ライオン キング 声優。 ライオンキング実写版吹き替えの子役(シンバ・ナラ)の声優は誰?ヤングシンバとヤングナラが可愛い!

小林星蘭が声優うまい!歌やナレーションに変わった今現在の活動!

ライオン キング 声優

門山葉子さんの生年月日は1994年8月1日。 ライオンキングの声優発表記者会見があった 7月8日の時点では24歳。 ライオンキングの公開がスタートする8月9日には、門山葉子さんは 25歳になります。 吉澤亮さんや山崎賢人さん、山本舞香さん、広瀬アリスさんなどと同い年になりますね。 映画やドラマで主演級を務める俳優・女優さんばかりで、門山葉子さんはこれからの芸能界の中心となる年代ですね。 所属事務所サンカラーズの公式プロフィールの趣味欄にも「宝塚観劇」と記載されています。 門山葉子さん自身が宝塚出身ということはなく、宝塚歌劇団の試験を受けた情報もありませんでした。 なので、純粋に宝塚の世界観が大好きなファンのようですね。 昨日は『宝塚BOYS』を観劇させていただきました! 2度目の観劇。 ストーリーもその結末も全部知ってるのに、またまた大号泣。 素晴らしい作品は何度観てもいいものですね。 私は宝塚BOYSの存在すら知らなかったので、門山葉子さんの宝塚への愛情がかなり伝わってきます。 門山葉子さんは宝塚BOYSの出演者の 良知真次さん、石井一彰さんとツーショット写真を撮るほど仲も良いようです。 門山葉子はゲーマーとしても活躍中 🎮eQリーグ🎮 SUN COLOR'S、予選Aグループを1位で通過しました! そして、私は「Queen of the Day」を受賞しました!チームのみんなのおかげです。 所属事務所サンカラーズの女優仲間とチームを組んで大会にも出場しているそうですよ。 ゲーマーという職業が日本でも確立され、eゲームが流行っていますよね。 正直、eゲーム人気にあやかってゲーマーに挑戦する芸能人も多くいますが、 門山葉子さんは大会で優勝に手が届くほどの実力の持ち主。 ゲームの大会のMCや実況中継の仕事もしているので、よほどゲーム愛が強いのでしょう。 2019年5月と2018年11月の2回、 原宿ストロボカフェで単独ライブを行った経験があります。 原宿ストロボカフェの収容人数は150人。 どのくらいお客さんが入っているかはわかりませんが、歌手生活はまだまだこれからのようですね。 Blu-ray化するほどファンから人気の舞台なんですよ。 シドゥリは、主人公ギルガメッシュの補佐官を務めるウルクの祭祀長です。 Fateのゲームをしたことがある人は、門山葉子さんの再現度の高さに驚きですよね。 門山葉子以外のライオンキングの声優は? 映画『ライオンキング』でナラの日本語版吹き替えを担当する門山葉子さん以外には、このような豪華俳優陣らが担当します。 シンバ 賀来賢人 スカー 江口洋介 プンバァ 佐藤二郎 ティモン 亜生/ミキ(お笑い芸人) ライオンキングといえば、劇中内での歌も1つの魅力になっていますよね。 8月に公開される日本語吹き替え版『ライオンキング』では、 それぞれのキャラクターが歌う歌も各声優さんが担当するそうですよ。 ビヨンセの日本語版を門山葉子さんが担当するのはかなりの大抜擢といえますね。 門山葉子さんは歌が得意のようなので、ライオンキングではどんな歌声を響かせているのか楽しみです。

次の

【ライオンキング実写版】吹き替え声優一覧(日本語版・英語版)

