アルキメデスの原理 わかりやすく。 アルキメデスの生涯と功績|残した名言・格言│ソーシャルニュース

アルキメデスの原理の簡単な説明 / 中学理科 by かたくり工務店

アルキメデスの原理 わかりやすく

Contents• なぜ重い鉄の船は水に浮くことができるのか! プラスチックとか木のような軽ければ 水に浮かぶのはわかります。 しかし、 鉄で出来た重い船が水に浮かんでるのは 不思議ですよね。 なぜ、 浮いていられるんでしょう? 水に浮く原理をかんたんにいうと 浮力の力なんです! ようするに、 水の重さより軽ければ、 浮くということです。 たとえば、 私たち人間は水とくらべると少し重いですが、 肺(はい)にたくさんの空気をすいこむことで 浮力が大きくなり浮かんでいられるのです。 空気が入ってる浮き輪のようなものですね! 鉄の船も同じなんです。 実際に、 水につかっている大部分は空気が 占めているんです。 鉄はほんの一部にしか過ぎません。 空間を多くした構造により、 おしのけられた水の重さよりも 船が軽くなるようになっているんです。 なので、 鉄の重い船でも、 水に浮いていられるんですね。 浮力とはどんな力のこと! 浮力とは、 水に物を入れたとき、 水が物をおしあげようとする力のことです。 たとえば、 木で出来た大きな丸太と鉄で出来た、 パチンコ玉では明らかに丸太の方が 重いです。 しかし、 水に入れた場合、 丸太はどんなに重くても浮きますが、 パチンコ玉は沈みます。 この原理は、 「液体中にある物体に働く浮力は、 物体が排除した液体の重さに等しい」 という有名なアルキメデスの原理によるものです。 スポンサーリンク アルキメデスの原理とは! アルキメデス(紀元前287年? — 紀元前212年)は、 古代ギリシアの数学者、物理学者、技術者、発明家、 天文学者。 古典古代における第一級の科学者です。 アルキメデスは王様から王冠(おうかん)が 純金であるかどうかをつきとめることを 命ぜられます。 そして、 風呂に入ったとき風呂から水があふれるのを見て、 浮力の原理を思いついたといわれています。 お風呂に入ると自分の体が軽くなりますよね。 それは体に浮力が働いているからです。 水の中に置かれた物体には、 それが排除した水の重さに等しい 浮力という力が働くのです。 この原理は紀元前250年頃ギリシャの 科学者アルキメデスによって発見されました。 アルキメデスの原理と呼ばれています。 鉄はかたまりのままだと水に浮かべようとしても しずんでしまいます。 でも、 薄くのばして鍋(なべ)のような形にすると 浮くんです。 鉄の重さ(重力)は変わらないのにですよ! かたまりと薄くのばした2つの違いは、 水に入れると良くわかります。 おしのけられた水の量が、 あきらかに違うんです。 鍋(なべ)のような形にしたことで、 おしのけた水の量が多くなって いるんですよね。 鉄の船も鍋(なべ)のように中を空間にして 水をおしのける量をより大きくすることで、 自分の重さよりも大きい浮力を得て 浮かんでいるんです。 船はどうやってバランスをとっているの! 船は荷物をいっぱいに積んだときに バランスよく浮くようにつくられているんです。 たとえば、 オイルタンカーやLNG船などの大きな貨物船は、 荷物を積んでいないと船が軽くなりすぎて、 バランスが悪くなってしまいます。 荷物など中身をおろしたら軽くなってしまいます。 そこで、 荷物など軽くなった分、 タンクの中にたくさんの海水を入れて 重さを調節しているんです! また、船が水上でまっすぐに浮かんでいるとき、 何かの原因で船体が傾いても、 また元の位置にもどるように 復元するようにもなっているんです。 この性質を復元性といいます。 まとめ 今では、 鉄の船が水の上を走っていても誰も不思議には 思わないですよね! でも、 初めて鉄の船が水の上を走っているのを見た人は 大感激だったでしょうね! ほんとうに、 一番最初に この原理を発見した人はすごいと思いましたね! ありがとうございました。 スポンサーリンク.

