立花英介。 8/15(木)野球アニメ「MIX」コラボデーに主人公立花兄弟の父親立花英介役、高木渉さんの来場が決定!&描き下ろしのオリジナルコラボビジュアルも完成!|埼玉西武ライオンズ

【MIX】主人公の立花投馬ってどんな人物??

立花英介

投馬の実父である英介と、走一郎と音美の実母である真弓。 夫婦役を演じる2人からはそれぞれコメントが到着した。 高木は「オーディションではなく、立花英介役をお願いしますと直接お話をいただいたので、嬉しさと共にその期待に応えなくてはと気持ちが引き締まりました。 井上喜久子さんとの夫婦役も楽しみです」、井上は「憧れのあだち充先生の作品に、『まさか私が!? 』と、驚いたのと同時にとてもうれしかったです!! 」と役に決まった際の心境を述べている。 「MIX」はあだちの代表作「タッチ」に登場する明青学園の約30年後を舞台に、野球部に所属する血の繋がらない兄弟を描く物語。 原作はゲッサン(小学館)で連載されており、アニメは4月6日より読売テレビ・日本テレビ系で毎週土曜17時30分にオンエアされる。 高木渉(立花英介役)コメント 立花英介役に決まった際の気持ち オーディションではなく、立花英介役をお願いしますと直接お話をいただいたので、嬉しさと共にその期待に応えなくてはと気持ちが引き締まりました。 井上喜久子さんとの夫婦役も楽しみです。 自身の役柄について 投馬の実父で、走一郎と音美にとっては義父になる人。 どちらにしてもお父さんになるわけで、この関係がまた面白いですよね。 「タッチ」の上杉達也からは後輩にあたる明青学園高校野球部OB。 ずっと控え投手止まりでした。 1回でいいから1番背負いたかったなぁ~。 「MIX」への思い(好きなシーンやキャラクター、演じるのを楽しみにしているシーンなど) 僕は人間ドラマが好きなので「タッチ」の30年後の明青学園が舞台というだけでテンション上がります。 梶くんや内田姉弟、ここがまた面白いですが、声優陣も皆さん魅力的なので収録がとても楽しみです。 視聴者の皆さんにも次週が待ち遠しくなるような作品になれたらいいなぁと思っております。 あだち充作品への思い あだち先生の作品は、セリフとともに空気感というか間が生かされることでその奥深さが感じられると思っているので、間をアドリブで埋めてしまう僕にとっては大変です(笑)。 アニメ「MIX」の世界で僕がどう効果的に表現していけるか、その難しさを楽しんでいきたいと思っております。 井上喜久子(立花真弓役)コメント 立花真弓役に決まった際の気持ち 憧れのあだち充先生の作品に、「まさか私が!? 」と、驚いたのと同時に とてもうれしかったです!!

次の

アニメ「MIX」高木渉と井上喜久子が出演、立花英介&真弓の夫婦役|アニメ・ゲーム・声優イベントなどのチケット情報ポータルサイト

立花英介

しかしそんな時に1年生として入部してきたのが走一郎の父「澤井圭一」だったのです。 澤井は上杉達也以降の明青のピッチャーとしては間違いなくナンバー1の才能の持ち主。 澤井をエースに据えたその年の明青野球部はベスト8まで勝ち進みます。 ところが準々決勝で澤井は無得点に抑えながらも試合中に相手選手にスパイクされてじん帯断裂の怪我を負い敗退します。 澤井はその後も選手として復帰することは出来ず、マネージャーとして野球部に尽くすようになります。 投げられなくなっても甲子園を目指す姿勢に変わりはなく部員を励まし続けていたようです。 走一郎は父澤井の話を大山監督や明青野球部に詳しいラーメン屋のマスターから聞きます。 走一郎が澤井のことを知った上で大山監督は父澤井の無念を晴らすためにもう一度エースを目指してみないかと言いますが走一郎は「おれの親父がどんなに凄いピッチャーだったか知りませんけど、おれは投馬が負けるとは思わないスよ」ときっぱり断ります。 大山監督的には天才澤井の血を引く走一郎のほうがピッチャーとして優秀と考えたのかもしれません。 もともと走一郎が投馬にピッチャーを譲った理由はじゃんけんで投馬に負けたからというものでした。 走一郎が投馬にじゃんけんで負けたのは後にも先にもこの時だけでした。 さていよいよ始まる夏の予選。 明青学園と1回戦で当たるのは健丈高校。 この健丈高校は28年前の夏に明青が甲子園出場を決めた時の相手です。 そう、つまり達也の最大のライバルの新田がいた須見工が名前を変えたのが健丈高校です。 健丈高校には音美の同級生である赤井の兄が野球部に在籍しており、1年生4番として注目されています。 早速健丈高校との試合が始まります。 先行は健丈高校。 赤井兄との最初の対決ではツーベースを打たれます。 次の打席ではダブルプレーに取ったもののいい当たりをされており現時点では赤井兄が立花バッテリーを上回っていると言えそうです。 試合は4回表が終わって0対0の投手戦です。 続く 立花英介と澤井圭一 立花英介の2年後輩が澤井圭一でしたね。 作中で明かされる英介の年齢と明青の全国制覇した年から逆算すると立花英介が入部したのは達也達が卒業した次の年になります。 達也が引退した後の明青は2年連続初戦敗退と説明があるので澤井の入部は明青にとって希望の光だったことでしょう。 ちなみに投馬の亡くなった実の母は高校時代にソフトボールでエースとして全国で準優勝をしているので投馬の才能は英介ではなく母親譲りと言えます。 また回想で立花英介が3年時の監督は「タッチ」に登場していた西尾監督でした。 赤井兄弟について 健丈高校の4番として活躍する赤井兄と明青学園中等部でサッカー部として活躍する赤井弟。 赤井兄の実力は現在立花兄弟を圧倒しているのでバッターとして相当な才能の持ち主なのでしょう。 また弟も今後何らかの形で明青野球部に関わってきそうです。 大山春夏の情報収集 大山監督は健丈高校の偵察を娘の春夏に任せています。 そのデータも適格で野球に詳しいことからタッチの南のように今後野球部のマネージャーになる可能性がありそうです。 <次のオススメ記事>.

