ボタニスト ダメージケア 匂い。 「botanist(ボタニスト)」シャンプー&トリートメントのレビューと口コミを紹介

【悪い口コミ徹底調査】ボタニスト ボタニカルシャンプー&トリートメント!モイストとスムースの違いって?|りあコミ!

ボタニスト ダメージケア 匂い

どうも、シャンプー大好き美容師よしだです。 今回は人気の市販シャンプーBOTANISTのボタニカルシャンプーから炭粒で汚れを吸着してスッキリ地肌へと導くというコンセプトの『 』を使ってみたので感想をレビューしていきます。 先に言ってしまうとこのシャンプーは個人的にかなり気に入りました。 コスパもいいし洗浄成分・香り・ほんのりとしたメントールの清涼感・・・ 美容師的に見てもおすすめポイントがいくつもあるシャンプーですね。 でも、しいてデメリットをあげるとするならば・・・ というわけで、 『ボタニスト チャコールクレンズ』を美容師が使ってみた感想・口コミ・メリット&デメリット・おすすめな人などに分けてまとめていきます。 ラウラミドプロピルベタイン• ラウロイルアスパラギン酸Na• ココイルグルタミン酸TEA 比較的安価なベタイン系をベースに質の良いアミノ酸系のミックス。 髪や地肌に優しい洗浄成分なので安心していいでしょう。 【レビュー】ボタニストチャコールクレンズシャンプーを美容師が使ってみた感想 おぉ、炭っぽい色ですね。 とりあえず1週間くらい『チャコールクレンズ』でシャンプーしてみた感想を一言でいうと 香りがめっちゃいい! グレープフルーツのさっぱりとした香りにほんのりカシスの香りが混ざって個人的にはかなり好きですね。 市販の安いシャンプーにありがちなチープな香りではなくクリアな感じの香りです。 洗い心地的は少々粘度が強くてドロっとした印象。 ちょっと独特な感じ。 泥シャンプーとか泥のヘッドスパとかに良くある感じの質感です。 これは美容師目線で言うと炭が配合されているからと言うよりもコカミドメチルMEA(起泡剤&増粘剤)が水の次に表記されているので意図的に増粘しているんでしょう。 ちなみにメントールの冷感はそんなに強くないです。 ほんのりと清涼感を感じるくらい。 炭粒の効果はどうか?と言われると私自身はオイリー肌ではないし頭皮も臭くない(多分)ので正直良くわからないですね。 頭皮も乾燥タイプだけど別に皮脂を取りすぎて余計に乾燥するとかは感じませんでした。 ボタニストチャコールクレンズのデメリット 『ボタニストチャコールクレンズ』はスキャルプ(頭皮)重視のシャンプーですね。 シャンプーに配合されている髪の皮膜剤や保湿剤は控えめです。 なので私のように髪が傷んでいない人には「さっぱりした洗心地で仕上がりもふんわり」という印象。 でもパーマやカラーによる髪のダメージが強い人がこのシャンプーで洗髪すると 「キシキシする・・・」となってしまうでしょう。 なので傷んだ髪の人には不向きなシャンプーです。 ボタニストでいうと『 』は傷んだ髪にもいい感じですよ! ボタニストチャコールクレンズシャンプーのメリット 美容師目線で『ボタニストチャコールクレンズ』のメリットをシンプルに3つにまとめようと思ったけど絞りきれなかったので5つで。 とにかく香りが良い• 程良いメントールのスッキリ感が気持ちいい• 洗浄成分が髪にも地肌にも優しい• 洗い上がりの手触りはさっぱり• コスパがいい ボタニストチャコールクレンズは香りがいい 最初に触れたようにとにかく『チャコールクレンズ』は香りがとても良いシャンプーです。 スッキリとしたグレープフルーツの香りにほんのり甘いカシスの香りが混ざってとてもリフレッシュできる香りです。 炭っぽい色とのギャップがなんとも新しい感じですね。 さっぱりとしていてオシャレな香りです。 ちなみにトリートメントはベルガモット&ローズマリーの香り。 でもシャンプーをした後スッキリとした軽い感じになるので気持ちがいいですね。 夏になると美容室でもよくやる「クールシャンプー」みたいな爽快感はないので冷感を求めている人にはものたりないでしょう。 このほんのりとしたスーっと感は案外クセになります。 洗浄成分が髪にも地肌にも優しい ボタニストシリーズは全般的に洗浄成分が良質です。 『チャコールクレンズ』も地肌をさっぱりと洗ういわゆるスキャルプ系ですが、ラウレス硫酸Naやオレフィンスルホン酸といった洗浄力の強すぎる「高級アルコール系」の成分は使用されていないので乾燥肌や地肌が弱い人でも使いやすいと思います。 