デドバイ 大会。 2020ドバイマラソン展望:男女ともに3年連続の大会新記録誕生となるか?

Dubai(ドバイ):デイラ〜ドバイクリークの北東にある旧市街

デドバイ 大会

ドバイ選手権初戦敗退にとくダネ小倉氏が痛烈批判!大阪の目には涙が.. サーシャ・バイン氏とのコーチ関係を解消後の初試合でのストレート負けに衝撃が走っています。 そんな中、「とくダネ!」キャスターの小倉智昭氏が大坂選手を痛烈に批判しており、ネット上で物議を醸しています。 早速確認していきましょう。 上位8シードは1回戦免除のため、この日が初戦だった。 「かなりひどいプレーだった」と試合を振り返る大阪。 まさかの初戦敗戦。 相手は昨年の大会初戦で勝った同67位のクリスティナ・ムラデノビッチ(フランス)で、3-6、3-6でストレート負け。 優勝した1月の全豪以来の試合が、まさかの敗戦となった。 ふだんはサービスゲームでは抜群のキープ率を誇るが、この日は9ゲーム中、7回もブレークされた。 第2セットに至っては一度もキープできなかった。 第1サーブが44%しか入らなかった点について、「大惨事だった」と振り返り、「最近、あまり良い練習ができていなかった」と語った。 もう少し試合を詳しく振り返ってみよう。 第1セット、1度のガッツポーズも出なかった。 逆に点を取られても、1度しかラケットを投げなかった。 笑顔さえ見られ、勝敗を度外視し、好きなようにプレーする。 その様に見えた。 第1ゲームを40-15から落とした。 第2ゲームは2本連続のブレークポイントがあったが取れなかった。 その2ゲームでリズムが狂ったのか、3ゲームを連取された。 その後もミスを連発し、3-6で第1セットを先取された。 第2セットに入っても調子は戻らず、第2ゲームでブレークされる。 続く第3ゲームではフォアハンドのウィナーを決めるなどでブレークバックに成功したが、その後のゲームではダブルフォルトをするなど、ミスは止まらず。 途中、ミスの後、座り込んでサンバイザーで顔を覆う場面もあった。 サーブの前に考えすぎ、時間を取り、時間超過で警告を受けたことも。 会場は「オオサカ」コールで後押しするが、彼女の集中力は戻らなかった。 最後は、ムラデノビッチのバックが抜けていくのを、追うこともせずに見送り、ストレート負けを喫した。 この敗退は、海外メディアでも取り上げられた。 英紙「ザ・ガーディアン」(電子版)はこの日、「コーチと別れて間もないナオミ・オオサカがクリスティナ・ムラデノビッチに敗退」との見出しを打って、「世界ランク1位のナオミ・オオサカがフランスのクリスティナ・ムラデノビッチにストレートで敗れ、ドバイ選手権から姿を消した」と報じた。 優勝した全豪オープンの舞台となったオーストラリアメディア「ニュース. com」では「世界1位のナオミ・オオサカは記者会見で感情的に崩れ落ちる」と速報。 「コート上で説明のつかない自滅の後、オオサカは記者会見で気持ちを抑えきれなかった。 ある時点で、平静を取り戻すために部屋を去る必要があるか、と尋ねられた」と記事では報じ、敗戦後の会見で新女王が涙を流したことに注目していた。 一方、英公共放送BBCでは「ナオミ・オオサカはドバイでの敗戦後、コーチとの離別への注目のせいに」と特集している。 コーチとの契約解消報道の影響は? 今季まだ未勝利だったムラデノビックに金星を献上した大坂にとってはサーシャ・バイン元コーチとの契約解消後の初戦だった。 「(契約解消の)ニュースに対する反応をブロックできたかと質問されると、『できなかった。 この試合がその結果』と彼女は話した」とし、コーチ契約解消に伴う注目度の高まりとプレッシャーが敗因となったと自己分析したことを報じている。 地元UAE紙「ザ・ナショナル」も「敗れたナオミ・オオサカはプレッシャーに対応することに苦しんだことを認める」と速報で伝えている。 