西 荻窪 ゴードン。 ゴードン祖師谷店

荻窪と西荻窪の本当に美味しいおすすめパン屋さん10選(マップ付き)

西 荻窪 ゴードン

中央線沿線、23区内最西に位置する。 南口には「すずらん通り商店街」に「仲通り商店街」、北口には「教会通り」に街道を中心とした繁華街があります。 そして「元祖ラーメン激戦区」としても名高い。 たしかに美味しいラーメン屋さんもいっっっぱいあるのですが、のグルメはラーメンだけじゃない! 美味しいさんもたくさんあるんです。 今回は〜西エリアで見つけた選りすぐりのさん10店をご紹介します。 外には、わんちゃんと一緒にランチを楽しむことができるテラス席も。 ベビーカーをひいたママさんの姿もちらほら。 とても広い店内なので、そうした子ども連れの方や大人数での来店にもピッタリですね。 だけでなく、ケーキとドリンクセットを楽しむことができます。 こちらのおすすめは、「バジルチーズ」と「黒こしょうリュスティック」。 バジルチーズは、トマトピューレ入りの生地に生バジルとチーズがIN。 チーズの風味がとにかく食欲をかきたてます。 控えめだと思っていたトマトの酸味もあとから追いかけてきて、生バジルの香りが鼻を抜け、絶品としか言いようがないです。 黒こしょうリュスティックは、名前の通り、「」と「黒こしょう」がメインとなったシンプルな。 ちなみに、リュスティックって何かご存知ですか? フランスの一種で、フランス語で「田舎風」という意味なんだそうですよ。 柔らかいの生地の中で、の野菜本来の甘みが引き立ち、さらに黒こしょうのピリ辛さが全体を包みます。 こんな田舎なら毎日帰りたい。 私が行った時間帯は、イートインスペースでくつろぐ方がたくさんいらっしゃいました。 焼きたてのを買ってその場でランチするも良し、テイクアウトでお家で楽しむのもおすすめです。 常連化即決定。 「Zermatt」 店舗名からしておしゃれなこちらのお店はオープンからちょうど10年! 帯の閑静な住宅街の中にあります。 「Zermatt」と書いて「ツェルマット」と読むそうです。 天然酵母のは発酵に12時間以上時間をかけるというこだわりっぷり。 「お客様にふんわりとした食感を楽しんでほしい」……その一心で日々努力を重ねているストイックさ、まさに職人技。 外観だけでなく、店内もおしゃれ。 スタッフさんの一押しは「トレフル」。 ふわふわしていながらも、しっかりとした食感の生地に雑穀が練りこまれているのが特徴です。 こちらのトレフルは、レギュラーで売られているものと、日替わりで作られているものとがあります。 このときの日替わりトレフルには、クリームチーズとあんずジャムが乗っていました。 クリームチーズの甘さと雑穀のサクサクとした食感、そこに加わるあんずジャムの甘酸っぱさ。 これこそが「初恋の味」。 こちらが日替わりトレフル。 こちらが通常のトレフル。 店員さんもとても親切で、おすすめを聞くと楽しそうにお話してくれたのがとても印象的でした。 への愛が溢れているのが伝わってきて、なんだかほっこり。 ご家族、お子様連れでも安心な広いイートインペースとお子様用に絵本を置いている優しさも素敵ですね。 こんなお店が近所にあったら確実に常連になります。 是非ともチェーン展開をお願いしたい、筆者一押しのさんです。 こちらの商品は全て、産の小麦を使用したものです。 特製あんぱんの中の手作り粒あんももちろん、産。 こちらはおすすめの「手作りあんぱん」と「チョコチップミルクボール」と「世界一おいしい!? 野菜たっぷり」の3品。 ふわふわとしたロールの中にレタスやトマト、たまごなどぎっしりと詰められた手作り。 サンドされている具材のチョイスがまさに世界一ですね。 生地はもちろんのこと、中の粒あんも産のものを使用しているという徹底っぷり。 そして一口食べてみると、これでもかというくらいに粒あんがぎっしり! 小さいあんぱんだからってなめてました。 これを産の牛乳とかと合わせて飲んだら、美味しいんだろうな〜。 ハズレなしのベーグル屋さん「ポム・デ・トール」 こちらのお店のベークルは、まず種類が豊富で、およそ100種類以上にもなるそうです。 季節ごとに店頭に並ぶベーグルが違うのでどんな季節に行っても新商品が楽しめます。 