ボサノバ カサノバ。 ボサノバとは?簡単にわかるジャズとボサノバの違い [ジャズ] All About

ボサノバ音楽とはコレ!おすすめのオシャレな名曲10選も紹介

ボサノバ カサノバ

ジャンルでさがす• これから出る本をさがす• フェア• ジャンルでさがす• ジャンルでさがす• 電子洋書• フェア• ジャンルでさがす• 和雑誌• 海外マガジン• これから出る本をさがす• 和雑誌• フェア• 海外マガジン• ジャンルでさがす• DVD• フェア• ジャンルでさがす• フェア• 北海道・東北• 北関東・千葉• 神奈川• 中部・北陸• 中国・四国• Disc 1 No. タイトル 演奏時間 1 INTRODUCTION 演奏者:ボサノバ・カサノバ 作曲者:田村庄一 作曲者:吉沢秀人 編曲者:大石彩乃 曲のコメント:Instrumental 2 Shining On My Love アーティスト:ボサノバ・カサノバ 作詞者:田村庄一 作曲者:田村庄一 編曲者:ボサノバ・カサノバ 編曲者:大石彩乃 3 恋のゆくえ アーティスト:ボサノバ・カサノバ 作詞者:田村庄一 作曲者:田村庄一 編曲者:大石彩乃 4 Sea Side Vacation アーティスト:ボサノバ・カサノバ 作詞者:田村庄一 作曲者:田村庄一 作曲者:吉沢秀人 編曲者:ボサノバ・カサノバ 編曲者:大石彩乃 5 想い出にならない… アーティスト:ボサノバ・カサノバ 作曲者:岩代太郎 編曲者:長池秀明 テレビ主題歌・挿入歌:CX系ドラマ「君といた夏」メインテーマ/ボーカルバージョン 6 Motel No.9 演奏者:ボサノバ・カサノバ 作曲者:吉沢秀人 編曲者:ボサノバ・カサノバ 編曲者:長池秀明 曲のコメント:Instrumental 7 Lady LAYLA アーティスト:ボサノバ・カサノバ 作詞者:田村庄一 作詞者:吉沢秀人 作曲者:吉沢秀人 編曲者:大石彩乃 8 You Will Never Know アーティスト:ボサノバ・カサノバ 作詞者:田村庄一 作曲者:田村庄一 編曲者:ボサノバ・カサノバ 編曲者:大石彩乃 9 真夏の太陽 アーティスト:ボサノバ・カサノバ 作詞者:田村庄一 作曲者:田村庄一 作曲者:吉沢秀人 編曲者:大石彩乃 10 I Love You More Than You アーティスト:ボサノバ・カサノバ 作詞者:田村庄一 作曲者:田村庄一 作曲者:吉沢秀人 編曲者:大石彩乃.