「オオサカは話すのを一瞬止めると、涙を拭った」と報じるなど、よもやの敗戦となった新女王の精神的な動揺に海外メディアも驚きをもって伝えている。 この敗戦に対し、苦言を呈したのは、フジテレビ「とくダネ!」キャスターの小倉智昭氏。 彼の発言が、今ネット上で批判を浴びています。 得意のサービスエースはわずか1本、凡ミス連発の大坂に対し、 「世界ランキング1位になってからの初戦ですからね。 大惨事でしょう。 ほんとうにお祖末でしたよね」とバッサリ。 全豪オープンでの活躍と比べ「全然別人」と言い、ミスの時に悔しさを体全体で表現したことについても「世界ランキング1位になったらあんまり出さない方がいいと思う」と苦言を呈した。 これに対し、ネット上では、 「いくらなんでも言い過ぎ」 「なおみちゃんだって調子悪い時もあるのに」 「今一番大変な時期なんだら、ちょっとは理解してあげてよ」 など、批判の声が寄せられた。 今回の敗戦はやはり、コーチ解消に伴う、メディアの過剰な報道が彼女を傷付け、精神面で安定していなかったことがあるだろう。 サーシャ・バイン氏との離別を大坂がツイッターで公表したのは日本時間12日早朝だ。 「皆さん、サーシャとは今後一緒に活動しません。 彼のこれまでの仕事ぶりに感謝し、最高の未来を祈っています」とつぶやいた。 17日には、会見で「成功より、自分が幸せでいることが大事だった」と解消の理由を説明。 「金銭が原因といううわさには一番、傷ついた」と、こちらはきっぱりと否定した。 契約解除の理由については、 「私は(テニスの成績の)成功よりも、幸福感を優先したい。 一緒にいて楽しくない人と過ごすことで自分を苦しめたくない」。 バインコーチとは、全豪の大会中にはすでに溝があったことも示唆した。 今大会、大坂選手は個人専属のコーチはなしで挑んだ。 サポート陣には、指導役として、「16歳の頃から助けてくれている」という日本テニス協会の吉川真司女子代表コーチ、フィジカル担当のアブドゥル・シラー氏、理学療法士のクリスティナ・スター氏。 迎え撃つ相手は、過去トップ10入りした実績もあり、ダブルスでは4大大会優勝のキャリアを持つムラデノビッチ。 楽々と勝てる相手ではなかった。 やはり、個人専属コーチ不在で試合に臨んだのは失敗だったのだろうか? 大坂選手のここ1年での躍進には、バジンコーチに支えられて、成長したメンタル面があるといわれている。 試合後の記者会見で、今回の騒動の報道に影響されずプレーできたか?と問われ、大坂選手は、「できなかった。 それがこの試合の結果」と率直に認めた。 「あなたたち(記者)に悪気があって言うわけじゃないけれど、今はこれがテニス界最大のニュースだと思う」 記者人に向けて、皮肉を込めた発言を放った。 世界1位の称号が大坂を重圧で苦しめていたところもあったのだろう。 「去年は今のランキングとはほど遠いところにいたし、人々は私に注目していなかった。 それは私にとって心地良いことでもある」目に涙をためながら話す大坂。 「なんで、自分が泣いているのかわからない。 なんでだろう」 世界王者といえど、まだ21歳。 あまりにも急激な環境の変化、メディアの過剰な報道。 彼女に戸惑いがあっても不思議はない。 しかし、敗戦の中で、大坂は悲しみに暮れるだけではなく、先を見据えた。 「試合に勝ったときより、負けたときの方が学ぶことは多い。 そう私は教わってきたし、その助言を大切にするように心がけている。 真実だと思うから」 今回の一連の出来事は大坂選手にとって、とても苦く、自身を苦しめるものであっただろう。 だが、本人の言葉通り、負けた時や、苦しい状況からの方が学べることは多いと思う。 メディアからの批判を受けたり、過剰に報道されてしまうということは、いわばトップ選手の宿命。 しかし、皆その壁を乗り越えないといけないものだと思う。 今回、大きな壁として大坂に立ちはだかったことで、さらに彼女を成長させ、夢のグランドスラム制覇への足掛かりにしてもらえれば、一ファンとして嬉しく思う。