野菜やナッツを使ったサンド向きベーグルの「ナチュラル・野菜系」、練りこんだり巻き込んだり、ナッツと組み合わせたフルーツたっぷりな「フルーツ系」、クリームチーズやゴーダなどを使ってそのままでもおいしい「チーズ系」、他にもスイーツ系や和系、デコレ系、リッチ系など、バリエーションの豊富さに見ているだけでテンションが上がります。 よりベーグルを楽しむための、こんな商品たちも取り揃えられています。 やラザニア、ジャム……。 お店を移動しなくてもここ「ポム・ド・テール」だけで全てが揃うのも、魅力の一つですよね。 前述の種類でいうと、スイーツ系に当たります。 割ってみると、もっちりが止まりません! ひとたび口に入れると、噛みごたえのある生地とちょっとほろ苦いの風味が広がります。 最っ高の組み合わせ。 こちらは季節商品の「よもぎあんバター」。 粒あんとバターの組み合わせなんて、合わないわけがない! 名前だけでもそそられます。 他のベーグルとは違ったふんわりとした生地を使用しているのも季節商品ならでは。 個人的にはよもぎが大好きで、つぶあんマーガリンのはよく見かけますが、よもぎあんバターはなかなかありませんよね。 季節限定と言わず定期的に食べたいです。 かわいらしい外観と、ふくろうの看板が目印です。 店舗前には「店内は狭くなっているので4名ずつの入店をお願いしています」との張り紙があります。 大人数では入れないのですが、逆に人混みが苦手な方や、一人で静かにお買い物をしたいという方には、ちょうどいいお店かもしれません。 食やバケットといった定番商品はもちろん、ここでしか買えない「サバカレー」と「西荻ハリーくん」も人気商品。 つぶらな瞳でかわいらしい見た目のハリーくん。 食べるのが勿体ないですね。 こんなにかわいい見た目ですが、中に入っているのはベルギー産のカカオたっぷりのちょっと大人な味の。 こちらは名前を聞いて誰もが驚いたと思いますが、「サバカレー」です。 金曜日・土曜日・日曜日の3日間の限定商品なので、ぜひ週末に訪れてみてください。 鯖缶とカレーなんて本当に合うのだろうか……。 と疑問でしたが、食べてみると一口目の衝撃がすごい! 「こんな組み合わせ、アリなんだ!」と感動してしまいます。 少し辛口のカレーと鯖缶が絶妙に絡んでいて癖になります。 シーフードカレーが好きな方には是非食べてたいです。 カラっとあげられた生地との相性もバツグンです。 店名 : えんツコ堂 製 住所 : 都杉並区西荻北4-3-4 TEL : 03-3397-9088 営業時間 : 9:00〜18:00 第1・3・5火曜定休 6. 小さいお子さんからも大人気!「焼き工房そーせーじ」 焼き時間を細かくお知らせしてくれているこちらのお店。 焼き上がりを狙って入店すると、お子様連れの方々でいっぱいでした。 こんな風に焼きあがり時間が明記されています。 やっぱり、は焼きたてが美味しいですからね! とっても嬉しい心遣いです。 ちょうど焼きたてだった「よもぎあんぱん」をゲットできました。 焼きたてのはアニメに出てきそうなほどふわふわで、トングで掴むだけで潰れてしまうのでは、と不安になるほど。 よもぎあんぱんに加え、「季節野菜のキッシュ」と「グリエールチーズ」もゲットできました。 中には、これでもかという量の季節の野菜と、クリームチーズ、がたっぷり。 たくさんの具材と卵とクリームチーズが濃厚に絡み合って、食べごたえ抜群。 もちろん冷めてもおいしいですが、温かいうちにいただくのがおすすめです。 こちらは日替わりで具材が違うようです。 グリエールチーズは、風味豊かなチーズと生地がどちらももちもちで統一されているのが特徴。 あたためて食べると、チーズがさらにもちもちになって美味しくいただけます。 ちなみに、お車での来店は厳禁だそうなので、ご注意を。 オープンして7年目になるそうです。 店内にはかわいらしいポップで彩られています。 種類も豊富なので、「どのを買おうかな~」と悩んでも、おすすめがわかりやすく、すぐにお気に入りのを見つけられるはずです。 親切な店員さんのアドバイスをもとに今回は「リュスティックチーズ」「ロール」、「コッペ」の3品をチョイス。 