ピュア ドライブ。 【バボラ】ピュアドライブ2020・2021情報!【2020はコスメ変更のみ】

【BABOLAT】ピュアドライブVS (2019) インプレッション

ピュア ドライブ

tennis• 2017. 22 毎年、秋口から冬にかけて各メーカーから続々投入されるテニスラケットのNEWモデル。 近年は、各メーカーで1年に1シリーズをアップデートしてリリースするというのが通例になっています。 テクノロジーは日進月歩、よりトッププレイヤーの要望とテニスの進化に合わせていくために、限りあるラケットフレームの中にどうやって有効に取り入れるか、メーカーは工夫に工夫を重ねています。 テニスラケットにカーボン素材が使われ始めてから、その形状はさほど大きく変化していないのにもかかわらず、プレイヤーのパワー向上とそれに伴うボールスピードの向上に対応し、進化し続けています。 期待され続け、期待に応え上回ってきたのがピュアドライブ。 普段は違うメーカーのラケットを使っているプレイヤーでも、アップデートされれば打ってみてみる、という稀有な存在です。 今さらだけどピュアドライブって?? バボラはもともとナチュラルガットの専門メーカーとして1875年、日本ではまだ明治の初め、憲法もできていない頃に創業し、1980年代にシンセティックストリングを製造し始め、1994年にラケット市場に参入しました。 トッププレイヤーは、薄いフレームで小さなフェイスのラケットを使用しているのがほとんどであった中で、「どこにでもあるような中厚フレームで、プロは使えない」と評価されてしまっていたピュアドライブですが、カルロス・モヤやアンディ・ロディック、キム・クライシュテルスといったプレイヤーがグランドスラムで勝ち、ランキング上位に入ることで認められていきました。 1999年にバボララケットの日本での販売が始まり、それから現在に至るまで、パワーがあり、スイートエリアが広く、コントロールが上がり、打球感が程よくマイルド、というのが変わらぬピュアドライブの評価の基本です。 NEWピュアドライブのテクノロジー ピュアドライブがピュアドライブを超えるため、4つの新しいテクノロジーを搭載。 ストリングの可動域を微調整し、ホールド性・快適性・コントロール性を最適に。 凹凸を無くし平らにすることで空気抵抗を極限まで削っています。 スイングスピードと操作性が向上しています。 打球感を得る上で邪魔になる雑振動を除去し、衝撃を和らげるものでしたが、今回のモデルはシャフトのカーボンに組み込んでしまっています。 余計なものが伝わってこないシャフト、という形になっています。 札幌スポーツ館本店 テニス担当・松田俊佑インプレッション 未だ現役プレイヤーで、レッスンインストラクターの経験もある札幌スポーツ館のテニス担当・松田に、NEWピュアドライブの印象を聞いてみました。 「柔らかい打感でスイートスポットが広い。 広いスイートスポットのおかげでボレーもしやすいです。 食いつきが良くスピンがしっかりかかるので、しっかりとコート内に収まってくれます。 スピンをかけにいった時だけでなく、フラットで打っていった時のスピン量も増えているので、フラット中心のプレイヤーでもオーバーすることが減ると思います。 スピン系のサーブを打った時も弾み方がかなり大きくなっていました。 100inchでも振り抜きやすいです。 どんどん打ち込んでいくプレイヤーでもそうでなくても、幅広いプレイヤーが使いやすいと思います。 」 各テクノロジーもしっかり効いていて、実際の使用感としてもやはりピュアドライブらしい仕上がりになっているようです! オススメガット そのまま松田に、オススメのガットも聞いてみました。 ピュアドライブのインプレッション、ラケットと同様に様々打ってみているガットのインプレッションと、日頃たくさんのお客様の相談に応え続けてきている経験を掛け合わせて選んでくれました。 ただ、ビタッと合う組み合わせがはまるときもありますので、松田のオススメも参考にしてラケット選び・ガット選びをしてみてください! この秋大注目のピュアドライブを生の声も交えて紹介させてもらいました。 既にピュアドライバーの皆さんの期待にも応えられている仕上がりだと思いますし、今まで使ったことのないプレイヤーにもこれまで通り驚きを与えてくれる1本のはずです。 ぜひ次の1本にどうぞ!.