次の

【第3回】サバイバーを捕まえろ!『Dead by Daylight(デドバイ)』のキラーの基本的な立ち回りを解説【『DbD』教室】 [ファミ通App]

デドバイ 大会

シード選手は以下の16人です。 トップ10から9名、トップ20から15名が出場するハイレベルな大会です。 世界 ランク プレーヤー 1位 2位 [2]ペトラ・クビトバ 3位 [3]シモナ・ハレプ 5位 [4]カロリーナ・プリスコバ 6位 [5]アンジェリック・ケルバー 7位 [6]エリーナ・スビトリーナ 8位 [7]キキ・バーテンズ 9位 [8]アリナ・サバレンカ 10位 [9]キャロライン・ウォズニアッキ 12位 [10]アナスタシヤ・セバストワ 14位 [11]ダリア・カサキナ 15位 [12]ガルビネ・ムグルッサ 16位 [13]ユリア・ゲルゲス 19位 [14]キャロリン・ガルシア 20位 [15]アネット・コンタベイト 21位 [16]エリーゼ・メルテンス ウォズニアッキがウイルス疾患のため棄権しました。 ウォズニアッキの代わりにラッキールーザーのヘルツォグが出場します。 Caroline Wozniacki has withdrawn from due to a viral illness. She will be replaced by LL Polona Hercog. 年 優勝者 2009年 ビーナス・ウィリアムズ 2010年 ビーナス・ウィリアムズ 2011年 キャロライン・ウォズニアッキ 2012年 アグニエシュカ・ラドワンスカ 2013年 ペトラ・クビトバ 2014年 ビーナス・ウィリアムズ 2015年 シモナ・ハレプ 2016年 サラ・エラーニ 2017年 エリーナ・スビトリーナ 2018年 エリーナ・スビトリーナ 2018年はスビトリーナが優勝 2018年はスビトリーナが決勝でカサキナに6-4,6-0でストレートで勝利して優勝し、2連覇を達成しました。 Featured Players|注目選手と大会展望 大坂なおみ 全豪オープンで優勝し、世界ランク1位になった大坂なおみが第1シードで出場します。 直前に大坂なおみを引き上げてくれたサーシャ・バインコーチとの契約解除が発表されました。 Hey everyone, I will no longer be working together with Sascha. I thank him for his work and wish him all the best in the future. サーシャとはもう一緒に仕事をしません。 彼の仕事に感謝しています、そして彼の将来の活躍を祈っています。 」 大坂なおみ(世界ランク1位) 今大会は、日本テニス協会女子代表コーチである吉川真司さんがコーチを務めるようです。 エリーナ・スビトリーナ 2017年、2018年と2連覇しているスビトリーナ。 全豪オープンでは準々決勝で大坂なおみに敗れましたが、前週のカタール・オープンでもベスト4進出をし、今大会も得意としているので注目です。 大坂なおみとの対戦成績は3勝3敗です。 コーチ解任やローレウス賞受賞などがあり、あまり集中できる状態では無かったのかもしれません。 コート1 17:00~ [7]ベルテンス 1 2 6 6 8 クズモバ 2 6 4 7 [12]ムグルッサ 2 7 6 ザン 0 5 2 ツレンコ 2 6 6 5 6 L. ベンチッチは第8シードのサバレンカを相手に、6本のマッチポイントを凌いで勝利しました。 彼女はよく上位選手を苦しめている印象があります。 ベンチッチは第2セット終盤から第3セット序盤にかけて6ゲーム連取しました。 ベンチッチが速いタイミングでどんどん攻めていき、ハレプがコート後方に追いやられていました。 特に、バックハンドでの鋭いクロスやダウンザラインが効いていました。 — WTA WTA 「ドバイデューティーフリーテニス選手権決勝、ペトラ・クビトバはWTAツアーの決勝で26勝8敗、一方ベリンダ・ベンチッチはトップ10選手を相手に調子が良い」 WTA公式 決勝は45位のベンチッチと4位のクビトバというカードになりました。 これまでクビトバは優勝26回、ベンチッチは優勝2回です。 ベンチッチ 2 6 1 6 [2]P. クビトバ 1 3 6 2 ベンチッチがクビトバにフルセットで勝利して優勝しました。 ベンチッチは2015年8月のトロント以来の優勝で、ツアータイトルは3つ目、プレミア5タイトルは2つ目です。 ランキングも45位から23位にジャンプアップします。 サバレンカ、ハレプ、スビトリーナ、クビトバとトップ10選手4人を倒しての優勝で、かつてのトップ10の力を取り戻したように見えます。 スイスの女子選手がこのドバイテニス選手権で優勝するのは、2001年のマルチナ・ヒンギス以来18年ぶりです。 She did it! 🇨🇭, the trophy is yours! 🏆 She overpowered Kvitova by 6-3, 1-6, 6-2. What a week🎇 — Belinda Bencic BelindaBencic 「言葉はいらないわ。 2019ドバイ!なんて週なの。 」 ベリンダ・ベンチッチ(世界ランク45位) Bencic blasts her way to the title! " ends a four-year wait for a title after a remarkable week in Dubai. — AusOpen AustralianOpen 「信じられない。 素晴らしい。 ベンチッチがドバイでの素晴らしい1週間の後、タイトルへ4年間の待ち時間を終わらせる。 」 全豪オープン公式.

