雪のいと高う降りたるを 主語。 枕草子『中納言参りたまひて』現代語訳

無料プリント

雪のいと高う降りたるを 主語

こんにちは。 木彫りグマです。 昨日、2月9日はとてもきれいな満月の夜でした。 満月の夜となると、思い出す古典のエピソードがあります。 それが、『』の中に収録されている「花山院の出家」 高校時代に習っていた時は、品詞分解やら敬語やらで非常に煩雑に感じました。 しかし、受験を離れて物語としてみてみると、なかなかに面白いエピソードだと思います。 今回は、「花山院の出家」について、元予備校講師がわかりやすく解説します。 なお、に興味がある方はこちらの記事もどうぞ Calmaさんによる写真ACからの写真• 『』とは 『』とは、後期を描いた作者未詳の歴史物語。 からまでの14代176年の歴史を扱います。 主人公はですが、以外のことについてもかなり書かれていますよ。 『今鏡』『水鏡』『増鏡』とあわせてとよばれました。 「花山院の出家」の登場人物 物語を読むうえで、一番大事なのは、「誰」が出ているかという登場人物の把握です。 特に、古典の文章では主語が省略されていることが珍しくないので、登場人物をしっかり把握しておかないと、頭がこんがらかってしまいます。 花山院 の第一皇子での異母兄。 の即位と共に皇太子に建てられ、984年にの位につきました。 この時、は17歳。 義父であるは既に死去していたため、有力ながいない状態での即位でした。 は積極的に政治に取り組み、荘園整理令などの改革を行ったため、関白のとの確執を招きました。 985年、が深く寵愛していた藤原忯子が17歳で死去。 忯子の死を深く悲しんだは出家をして菩提を弔いたいと言い出します。 関白や側近たちはの出家を思いとどまらせようとしていました。 右大臣のはかねてから自分の娘である詮子の子である懐仁(のちの)の即位を実現するため、の早急な退位を画策します。 兼家は自分の息子たちを動かして、が出家するよう促しました。 (粟田殿) 兼家の次男で、この時はの秘書の一人である蔵人として側近に仕えていました。 父の兼家の指示で、を深夜に宮中から連れ出し、花山寺で出家させてしまいます。 最初は、と共に出家するといっておきながら、最後の瞬間に見事な手のひら返しを見せますよ。 映画の主人公になったことでも知られていますね。 が花山寺に行く際、の屋敷の前を通りました。 すると、はを動かし、出家に対応する指示を大声で出します。 花山院、月夜に宮中を出る 悲しみに暮れる花山院に対し、粟田殿は「自分も一緒に出家をするので、出家しての菩提を弔いましょう」とを説得します。 情緒的なは粟田殿の説得にのり、出家する決意を固めました。 粟田殿はの証であるを皇太子に渡して、譲位を既成事実化しようとはかります。 明るいの月を見て、「(自分がひそかに宮中を出ようとしているのに)丸見えだな」とが躊躇すると、粟田殿は「だからといって出家を取りやめるわけにもいきません。 も皇太子に渡してしまったのですから」とを急き立てます。 は、弘徽殿の女御からもらった手紙のことを思い出し「少し待て」といって、部屋に戻ったりしたものだから、粟田殿は気が気でなかったことでしょう。 だから、「いまを逃した出家に触りが出る」などとウソ泣きしてをせかしました。 花山院の出家にが気づく 粟田殿はを連れての屋敷がある土御門大路に差し掛かりました。 すると、中からの声がして、「帝が退位されるという異変があった。 すでに、ことは成ったようだ。 宮中に参上して帝にお話し申し上げよう。 車の用意をせよ」などと話しています。 がを先に内裏に派遣しようとすると、が「ただいま、ここを通り過ぎて笈気になるようです」とに報告しました。 小説や映画などでの活躍を目にすることはあるかもしれませんが、古典の原文に登場すると、また違った趣がありますね。 花山院は出家するものの、粟田殿は見事な手のひら返しを見せる 花山寺に到着すると、は剃髪して出家なさいました。 すると、寄り添ってきた粟田殿は「私は、いったん退出して父に今の姿をしっかりと見せ、報告したうえで戻ります」などといいだしました。 この瞬間、(出家してしまったので、花山・花山院になりますが)は粟田殿に謀られたことに気づきました。 「さては私をだましたのだな」と花山院はお泣きになったといいます。 策謀を仕掛けた張本人である兼家は、の出家に息子である粟田殿(道兼)が巻き込まれやしないかと警戒し、警固の武士までつけていたといいます。 つくづく用心深いことですね。 当時の常識では、いったん出家した人物が俗世に帰る(還俗)ことはとても難しいことでした。 出家=政界引退となるのが常識だったのです。 100年後であれば、のように出家してからでも政治を行う人物が現れますが、この当時にはありえないことでした。 さいごに を即位させることに成功したは、権勢を極めました。 兼家の子がです。 もし、花山院の出家がなければ、の政権掌握はもっと後になったかもしれませんね。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 kiboriguma 個人情報の保護について 「」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。 個人情報の収集について 利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。 お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。 しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはをクリックしてください。 広告の配信について 当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。 その広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。 DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。 お客様はで、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。 また にアクセスして頂き、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。 その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、をご覧ください。 ウェブサーバの記録 当サイトのウェブサーバは、利用者のコンピュータのIPアドレスを自動的に収集・記録しますが、これらは利用者個人を特定するものではありません。 利用者が自ら個人情報を開示しない限り、利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。 免責事項 利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。 また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。 初出掲載:2019年2月2日.