リュスティックチーズはもちもちとした生地の中に、あふれんばかりのチーズがイン。 小さいのであっという間になくなってしまって物足りないという方は、3個セットでも販売しているのでご安心を。 おやつ感覚でパクパクと食べているといつのまにか完食してしまっています。 私は「あ、これ一生食べれるやつだ!」と思ったほど。 そんな飽きない一品でした。 コッペは、野菜がたっぷりはいったがコッペの中にサンドされていてとてもボリューミー。 学生時代、通学路にあったら確実に通ってました。 おやつにも、ランチにもおすすめです。 イートインスペースでくつろぐお子様連れの方もたくさんいらっしゃいました。 まさに、家族で食べてほしいというお店の願いが叶っていますね。 多分、いや絶対! 調理をつくる天才がいるお店「藤の木」 西駅北口から徒歩3分。 藤の木は、商店街の中にあります。 私が入店して真っ先に目に入ったのが、この「チーズフォンデュ・デラックス」。 おすすめでなくても絶対に買って帰ろうと企んでいると、「調理人気No. 1」の文字。 チャバタの間にハム、ドライトマト、チーズを挟んでいます。 こっそりといるオイルも相性抜群。 これぞまさにチーズフォンデュ。 あたためて食べると、よりチーズがとろけて最高です。 こちらのお店の調理人気No. 2は、「カレー」。 野菜がごろごろと入っていて、口当たりのいいひき肉が絶品です。 外はサクサク、中はもちもちとした食感も理想的なカレーですね。 まん丸な見た目もキュートです。 菓子の人気No. 1は「西荻薄皮あんぱん」。 名前の通り、薄い皮ともちもちした生地の中に、たっぷりと粒あんが入っています。 薄皮のあんぱんって、なぜだか懐かしい気持ちにさせてくれますよね。 さすが人気No. 1だけあって、絶品です。 こちらの店舗のお向かいには系列店の「藤乃木」という文房具屋さんがあります。 間違えないように注意です。 にいたのに、一気にフランスへワープした気分になれる落ち着いた店内が魅力的で、常連さんも多くいるようです。 全て手作りで、保存料・イーストフード・マーガリン・着色料・乳化剤は一切使用していないので、安心して食べられるのもいいですね。 優しい雰囲気の店員さんのおすすめは、「メロン」「ビスキュイ」「・ア・ラ・クレーム」の3品。 難しい商品名が多いですが、ビスキュイは写真左上のUFOのような不思議な形をしたのこと。 牛乳をたっぷり使った・オレ生地にビスキュイ生地を絞って焼き上げた。 不思議な形でサクサクとした食感のこちらのは、初めて食べる種類のでした。 日本でこんな本格的なを味わえるなんて、すっかり気分はパリジェンヌ。 こちらのお店のメロンは、牛乳をたっぷり使った・オレ生地にサクサクとしたビスケット生地を被せて焼いています。 中はふんわり、外はビスケット状の生地の牛乳の甘さが引き立つ、ここでしか味わえないメロン。 「・ア・ラ・クレーム」というこちらもオシャレなネーミングですが、いわゆるクリームのこと。 マダガスカル産のバニラビーンズを使用した自家製カスタードクリームを、牛乳たっぷりの・オレ生地で包んでいます。 他のクリームとは全く違う、鼻から抜けるバニラの香りが絶品です。 バケットが並ぶ店内は、入った瞬間にその香りで幸せな気持ちになれます。 店員さんのおすすめはこちらの3品。 「チェダーチーズ」、「」、「トップドクリームチーズ」。 こちらは、「チェダーチーズ」。 フランス生地にたっぷりのチェダーチーズを包み焼き上げたです。 フランスの生地、と言いつつも柔らかい生地にびっくりしました。 チェダーチーズのおこげがたまりません。 こちらは「」。 名前はシンプルですが、フランス産のステッィクをフランス生地で包み焼き上げた至極の一品。 フランスのしっかりとした歯ごたえと、ステッィクのパリパリとした食感がマッチしています。 こちらは「トップドクリームチーズ」。 を練りこんだ生地にクリームチーズをトッピングしたものです。 店員さんとの対面販売方式で、清潔感はもちろんのこと、店員さんとお話ししやすいのもいいですね。 文字と写真だけでは伝えられない味や香り、お店の雰囲気を、ぜひ実際に行って食べて感じてください。 きっと、お気に入りのお店が見つかります。 (取材・編集:コンセント編集部).