次の

アルキメデスとは

アルキメデスの原理 わかりやすく

アルキメデスの原理というのは、「液体中の物体は、その物体が押しのけた液体の質量分だけ軽くなる」ということですよね。 海水に浮かぶ氷山がある。 92ってなってるんですか? 海水をVにするんですか?『』つけましたが、氷山について出す問題なんですよね。 2)氷山が浮かんでいるということは、水中に沈むことによって得られた浮力と、氷山自身の自重が釣り合っている状態である (浮力は、アルキメデスの原理によって求められる)ので、 氷山の自重=海面下の氷山の体積から得られる浮力となる。 Q アルキメデスの原理について教えてください。 もうだいぶ前の話になりますが、小学校の理科の授業でアルミホイルを様々な形にして水の中に入れるという実験を行いました。 すると丸くしたものは沈み、そのままの形にしたものは浮くことが分かりました。 先生はこのことを「アルキメデスの原理だ」と言っていて、アルミホイルが押しのける水の量がなんとかって言っていたのは覚えているのですが、あまり納得できませんでした。 なぜアルミホイルは形状を変えると浮き、そのままにすると沈んでしまうのでしょうか。 わかりやすく説明してくださる方がいらっしゃれば是非お願いします。 また、アルキメデスの原理についても教えていただきたいです。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー たとえば、体積が100cm^3の石を水に沈めた場合、その石には 100cm^3の水に働く重力と同じ大きさの力が上向き(水に浮かべよう とする力、浮力)が働きます。 ところがこの石は100cm^3の水よりも 重いので、石が浮かんでくることはありません。 もしこれが木だったら、 100cm^3の木は100cm^3の水よりも軽いので、浮かんでくることに なります。 このように、水の中にある物体(実は水に限ったことではないのですが) には、押しのけた水に働く重力と同じ大きさの浮力が働きます。 アルミホイルをくしゃくしゃっと丸めたものを水に中に入れると、 押しのける水はアルミ自体の体積とほぼ同じです。 同じ体積で比べると アルミは水よりも重いので、上記の仕組みによりアルミは沈みます。 ところがアルミを舟形にしてやるとアルミ自体の体積よりもはるかに 大きな体積の水を押しのけることになるので、大きな浮力が働いて 船が水に浮くことになります。 水に浮いている船の断面を考えてみると、 水面下にある部分はアルミと空気であることが判ると思います。 この空気の分だけ多い体積の水を押しのけているのです。 ちょっと気になったのは、「そのままの形にしたものは浮く」という部分 です。 もし、平らなアルミフォイルが水に浮くという意味だとしたら、 それは水の表面張力の関与を無視できないからです。 一円玉だって そっとやれば水に浮くのですから(上記のように同体積で比べると アルミは水よりも重いので、平らなアルミフォイルはアルミ自体と 同じ体積の水しか押しのけることができずに沈むはずです)。 たとえば、体積が100cm^3の石を水に沈めた場合、その石には 100cm^3の水に働く重力と同じ大きさの力が上向き(水に浮かべよう とする力、浮力)が働きます。 ところがこの石は100cm^3の水よりも 重いので、石が浮かんでくることはありません。 もしこれが木だったら、 100cm^3の木は100cm^3の水よりも軽いので、浮かんでくることに なります。 このように、水の中にある物体(実は水に限ったことではないのですが) には、押しのけた水に働く重力と同じ大きさの浮力が働きます...