ライオン キング 声優

ライオンキング 実写 の日本語吹き替え声優一覧まとめ 超実写版「ライオンキング」の日本語吹き替えのメインキャストは、このようになっています。 ・シンバ役:賀来賢人さん ・ナラ役:門山葉子さん ・スカー役:江口洋介さん ・ティモン役:亜生さん(ミキ) ・プンバァ役:佐藤二朗さん 超実写版「ライオンキング」の声優さんは、俳優さんや女優さん、そして、お笑い芸人というメンツとなっています。 かなり違和感のあるキャスティングではないでしょうか。 日本語吹き替えを見たいけど、このキャストなら字幕版のほうにしようと思った人も多いかもしれません。 キャラクターにバッチリ声がハマるのか、もしくは、大炎上するか、どちらかのような気がします。 そのほかのキャストは、このようになっています。 ・シンバの父ムファサ役:大和田伸也さん ・ハイエナたちのリーダー的存在であるシェンジ役:沢城みゆきさん ・シェンジの仲間のハイエナ・カマリ役:加瀬康之さん ・ハイエナ・アジジ役:白熊寛嗣さん ・ザズー役:根本泰彦さん ・ヤングシンバ役:熊谷俊輝さん ・ヤングナラ役:小林星蘭さん メインとなる日本語吹き替えのキャストを見ていきたいと思います。 シンバ役:賀来賢人 シンバは、サバンナの偉大な王ムファサを父に持ち、「未来の王」という運命のもとに生まれたライオン。 賀来賢人さんは、オーディションでシンバ役に決まりました。 賀来賢人さんといえば、昨年放送されたドラマ「今日から俺は!!」で主演・三橋貴志役を演じ、ブレイクしました。 バラエティ番組などにも出演していますよね。 映画の吹き替えは、今回が初挑戦となります。 小さい頃から「ライオン・キング」が好きということもあって、シンバ役をやりたいと思っていたようです。 シンバ役には、オーディションがありましたが、歌がかなりうまいので、オーディションを突破したのかもしれませんね。 ナラ役:門山葉子 ナラは、強い意志と勇気を持つシンバの幼なじみで大親友。 門山葉子さんは、抜群の歌唱力を生かして多数のミュージカルで活躍する女優さん。 2009年にミュージカル「アニー」で、ダフィ役として、子役デビューいたしました。 声優としては、、スマホゲーム「レジェンヌ」で担当しており、さまざま活動を行っている。 映画の吹き替えは今回が初めてとなります。 スカー役:江口洋介 スカーは、不公平だと世の中を憎み、王の座を狙う狡猾なムファサの弟。 江口洋介さんは、言わずと知れた俳優さん。 声優としては、アニメ映画「ひるね姫 ~知らないワタシの物語~」でモモタロー役を担当しています。 江口洋介さんは声優としての評判がいいので、炎上するということはないのではないでしょうか。 映画の吹き替えは初めてで、映画はもともと英語なので、英語のタイミングに日本語を合わせていくのが難しいとインタビューで話していました。 ティモン役:亜生(ミキ) ティモンは、プンバァの相棒で、少し毒舌だが仲間思いのミーアキャット。 亜生さんは、お笑いコンビ・ミキとして活躍中。 声優としては、「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」の日本語吹き替え版にチョイ役として、声優出演。 しかし、本格的な映画の吹き替えは今回が初めて。 相方である兄の昴生さんは、ディズニーが大好きだそうです。 プンバァ役:佐藤二朗 プンバァは、王国を追放されて行き倒れていたシンバの命を救い、やがて親友となる陽気なイボイノシシ。 佐藤二朗さんとといえば、土曜に放送されているクイズ番組「99人の壁」でおなじみとなりました。 「立ち上がれっ!99人のかべっ!」ですよね~。 ディズニー作品への出演は、「インサイド・ヘッド」の日本語吹き替え(ビンボン役)以来となります。 ビンボン役では、佐藤二朗さんの声だと分からない人が多く、全く違和感がありませんでした。 アニメ映画「メアリと魔女の花」でもフラナガン役で出演していました。 こちらの評判もかなり良く、最高だという意見が多かったです。 ライオンキング 実写 の日本語吹き替えがひどい? 超実写版「ライオンキング」の日本語吹き替えキャストが発表されてから、SNSでは、吹き替え版がひどいとウワサされました。 SNSでは、俳優さんを使うにしても、歌があるミュージカル映画なので、ミュージカル系の俳優さんを使うべきだという声が多くありました。 パッと見て、話題性を重視しているような日本語吹き替えのキャスティングなので、しっくりこない人のほうが多そうです。 とはいっても、オーディションで選考されて決まったようなので、実際に映画館で見てみて、判断したいと思います。 <2019年8月21日追記> 「ひどい、ひどい」と言われていた日本語吹き替え版でしたが、実際、吹き替え版を見てみると、全然違和感はありませんでした。 特にミキの亜生さんの歌がうまくて驚きでした。 日本語吹き替え版は、期待していなかっただけに、違和感のない素敵な仕上がりでした。 なぜ、芸能人が声優を担当するのか? 洋画の日本語吹き替えでは、声優さんではなく、俳優さんなどの芸能人が抜擢されることが多いです。 なぜ、芸能人が声優を担当するのでしょうか? 1番の理由は、話題性ですよね。 普段、テレビに出ているような方だと話題にもなり、映画の宣伝にもなります。 また、純粋に映画を楽しむ人以外の人も巻き込むことができるというのが狙いです。 「ライオンキング」でも、ミキの亜生さんや佐藤二郎さんがネットニュースなどで取り上げられていました。 〇〇さんが吹き替えを担当するから、その映画は見に行くって人が意外に多いです。 人気俳優が吹き替えを担当すれば、その人気俳優のファンが注目することとなり、話題となります。 声優さんでなく、芸能人が日本語吹き替えを担当すると、いろいろなメリットがあるというわけです。 ただ、映画によっては、違和感だけしかないような日本語吹き替えとなることもありますが、 「ライオンキング」はコケてほしくないですね。 ライオンキング 実写 を見た人の吹き替えの感想 8月9日に公開され、続々と、日本語吹き替え版の感想があがっています。 特にミキの亜生さんの吹き替えがうまくて、歌もうますぎるという感想が多くありました。 字幕版、日本語吹き替え版と迷っている方も多いと思いますが、普段、字幕版をみる方でも、 「ライオンキング」の日本語吹き替え版はオススメです。

