スーパー バリュー アーリー。 【新運賃】ANAスーパーバリュー75とアーリーの価格比較!どちらが安くてお得?

ANA バリュー キャンセルって出来るの?費用は?

スーパー バリュー アーリー

正規の航空運賃を調べてみたら驚くほど高くて、ツアーや格安航空券との差に驚いた、という経験はありませんか?実はツアーや格安航空券ではなく、航空会社から航空券を直接購入しても、予約の時期によってはリーズナブルなお値段で購入できることがあります。 時期や路線によっては割引率がさらに大きくなり、LCCと比較しても遜色ないほどの価格になることも。 このように航空券の予約・購入タイミングが早ければ早いほど、大きな割引を受けられる「早期予約割引」、略して「早割(はやわり)」はとってもお得な制度。 誰でも利用できるのですが、割引の種類が多く、制度が複雑でわかりにくいという声も聞こえてきます。 早割を利用するときのポイントをしっかり抑えてお得な空の旅を実現しましょう! 日本の主な各航空会社の早割をしらべてみました まずは日本の主な航空会社の早割制度を見てみましょう。 2019年2月現在、ほとんどの航空会社で早期予約割引を実施しています。 注意したいのは価格の切り替えのタイミング。 航空会社により異なりますので、利用したい航空会社がある場合は、価格切り替えのタイミングをしっかり押さえておきましょう。 JAL 得便割引 搭乗日の21日前まで 先得割引タイプA 搭乗日の28日前まで 先得割引タイプB 搭乗日の45日前まで スーパー先得 搭乗日の55日前まで ウルトラ先得 搭乗日の75日前まで ANA スーパーバリュー21 搭乗日の21日前まで スーパーバリュー28 搭乗日の28日前まで スーパーバリュー45 搭乗日の45日前まで スーパーバリュー55 搭乗日の55日前まで スーパーバリュー75 搭乗日の75日前まで スターフライヤー そら旅21 搭乗日の21日前まで そら旅28 搭乗日の28日前まで そら旅45 搭乗日の45日前まで そら旅60 搭乗日の60日前まで そら旅80 搭乗日の80日前まで スカイマーク いま得 搭乗日の3日前まで エアドゥ AIR DOスペシャル21 搭乗日の21日前まで AIR DOスペシャル28 搭乗日の28日前まで AIR DOスペシャル45 搭乗日の45日前まで AIR DOスペシャル55 搭乗日の55日前まで AIR DOスペシャル75 搭乗日の75日前まで ソラシドエア バーゲン28 搭乗日の28日前まで バーゲン35 搭乗日の35日前まで バーゲン60 搭乗日の60日前まで バーゲン75 搭乗日の75日前まで フジドリームエアライン 45割 搭乗日の45日前まで IBEX IBEX3 搭乗日の3日前まで IBEX WEB7 搭乗日の7日前までWEB予約限定 IBEX28 搭乗日の28日前まで IBEX45 搭乗日の45日前まで 航空会社ごとに様々な早割があります。 航空運賃を抑えるためには、自分にあったプランを選べるよう、十分なリサーチ時間を取ることも大切です。 28日前、21日前で割引率が大きく変わる 早ければ早いほどお得とわかっていても、75日(約3ヶ月)前に航空機を確約してしまうのは心配なもの。 後で詳しくお伝えしますが、早割で購入したチケットは予約の変更ができません。 