次の

アルキメデスの生涯と功績|残した名言・格言│ソーシャルニュース

アルキメデスの原理 わかりやすく

アルキメデスの生涯 アルキメデスの生涯の記録は、彼が没してから長い時間が過ぎた後に古代ローマの歴史家たちによって記録されたため、全容を掴めていません。 最も有力な説としては、アルキメデスは紀元前287年、マグナ・グラエキア(南イタリアおよびシチリア島一帯を指す名前)の自治植民都市であるシケリア島(シチリア島)のシラクサで生まれたとされています。 アルキメデスの父が天文学者であったことから、アルキメデスは子どもの頃から天文学に関心が深く、太陽・月・惑星の動きを調べてプラネタリウムをつくったと伝えられています。 アルキメデスは当時学問の中心であったエジプトのアレクサンドリアに留学し、その後はシラクサで過ごしました。 その後、円周率の正確な値の計算やてこが大きな力を生み出す原理の解明など数多くの功績を残しました。 紀元前212年、第二次ポエニ戦争でローマのマルケッルス将軍がシラクサを占領した時にアルキメデスは殺され、75歳で没したとされています。 アルキメデスの評判を知っていたマルケッルス将軍は、彼には危害を加えないように命令を出していましたが、アルキメデスの家にローマ兵が入ってきた時、アルキメデスは何か考えこんでいました。 アルキメデスの家とは知らないローマ兵が名前を聞いたが、没頭していたアルキメデスが無視したので、兵士が腹を立てて彼を殺したというエピソードが残っています。 戦争状態になっても、最後まで学者としての性分をみせたアルキメデスらしい最後でもありました。 アルキメデスの功績 浮力の原理を解明 最も広く知られたアルキメデスの功績は、浮力の原理を解明し、比重の概念を発見した「黄金の王冠」ではないでしょうか。 このエピソードは当時の王様ヒエロン王が金細工師に王冠を作ることを命令し、作られた王冠を見て金細工師が金を盗み、その重量分の銀を混ぜてごまかしたのではないかと疑いはじめたことに端を発しています。 疑い深いヒエロン王はアルキメデスを呼び、王冠を壊さずに体積を測る方法を聞きます。 アルキメデスは、王冠に使ったのと同量の金のかたまりと王冠をてんびん秤に吊るしてみましたが、てんびん秤はつり合い、重さは変りませんでした。 重さは同じだし、大きさも同じにしか見えません。 さすがのアルキメデスも、どうしたものか考えあぐねますが、なんとか調べる方法があるはずだと日夜考え続けました。 ある日、お風呂に入ったときに、湯船からお湯がどっとあふれ出るのを見て、アルキメデスは閃きました。 物体が水を押しのけるとき、押しのけた水の量だけ軽くなっているのではないかと。 王冠の体積と等しい、増えた水の体積を測れば、つまり王冠の体積を測ることができます。 アルキメデスは、てんびん棒の両側に純金のかたまりと王冠を吊るしてバランスを取り、そのまま純金と王冠を水の中に入れてみました。 すると、王冠のほうが軽くなっててんびん棒のバランスが崩れてしまいました。 こうして、王冠には金よりも軽い混ぜ物が入っていることを証明したのです。 この原理は、「流体中の物体は、その物体が押しのけている流体の重さ(重量)と同じ大きさで上向きの浮力を受ける」というものでアルキメデスの原理と言われます。 アルキメデスの原理 「アルキメディアン・スクリュー」の発明 アルキメデスが発明した機械の一つに、らせん式揚水機というものがあります。 水を汲み上げる機械で「アルキメディアン・スクリュー」とも呼ばれています。 この機械は、木の筒の中に木製のネジのような形をしたスクリューが入れ、スクリューを回転させることで、水を下から上に向けて移動させ、水を汲み出す仕組みです。 この仕組みはネジの構造を取り入れたものです。 現在は、どこにでも使われているありふれたネジですが、アルキメデスより前には、ネジはなかったといわれています。 アルキメデスは、ネジの原理を発見し、さらにそれを揚水機という実用的な機械に応用した画期的な発明を行いました。 アルキメデスのらせん式揚水機と同じネジの原理で働く揚水機は、現在も活躍しています。 その他でも、らせん式揚水機(ネジの原理)を応用したものでいえば、船のスクリューや飛行機のプロペラも水や空気を前から後ろに加速して送り出す働きをしています。 当時のヨーロッパは、ぶどう酒やオリーブ油の製造が盛んでした。 ぶどうの粒やオリーブの実の加工には、効率よく押しつぶす機械が必要です。 この機械にもネジが使われていたとされています。 「てこの原理」の解明 てこは、棒の端に小さな力を加えて、反対側の端に大きな力を発生させる道具です。 棒を支える支点の位置を変えると、発生する力の大きさを変えることができます。 古代ギリシャ時代には、すでにてこが使われていました。 アルキメデスは、すでに使われていたてこがなぜ大きな力を生み出すかについて、その原理を数学的に証明しました。 てこは、支点から同じ長さのところに同じ重さのおもりを乗せるとつり合います。 支点からの長さを右と左で変えてつり合わせるときは、短くしたほうに重いおもりを乗せてつり合わせます。 つまり、支点支点からの距離と重さは反比例するのです。 アルキメデスのてこの原理 「円周率」の解明 円周率は、4000年も前の古代バビロニアの時代から計算が試みられていました。 しかし、3. 1までは求めることができますが、それ以上は、3. 12なのか3. 16なのかまでは、分かっていませんでした。 そのような難題に対して、円周率は約3. 14であると初めて正確に求めたのがアルキメデスでした。 小数に直すと、「3. 14086」となります。 現在の円周率は、3. 14159と続くため、アルキメデスは小数点以下第2位までの値を正確に求めたことになります。 アルキメデスが初めて正確に求めたので、円周率を「アルキメデスの数」と呼ばれています。 アルキメデスは取り尽くし法を駆使して円周率を求めた。 アルキメデスが残した偉大な功績 その他にアルキメデスは「放物線の求積法」や「円周の測定」などの功績を残しました。 また紀元前214年から紀元前212年の故郷のシラクサが敵軍に包囲された際は、太陽光をレンズで集め、焦点を敵艦に合わせて火災を起こして撃退したという説話「アルキメデスの熱光線」も生み出しています。 アルキメデスが残した功績は大きく、その考えは後世に大きな影響を与えています。 アルキメデスが残した名言・格言 無からは、何物も生まれない。 足場を与えてくれ、そうすれば地球すら動かして見せよう。 何かができる環境にある人よりも、やる気がある人のほうが、事を成就する。

次の