次の

ボサノバの名曲10選【おすすめのボサノバを美人女性ミュージシャンの演奏でご紹介】

ボサノバ カサノバ

BOSSANOVA CASSANOVA 出身地 ジャンル 活動期間 - レーベル イースタンゲイル ( - ) ( - ) パパラギレコード ( - ) メンバー Sho1(・) 吉澤 秀人(ボーカル・ギター) BOSSANOVA CASSANOVA(ボサノバ・カサノバ)は、SHO1(田村庄一)と吉澤秀人による日本のである。 パパラギレコード所属。 愛称は「ボサカサ」。 正式記載表記はアルファベットの大文字で「BOSSANOVA CASSANOVA」。 カタカナの場合「ボサノヴァ・カサノヴァ」が正しい。 しかし商業的に明解に「ボサノバカサノバ」と使用している。 を始め、様々なアーティストへの楽曲提供・ライブサポートを行い、としても活動している。 この節のが望まれています。 1980年頃 SHO1:群馬県前橋市在住。 群馬県立前橋工業高校金属工業科在学中は主にギター弾き語りスタイルにて活動。 主にさだまさし、松山千春、井上陽水などの第二次日本フォーク世代のカヴァーをたしなむ。 吉澤秀人:群馬県前橋市出身。 現在は神奈川県藤沢市在住(2013年現在)。 群馬県私立東京農大ニ高在学中は中学時代の友人(石田修身、原田雅俊)らとチューリップのコピーバンド「地球塵(ちきゅうじん)」を結成。 主なメンバーにはのギタリスト香川誠(当時ドラムス)がいた。 ちなみにSHO1はROGUEの(VO,)と高校三年間同じクラスであったのは有名である。 1982〜1984 SHO1と吉澤は、時同じくして別の場所にてバンド活動。 吉澤秀人は神奈川県私立横浜商科大学在籍中になどさまざまなカヴァーバンドを渡り歩き、後に東京のロックバンド「モダングレイ」のベースを担当。 1986 SHO1 本格的にソロ活動を開始。 当時周りのミュージシャンはカヴァー演奏が流行するにも、自分はオリジナルで勝負したいと創作活動、及び編曲を独学しはじめる。 同じ頃、当時 神奈川にいた吉澤秀人もSHO1と同じくオリジナル曲をひとりに勤しむ。 SHO1 当時コミュニティFMの先駆けとなるFM西武のジングルや当局のレギュラー番組も担当。 SHO1の当時好きだった、さだまさしなどのトークの影響からか、その頃から喋りの才能の頭角を現してきている。 SHO1と吉澤 お互い高校を卒業後、音信不通だったふたりだったが、SHO1が当時演っていた「ひとりアカペラライヴ」のゲストに吉澤秀人を呼んだことが後のボサカサの結成のきっかけとなった。 その時、一緒に演った曲は、PINK CLOUD「SWEET MY BABY」、佐野元春「情けない週末」。 これをきっかけに、お互いのオリジナル曲を聴かせ合うようになる。 これは吉澤も当時カヴァー曲を演奏するのにも飽きており、オリジナル曲を創作していたことが「時同じくして別の場所で相重なったということが不思議な縁だった」とその後、SHO1は語っている。 1988 7月7日、現在のメンバーであるSHO1(田村庄一)と吉澤秀人の2人にて「BOSSANOVA CASSANOVA」結成。 結成当時のグループ名称は「庄一と秀人」。 ファーストカセットアルバム「SEA SIDE SHE SAID」リリース。 瞬く間に地元界隈にて完売。 同年 クリスマス限定カセットアルバムをリリース。 1991年夏 彼らの共通の友人であった石田修身(パーカッション)を迎え、2本組セカンドカセットアルバム「ISONO」リリース。 1991年冬 サードカセットアルバム「DONA-DONA」リリース。 後の「キューピー」に収録される「ボサカサショー」の前身とも取れる「ボサカサショー」が収録されている。 その頃、群馬を拠点とするオルタナティブロックバンド「キタマクラ」のメンバーだった、それもまたよし(道木正之(BASS)) をヘッドハンティング。 1992年 ライヴカセットアルバム「ボサカサ(通称:キャラメル)」(前橋ガーシャレーベル)よりリリース。 メンバーも増え、この頃から、ライヴの拠点を関東全域に伸ばす。 主な定期ライヴ出演は「渋谷TAKE OFF 7」「前橋ガーシャ」。 前橋ガーシャでは徐々に動員を増やす。 1992〜1994 巷では「アマチュアコンテスト荒らし」と呼ばれる。 YAMAHA、KAWAI、または、FM群馬「ロッカーズ」などにも選抜され数々のおいしい伝説を残す。 同年、リクルート主催のアマチュアコンテストにて優勝。 メジャーデビューへの切符を手にする。 その手引きをしてくれたのが現(有)パパラギ代表取締役の神田道広(通称:ピューピュー道広)である。 1991 神田とボサカサの出会い。 神田は群馬県前橋市の「夢スタジオ」の第一回アマチュアバンドコンテストの審査委員長。 そのコンテストで優勝したのがボサカサだった。 神田は当初審査委員長をする者が欠席になり、その代役だった。 まさにボサカサと神田の「運命の出会い」となる。 その打ち上げの席で神田はSHO1に「うちの主催する東京のコンテストに出てみないか」と声をかける。 そして前記「リクルート主催 バンドバッカース」アマチュアバンドコンテストにておよそ1000組の中から奇跡的に優勝を果たす。 1994年3月 石田修身、それもまたよし 脱退。 1994年4月21日、「恋のゆくえ」でイースタンゲイルから現在のメンバーにて。 