しょ ぱん 東浦。 純生食パン工房 ハレ/パン 刈谷東浦店 (純生食パン工房 HARE/PAN)

カフェしょぱん 岐阜領下店 モーニングで食パン1斤がついてくるカフェ

しょ ぱん 東浦

解説 芥川賞作家・町田康が2004年に発表した異色時代小説を、「新宿スワン」の綾野剛主演、「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」の宮藤官九郎による脚本、「狂い咲きサンダーロード」の石井岳龍監督のメガホンで映画化。 江戸時代を舞台に、隠密ミッションをめぐって繰り広げられる10人の男たちの腹の探り合いと、1人の女をめぐる恋の行方、そして謎の猿将軍が明かす驚がくの真実を描き出す。 超人的剣客にして適当なプータロー侍の主人公・掛十之進を綾野が演じ、喜怒哀楽と活劇が入り交じる難役に挑む。 共演にも北川景子、東出昌大、染谷将太、浅野忠信、永瀬正敏ら豪華実力派俳優陣が集結。 さらに物語の鍵を握る猿将軍・大臼延珍(デウスノブウズ)を、永瀬正敏が特殊メイクで演じる。 2018年製作/131分/G/日本 配給:東映 スタッフ・キャスト さてこのどこからどう見てもけったいな代物をどう表現すればいいのか。 町田康の文体をナレーション付きで表現するのも極めて難易度の高い創造的作業だが、その難しいセリフまわしを自分のものにして体現する役者たちにもヒヤヒヤ、ドキドキさせられる映画である。 本作は町田、それに脚色を手がけた宮藤の技もあって、前半では言葉に牽引される部分が多い。 そこに『狂い咲きサンダーロード』や『爆裂都市』で伝説を刻んだ石井岳龍のパワフルな怪物性がニョキニョキと巨大なツノを生やして本性を露わにするのはむしろ後半になってから。 そこではもう映像と言葉が完全に調和し、画面がそして身体が自ずと突き動かされるようにスイングを始める。 何がどうなるのかは口が裂けても言えないが、頭を抱えてしまうほど混乱と破滅と狂気と興奮に満ちたボルテージみなぎる映像世界には、日本映画界にこの人あり、と指をさしてしまいたくなるほど敬服の思いが沸き起こった。 「ちょっと寝る」という浅野忠信の言葉で一瞬眠りに落ちてしまいましたが、全体的には大好物なおバカ時代的でした。 そしてバカバカしい展開そのもの! 現代社会を風刺しているような展開は、敵=腹ふり党が攻めてくるといった危機感を煽ることによって壊滅しているはずの残党を使ってHDP(腹ふりでっちあげプロジェクト)を立ち上げることだった。 平和な世の中に飽きたような政治がデマによって動かされるという、あり得そうな内容だ。 そのために敵をでっちあげるという闇の世界。 綾野剛に感情移入してしまっては、この風刺にさえ気づかないのかもしれません。 超能力のエピソードはそれほど面白みがないけど、猿回しでの主従逆転の皮肉が殿に伝わらないといったところは笑える。 腹ふり党が一斉に勢力を増していくところや、完全にコメディアン化した染谷将太の演技も最高。 新興宗教の爆発的な感染もかなりシニカルだったけど、「ええじゃないか」騒動をモチーフとしながらも、世界観は宇宙のサナダムシ。 夢と現実の境目がわからなくなるような哲学的メッセージもありながら、コロナ禍の現代をも予言しているかのようでした。 破滅した世界のその先は・・・.