市販のシャンプーを購入する場合もできるだけこういった地肌に優しいシャンプーを選んだほうがいいですね。 洗い上がりの手触りはさっぱり 洗い上がりは余計な保湿成分のない手触りでさっぱりとしています。 これはシャンプーでヌルヌルするのが嫌な人(特にメンズ)にとっては嬉しいですよね。 ドライヤーで乾かした後もふわっとする感じなので細毛&軟毛やボリュームが欲しい人にはぴったりなシャンプーです。 コスパがいい これだけの内容でたっぷり490ml入ったシャンプーが1,540円(税込)ですからね・・・ 肝心の炭の効果についてはよくわからなかったんだけど、炭による汚れ吸着や消臭効果を抜きにしたとしてもコストパフォーマンスが良いシャンプーだと思います。 BOTANIST恐るべし・・・ ボタニストチャコールクレンズの口コミ&評価 ボブ、カラーありの髪です。 これを使う前は、ボタニストのダメージケアを使っていました。 そちらと比べて、まず泡立ちが悪いです。 ドロっとしたテクスチャで、なかなか泡立たない。 水を多めに含ませ、シャンプーも多めに出せば泡立ちます!泡立てば、頭皮もメントール効果ですっきり気分。 流すときにきしむので、髪が絡まりなかなか頭皮まで洗い流せず、汚れが落ちているのか 汗 同シリーズのコンディショナー&ヘアセラムを使いますが、朝はやや広がり乾燥が気になるところ。 他のシャンプーと併用しながら使い切りたいと思います。 匂いは控えめ、癒やされました!! 引用:アットコスメレビュー ボタニストのシャンプーは過去にも使ったことがありますが、夏ということもあり、この不快なジメジメ感を払拭できる物はないか!と探していた時に購入してみました。 夜お風呂に入る時には皮脂と汗で不快なアタマも、シャンプーをしているだけで爽快感が出てきて、夏のお風呂も少し楽しくなります。 洗い上がりは、なんだかきしむなーと感じるのですが、トリートメントをすると、すぐにツルツルになります! まだまだこれから夏本番なので重宝しそうです。 引用:アットコスメレビュー 頭皮のかゆみやにおいが気になっていた頃こちらのシャンプーを見つけて購入しました。 シャンプーは残念ながら軋むので上手く頭皮を洗えません。。 水分を足したらいいのでしょうか。。 もっとモコモコの泡でしっかり洗いたいです。 トリートメントで指通りが復活する感じです。 引用:アットコスメレビュー 「シャンプーがドロっとしてる」「若干洗ってる最中にきしむ」「トリートメントをつければ指通りは良くなる」「香りが癒やされる」「スースー感は控えめ」 だいたいこういった意見が多い印象ですね。 Q、炭粒のクレンジングって乾燥肌でも大丈夫? A、 シャンプー自体は低刺激だし炭といってもそこまでガンガン皮脂を取るわけではないので大丈夫かと。 でも基本はノーマル〜オイリー肌向けだと思います。 Q、ハイトーンのカラーで傷んでいるんだけど大丈夫? A、 ダメージケア用のタイプではないのでダメージ補修効果は期待しないほうがいいかも。 同シリーズなら『ボタニスト ダメージケア』の方がダメージ毛にはおすすめ。 Q、メンズが使っても問題ない? A、 むしろメンズにこそおすすめだと思います。 Q、コンディショナーなしでもいける? A、 メンズやベリーショートなら問題ないけど髪のケアも必要ならトリートメントもセットで使ったほうがいいでしょう。 Q、香りは持続する? A、 洗った後はそんなに香りは残りません。 さっぱり系のシャンプーを求めている• ほんのりとしたメントール感が気になる• グレープフルーツやカシスの香りが好き• 髪がそんなに傷んでいない• ペタっとした仕上がりが嫌い• 頭皮の匂いが気になる• メンズや子供 BOTANIST『チャコールクレンズシャンプー』はこんな方におすすめなシャンプーだと思います。 注意した方がいいのはやっぱり髪が傷んでいる人ですよね。 ダメージヘアの人がダメージケア用以外のシャンプーを使うと大抵の場合は満足する事ができないものです。 こういった『チャコールクレンズ』のようなシャンプーは髪が傷んでいない人が楽しめる特権みたいなところがあります。 シャンプーの性能でいうなら美容師的にみても「いい感じ」です。 香りは「パブリックオーガニック」のシリーズに引けをとらないくらい私は好きですね。