次の

【衝撃】ピュアドライブ2018 レビュー +2015との比較 バボラ テニスラケット 評価 インプレ 感想 実際に使ってみました

ピュア ドライブ

ガットがズレやすいメリット• スピンが掛かりやすい• 打球時のホールド感を得やすい• コントロール性が高まる NEW BUMPER SYSTEM 出典: バンパーの形状が変わり、ストリングがラケット内に収まる形になっています。 これにより、スイング時の空気抵抗を減らし、スイングスピードやラケット操作性能が従来より向上しています。 一般に振り抜きが良いラケットというのはフェイスサイズが小さいモデルが多いです。 イメージしていただければ分かると思いますが、フェイスサイズが小さいほうが空気抵抗が少ないからですね。 ピュアドライブよりもフェイスサイズも小さく、フレーム厚も薄くなっているので、スペック上でも振り抜きが良さそうなのが伝わってきますね。 RA値はラケットの剛性を意味し、低ければ低いほどしなりやすいとイメージしてくれれば良いと思います。 RA値が70を超えると堅いラケット(反発性重視)のイメージです。 【参考:Babolat ピュアドライブのRA値は71】 スペックだけを見ると弾きが強くて「堅い」のではと予想してしまいましたが、そんなことはなく、フレーム厚が薄くなっているからか、ボールを乗る感触が心地よく感じられました。 そして、それによるコントロール性能もかなり感じました。 RA値が70ということでラケットの剛性が強いため、硬いのですが、「乗る」感覚が確実にあり、乗りながらもボールは重くなく、良いボールが行くのでかなりいい感じです。 ホールド感がしっかりしてくるとボールに押される感覚が強くなり、スイングの邪魔をしてしまうリスクが高まります。 これにより自身のスイングができなくなり、ボールに合わせてスイングするようになってしまうこともありますので、ホールド感があることが必ずしも良いわけではありません。 このホールド感を「心地いい」でとどめている優れたラケットと言えます。 ストリングの感覚とフレーム剛性のバランスが絶妙だからですね。 ストロークでは心地良い柔らかな打感を感じたものの、サーブで芯を捉えたときは打感はスッキリしていました。 フレーム剛性があるので、ボールの衝撃をうまく跳ね返せているのだと思います。 ボレーのときも、ピュアドラの持つパワー感があるおかげで、パワー負けで面がブレることがほとんど無いので心地良い打感を味わうことができました。 球離れはピュアドライブ同様早めではあるのですが、やはりフレーム厚が薄いことで、スッキリした中にしなりを若干感じることができたので、ピュアドライブよりも掴む感覚が強いです。 ピュアドライブだとちょっと飛びすぎるという人にちょうどいい反発感があります。 98平方インチのラケットの中では反発性は高いです。 今回試打したピュアドライブVSは他の98インチモデルの中ではパワーがある方です。 とはいえ、ピュアドライブの現行モデルも旧モデルよりはパワーを抑えてありますのでピュアドライブVSはそれよりも少しパワーを控えめにしてあるイメージです。 98平方インチのモデルの同社製品にピュアストライクがありますが、これよりは反発感が強めです。 今までピュアコントロールツアー+スマート125を使用していたときは相手の打球に負けまい、良いショットを打とう、といった考えで無駄な力が入ってしまう事が結構な頻度でありました。 それに対して、ピュアドライブVSは今までのスイングよりも軽い力で良い打球が飛んでいくのがわかりました。 現代テニスはスピン性能が非常に注目されています。 強い打球はスピンをかけてコートに収めなければならないからです。 ピュアドライブVSは十分なスピン性能を持っているので安心してください。 とはいえ、ピュアドライブよりも競技者向け仕様になるのでしっかりとボールを潰して回転をかける意識が無いと弱々しい打球となってしまいます。 私自身、普段はスピンを意識するあまり、擦り気味で弱々しいボールを飛ばしてしまうことが多いのですが、フラットドライブの意識で しっかり厚い当たりで振り切るような意識をしてスイングすると、ライン際に鋭く落ちる打球が打てました。 擦ろうと意識がつよくなると、下から上へのスイングイメージがつよくなり、ガシャリも多くなりがちですが、フラットで当てるような意識で振り抜くとしっかりとスピンが掛かりました。 98平方インチだとフェイスサイズは見た目上はあまりわかりませんが、スイングした時の振り抜きの良さは感じることができました。 個人的にはウイルソンのBLADEよりも使いやすかったですね。 振り抜きが良いのでスイングスピードは今までのラケットよりも速くなり、それでいてパワー負けもせず、スピンもかかるため、相手にとっては厳しいボールが行っているのがわかりました。 黄金スペックのスピン系ラケットだと、こすってもそれなりにボールを飛ばせて、もちろんこのラケットも同様のことができるのですが、ピュアドライブVSは厚めにインパクトして振り抜けば フラットドライブが気持ちよく打てるので擦りにいくイメージを持つ必要はないですね。 打感も重くなく、軽めでありながらホールド感は感じられるので、自分のフォームを崩すことなく、安定したストロークを打ち続けられたのが印象的でした。 ブロックリターンも思い通りに打てると思います。 どのラケットにも共通で、ドロップショットやドロップボレーなどのタッチ系のショットは多少の慣れが必要ですが、1時間も試打していると感覚がわかるのでコントロールしやすかったです。 パワー系のラケットだと思ったより長くなってしまったり、抑えようとしてネットしたりといったことが多々あるのですが、アシストがちょうどよいからコントロールしやすいですね。 ただ、注意しなければならないのは、スイートスポットから外れたショットになってしまったときは、打ち負ける感覚が強くなりますので、ガシャることが多い人は注意が必要ですね。 Babolatのコントロール系モデルのピュアストライク。 フレーム厚も同程度でRA値70でスペック上異なるのはラケット重量とフレームの形状。 角張ったボックスよりのフレームなのでホールド感がピュアドライブVSよりもあるかなと言う感じです。 反発性能はピュアドライブVSのほうが高いので、ピュアストライクのほうがハードよりですね。 しかし、その差はわずかで、差し込まれたときのショットで打ち負けるかどうかだとか、あと少しパワーが欲しい場合はピュアドライブVSを選択すると良いかなと思います。 ピュアストライクのほうがスイートスポットを狭く感じやすく、より衝撃が伝わりやすい印象です。 Babolat PUREDRIVE.