次の

実写版『ライオンキング』日本語吹き替え声優一覧

ライオン キング 声優

ライオンキング:悪役スカー スカーとは、1994年公開のディズニー映画『ライオン・キング』に登場する悪役のライオンです。 スカーは黒く長いヒゲに鋭い瞳、そして左目にある深い傷が特徴で、正に悪者というルックスではないでしょうか。 『ライオン・キング』のスカーは動物たちの王国プライド・ランドの先代王アハディと妻ウルの次男として生まれ、本作の主人公シンバの父ムファサの弟です。 シンバにとっては叔父にあたるということですね。 スカーの王位継承は兄ムファサに継いで第2位でしたが、ムファサに息子シンバが生まれたことにより、第3位になってしまいます。 それが面白くないスカーは兄のムファサを殺害したり、甥のシンバまでも殺害しようと企む冷酷なライオンなのです。 影ではライオンの天敵であるハイエナと同盟を組み、国の支配を狙っています。 ライオン・キングのスカー:映画のあらすじ&見どころ 『ライオン・キング』に登場する動物たちが住む王国プライド・ランドの王様ムファサは、動物たちからの信頼も厚く、みんなに尊敬される立派なライオンです。 ムファサには次期王である1人息子のシンバがいますが、当の本人は幼馴染のナラと遊んだりやんちゃな日々を過ごしていました。 そんな中、ムファサの弟であるスカーはシンバが次期王になることを快く思っていませんでした。 そして、とうとう『ライオン・キング』のスカーは手下のハイエナ達を利用し、崖からムファサを突き落とし殺してしまいます。 スカーはムファサ殺害の罪をシンバに着せ、計画通りシンバを王国から追放することに成功します。 父親と故郷を失ったシンバは絶望の中、ハゲワシに襲われそうになるところをティモンとプンバァに助けられました。 シンバは親友となった2匹に、「ハクナ・マタタ(くよくよするな)」という言葉を教えられ成長していきます。 やがて時は経ち、立派なライオンに成長したシンバは故郷であるプライド・ランド王国に戻ります。 そして父を殺されその罪を自分になすりつけたスカーを倒し、シンバはプライド・ランドの王になりました。 スカーが支配下だった頃の荒れ果てたプライド・ランドの姿はすっかり消え、再び王国に平和が戻ります。 そしてシンバは幼馴染のナラと結婚し、元気でかわいい子供たちが誕生しました。 タイトルは『準備をしておけ』、そのままです(笑)。 スカーの劇中歌『準備をしておけ』は原語版・日本語版共にスカー役の声優さんが歌っているのですが、実は原語版のみジェレミーの声帯不調によって前半と後半で歌っている人物が違うんですよ。 壌晴彦さんはアニメでは「X-MEN」、「ONE PIECE」、「美女と野獣 ベルの素敵なプレゼント」などに出演。 有名なところでは『名探偵コナン 世紀末の魔術師』でロシア大使館に勤めるロシア人、セルゲイ・オフチンニコフの声を担当しています。 どっしりとした威圧感ある声は、『ライオン・キング』のスカーにぴったりですね! ライオン・キングのスカー:実写版『ライオン・キング』の声優はアカデミー俳優 2019年のディズニーは、『』をはじめ、『』、『』そして『ライオン・キング』など近年のディズニー作品は実写化に力を入れていますね。 の日本公開は2019年8月9日(金)に決定し、その声優陣は超豪華だと話題になっています! 邪悪なライオン、スカー役の声優は、映画『それでも夜は明ける』、『オデッセイ』などで知られる俳優キウェテル・イジョフォーが声優を担当。 日本語吹き替え版のキャストは江口洋介が担当します。

次の