滝沢カレン ビーフストロガノフ レシピ。 【話題の本】『カレンの台所』滝沢カレン著 独特表現、センスの料理解説

滝沢カレン初のレシピ集! 独特すぎる説明で話題となった「鶏の唐揚げ」など30品以上を収録 | ガジェット通信 GetNews

滝沢カレン ビーフストロガノフ レシピ

母と食の好みが違って、 食べたいものを作りはじめたら 料理好きに(笑) 「小さい頃から自分の食べたいものがはっきりしていまして、それが母と違っていましたから、じゃあ自分で作ろうって思って。 驚かれることが多いんですが、私、週5回は自炊しています(笑)。 自分の好きなものを食べたいと始めた料理ですが、母や友達など一緒に食べる相手の方のことを思ってレシピを考えさせていただくことが多いです。 作れば喜んでいただけますし、体形キープや美肌作りにも一役かってくれますから、お料理っていいことばかりすぎる! 今は、仕事の息抜きにもなっています。 ハーフだから洋食を食べていると思われがちですが、おばあちゃんっ子だった私は和食党。 手料理も、和食すぎます。 私の作る料理は、手軽に作れるうえに、栄養バランスもいいはず(笑)。 今回紹介させていただいた得意料理ピーマンの肉詰めも。 【中】料理は見た目や色合いも大事。 茶色くまとまりすぎなタコスライスはトマトの赤で一工夫。 【右】料理番組を参考にして作ったビーフストロガノフ。 自炊ですと、カロリーが増えるお米の量を調整できるのもよすぎるんです。 お麩はおろし金で粉状にして、牛乳と合わせておく(A)。 れんこん、かぼちゃは食べやすい大きさに切り、オクラ、ラディッシュは半分に切る。 ラップをしないで電子レンジ(600W)で2分、一度混ぜてさらに1分加熱して、粗熱を取る。 片面が焼けたら裏返し、酒を回し入れて蓋をして、蒸し焼きにする。 器にそれぞれ盛り付ける。 煮立ったら火からおろし、ハンバーグにかける。 作り方• 玉ねぎはみじん切りにしてオリーブオイル小さじ2を混ぜて耐熱皿に入れ、ラップをしないで電子レンジ(600W)で2分加熱して粗熱をとる。 Aのパン粉、牛乳は合わせておく。 ピーマンの内側に薄力粉を薄くまぶして、肉たねを詰める。 焼き色がついたら横に倒して、ピーマンの側面を転がすようにフライパンを動かしながら3分ほど炒める。 Bを加えて蓋をして、蒸し焼きにする。

次の

滝沢カレンのレシピ本『カレンの台所』

滝沢カレン ビーフストロガノフ レシピ

料理のレシピ本と言えば、何グラムや何㏄、擦り切れやひとさじ、強火弱火や、何分待つなど、手順が細かく決められています。 中には意味の分からない表現があったりすると、そこで 料理がストップしてしまうことも…。 そういう点が料理を難しく感じる点ではないでしょうか? しかし、今回話題になている滝沢カレンさんのレシピ本には、 料理の専門用語や調味料の分量は一切出てきません(笑) さらに、手順の表現が説く独過ぎて「言葉のセンスが最高すぎる」「文章が天才的すぎる」「もっと読みたくて気になる」と、話題になっています。 そこで今回は 【滝沢カレンの超感覚レシピ本「カレンの台所」には分量が書いていない?見るだけで楽しい!】ということについてまとめてみました。 スポンサーリンク レシピ本の中の文章一例!• お醤油を全員に気付かれるくらいの量• 二の腕気にして触ってるくらいの力で鶏肉をさらに最終刺激• 無邪気にこんちくしょう• きゃぴきゃぴ何も言わなくなったら出してくれの合図• 満タンの鶏肉を一気にパサパサ雪世界に• お砂糖を笑わない量ギリギリ入れる このように、あまりにも 表現が独創的なので、ネット上でもまたたく間に話題となりました。 プロのシェフをもってしても、「滝沢カレンの唐揚げレシピと比べると何て自分は文章のセンスがないのだろうと落ち込む」と言わしめました。 (笑) 「カレンの台所」では、イラストで作り方の補足説明もしてあるので、レシピ本として実用的に使えるようになっているとのことです。 また、 掲載レシピは全30品となっています。 どれも美味しそうで魅力的で、作ってみたくなります! 滝沢カレンのおすすめは? 滝沢カレンのおすすめ料理は、「ビーフストロガノフ」です。 — 5円で eccea94d25a64ae 滝沢カレンさんのレシピ本ほしい笑 おもしろそう 計らないし計量スプーン捨てたって笑 ストーリーせいになってて毎日味が違うって😂 — 🧸 mmchristomho 面白すぎる。 超越的レシピ本。 — まゆゆちゃん djmayuyuri 滝沢カレンの超感覚レシピ本「カレンの台所」には分量が書いていない?見るだけで楽しい!のまとめ 滝沢カレンの 超感覚レシピ本「カレンの台所」には分量が書いていない?見るだけで楽しい!ということについてまとめてみました。 実際にカレンさんのレシピで料理を作った人からは、「分量が書いていないのになぜかわかりやすい」、「文章が印象的なので、一度作ったら忘れない」など、大好評です! 1つのメニューができあがるまでの工程がまるで物語のようになっていて、 実際に作らなくても読むだけでも面白い内容になっています。 また、 イラストで作り方の補足説明もしているので、レシピ本として実用的に使うこともできます(笑) あなたもぜひ、滝沢カレンさんの感覚料理を楽しんでみてはいかがですか?•

次の

カレンの台所エビチリレシピがもはや哲学!でも美味しく出来る不思議|ももさくライフ

滝沢カレン ビーフストロガノフ レシピ

作り方• 1.エビの殻をむき、背ワタを取ります。 2.丸裸にしたエビは、ボウルに入れ、すりおろしたショウガとお酒を 振りまかしてあげます。 (すりおろしたショウガとお酒は、 エビの入浴剤のようなものです。 つけておくと旨味をどこからか引き上げてくれるけれど、 人間がお風呂に入った翌日に入浴剤の匂いがついていることはないように、漬け込むショウガとお酒の量は、多くても少なくても、それほどびっくりする違いにはならないので、 あまり細かい分量は気にせずに!)• 3.長ネギの白い部分も真ん中から縦二つに切り、刻みます。 大きさは、エビにとっての「名刺サイズ」くらいです。 4.水溶き片栗粉を少し作り、エビに纏わせます。 5.フライパンを熱し、ごま油をひいて、エビを投入します。 6.エビに火が通ったら、ネギを入れます。 7.更にケチャップと豆板醤を入れます。 豆板醤の量は、 ビー玉くらいです。 8. 二口飲む程度の水を加えます。 9.全体の色が真っ赤になってきたら、 ケチャップの量から比べると、腰が引けた遠慮さで、酒、砂糖をちりばめます。 軽く塩コショウをふり、水溶き片栗粉を入れ、最後に、酢をお好み量入れて味を整えます。 お皿に盛り付けたら、完成です。 もうどこからツッコんだららいいのか、わかりませんw 4. の工程は、まともですね。 豆板醤のビー玉くらいもわかります。 (化粧品とか、よくパール1粒分とか言いますもんね) 私が一番謎なのが、「エビにとっての名刺サイズ」??? まあ、でも「細かいことは気にしない!」と言ってくれているので、気軽にチャレンジできそうですね!.

次の