次の

香り・匂いが良いシャンプーのおすすめランキング20選。人気・ノンシリコンなど

ボタニスト ダメージケア 匂い

皆さんはBOTANISTが定期的にに季節限定の商品を発売しているのはご存じでしょうか。 ここ最近で言うと春限定の桜シリーズが発売され大きな注目を浴びました。 春が来たという事は勿論、夏限定の商品も発売され、それが本記事の本題である、 ボタニカル フレッシュシリーズ このシリーズは夏にぴったりな爽やかさや、さっぱり感を味わえる、これからの季節にぴったりの商品となっています。 本記事ではボタニストのボタニカルフレッシュシリーズを実際に使ってみた感想と評価などを紹介していきたいと思います。 BOTANIST公式- 本記事はBOTANISTの公式ページを参考にする個所もございます。 ボタニストとは ボタニストが何故ここまで人気になったのか考えてみたところ以下の3つの理由があると感じました。 ボタニストのデザイン性 巷では余分な物を所持しないミニマリストやムダを徹底的にそぎ落としたブランドである無印良品などが大きな注目を浴びています。 この上記二つに共通するのは 「シンプル」の思考を軸にしている事です。 またシンプルと言うのは勿論ボタニストにも当てはまります。 しかし市販の化粧品に着眼してみると、一般的に華やかな外観物が多く用いられています。 これは化粧品の香りや効果だけではなく、実際に家に飾った際に見た目も楽しんでもらう為にこのようなデザインが採用されていると考えられます。 しかしそんな中でボタニストは ザ・シンプルなデザインを貫いており、周りと比較すると逆に目を引くデザインの商品となっております。 そもそも人間は何かを知ろうとするとき 5感を頼りにします。 多くの場合、化粧品では店頭にテスターがない場合、 視覚に頼るしかありません。 ヘアーオイル、ボディークリームなどはテスターで匂いや手触りで感じる事が出来ますが、シャンプー、トリートメント、ヘアマスクなどはそれらの方法を採用する事が出来ません。 よって デザインで差別化をはかり、ファーストコンタクトのみで顧客のハートを掴むボタニストのデザイン戦略は成功と言えるでしょう。 BOTANISTの豊富な種類 ボタニストには多くの種類の化粧品が存在します。 特にシャンプーやトリートメント類と言うのは、その人の悩みに合った商品と出会わせてくれます。 種類で言うと以下の6種類がシャンプー・トリートメントに販売されています。 毎年期間限定で発売されるBOTANISTの桜シリーズ。 ボトルデザインも華やかで、歩くだけで桜を感じ・春を感じる事が出来るこのシリーズが気になっている方も多いかと思います。 本記事ではBOTANISTの桜シリーズの中でモイストのシャンプー&トリートメントを実際に使用した感想とネットの口コミを比較していきたいと思います。 1ブランドでここまで種類を揃えているのは珍しく、なかなか他社ではないのではないでしょうか。 市販最強級の成分 シャンプーやトリートメントは頭皮との相性がつきもので、出来るだけ成分が優れたものの方が失敗しないと思うのが普通かと思います。 またどうせお金を払うなら、いいものをお得に買いたいと思うのが人間の心理です。 特にシャンプーに関して言えば、BOTANISTは サロンシャンプー並みの品質を 市販価格で入手できるという点です。 ボタニストの夏限定商品は 「夏の強い乾燥により受けたダメージヘアに、潤いを与える事」にフォーカスしています。 またこのダメージと言うのは髪だけではなく、肌のダメージも含まれそれらを広くカバーする商品を、この夏限定で販売しています。 この乾燥からダメージのダメージに潤いを与えるためにボタニストは たった一つの植物の強みに注目しました。 それが多肉植物である アガベです。 植物の力で最強の保湿を実現 多肉植物のアガベとは別名 センチュリープラントと言う風にも言われています。 このような二つ名がついた所以として、 「100年に一度しか花を咲かせない」ことからそう呼ばれています。 このアガベ自体の生息地と言うのも乾燥地帯の過酷な環境となり、ここで100年に一度でも花を咲かせる、 植物の力強さを感じる事が出来ます。 また乾燥にも負けない、多肉植物ならではの 含水力はもはや圧巻です。 リンク まとめ ・夏の頭皮の悩みを解決できる ・男女兼用で使える ・デザインGood ・成分も拘っている いかがでしたか。 今回はBOTANISTの夏限定商品の「シャンプー&トリートメント」についてまとめてみました。 限定商品となりますので、興味ある方は売り切れる前に押さえておきましょう。 以下の記事でBOTANIST商品について詳しくまとめています。 ドラッグストアやネットの広告でもよく見かけるようになり、気になる方も多いかと思います。 当初私もあのシンプルで洗練されたデザインに惹かれた一人でした。 しかし実際に買うとなったら市販ではなかなか高い方なので思いとどまる方も多いかと思います。 ブログランキング参加しています!.