次の

おぱんでまめ蔵 東浦店

しょ ぱん 東浦

解説 芥川賞作家・町田康が2004年に発表した異色時代小説を、「新宿スワン」の綾野剛主演、「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」の宮藤官九郎による脚本、「狂い咲きサンダーロード」の石井岳龍監督のメガホンで映画化。 江戸時代を舞台に、隠密ミッションをめぐって繰り広げられる10人の男たちの腹の探り合いと、1人の女をめぐる恋の行方、そして謎の猿将軍が明かす驚がくの真実を描き出す。 超人的剣客にして適当なプータロー侍の主人公・掛十之進を綾野が演じ、喜怒哀楽と活劇が入り交じる難役に挑む。 共演にも北川景子、東出昌大、染谷将太、浅野忠信、永瀬正敏ら豪華実力派俳優陣が集結。 さらに物語の鍵を握る猿将軍・大臼延珍(デウスノブウズ)を、永瀬正敏が特殊メイクで演じる。 2018年製作/131分/G/日本 配給:東映 スタッフ・キャスト さてこのどこからどう見てもけったいな代物をどう表現すればいいのか。 町田康の文体をナレーション付きで表現するのも極めて難易度の高い創造的作業だが、その難しいセリフまわしを自分のものにして体現する役者たちにもヒヤヒヤ、ドキドキさせられる映画である。 本作は町田、それに脚色を手がけた宮藤の技もあって、前半では言葉に牽引される部分が多い。 そこに『狂い咲きサンダーロード』や『爆裂都市』で伝説を刻んだ石井岳龍のパワフルな怪物性がニョキニョキと巨大なツノを生やして本性を露わにするのはむしろ後半になってから。 そこではもう映像と言葉が完全に調和し、画面がそして身体が自ずと突き動かされるようにスイングを始める。 何がどうなるのかは口が裂けても言えないが、頭を抱えてしまうほど混乱と破滅と狂気と興奮に満ちたボルテージみなぎる映像世界には、日本映画界にこの人あり、と指をさしてしまいたくなるほど敬服の思いが沸き起こった。 「ちょっと寝る」という浅野忠信の言葉で一瞬眠りに落ちてしまいましたが、全体的には大好物なおバカ時代的でした。 そしてバカバカしい展開そのもの! 現代社会を風刺しているような展開は、敵=腹ふり党が攻めてくるといった危機感を煽ることによって壊滅しているはずの残党を使ってHDP(腹ふりでっちあげプロジェクト)を立ち上げることだった。 平和な世の中に飽きたような政治がデマによって動かされるという、あり得そうな内容だ。 そのために敵をでっちあげるという闇の世界。 綾野剛に感情移入してしまっては、この風刺にさえ気づかないのかもしれません。 超能力のエピソードはそれほど面白みがないけど、猿回しでの主従逆転の皮肉が殿に伝わらないといったところは笑える。 腹ふり党が一斉に勢力を増していくところや、完全にコメディアン化した染谷将太の演技も最高。 新興宗教の爆発的な感染もかなりシニカルだったけど、「ええじゃないか」騒動をモチーフとしながらも、世界観は宇宙のサナダムシ。 夢と現実の境目がわからなくなるような哲学的メッセージもありながら、コロナ禍の現代をも予言しているかのようでした。 破滅した世界のその先は・・・.

次の

純生食パン工房 ハレ/パン 刈谷東浦店 (純生食パン工房 HARE/PAN)

しょ ぱん 東浦

解説 芥川賞作家・町田康が2004年に発表した異色時代小説を、「新宿スワン」の綾野剛主演、「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」の宮藤官九郎による脚本、「狂い咲きサンダーロード」の石井岳龍監督のメガホンで映画化。 江戸時代を舞台に、隠密ミッションをめぐって繰り広げられる10人の男たちの腹の探り合いと、1人の女をめぐる恋の行方、そして謎の猿将軍が明かす驚がくの真実を描き出す。 超人的剣客にして適当なプータロー侍の主人公・掛十之進を綾野が演じ、喜怒哀楽と活劇が入り交じる難役に挑む。 共演にも北川景子、東出昌大、染谷将太、浅野忠信、永瀬正敏ら豪華実力派俳優陣が集結。 さらに物語の鍵を握る猿将軍・大臼延珍(デウスノブウズ)を、永瀬正敏が特殊メイクで演じる。 2018年製作/131分/G/日本 配給:東映 スタッフ・キャスト さてこのどこからどう見てもけったいな代物をどう表現すればいいのか。 町田康の文体をナレーション付きで表現するのも極めて難易度の高い創造的作業だが、その難しいセリフまわしを自分のものにして体現する役者たちにもヒヤヒヤ、ドキドキさせられる映画である。 本作は町田、それに脚色を手がけた宮藤の技もあって、前半では言葉に牽引される部分が多い。 そこに『狂い咲きサンダーロード』や『爆裂都市』で伝説を刻んだ石井岳龍のパワフルな怪物性がニョキニョキと巨大なツノを生やして本性を露わにするのはむしろ後半になってから。 そこではもう映像と言葉が完全に調和し、画面がそして身体が自ずと突き動かされるようにスイングを始める。 何がどうなるのかは口が裂けても言えないが、頭を抱えてしまうほど混乱と破滅と狂気と興奮に満ちたボルテージみなぎる映像世界には、日本映画界にこの人あり、と指をさしてしまいたくなるほど敬服の思いが沸き起こった。 「ちょっと寝る」という浅野忠信の言葉で一瞬眠りに落ちてしまいましたが、全体的には大好物なおバカ時代的でした。 そしてバカバカしい展開そのもの! 現代社会を風刺しているような展開は、敵=腹ふり党が攻めてくるといった危機感を煽ることによって壊滅しているはずの残党を使ってHDP(腹ふりでっちあげプロジェクト)を立ち上げることだった。 平和な世の中に飽きたような政治がデマによって動かされるという、あり得そうな内容だ。 そのために敵をでっちあげるという闇の世界。 綾野剛に感情移入してしまっては、この風刺にさえ気づかないのかもしれません。 超能力のエピソードはそれほど面白みがないけど、猿回しでの主従逆転の皮肉が殿に伝わらないといったところは笑える。 腹ふり党が一斉に勢力を増していくところや、完全にコメディアン化した染谷将太の演技も最高。 新興宗教の爆発的な感染もかなりシニカルだったけど、「ええじゃないか」騒動をモチーフとしながらも、世界観は宇宙のサナダムシ。 夢と現実の境目がわからなくなるような哲学的メッセージもありながら、コロナ禍の現代をも予言しているかのようでした。 破滅した世界のその先は・・・.

次の