次の

枕草子『雪のいと高う降りたるを』わかりやすい現代語訳と解説 / 古文 by 走るメロス

雪のいと高う降りたるを 主語

」と4 仰せらるれば、5 御格子上げさせて、御簾を6 高 く上げ たれば、7 笑はせたまふ。 人々も、「8 さることは知り、歌などにさへ歌へど、思ひこそよら4 ざりつれ。 」と言ふ。 一 次の語の読みを現代仮名遣いで記せ。 1 格子 2 炭櫃 3 侍ふ 4 香炉峰 5 御簾 二 次の語の意味を辞書で調べよ。 1 炭櫃 2 物語 3 仰す 4 さること 三 「 」が誰の言葉か記し、*と傍線部1〜10の問に答えよ。 *内容の上で三つに分類されるうちのどれか。 ア 類聚章段 イ 日記回想的章段 ウ 随想的章段 1 いつもはどういう状態か。 2・4・5・6の主語は誰か。 3「 」 誰の言葉か。 7 この笑いはどういう性格のものか。 8 指示内容を記せ。 9 誰のことか。 10 誰がふさわしいのか。 四 次の文法事項に答えよ。 1 音便の種類 もとの形 2 品詞名 基本形 活用形 活用の種類 3、4 品詞名 基本形 活用形 文法的意味 五 口語訳 雪がたいそう高く降り積もっているのに、いつもと違って御格子をお下げ申して、角火鉢に火をおこ して、雑談などをして集まって思考しているときに、「少納言よ、香炉法の雪はどんなだろうか。 」とお っしゃるので、御格子を 人に 上げさせて(私が)御簾を高く上げたところお笑いになる。 人々も 「そういうことは知っており、歌などにまで詠うけれど、おもいつきもしなかった。 やはり、この中宮 にお仕えする女房としてはそれにふさわしい人であるようだ。 」と言う。 自ら簾を高く上げる。 (女房)「知っているがおもいよらない。 定子には清少納言だ。 」 清少納言 『白氏文集』 香炉峰の雪の詩 背景 主題 雪蓑際の清少納言の機知 (33)二九九 雪のいと高う降りたるを 解答 一1 こうし 2 すびつ 3 さぶら 4 こうろほう 5 みす 二1 角火鉢 2 話をすること。 3 おっしゃる。 4 そういうこと。 三 イ 1 雪の降る日には格子を上げておく。 2 女房 4 定子 5 作者 6 作者 3 定子 7 予定通りに成ったという会心の笑み。 8 香炉峰の雪をよんだ漢詩の事。 9 定子 10 清少納言 四 1 ウ音便 高く 2 動す用サ変 3 助動む止推 4 助動ず用打.