販売元• 1995年 森山良子の旦那経営の「メタフォーン」に移籍。 2000年〜 パパラギレコード所属。 販売元「夢街名曲堂」。 2012年 SHO1 1984年以来休んでいたDJを再開。 地元群馬や静岡などでDJとしても活躍している。 また、吉澤はソロとして数々のミュージシャンのサポートとしても活躍中。 Tacoske Records) メンバー [編集 ] Sho1(田村 庄一、たむら しょういち) 、。 生まれ、血液型は。 愛称は「しょうちゃん」「しょういち」など。 吉澤はSHO1を「しょうべえ」「たむたむ」と呼ぶ。 「歌を唄えば女が騒ぐ 歌をやめれば事務所が騒ぐ」 吉澤 秀人(よしざわ ひでと) ボーカル、ギター。 群馬県前橋市出身。 生まれ、血液型は。 愛称は「ひでくん」。 SHO1は吉澤を「ひでひで」「髭旦那」と呼ぶ。 「ギター持たせりゃ朝までOK ギターはずせばナマケモノ」 ディスコグラフィ [編集 ] アルバム [編集 ]• (1994年8月24日、イースタンゲイル)• (1995年7月21日、イースタンゲイル)• (1995年11月22日、イースタンゲイル)• (1996年7月24日、)• (1997年7月24日、ビクターエンタテインメント)• (2002年1月1日、パパラギレコード)• (2004年7月7日、パパラギレコード)• (2004年12月16日、パパラギレコード)• (2008年6月21日、パパラギレコード)• (2010年7月7日、パパラギレコード)• LOVE 'N' LOVE(2018年4月4日、タコスケレコーズ) シングル [編集 ]• 恋のゆくえ(1994年4月21日、イースタンゲイル) - 真夏の太陽• 思い出にならない(1994年8月3日、イースタンゲイル)• Be Happy (1995年5月24日、イースタンゲイル) の番組テーマ曲として使用された。 今夜はふたり水入らず(2005年11月5日、パパラギレコード) この曲は彼らがDJを担当しているの内の企画から生まれた。 星の数ほど抱きしめて(2009年7月7日、パパラギレコード) 静岡県内の「アートビューティ」のCM曲として使用。 広瀬川ろまん(2017年、タコスケレコーズ) 出演番組 [編集 ] ラジオ [編集 ] メンバーの出身地であるの他に、のFMでも長年に渡って番組を担当していた。 また、末から初頭にかけてののオープニングとクロージングテーマを歌唱していたこともある。 現在 2019年4月現在。 ボサノバカサノバSHO1の〜ギリギリアウト!〜(2018. 9〜現在)共演・神宮八重、おっきりこみぞー(下仁田ウェブラジオ) 過去• ボサノバカサノバ〜うーんFEEL SO GOOD〜()• ボサノバカサノバのセカンドキッス()• ボサノバカサノバ タイトル不明()• ボサノバカサノバのレインボープールサイド()全国19局ネット• ボサノバカサノバ MUSIC シュラスコ()• ボサノバカサノバ~今夜はフリー・フォー・オール()• ボサノバカサノバ・LoungeAffair (K-MIX)• 初老無情の響きあり(K-MIX)初老太郎・次郎名義、パーソナリティ番組ディレクター久保田克敏• ボサノバカサノバ グレートギャッピー(K-MIX パーソナリティ• ボサノバカサノバのフォー・ユア・ラブ()• (K-MIX、2003年4月-2013年3月30日・土曜11:00-12:55)共演・• FRIDAY CAFE(FMぐんま)パーソナリティ SHO1、織田亜希子(2006. 7 、(2010. ゴールド72(FMぐんま)パーソナリティ SHO1、旭夏子(2009. ()パーソナリティ 里村衣美、(FMぐんまアナウンサー)2011. 8 山岸あきか(2012. 3) テレビ [編集 ] 過去• サンタドリーム(静岡第一テレビ) 関連項目 [編集 ]• - 作品「」に参加。 「夢の扉」、「twelve seasons 〜4度目の春〜」他。 竹内トオル 2002・10・14、以前より高崎駅西口界隈で飲み遊んでいた竹内を美容師・新井昇司が営む高崎駅西口にある美容室「TRIP」にて行われたBOSSANOVA CASSANOVAのライブに竹内は観客として招かれる。 (ライブサポートメンバーはそれもまたよし) この日、竹内は新井より「持ってる楽器、全部持ってきてよ」と言われ、竹内はキーボードと二胡を持参。 次月からの「マンスリー・デュフォレライブ」に出演することになる。 脚注 [編集 ]• 2003年2月20日時点の [ リンク切れ]よりアーカイブ。 2013年5月6日閲覧。 外部リンク [編集 ]• 2003年2月12日時点の [ リンク切れ]よりアーカイブ。 2013年5月6日閲覧。 (K-MIXの旧・プロフィール) Sho1• Sho1tacoske -• 2013年1月26日時点の [ リンク切れ]よりアーカイブ。 2013年4月27日閲覧。 2005年3月6日時点の [ リンク切れ]よりアーカイブ。 2013年4月29日閲覧。 2013年1月26日時点の [ リンク切れ]よりアーカイブ。 2013年4月27日閲覧。 2005年4月8日時点の [ リンク切れ]よりアーカイブ。 2013年4月29日閲覧。 この項目は、に関連した 書きかけの項目です。