次の

ゴードン祖師谷店

西 荻窪 ゴードン

当時、日替わりの営業をする店舗も少なくなかった。 国からの補償が無いのだから 土日だけ休業や 3. 4日休業後に再開する というパターンで凌いだのである。 系列的には、楽園、エスパス、ガイア系は早々と自粛を始め 後からガーデン系、ゴードン系、ヒノマル系、スターダスト系が続いた形である。 パチンコ屋は安全なのか? パチンコ愛好家「人と話さないから蜜ではない」という意見があるが、 最近は、スーパーなどの話さない環境での感染が確認されている為、 段々と安全とは言えない状況になってきたのである。 特に、トイレからのエアゾル感染が注目されている。 (小便の湯気から感染等) ニューヨークではレジの感染が院内感染より多く 野菜1つ買うのにも命がけというのだから気が抜けない。 また、現在でも営業している店舗は ・時短営業(10:00~21:00) ・店内BGMの音量減 ・広告宣伝の自粛 ・ネオンの消灯 ・台間引きで距離確保 ・飛沫感染防止用ビニールシート設置 ・従業員の体温測定、マスク着用 ・離席後の台消毒 ・毎時間の店内換気 ・ 来店時に客の体温チェック徹底 などの対策を掲げている店舗も多いが 営業時間を短くしたところで感染防止にはならなそうである。 また、店員の体温チェックは(長い潜伏期間がある為) 熱が出た頃には多くの方に移した後の可能性もある。 マスコミは入口側に待機、お店側は相手にせずとのことでした。 なんでもそうだが、人間欲がある。 確かに行く人間は危機感足りんは思うが、それでパチンコ屋が最低とかは別の話。 慈善活動も社会貢献経済貢献は他業種を圧倒しておるし、ほとんどのパチンコ屋は休業しておるわけで極一分のどうしようもならない店が営業している。 小を見て大を責めるとか鬼畜の所業。 アムディを責めれば良いのに言うにこと書いてパチンコがダメとか脳の機能がおかしいよ。 まぁさらに言うなればアムディを責める前に休業出来ない現状をどうにか出来るよう補償するのが区の責任だし、区長はそれを都に言う必要があるし都は国に言う必要がある。 さらにさらに言うならば、たかだか1ヶ月の休業で経営が傾く自転車操業なんて経営のセンスない。 どこも苦しいのは理解しておるが、ある程度の資金は留保して然るべき。 言うなれば両方悪い。 でなにも考えず、ただただ悪と評する奴は己が1番の悪と認識する必要がある。 回路が元にもどるまで何年もかかりますよ 自分も 自分はたまたま良かった ギャンブルを最優先するようになるとりっぱな中毒だとおもいます.