次の

2020ドバイマラソン展望:男女ともに3年連続の大会新記録誕生となるか?

デドバイ 大会

プレイヤー情報 過去の対戦成績は、大坂の1勝、ムラデノビッチの0勝。 過去1回の対戦は2018年のドバイ・デューティフリー・テニス選手権(ハードコート)の1回戦で、大坂がセットカウント2-0(6-2、6-2)で勝利しています。 簡単に試合を振り返ります。 第1ゲーム、大坂のダブルフォルト、サービスエース、フォアハンドの逆クロスへのウィナー、バックハンドのダウンザラインへのショットでのポイント 40-15 、ムラデノビッチのリターンエース 大坂にとってアンラッキーなコードボール 、ムラデノビッチのフォアハンドの逆クロスへのリターンエースがあり、デュースへ。 デュース1回目、浅いボールに対して大坂にフォアハンドのミスが出て、ムラデノビッチにブレークポイントが来ます。 大坂にバックハンドのミスが出て、 ムラデノビッチがブレークに成功。 第2ゲーム、ムラデノビッチのファーストサーブでのポイント 15-0 、大坂のリターンでの連続ポイント、ムラデノビッチのバックハンドのミスがあり、15-40と大坂にブレークポイントが来ます。 ムラデノビッチのサービスエース、ムラデノビッチが先に攻撃を仕掛けてのポイントがあり、デュースへ。 デュース1回目、ムラデノビッチのフォアハンドのアプローチショットでのポイント、大坂のフォアハンドのクロスへのアングルショットでのポイント。 デュース2回目、ムラデノビッチのファーストサーブでのポイント、大坂のバックハンドのミスがあり、 ムラデノビッチがキープ。 第3ゲーム、大坂のドロップショットのミスとバックハンドのミス、ムラデノビッチのリターンでのポイントがあり、0-40とムラデノビッチにブレークポイントが来ます。 大坂にバックハンドのミスが出て、 ムラデノビッチがブレークに成功。 第4ゲーム、大坂のバックハンドの逆クロスへのリターンエース、フォアハンドの逆クロスへのリターンエース 0-30 、ムラデノビッチのボレーのウィナーとフォアハンドのミスがあり、15-40と大坂にブレークポイントが来ます。 大坂のリターンミスで30-40となった後、大坂のバックハンドのダウンザラインへのリターンエースが決まり、 大坂が1つブレークを返します。 第5ゲーム、ムラデノビッチのバックハンドのミス、大坂のファーストサーブでのポイント、ダブルフォルト、ファーストサーブでのポイント 40-15 、ムラデノビッチのフォアハンドの逆クロスへのウィナー、ラリー戦での大坂のポイントがあり、 大坂がキープ。 第6ゲーム、ムラデノビッチのバックハンドのミス、大坂のリターンミス、ムラデノビッチのファーストサーブでのポイント、ムラデノビッチのバックハンドのミス 30-30 、ムラデノビッチの連続サービスエースがあり、 ムラデノビッチがキープ。 第7ゲーム、ムラデノビッチのリターンでのポイント、大坂のフォアハンドのクロスへのウィナー、フォアハンドのクロスへのウィナー、バックハンドのクロスへのパッシングショットのウィナー 40-15 、セカンドサーブでのポイントがあり、 大坂がキープ。 第8ゲーム、ムラデノビッチのバックハンドのミス、セカンドサーブでのポイント、ラリー戦で大坂のフォアハンドのクロスへのウィナー 15-30 、ラリー戦からムラデノビッチがネットダッシュを見せてのポイント、セカンドサーブでのポイント 40-30 、ファーストサーブでのポイントがあり、 ムラデノビッチがキープ。 第9ゲーム、大坂の甘いドロップショットに対するムラデノビッチのフォアハンドのダウンザラインへのウィナー、大坂のフォアハンドの連続ミスがあり、0-40とラデノビッチにセットポイント ブレークポイント が来ます。 大坂のボレーのウィナーで15-40となった後、大坂にダブルフォルトが出て、 ムラデノビッチがブレークをして第1セットを先取。 第1ゲーム、ムラデノビッチのファーストサーブでのポイント、大坂のリターンミス、ムラデノビッチのバックハンドのクロスへのアプローチショットでのポイント、サービスエースがあり、 ムラデノビッチがラブゲームでキープ。 