次の

【悪い口コミ徹底調査】ボタニスト ボタニカルシャンプー&トリートメント!モイストとスムースの違いって?|りあコミ!

ボタニスト ダメージケア 匂い

セテアラミドエチルジエトニウム加水分解コメタンパク• ジラウロイルグルタミン酸リシンNa• 加水分解ケラチン などが補修成分ですね。 髪を疎水化(水をはじきやすい状態)する効果もある成分です。 にも使われていました。 セテアラミドエチルジエトニウム加水分解コメタンパク 長い名前の成分ですが、疑似18-MEAと呼ばれ、髪の表面を補修する成分。 指通りが改善したり、ツヤがでやすくなったりします。 ジラウロイルグルタミン酸リシンNa ペリセアとも呼ばれ、髪にCMCを補う成分。 CMCがあると、キューティクルが補修されたり、髪がしなやかになったりします。 加水分解ケラチン 髪の主成分もケラチンと呼ばれるたんぱく質。 加水分解ケラチンは、傷んでできてしまったダメージホールに浸透して髪を補修してくれる、PPTと呼ばれる成分です。 こんな感じで、かなりしっかりとした補修成分が使われているので、髪にハリコシが出たんじゃないかな。 頭皮の状態 やっぱり洗浄力が弱すぎるのかしら。 うるおいはありますが、汚れが取り切れていないところも。 寝ぐせ 寝ぐせはなく、まとまっています。 根元から髪の毛が立ち上がって、ふんわり。 指通りも改善していますし、かなりいい状態だと思います。 まとめ ダメージ補修力はかなり高いんじゃないでしょうか。 成分的にもしっかりしています。 低刺激な洗浄成分はいいのですが、ちょっと毛穴の汚れが落ちきらないですね。 毎日シャンプーするならそんなに気にならないかもですが。

次の