予約を変更する際は一度予約を取り消し、払い戻し手続きをして、航空運賃の30-60%のキャンセル料を支払わなくてはなりません。 そう思うと、予定が確実になってから航空券を抑えたいですよね。 そこで覚えておいてほしいのが、早割の割引率が変わるタイミングです。 多くの場合、搭乗の28日前、21日前で割引率が大きく変わります。 一例としてANAの羽田空港-札幌千歳空港便を見てみましょう 早割の例:ANA羽田空港-札幌千歳空港(片道) 普通運賃 38,260円 バリュー1 搭乗日の前日まで 36,460円 バリュー3 搭乗日の3日前まで 35,960円 スーパーバリュー21 搭乗日の21日前まで 22,760円 スーパーバリュー28 搭乗日の28日前まで 15,360円 スーパーバリュー45 搭乗日の45日前まで 15,060円 スーパーバリュー55 搭乗日の55日前まで 14,560円 スーパーバリュー75 搭乗日の75日前まで 13,060円 搭乗日の75日前と28日前の価格差は2,300円ですが、 28日前と21日前では7,400円、普通運賃と比べると28日前までは22,900円、21日前までの予約でも15,500円も安く設定されています。 しかし、搭乗日20日前を過ぎると一気に3万円台に値上がりします。 全ての航空会社に当てはまるわけではありませんが、このように航空運賃は約1ヶ月前(28日前)、3週間前(21日前)で、割引率が大きく変わることが多いです。 このことを頭に入れておくだけでも早割を有効に活用できるようになりますよ。 航空券の予約の際にはぜひ思い出してください。 早割を利用するときの注意点 とてもお得な早割ですが、ご利用の際に注意すべきポイントもいくつかあります。 座席数には限りがある 週末など、多くの利用者が見込める場合は、早割の座席数が少なく設定されます。 そのため、たとえ75日前でも早々に座席が予約で埋まってしまうことも。 ゴールデンウィークや夏休みのハイシーズンには早割自体が設定されないこともあります。 予約変更ができない 早割で予約をしたときは、予約の変更ができません。 出発日当日、空席がある場合でも便の変更はできませんのでご注意ください。 キャンセル料が高い、予約取り消し手数料が発生する 予約を取り消す場合、一定のキャンセル料が発生します。 キャンセルのタイミング、チケットの種類によって異なりますが、早割のキャンセル料は概ね運賃の30〜60%となっています。 また大抵の場合、予約の取り消し自体にも手数料が発生しますので、早割は予定が確定してからのご利用をお勧めします。 航空会社では空席を抑えつつ利益が減りすぎないよう、バランスをとりながらチケットを販売しています。 その原則をおさえて、リーズナブルに航空券を手に入れましょう。 航空運賃を抑えることでホテルのグレードをあげるなど、旅のオプションを増やすことができますよ。 支払い期限、キャンセル料金を確認して早割を活用しよう 航空運賃はその時々によって変わる上、航空会社ごとに割引運賃の制度が異なります。 旅行プランにあったチケットを見つけるために、価格だけでなく支払い期限やキャンセル料なども確認してみてください。 リサーチ時間をしっかり取れば、納得できる価格の航空券がきっと見つかります。 早割を活用して、旅を楽しんでくださいね!.