次の

プロ小説家,プロゲームシナリオライター,プロライター,プロ作家,プロ詩人,プロ占い師,プロ作詞家,プロシナリオライター,プロブロガー,プロ生主,小説家,小説,小説家になる,タロット占い,タロットカード,占い,占い師,作詞,自由詩,小説家,ゲームシナリオライター,ライター,作家,詩人,占い師,作詞家,シナリオライター,ブロガー,生主,ニコ生主,ニコニコ生放送,ニコ生,ニコ動,ニコニコ動画,プロ小説家になる,小説家になる方法,プロ小説家になる方法,小説を書く,小説を書く方法,作家,プロ作家,作家になるには,作家になる方法,詩,作詞,自由詩,詩人,詩人になる,詩人になるには,詩人になる方法,プロ詩人,作詞家,作詞家になる,作詞家になるには,作詞家になる方法,ゲームシナリオライター,ゲームシナリオ,ゲームシナリオライターになる方法,ゲームシナリオを書く方法,ゲームシナリオライターになる,ゲームシナリオを書く,プロゲームシナリオライター,ビジネスマナー,思い出,日記,自転車,自転車旅行,文法,国文法,敬語,尊敬語,謙譲語,丁寧語,丁重語,美化語,卑罵語,尊大語,二重敬語,自立語,付属語,主語,述語,単語,自立語,付属語,古文,古典,古典文学,俳句,俳句のルール,古典アレンジ,方丈記,ゆく川の流れは絶えずして,風姿花伝,因果の花,プロ生主,生主,生主になる方法,ニコ生,ニコニコ生放送,人気生主,山月記,竹取物語,竹取物語の真実,かぐや姫,かぐや姫の真実,フリーランス,フリーランスになる方法,タロット,タロットカード,占い師,プロ占い師,占い師になる方法,プロ占い師になる方法,フリーランス,フリーランスになる,フリーランスになる方法,貧困,