次の

徹底比較!ピュアドライブとピュアストライク どちらがいい!?

ピュア ドライブ

そうだよ! これが【ピュアドライブ】!エレクトリックブルーが目に鮮やか ついに、ピュアドライバー待望の最新【ピュアドライブ】が発売されました。 なんと驚くほどの青さ。 鮮烈なブルーは「エレクトリックブルー」と名付けられ、過去の長いラケット史にも、まったく存在しなかったコスメティックカラーで、【ピュアドライブ】=青という「定理」を突き付けられたような威圧感に満たされます。 「青」というコスメティックカラーは、テニスラケット業界では「売れない」というジンクスで覆われていました。 それをひっくり返してしまったのが【ピュアドライブ】ですが、まさかここまで真っ青にしてしまうとは、驚きでした。 でも下品なドギツさはまるでなく、鮮烈だけど優しさもある、なんとも絶妙な色の選択であるような気がします。 コスメティックの表面処理は「マット(ツヤ消し)」ですが、微妙にパールを吹いてあるので、上品でしっとりとした輝きがあるのです。 アクセントは、ホワイト&ブラックで、2色がダブルラインの左右に振り分けられ、片側がブラックで、逆側がホワイトの非対称です。 そしてシャフトには、斜めに「DRIVE」の文字が大胆にあしらわれていて、それもまたダブルラインのカラーとカップリングさせてあります。 個人的な感想ですが、この色は「気持ちいい蒼空」を感じさせます。 プレーヤーを明るい気分にしてくれるコスメティックデザインは、メンタルに好影響を与えてくれる「機能」と言えるでしょう。 使っていて楽しい気分にさせてくれる新【ピュアドライブ】は、唯一無二のテニスラケットと言えるのではないでしょうか。 良いものはどんどん採用する 前向きバボラが選んだ「アエロ化」 バボラ【ピュアドライブ】の進化のしかたは、時代のスタイルに合わせ、目には見えない部分で……しかしながら感覚的には明らかに感じられる強さで進んできました。 コスメティックは、毎回、大胆にチェンジしていきますが、形状的には「んっ? どこが変わったの?」というレベルで、そう簡単には見つけられないのですが、今回ははっきりと確認できることがたくさんあります。 その一番が「フェイス部の外周が平滑化した」、つまり【ピュアアエロ】に採用されている、空気抵抗を極限まで減らすためのアエロテクノロジーを搭載したことです。 従来モデルは、外周フレームには凹みがあり、その凹みにグロメットスリーブが通りますが、グロメットスリーブはウーファー搭載を感じさせる凸凹したものでした。 ところが新作【ピュアドライブ】は、どこから見てもツルンとしているのです。 ウーファー特有の凸凹形状はグロメットの内部に格納され、表面を平滑化したグロメットが、フレームの凹みを隙間なく埋め尽くすことで、フレーム外周がきれいにツルンとするわけです。 これによってスイング時の空気抵抗が減ります。 「そんなわずかな空気抵抗の差なんか、まるで感じないよ」とおっしゃる方もいらっしゃいましょうが、じつはそうバカにできないものなのです。 空気抵抗減少は、スイングを高速化するという効果はもちろん、パワーセーブとしても機能するのです。 【バボラプレイ】によって判明したことですが、一般的オールラウンドプレーヤーでは、1試合に400〜600スイングするようです。 1スイングでは、わずかな差でしかないでしょうが、従来よりも軽快に振れてしまうため、それだけ少ないパワーでスイングすることができるわけです。 