次の

8/15(木)野球アニメ「MIX」コラボデーに主人公立花兄弟の父親立花英介役、高木渉さんの来場が決定!&描き下ろしのオリジナルコラボビジュアルも完成!|埼玉西武ライオンズ

立花英介

あだち充原作によるTVアニメ「MIX」の追加キャストが発表された。 立花英介役を高木渉、立花真弓役を井上喜久子が演じる。 投馬の実父である英介と、走一郎と音美の実母である真弓。 夫婦役を演じる2人からはそれぞれコメントが到着した。 高木は「オーディションではなく、立花英介役をお願いしますと直接お話をいただいたので、嬉しさと共にその期待に応えなくてはと気持ちが引き締まりました。 井上喜久子さんとの夫婦役も楽しみです」、井上は「憧れのあだち充先生の作品に、『まさか私が!? 』と、驚いたのと同時にとてもうれしかったです!! 」と役に決まった際の心境を述べている。 「MIX」はあだちの代表作「タッチ」に登場する明青学園の約30年後を舞台に、野球部に所属する血の繋がらない兄弟を描く物語。 原作はゲッサン(小学館)で連載されており、アニメは4月6日より読売テレビ・日本テレビ系で毎週土曜17時30分にオンエアされる。 高木渉(立花英介役)コメント 立花英介役に決まった際の気持ち オーディションではなく、立花英介役をお願いしますと直接お話をいただいたので、嬉しさと共にその期待に応えなくてはと気持ちが引き締まりました。 井上喜久子さんとの夫婦役も楽しみです。 自身の役柄について 投馬の実父で、走一郎と音美にとっては義父になる人。 どちらにしてもお父さんになるわけで、この関係がまた面白いですよね。 「タッチ」の上杉達也からは後輩にあたる明青学園高校野球部OB。 ずっと控え投手止まりでした。 1回でいいから1番背負いたかったなぁ~。 「MIX」への思い(好きなシーンやキャラクター、演じるのを楽しみにしているシーンなど) 僕は人間ドラマが好きなので「タッチ」の30年後の明青学園が舞台というだけでテンション上がります。 梶くんや内田姉弟、ここがまた面白いですが、声優陣も皆さん魅力的なので収録がとても楽しみです。 視聴者の皆さんにも次週が待ち遠しくなるような作品になれたらいいなぁと思っております。 あだち充作品への思い あだち先生の作品は、セリフとともに空気感というか間が生かされることでその奥深さが感じられると思っているので、間をアドリブで埋めてしまう僕にとっては大変です(笑)。 アニメ「MIX」の世界で僕がどう効果的に表現していけるか、その難しさを楽しんでいきたいと思っております。 井上喜久子(立花真弓役)コメント 立花真弓役に決まった際の気持ち 憧れのあだち充先生の作品に、「まさか私が!? 」と、驚いたのと同時に とてもうれしかったです!! TVアニメ「MIX」 2019年4月6日(土)より読売テレビ・日本テレビ系にて毎週土曜17:30~オンエア スタッフ 原作:あだち充「MIX」(小学館「ゲッサン」連載) 監督:渡部穏寛 シリーズ構成:冨岡淳広 脚本:樋口達人、山田健一、福嶋幸典、北条千夏 キャラクターデザイン:牧孝雄 音楽:住友紀人 アニメーション制作:オー・エル・エム キャスト 立花投馬:梶裕貴 立花走一郎:内田雄馬 立花音美:内田真礼 大山春夏:花澤香菜 立花英介:高木渉 立花真弓:井上喜久子 c あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro 本記事は「」から提供を受けております。 著作権は提供各社に帰属します。 予めご了承ください。

次の