次の

ゴードン西川口店の評判は?看板機種・イベントの並び・換金率・特定日をスロプロが徹底解説!

西 荻窪 ゴードン

教会通り商店街 とりあえず、「タウンセブン」というビルに足を踏み入れた。 レストラン、衣料品、食料品、本などが揃った8階建ての商業施設で、スーパーの西友も入っていて、便利そうだと思った。 が、荻窪特有のものではなさそうだ。 さらに言えば、どこにでもありそうな商業施設だ。 このタウンセブンをもってして、人気ナンバーワンの座にいるとは思えない。 荻窪は他にまだ持っているはず。 さらに歩く。 教会通り商店街だ。 歴史を感じさせるクリーニング店や八百屋を眺めていたら、商店街を抜けてしまった。 思った以上に短い。 静かな住宅街に出る。 私が訪れたのは土曜の昼すぎ。 実に静かで、商店街の放送が控えめに聞こえるだけだ。 天沼教会の正面まで来たが、探さないと見つけられないほど、控えめであった。 杉並公会堂 ここまでで、荻窪を人気ナンバーワンに押し上げたような決定的なものを見つけることができなかった。 一体、荻窪に何があるというのだ。 私は、たまらなくなって、スマートフォンで「アド街ック天国 荻窪」と検索をするほどまでに追い詰められていた。 観光情報サイトの記事を作る者が、他所の観光情報を参照するという禁忌を犯すほどだ。 検索結果は私を驚かせた。 「出没!アド街ック天国」によると、荻窪の第1位の見どころは「11の商店街」、第2位は「荻窪タウンセブン」だった。 最初に入って、特に印象に残らなかったタウンセブンが2位。 商店街については、あの短かい教会通り商店街がオススメと記されている。 まいった。 「荻窪ってそんなにいいんですか」というテーマに対して、このままでは、「それほどでもないです」ということになりかねない。 住宅街 駅から少し離れたところにある、地元の古くからありそうな不動産屋さんに入った。 引き戸を開けると、中年の女性が暇そうにしている。 単刀直入に聞いた。 「荻窪ってそんなにいいんですか?」 女性は荻窪のよさを語ってくれた。 アクセスがよいこと、駅前の西友が24時間営業をしていること、少し歩くと静かな住宅街になっていること、この3つが主だった。 通勤によく、生活や遊びにもよく、閑静。 それなら、荻窪でなくても同じような環境の駅があるのではないか。 荻窪がナンバーワンの理由がまだわからない。 頭の中で「荻窪ってそんなにいいんですか」が繰り返し再生される。 私の疑念が表情に出たのだろうか。 いつまでも手繰られる疑念の糸を断ち切るように、女性は最後に締めくくった。 「まあ、『住めば都』っていうからねえ」 購入した古本 ガラガラと引き戸を開けて外に出ると、日が傾いていた。 そのとき、私は唐突に悟った。 これが「荻窪のよさ」なのだと。 言葉ではなかった。 静かな路地を、親子が話をしながら歩いて行く。 人気ナンバーワンというからには、何かすごいものがあるだろうと考えていた自分が誤っていた。 荻窪は、穏やかな空気で満たされていた。 日が暮れるまで散策し、古本屋でよさそうなものを何冊か買う。 カフェで読書をして、うまいもので一杯やる。 ほくほくしながら、中央線に乗り、不動産屋でもらった間取りの書かれた紙を眺めていたら、ふと「荻窪に住むのもいいなあ」と思ったのだった。 特集のラストが、写真エッセイみたいになってしまったが、これも荻窪のエネルギーが原因だと思う。 荻窪は、とてもいいところだった。 とりあえず、荻窪の不動産情報を見てみよう。 それから、「住めば都」と元も子もないことを不動産屋の女性が言っていたから、荻窪以外も見てみよう。

次の