次の

ANA航空券のキャンセル料を少しでも安く抑えてお金を払い戻す方法!

スーパー バリュー アーリー

まってまだキャンセルや株優運賃とかチャンスは有るわ!諦めないで! 修行で利用されるANAのプレミアムクラスの先行発売運賃「スーパーバリュープレミアム28」。 以前は、「プレミアム旅割28」という名称で、搭乗2か月前の同日発売で、毎日2か月後のチケットが販売開始されていました。 しかし、現在は、毎年夏と春の運航ダイヤの発表と合わせた年に2回の発売となっています。 そして8月26日(日)の一斉発売では、11時にダイヤモンドステイタスから14時のカード会員向け発売まで段階的にされました。 そのため、「スーパーバリュープレミアム28」に関しては、ダイヤモンドステイタスの販売時間にほぼ完売。 14時のカード会員向けの販売開始時間には、羽田-那覇のプレミアムクラスチケットは完売状態。 ステイタスを所持していない2019年のSFC修行僧は全滅です。 しかしまだ大丈夫(なはず)。 今後、予約したものの購入せずにリリースされる予約が多数発生するはずです。 また、9月になるとプレミアム株優運賃の販売開始が予定されています。 それ以外にも機材変更やキャンセルなど、突如空席が発生する可能性もあります。 スーパーバリュープレミアム運賃を予約できなかった2019年のSFC修行僧向けに解説します! Contents• 大幅に変わった2019年SFC修行僧のプレミアム運賃の購入システム ANAでは、355日前の同日に販売する「普通系」の運賃と、半年ごとに一斉発売する「事前購入割引系」の運賃の2種類の体系があります。 「普通系」の運賃には、「普通運賃」のほかに、「往復運賃」「株主割引運賃」などがあります。 特徴として、直前まで便の変更やキャンセルができる代わりに、料金が高いということです。 こちらは、355日前から予約可能です。 それに対して、事前購入割引系の運賃は、「スーパーバリュー運賃」などがあります。 事前に安価に購入できる反面、予約後には便変更ができず、高額なキャンセル料がかかってしまいます。 運賃の中には、ANAのSFC修行に利用される「」も含まれます。 実は、スーパーバリュープレミアム運賃は、2018年10月27日分までは「プレミアム旅割28」という名称で販売されています。 「プレミアム旅割28」は以前は運航日の2か月前の同日に発売されていました。 したがって2019年1月7日の航空券ならば11月7日に販売開始。 この時はダイヤモンドステイタスも一般会員もほぼ関係なく、同日に一斉に予約が開始されるという形でした。 ところが、現在販売されるスーパーバリュープレミアム運賃は年に2回、春と夏に販売が開始されます。 しかもステイタスごとに順次販売。 SFC修行をこれから行う一般会員は、ダイヤモンドステイタスやプラチナステイタスを所持している歴戦の修行僧たちの売れ残りチケットしか購入することができなくなってしまったのです。 具体的なスケジュールはです。 2018年8月26日(日) 9:00 ダイヤモンド会員 2018年8月26日(日) 11:00 その他プレミアム会員 2018年8月26日(日) 14:00 anaカード会員 2018年8月27日(月) 11:00 amc会員 2018年8月28日(火) 9:30 その他のお客さん スーパーバリュープレミアム発売日8月26日(日)に何が起きのか? 実際の8月26日当日の様子をレポートします。 実は、8月26日は、ANAとともに、JALの事前購入割引系の運賃の発売日でもありました。 しかし大きな違いが生じました。 大混乱だったJAL 今回JALが販売したのは普通席と一部のクラスJ運賃。 ANAのスーパーバリュープレミアム運賃に該当する「特便21」などは2か月前販売のため今回は販売されませんでした。 JALもステイタスごとに順次販売時間をずらしていましたが、JALは発売と同時に大変な混雑でサーバーダウン。 結局普通に購入できるようになったのが一般会員の発売時間とほぼ同じ時間のころ。 JALのステイタス所持者は何時間もPCの前で予約を作業をせねばならず、しかも優遇されるはずなのに、優遇されずカンカンです。 ただし、これはある意味毎年の恒例。 私自身もJGC修行の際に狙っていた運賃がサーバーダウンで購入できず地団駄を踏んだ思い出があります。 