第2ゲーム、大坂のフォアハンドのミス、バックハンドのミス 大坂うずくまる 、フォアハンドのミス サーブを打つのが遅かったため大坂にタイムバイオレーションあり 、0-40とムラデノビッチにブレークポイントが来ます。 大坂のファーストサーブでのポイントで15-40となった後、ラリー戦でムラデノビッチが先に攻撃を仕掛けてのフォアハンドの逆クロスへのウィナーが決まり、 ムラデノビッチがブレークに成功。 第3ゲーム、大坂の深いリターンでのポイント、ラリー戦での大坂のポイント、大坂のバックハンドの逆クロスへのリターンエースがあり、0-40と大坂にブレークポイントが来ます。 大坂のフォアハンドのダウンザラインへのウィナーが決まり、 大坂がブレークバックに成功。 第4ゲーム、ムラデノビッチのフォアハンドのクロスへのリターンエース、チャンスボールでの大坂のもったいないフォアハンドのミス 0-30 、ムラデノビッチのフォアハンドのミス、大坂にとってアンラッキーなコードボールでのムラデノビッチのポイントがあり、15-40とムラデノビッチにブレークポイントが来ます。 大坂にダブルフォルトが出て、 ムラデノビッチがブレークに成功。 第5ゲーム、大坂にとってラッキーなコードボールでのリターンエース、ムラデノビッチのサーブアンドボレーのウィナー 15-15 、大坂のバックハンドの逆クロスへのリターンエース、大坂が先に攻撃を仕掛けてのスマッシュのウィナーがあり、15-40と大坂にブレークポイントが来ます。 大坂がバックハンドのダウンザラインへのパッシングショットでポイントを取り、 大坂がブレークバックに成功。 第6ゲーム、大坂のフォアハンドのミス、ダブルフォルト、バックハンドのミスがあり、0-40とムラデノビッチにブレークポイントが来ます。 大坂のバックハンドのダウンザラインへのウィナーで15-40となった後、大坂の甘いドロップショットに対してムラデノビッチがフォアハンドのクロスへのウィナーを決め、 ムラデノビッチがブレークに成功。 第7ゲーム、大坂のフォアハンドのダウンザラインへのリターンエース、リターンミス 15-15 、深いリターンでのポイント、バックハンドのダウンザラインへのリターンエースがあり、15-40と大坂にブレークポイントが来ます。 大坂がフォアハンドのクロスへのリターンでポイントを取り、 大坂がブレークバックに成功。 第8ゲーム、大坂のファーストサーブでの連続ポイント 30-0 、ムラデノビッチのリターンでのポイント、大坂のフォアハンドのミスとバックハンドのミスがあり、30-40とムラデノビッチにブレークポイントが来ます。 大坂にバックハンドのミスが出て、 ムラデノビッチがブレークに成功。 第9ゲーム、ムラデノビッチのサービングフォーザマッチ。 大坂のフォアハンドのクロスへのリターンエース、ラリー戦で大坂のバックハンドのミス、大坂のバックハンドのクロスへのショットでのポイント 15-30 、ムラデノビッチのファーストサーブでのポイント、セカンドサーブでのポイント 大坂のリターンミスに近い 、40-30とムラデノビッチにマッチポイントが来ます。 ムラデノビッチのバックハンドのダウンザラインへのウィナーが決まり、 ムラデノビッチが勝利。 ムラデノビッチのリターンが良かったこともありますが、ブレークをされたサービスゲームのほとんどが大坂の自滅という内容でした。 世界ランキング1位となって周囲の期待度が高まる中、前年の優勝者としてさらにプレッシャーのかかる大会になるかと思いますが、しっかりと調整をして大会に入って欲しいなと思います。 放送予定 WTAプレミア5「ドバイ・デューティフリー・テニス選手権」の試合は、DAZNで配信が予定されています。 DAZN では、1回戦から決勝までをライブ配信の予定。 日付 ラウンド 配信開始時間 2月17日 日 1回戦 17:00~ 2月18日 月 1回戦 16:00~ 2月19日 火 2回戦 16:00~ 2月20日 水 3回戦 16:00~ 2月21日 木 準々決勝 19:00~ 2月22日 金 準決勝 22:00~ 2月23日 土 決勝 24:00~.

次の