので、希望する人がいれば 引き継がせてもらえるそうだ。 どうか、後継者が現れてくれることを切に願う。 ロバのパン屋がなくなることは、 私にとって、1つの零細企業が廃業すること以上の意味を持つ。 昭和の面影、もうこの世にはいない祖父母の思い出、 高槻の祖父母の家でのひととき、 祖母の作ってくれた料理の味、 家の前にあったゲームセンターに通った記憶、 その全てが遠くの彼方に行ってしまうような気がしている。 長い歴史のあるものがこの世から消えてしまう時、 そこに包摂された「非言語の情報」「文化」も消えてしまう。 それを「時代の香り」や「風情」と呼ぶ人もいる。 もう一度、あの蒸しパンを食べてみたい。 ロバのパン屋よ、永遠なれ・・・・! 明日は明日の風が吹く。 関連記事: 30代会社員、管理職、 経営者が抱える「仕事のストレス」「事業のプレッシャー」「人間関係の問題」「折れやすいメンタル」を最短1回〜6回のセッションで解消し、「現場のマネジメント能力」「仕事で圧倒的な結果を出す能力」「目標達成能力」を修得させるメンタルトレーナー。 自身も元国営企業に17年間在籍。 大企業特有の腐った体質、政治的な駆け引き、弱肉強食の人間関係の中をゼロから這い上がり、異例のスピードで管理職に昇進。 300人以上の部下をマネジメントした経験を活かし、メンタルトレーナーとして活動を始める。 コーチングの世界的権威から学ぶなど、これまで自己投資に使った金額は1500万を超える。 あらゆる自己研鑽を重ねた末に完成させた『マネジメンタルコーチング』は、会社員が抱える悩みやコンプレックスを解消し、劇的な成長を手に入れる『唯一無二の技術』として定評がある。 よく読まれている記事• 8,400件のビュー• 6,500件のビュー• 6,300件のビュー• 6,300件のビュー• 5,900件のビュー• 3,900件のビュー• 3,600件のビュー• 2,900件のビュー• 2,500件のビュー• 2,300件のビュー カテゴリー• アーカイブ•

次の

【高知】昭和レトロな音楽と共に、移動販売車 ロバのパン屋 が来た。

ロバ の パン 屋 さん

種類も増え新しくなったロバのパン 並木坂の裏通りで、たまたま聞こえてきた「ロバのおじさんチンカラリン~」の慣れ親しんだメロディー。 音のする方に行ってみると、懐かしのロバのパン屋のワゴンがありました! 千載一遇のチャンス到来!これは買わねば! 昔からあるメニューに加え、低糖ブルーベリージャム、キーマカリーに赤飯など種類が増えていました。 さらにはあげぱんもあり、昔の素朴な蒸しパンをベースにしながら、今風のメニューも増え、パワーアップした印象があります。 熊本市内をパワフルに営業中! 先代の跡を継いで営業をされているのが、こちらの福山さん。 子どもからお年寄りまで、みんなに愛されるパンを作られています。 小学生から高校生まで、3人の子育てをしながら、睡眠時間3時間で、朝からパン作りとパンの販売に勤しむ毎日だそうです。 「毎日大変だけど、たまに懐かしさに涙ぐみながら喜んでくれる人もいるから、頑張るしかないのよ」と明るく話される福山さんに脱帽です。 毎朝、手作りしている無添加のパン。 以前はショーケースに入れられていましたが、乾燥防止のため、蓋つきのパンケースで保管されているそうです。 懐かしくて新しい!新生ロバのパン屋 懐かしいパン代表のクリームパンと、今風のパン代表のキーマカリーを買ってみました。 袋の両端を持ってくるくる回して、口を閉じてくれます。 こちらがクリームパン。 蒸しパンの割れ目からはみ出すクリームが、懐かしく感じられます。 たっぷり詰まった、ずっしりと重めの自家製クリームが、素朴でおいしい!懐かしさと優しさがしみる味です。 キーマカリーは、ゆで卵やパセリもトッピングしてあり、オシャレな外観です。 口に入れると甘いようで、しっかりカレーの辛さもあって絶品!蒸しパンとの相性も抜群で、また買おうと思った一品です。 会えたらラッキー! 神出鬼没のロバのパン屋、行き先は変わるので、ネットなどには載せていないそうですが、「会いたい人も多いはず!」と、まわられるルートを聞いてきました! 月曜日は熊本市中心市街地と流通団地、 火・水曜日は長嶺や東区役所方面、 木曜日はルーテル学院周辺、 金曜日は龍田や楠方面で販売することが多いそう。 ほかに、益城や国府、西区方面に行かれることもあるそうです。 あの歌が聞こえてきたら、元気いっぱいのロバのパン屋さんに会いに行ってみられてはいかがでしょうか。

次の