粛々と販売されたANA 一方で、ANAはダイヤモンドステイタスの販売開始後から混乱なく粛々とチケットが売られます。 「スーパーバリュープレミアム運賃28」で人気の羽田-沖縄や羽田-石垣島などは週末分があっという間に瞬殺。 残った平日分もダイヤモンドステイタスの皆さんによってほぼ購入されてしまいました。 その後のプラチナステイタス・SFC会員の販売時間で、わずかに残っていたスーパーバリュープレミアム運賃3や、伊丹-那覇便などの準人気路線も完売。 14時の一般会員の販売時間には、美味しい運賃は食べつくされてしまい、残ったのは、PP単価があまりよくない地方路線のみ。 2019年のSFC修行予定僧たちは、為す術もなく途方に暮れてしまったのでした。 10月中は空席があるのに11月に空席がない不思議 皆口をそろえて言うのが、「例年あっという間に売れてしまうけど、今年は特にひどい」という声です。 というのも10月中だとプレミアム旅割28はほぼ満席ながらも所々で空席があります。 プレミアム特割(現バリュー3プレミアム)に至っては、満席の便はほぼありません。 にもかかわらず、新運賃体系となる10月30日以降は、ほぼすべての便で満席です。 スーパーバリュープレミアム運賃28では空席待ちすらできません。 運賃でさえ、ところどころに空席はみられるもののほぼ満席。 どうしてこんなに違いあるのでしょうか? 考えられるのは2点。 一つは お祭り騒ぎでとりあえず予約した人が多数いる、ということ。 そしてもう一つは、 新たな運賃体系では供給座席数を大幅に絞っていること。 悲報!?スーパーバリューP28運賃はたった1〜2席&バリュー3P運賃でもたった2席疑惑 お祭り騒ぎのとりあえず予約は、落ち着けば予約自体はリリースされるでしょうから大きな影響はありません。 深刻なのは、事前購入割引系の運賃での供給座席数を大幅に絞っている可能性です。 しかもこの可能性が極めて大きいのです。 スーパーバリュープレミアム28の那覇便は調べられる限りすべて満席です。 (8月27日12時現在)、そしてバリュー3の那覇便についてもほぼ満席で、1席か2席の空席がほんのわずかにある程度です。 どんなに多くても3席以上の空席は出てきません。 どんなに不人気な日でも、深夜便でも那覇を早朝に出発する便でも、、、です。 さらにどんなに混雑している便でも予約後に座席予約をすると2席しか指定されていません。 もちろん座席予約はもっと近づいてからという人もいると思いますが、それでも座席指定されているのは最大でも2席です。 私が座席予約をしても3席分です。 これはいかにも少ないように思えます。 仮説ですが、10月30日以降の事前購入系の割引運賃は人気の那覇路線では「バリュープレミアム3運賃が最大2席」「スーパーバリュープレミアム28運賃はたった1~2席」合計3~4席程度しか用意されていないことが今回の混雑の大きな原因として考えられます。 「少なすぎる!」と思ってしまう座席数ではあるものの、実際にJALでは、スーパーバリュープレミアム運賃に相当する特便21ファーストでは、たった1席しか用意していない便もあります。 これでは、予約どころか空席待ちにたどり着くことすらむつかしそうです。 今後のPクラス確保はキャンセルか株主優待運賃か増便(機材変更)か しかしこればかりは真相はANAの中の人しか知らない話です。 ここでいくら推察しても意味がありません。 今後の方策を考えましょう。 まず、一斉予約はたいていの場合、大量のキャンセルが出ます。 とりあえず先の予定はわからないので、取れる日のチケットだけ取っておくというやり方です。 そのため、キャンセルで放出された枠を購入する方法が1つあります。 次に9月3日から販売が開始される株主優待運賃でチケットを購入するという方法です。 ほかに増便や機材変更でプレミアムクラスの座席設定が増えた際に追加販売されるチケットを購入するという方法。 最後に人気路線の羽田-那覇をあきらめ、それほど人気がない路線やプレミアムクラスではなく普通席で修行をするという方法です。 翌日27日(月)までに購入しなければ自動キャンセルが第一のチャンス スーパーバリュープレミアム28運賃は、購入の期限がです。 26日(日)に予約した人は27日(月)中に購入する必要があります。 購入するまでは無料で予約の取り消しができますが、購入後は取り消し手数料や払い戻し手数料がかかります。 そのため、不確かな場合、予約したけど購入しないというケースが結構あるのです。 