もしも3セットマッチになれば、ファイナルセットにはきっと「その違い」が現われてくることでしょう。 【ピュアアエロ】で効果を確認できた機能は、積極的に【ピュアドライブ】にも採り入れていく。 元々、【ピュアドライブ】をアエロスタイル化したのが、今日の【ピュアアエロ】であり、そちらで効果があると評価されたものをもう一方に搭載するというのは、当然のことかもしれません。 言うなれば、【ピュアドライブ】と【ピュアアエロ】は、互いに絡み合いながら進化を競い・共有してゆく「バボラの双頭の鷲」のようなものではないでしょうか。 振動減衰・衝撃緩和が劇的に進化。 シャフト素材に染み込んで機能する そしてもう一つ、目で確認できることが「コアテックスが見当たらない」ことです。 2006年モデルで初めて搭載された『コアテックスシステム』は、シャフトの外周から機能して、打感の邪魔になる振動を除去するタイプでしたが、2012年モデルでは、打球の高速化に伴う衝撃の増大に対処するため、シャフトとグリップの間に設置されました。 そして今回の2018年モデルは、その機能を、フレームを構築するカーボン積層の内部に組み込んでしまったのです。 自動車や航空宇宙産業において、目に見えない地味な分野でありながら、きわめて重要なシステムである振動対策テクノロジーであり、それを世界的にリードする【SMAC社】と協力して、同社の新素材をシャフト部のカーボン積層に組み込んだのです。 この新システムのおかげで、打球フィーリングには雑味がなく、ぐっとマイルドで、腕に優しくなりました。 振動&衝撃を、「外から制御する」「途中でカットする」のではなく、「伝わってこないシャフトにする」という考え方に至ったのです。 ストリングパターンが変わりました。 前作で「先で打つ傾向に対応して、スウィートスポットを3. 5cm、面の上方へ引き上げる」変更を行ないましたが、その機能を残しつつ、下方へもスウィートエリアを拡大するストリングパターンへの変更に踏み切ったのです。 【ピュアドライブ】を使うプレーヤーは、膨大であり、さまざまなスタイルが存在するわけです。 たしかにトッププロや若きエキスパートたちは、どんどんフェイス先端の高速加速を活かした打法へとシフトしていますが、すべてのプレーヤーがそうであるわけではなく、エキスパートたちの中にも「センターで打つ」プレーヤーがたくさんいるのです。 バボラはこれを『FSI POWER』と呼んでいます。 日本でも、トッププロのフィーリングテストや、発売直前に行われたイベント『BABOLAT BLUE NIGHT』で、多くの方の打球インプレッションをヒアリングしました。 その中で多くの方が口にしたのが「マイルドになった」「ボールの喰い付き感が増した」「ストリング面から飛び出すときの加速感がスゴい」ということです。 じつは、この3つのコメントは、インパクトにおける一連の事実の組み合わせなのです。 新しいコアテックスシステムが、不快な振動と衝撃感を抑え、FSI POWER がボールとの接触時間を延長させ、さらには高速で打ち出すわけです。 それによって打球へのスピン供与が効果的に行なわれ「伸びやかに高速で飛んでいくのに、相手ベースラインの手前でググッと落ちる!」というコメントが生まれるのです。 えっ? 「そんなことはない」って……?試してみてから言ってください!.

次の