雪のいと高う降りたるを 主語

こんにちは。 木彫りグマです。 昨日、2月9日はとてもきれいな満月の夜でした。 満月の夜となると、思い出す古典のエピソードがあります。 それが、『』の中に収録されている「花山院の出家」 高校時代に習っていた時は、品詞分解やら敬語やらで非常に煩雑に感じました。 しかし、受験を離れて物語としてみてみると、なかなかに面白いエピソードだと思います。 今回は、「花山院の出家」について、元予備校講師がわかりやすく解説します。 なお、に興味がある方はこちらの記事もどうぞ Calmaさんによる写真ACからの写真• 『』とは 『』とは、後期を描いた作者未詳の歴史物語。 からまでの14代176年の歴史を扱います。 主人公はですが、以外のことについてもかなり書かれていますよ。 『今鏡』『水鏡』『増鏡』とあわせてとよばれました。 「花山院の出家」の登場人物 物語を読むうえで、一番大事なのは、「誰」が出ているかという登場人物の把握です。 特に、古典の文章では主語が省略されていることが珍しくないので、登場人物をしっかり把握しておかないと、頭がこんがらかってしまいます。 花山院 の第一皇子での異母兄。 の即位と共に皇太子に建てられ、984年にの位につきました。 この時、は17歳。 義父であるは既に死去していたため、有力ながいない状態での即位でした。 は積極的に政治に取り組み、荘園整理令などの改革を行ったため、関白のとの確執を招きました。 985年、が深く寵愛していた藤原忯子が17歳で死去。 忯子の死を深く悲しんだは出家をして菩提を弔いたいと言い出します。 関白や側近たちはの出家を思いとどまらせようとしていました。 右大臣のはかねてから自分の娘である詮子の子である懐仁(のちの)の即位を実現するため、の早急な退位を画策します。 兼家は自分の息子たちを動かして、が出家するよう促しました。 (粟田殿) 兼家の次男で、この時はの秘書の一人である蔵人として側近に仕えていました。 父の兼家の指示で、を深夜に宮中から連れ出し、花山寺で出家させてしまいます。 最初は、と共に出家するといっておきながら、最後の瞬間に見事な手のひら返しを見せますよ。 映画の主人公になったことでも知られていますね。 が花山寺に行く際、の屋敷の前を通りました。 すると、はを動かし、出家に対応する指示を大声で出します。 花山院、月夜に宮中を出る 悲しみに暮れる花山院に対し、粟田殿は「自分も一緒に出家をするので、出家しての菩提を弔いましょう」とを説得します。 情緒的なは粟田殿の説得にのり、出家する決意を固めました。 粟田殿はの証であるを皇太子に渡して、譲位を既成事実化しようとはかります。 明るいの月を見て、「(自分がひそかに宮中を出ようとしているのに)丸見えだな」とが躊躇すると、粟田殿は「だからといって出家を取りやめるわけにもいきません。 も皇太子に渡してしまったのですから」とを急き立てます。 は、弘徽殿の女御からもらった手紙のことを思い出し「少し待て」といって、部屋に戻ったりしたものだから、粟田殿は気が気でなかったことでしょう。 だから、「いまを逃した出家に触りが出る」などとウソ泣きしてをせかしました。 花山院の出家にが気づく 粟田殿はを連れての屋敷がある土御門大路に差し掛かりました。 すると、中からの声がして、「帝が退位されるという異変があった。 すでに、ことは成ったようだ。 宮中に参上して帝にお話し申し上げよう。 車の用意をせよ」などと話しています。 がを先に内裏に派遣しようとすると、が「ただいま、ここを通り過ぎて笈気になるようです」とに報告しました。 小説や映画などでの活躍を目にすることはあるかもしれませんが、古典の原文に登場すると、また違った趣がありますね。 花山院は出家するものの、粟田殿は見事な手のひら返しを見せる 花山寺に到着すると、は剃髪して出家なさいました。 すると、寄り添ってきた粟田殿は「私は、いったん退出して父に今の姿をしっかりと見せ、報告したうえで戻ります」などといいだしました。 この瞬間、(出家してしまったので、花山・花山院になりますが)は粟田殿に謀られたことに気づきました。 「さては私をだましたのだな」と花山院はお泣きになったといいます。 策謀を仕掛けた張本人である兼家は、の出家に息子である粟田殿(道兼)が巻き込まれやしないかと警戒し、警固の武士までつけていたといいます。 つくづく用心深いことですね。 当時の常識では、いったん出家した人物が俗世に帰る(還俗)ことはとても難しいことでした。 出家=政界引退となるのが常識だったのです。 100年後であれば、のように出家してからでも政治を行う人物が現れますが、この当時にはありえないことでした。 さいごに を即位させることに成功したは、権勢を極めました。 兼家の子がです。 もし、花山院の出家がなければ、の政権掌握はもっと後になったかもしれませんね。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 kiboriguma 個人情報の保護について 「」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。 個人情報の収集について 利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。 お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。 しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはをクリックしてください。 広告の配信について 当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。 その広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。 DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。 お客様はで、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。 また にアクセスして頂き、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。 その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、をご覧ください。 ウェブサーバの記録 当サイトのウェブサーバは、利用者のコンピュータのIPアドレスを自動的に収集・記録しますが、これらは利用者個人を特定するものではありません。 利用者が自ら個人情報を開示しない限り、利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。 免責事項 利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。 また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。 初出掲載:2019年2月2日.

次の