8月27日(月)24時(28日0時)以降に、購入されなかった航空券の予約が可能になるケースが結構あるんですよね。 なお、バリュープレミアム3は、購入期限が予約から3日以内なので28日(火)の24時までですね。 事前購入運賃だけどキャンセル料が安い期間も第二のチャンス スーパーバリュープレミアム運賃は、事前購入なので払い戻しができないとされていますが、実は払い戻し手数料のみで取り消しが可能です。 払い戻し手数料は420円と安価なため、購入してから搭乗日の55日前までは払戻す人が結構多数出ます。 そのため、購入後でも55日前までの期間も結構キャンセルが発生して放出される可能性が残っているんですよね。 機材の大型化や臨時便などでプレミアムクラスが増えることも! キャンセル以外にも突然予約が可能となるケースがあります。 それは、増便や機材変更です。 まれに臨時便が発生したり、修学旅行生の受け入れのため大型の機材に変更されたりすることがあり、その場合前触れもなく突然、空席が発生して予約が可能となります。 これもタイミングによるんですよね。 突然のプレミアムクラスの開放?大量キャンセル? 8月27日に19時ころ、夕方の便を中心にスーパーバリュープレミアム運賃が予約できるようになりました。 これがスーパーバリュープレミアム運賃の追加設定なのか、大量のキャンセルなのか詳細はわかりません。 予告なく、突然プレミアムクラスが購入できるということで、ありがたいですが、毎日チェックすることが欠かせなさそうです。 9月のプレミアム株優運賃発売は絶対見逃すな? 最後に9月のプレミアム株優運賃への期待です。 9月3日(月)0:00からプレミアム株主優待運賃を含む、ANAの普通運賃系の一斉発売日を迎えます。 本来は毎日355日後のチケットが一日ずつ販売されるのですが制度改正の過渡期なため、今回に限り普通運賃系のチケットが同時に発売されるのです。 この一斉発売では、ステイタスにかかわらず一斉に発売されます。 詳細は 8月28日(火)0:00〜 10月28日〜11月2日搭乗分 9月3日(月)0:00〜 11月3日〜8月23日搭乗分まで 9月3日(月)9:30〜 2019年8月24日分以降 そのため、2019修行僧はここで修行用の席を確保する絶好のチャンスです。 ただ一点心配なのが、株主優待運賃への座席制限の導入による影響です。 今回の発売分から、これまで混雑時に限っていた株主優待運賃の座席制限が、通常時にまで広がることが発表されています。 実際、JALでは、株主優待運賃のファーストクラスの販売座席数と、特便21ファーストは一体的に運用されていて、特便21ファーストで満席になった便は、株主優待運賃では利用できません。 従来、ANAでは、株主優待運賃の座席はプレミアム普通運賃と共有で、普通運賃で空席があれば、株優運賃が購入できました。 しかし、今後の発売分からはそれが制限されますとの発表が出ています。 例えば今年のお盆では、プレミアム運賃では大量に空席があったものの、株優運賃は、事前購入割引系の運賃と同じ枠だったため、売り切れという事象も発生していました。 もし今回の座席制限で株優運賃がお盆時期同様「スーパーバリュープレミアム運賃」と同じ枠を利用するように変更された場合、すでに売り切れており購入できないケースも考えられます。 その場合は落ち着いて4月以降の株主優待運賃を購入しましょう。 26日発売のスーパーバリュープレミアム運賃は、3月30日(土)までの搭乗分です。 今回発売される株主優待運賃は2019年8月23日までのため、4月から8月分はまだ手付かずのはず。 幸い株主優待運賃は年間を通してほぼ値段も変わらないため、4月以降でも修行コストは変化しません。 だったらいっそ、7月とか8月とか絶好のシーズンに株主優待運賃で修行するというのも一つの手段です。 考えてはいかがですか? 2019年のSFC修行は本当に厳しくなりそうだ 事前購入割引系の運賃の値上げ、座席供給数の減少、上級ステイタス優先、そしてそれに伴う競争率の激化。 2019年のSFC修行は、本当にいばらの道になりそうです。 ただ以外にもこうした制度変更のタイミングは、抜け穴が発生するチャンスでもあるんですよね。 意外なところで、おいしい路線を見つけたり、修行の楽しみを発見するのもいいですよね。 引き続き2019年のSFC修行について探求したいと思いますので、皆様どうぞ引き続きご覧ください。

