走 裕介。 走裕介

【レポート】走裕介、クリスマスディナーショーで、初挑戦のカバーやギターの弾き語りを披露

走 裕介

演歌歌手走裕介(44)が10日、故郷の北海道・網走市民会館で、デビュー10周年記念コンサートを行った。 今月7日発売の新曲「北のひとり星」やデビュー曲「流氷の駅」、「呼人駅」「男の駅」などを熱唱し、ギターの弾き語りで「みだれ髪」も披露。 同じレコード会社の先輩・渥美二郎(65)も応援に駆けつけ、ゲストとして花を添えた。 網走市出身の初演歌歌手で、同市の観光大使も務める走の4回目となる地元公演とあって、約2時間半のステージは約1100人が駆けつける大盛況。 「はしり~っ」の掛け声に交じり、「真野く~ん!」と本名での声援もあった。 本編のラスト。 「風来ながれ唄」の歌唱前には、ステージ上で両膝を付いて頭を下げた。 「本当にありがとうございました」。 その後の歌唱中には感極まって涙をこぼした。 そんな走に、客席から「がんばれーっ」と温かい激励の声が何度も飛んだ。 故郷の優しさに触れた走は、10周年の節目を迎えたことに「デビュー当時は、ここまでやれるとは思っていなかった。 多くの人に支えられ、充実した、感謝の10年です」と振り返った。 約10年の内弟子生活を送った師匠の作曲家船村徹さん(享年84)は昨年2月16日に死去。 もうすぐ一周忌を迎える。 「できれば10周年の記念曲を書いてもらいたかったし、この場にいてほしかった。 姿は見えませんが、空の上からきっと見てくれていると思う」としのんだ。 船村さんの教えの中で、特に心に残っているのは「たくさん売れなくてもいいから、長く歌い続けられる歌手になれ」という言葉だという。 「師匠への恩返しのためにも、10年、20年、30年と声の続く限り歌い続けます」と誓った。 前日9日には母校の網走市立東小学校を訪問。 当時の担任教師と再会して思い出話に花を咲かせ、校庭にあるスケートリンクで軽快に滑走した。 「すごく懐かしい。 気持ちよく滑ることができたし、初心に戻れた。 デビューからの目標は紅白。 ぜひ出場したいです」。 平昌五輪では、同じ北海道出身で、ノルディックスキー・ジャンプ男子の葛西紀明(45)に注目している。 「同世代だし、ケガを克服してすごく頑張っている。 すごいなと思うし、尊敬しています。 金メダルを取ってほしい」とエールを送り、「自分も歌謡界の金メダルを狙いたい」と語った。 10周年記念イベントは、この日を皮切りに全国各地で開催する。 「白銀の大地が生んだ不屈のランナー」の愛称を持つ走が、故郷で節目の年に幸先の良いスタートを切った。

次の

【レポート】走裕介、クリスマスディナーショーで、初挑戦のカバーやギターの弾き語りを披露

走 裕介

演歌歌手走裕介(44)が10日、故郷の北海道・網走市民会館で、デビュー10周年記念コンサートを行った。 今月7日発売の新曲「北のひとり星」やデビュー曲「流氷の駅」、「呼人駅」「男の駅」などを熱唱し、ギターの弾き語りで「みだれ髪」も披露。 同じレコード会社の先輩・渥美二郎(65)も応援に駆けつけ、ゲストとして花を添えた。 網走市出身の初演歌歌手で、同市の観光大使も務める走の4回目となる地元公演とあって、約2時間半のステージは約1100人が駆けつける大盛況。 「はしり~っ」の掛け声に交じり、「真野く~ん!」と本名での声援もあった。 本編のラスト。 「風来ながれ唄」の歌唱前には、ステージ上で両膝を付いて頭を下げた。 「本当にありがとうございました」。 その後の歌唱中には感極まって涙をこぼした。 そんな走に、客席から「がんばれーっ」と温かい激励の声が何度も飛んだ。 故郷の優しさに触れた走は、10周年の節目を迎えたことに「デビュー当時は、ここまでやれるとは思っていなかった。 多くの人に支えられ、充実した、感謝の10年です」と振り返った。 約10年の内弟子生活を送った師匠の作曲家船村徹さん(享年84)は昨年2月16日に死去。 もうすぐ一周忌を迎える。 「できれば10周年の記念曲を書いてもらいたかったし、この場にいてほしかった。 姿は見えませんが、空の上からきっと見てくれていると思う」としのんだ。 船村さんの教えの中で、特に心に残っているのは「たくさん売れなくてもいいから、長く歌い続けられる歌手になれ」という言葉だという。 「師匠への恩返しのためにも、10年、20年、30年と声の続く限り歌い続けます」と誓った。 前日9日には母校の網走市立東小学校を訪問。 当時の担任教師と再会して思い出話に花を咲かせ、校庭にあるスケートリンクで軽快に滑走した。 「すごく懐かしい。 気持ちよく滑ることができたし、初心に戻れた。 デビューからの目標は紅白。 ぜひ出場したいです」。 平昌五輪では、同じ北海道出身で、ノルディックスキー・ジャンプ男子の葛西紀明(45)に注目している。 「同世代だし、ケガを克服してすごく頑張っている。 すごいなと思うし、尊敬しています。 金メダルを取ってほしい」とエールを送り、「自分も歌謡界の金メダルを狙いたい」と語った。 10周年記念イベントは、この日を皮切りに全国各地で開催する。 「白銀の大地が生んだ不屈のランナー」の愛称を持つ走が、故郷で節目の年に幸先の良いスタートを切った。

次の

走裕介「平常心忘れるな」常に船村徹さんの言葉胸に

走 裕介

演歌歌手走裕介(44)が2日、東京・中央区の日本橋公会堂で、デビュー10周年記念コンサートの東京公演を行った。 10周年記念の最新曲「春待ち草」やデビュー曲「流氷の駅」などを歌唱。 中学からのアマチュアバンド時代にたたいていたドラムもファンに初披露し、メモリアルなステージに花を添えた。 「ドラムは自前のものです。 ファンの前で披露するのは初めてなので、結構ドキドキしています」と言いながらも、楽しそうにステージングを行った。 デビュー前は、昨年2月に亡くなった作曲家船村徹さん(享年84)の内弟子生活を10年送った。 「先生は弟子に歌を教えないんですよ。 『歌ったらクビになる』みたいな感じでしたから。 でも、歌手になるための基礎は作ってもらいました」と感謝。 船村さんは、走がデビューをした後も、会う度に温かい言葉を弟子にかけていた。 「『ちゃんと飯は食っているのか』と言ってもらったり…。 デビューをしてから、歌のレッスンをしてもらったように思います」としのんだ。 心に刻んでいる船村さんの言葉は「どんな時でも平常心を忘れるな」だという。 「常にこの言葉を胸にステージに立っています。 来年は今年よりも多くのコンサートを行いたい。 そして、大ヒット曲をぜひ出したい」と目標を掲げた。

次の