次の

ANAのスーパーバリューアーリーについてです。久しぶりに利用しよう...

スーパー バリュー アーリー

ANAの航空券の運賃には様々なタイプがあります。 その中でも航空券が安く、予約を取りやすいと好評のANAスーパーバリューアーリー運賃。 そこで今回は、ANAスーパーバリューアーリーのルールやキャンセル方法、実際にどのくらい安くなるのか?などみなさんが疑問に思っている点を詳しく解説していきます。 ANAスーパーバリューアーリーの知識を持っていれば、時期によって、今まで高く支払っていた航空券代が驚くほど安く済むようになります。 ぜひ最後まで読み進めてくださいね! *2020年3月19日に発表された、 新型コロナウイルスに関するキャンセルルールもご紹介しています。 ぜひご確認ください。 もくじ• 【3月19日追記】新型コロナウイルスによる国内線のキャンセル 搭乗日が2020年2月28日 金 〜2020年4月28日 火 までの国内線全航空券(国内線特典航空券、国内ツアー航空券含む)を 予約の変更又、払い戻しを手数料なしで対応するとのこと。 *ただし、2020年4月6日(月)から4月28日(火)までの搭乗分については2020年3月19日(木)までの発券分が対象。 電話での変更・取り消しは大変混雑しているので、インターネット経由で申し込むことをおすすめします。 以下のページより手続きを行うことが可能です。 ANA便を振替利用する場合 ANA便を振替利用する場合、予約便出発予定日から10日以内に変更手続きを済ませれば、予約便出発予定日から30日以内の空席がある便への変更が可能です。 変更手数料は発生しません。 払い戻しをする場合 払い戻しをする場合、予約便出発予定日から30日以内に払い戻しの手続きを済ませることで、取消手数料・払戻手数料なしで全額払い戻しすることが可能です。 ただし、ウェブサイト経由で払い戻しをする場合は、予約便出発予定日から 10日以内に払い戻す必要があります。 11日以降はお客様センター(電話)の対応となります。 また、以下に該当する航空券の場合はネット経由で払い戻しをすることが出来ず、お客様センター 電話 のみの対応となります。 ・ANAご利用券」でお支払いいただいている場合 ・「プレミアムビジネスきっぷ」「ビジネスきっぷ」「乗継系割引運賃(ANA VALUE TRANSITなど)」などの運賃で旅程の一部を払い戻す場合 ・ ANA空港カウンターまたは一部旅行会社で購入されている場合 ・ 往路便と復路便の予約記録が異なる場合 出典: 国内ツアー航空券の場合 国内ツアー航空券の場合は、ANAのお客様センターやウェブサイトで変更や払い戻し等の手続きを行うことはできません。 予約したツアー会社に直接問い合わせる必要があります。 ANAスーパーバリューアーリーとは? ANAスーパーバリューアーリーとは、 ANAマイレージクラブ会員限定の国内線予約プランです。 通常、航空券を予約できるタイミングは各航空会社が発表する運行ダイヤが確定してからですが、ANAスーパーバリューアーリーの場合、運行ダイヤが確定する前の 搭乗日355日前の9:30から予約することができます。 また、ANAスーパーバリューアーリーは子供運賃の設定もあります。 これってすごく便利ですよ! 例えば、毎年お盆休みや年末年始に帰省することが分かっていたり、約1年後のアーティストのイベントに参加することが事前に分かっていればアーリー価格でお得に予約することができます。 ANAスーパーバリューアーリーのキャンセルの仕組み 予定の変更も考慮してキャンセルのルールを確認しておきましょう。 ANAスーパーバリューアーリーで航空券を予約した場合、予約変更を行うことはできません。 どうしても予約変更をしたい場合は航空券を払い戻し、航空券を予約し直す必要があります。 予約キャンセルの仕組みは以下の通りです。 取り消し手数料に関しては以下の表をご覧ください。 取り消し手数料は搭乗日に近づけば近づくほど上昇します。 ただし、航空券を購入してから搭乗日55日前までは取り消し料は発生しません。 搭乗日55日前までにキャンセルをすると、払い戻し手数料だけ支払うことになります。 25,290円で予約した航空券を搭乗日45日前にキャンセルした場合、以下のような式になります。 取り消し手数料を取られてしまうのはもったいないので、予約変更をされる場合は55日前までに行うことをおすすめします。 ANAスーパーバリューアーリーは本当に安いのか検証してみた! ここでは、ANAスーパーバリューが本当に安いのか実際に調査してみたのでご紹介していきます。 この記事を執筆している日付が2019年の12月15日なので、ANAスーパーバリューを利用すると2020年12月4日までの航空券を予約することができます。 フレックスという通常料金が42,090円に比べ、ANAスーパーバリューアーリーは25,290円と通常運賃に比べて、お手頃な価格で予約することができます。 ただ、私の経験上、ちょっと高いなぁと思いました。 ゴールデンウィークやお正月、お盆といった航空券が高騰する時期を狙って予約するとANAスーパーバリューアーリーの威力が発揮されるはず。 ANAの予約プランの中で最もお得に予約できるANAスーパーバリューについて詳しく知りたい方は以下の記事を参考にされてみてください。

次の