次の

マクドナルドの「謝罪」は、何を間違えたのか

ボサノバ カサノバ

生涯 [ ] ジャコモ・カサノヴァは、に生まれた。 彼の母親は女優ザネッタ・ファルッシ、その夫は俳優ガエタノ・ジュゼッペ・カサノヴァであったため、息子ジャコモは姓「カサノヴァ」を名乗った。 しかし、ジャコモの実の父親は、この夫婦がこの時期に所属していたサン・サムエーレ劇場の所有者である貴族、ミケーレ・グリマーニであると考えられている。 ジャコモは母ザネッタが産み、成人した5人の子供のうち最も年長だった。 弟フランチェスコ(1729年生)はやはり、弟ジョヴァンニ・バティスタ(1730年生)、妹マリア・マグダレーナ・アントニア・ステッラと弟ガエタノ・アルヴィジオ(ともに1732年生)は、ガエタノを父として生まれている。 両親ともその子供達にほとんど関心をもたず、ジャコモは彼らに肉親としての情をもって接することはなかった。 後にジャコモも数多くの婚外子をもつことになったが、彼の両親と同様、彼らにほとんど関心を示すことはなかった。 法律上の父ガエタノは1732年に亡くなる前、グリマーニ家に彼の家族の養育義務があることを訴えていた。 このおかげでジャコモはの寄宿学校に入学し教育を受けることができた。 これは当時、中流あるいは上流家庭の子息だけが望みえた境遇である。 彼は学生として素晴らしい才を発揮し、教師たちの寵愛を得た。 天性の鋭い頭の回転、旺盛な知識欲そして常に探究心をもつ子供であった。 彼が異性と接触をもったのもまたこの学校時代だった。 初めてのオーガズムは、11歳のとき教師の妹が与えてくれたという。 では倫理哲学、化学、数学そして法学を学び、16歳にして法学博士号を得た。 カサノヴァは薬学にも深い関心を示した。 後年彼はその道を極めなかったことを後悔したのだが、それでもアマチュアの薬剤師としては熱心で優秀であった。 にカサノヴァはヴェネツィアに帰り、教会の聖職者として法律実務を行うようになる。 彼は76歳のヴェネツィアの老評議員アルヴィーゼ・ガスパロ・マリピエロにうまく取り入った。 マリピエロは若きカサノヴァをヴェネツィア最上の社交サークルに紹介し、極上の料理とワインを教え、社交界ではどのように振舞ったらいいかを教えた。 カサノヴァのセックスに対する関心はいよいよ本格的となり、彼はある時はこちらの女性、またあちら、と遍歴を繰り返し、教会での仕事など忘れ去ってしまった。 こうして彼の教会での仕事は短期間で終わってしまう。 彼はの下級士官職を金銭で得、に短期間駐留した後、に赴く。 しかし彼にとって軍務は退屈で昇進も遅いもののように思われたため退役し、ヴェネツィアに戻り、食いつなぐため実の父グリマーニの運営するサン・サムエーレ劇場のヴァイオリニストとなる。 21歳のとき、ふとした偶然から彼は貴族ブラガディン家の一員の命を救い、その貴族はカサノヴァの終生にわたるパトロンとなった。 少女をレイプした嫌疑(後に無罪となる)を掛けられたカサノヴァは1748年、23歳でヴェネツィアを発ち、ヨーロッパの大都市、、、そしてを放浪する。 1753年に故郷ヴェネツィアに戻るが、2年後の1755年には彼の魔法・妖術に対する関心があだとなり宗教裁判所で有罪を宣告され、総督宮殿に隣接した有名な「鉛の監獄」I piombiに収監される。 実のところは、娘との交際に怒った有力貴族が、カサノヴァのフリーメーソンとの関係を告発したためであることが、公文書館所在の記録により判明している。 5年間をそこで過ごした後、カサノヴァはこの最も警戒厳重な監獄からの脱獄に成功し(カサノヴァ以後脱獄を成功させた者はいない。 1月5日、による暗殺未遂事件の同日であった。 1760年頃からカサノヴァは自らを「サインガルトの騎士」Chevalier de Seingaltと称するようになる。 時には母親の旧姓をとって「ファルッシ伯爵」とも名乗った。 には、の収拾のためフランスがで開催した国際会議に、カサノヴァはの代表使節の一員として参加している。 カサノヴァはその生涯において、多くのヨーロッパの大都市を訪れ、スキャンダルの故をもってそのほとんどから追放の憂き目に遭っている。 にはの首都で、共和国の(巨大貴族)で後にポーランド史最大の政治事件「」の首謀者の一人となるポーランド人伯爵と、双方の友人である現地のイタリア人女優をめぐる争いからでし双方とも負傷、カサノヴァは国外退去処分となっている。 このときカサノヴァが左手に負った傷は深く、医師たちはことごとく左手の切断手術を薦めたが、これを拒否してなんとか自然治癒させている。 彼は1785年に隠棲し、・デュックス(現領)において宰相ヨーゼフ・カール・フォン・ヴァルトシュタイン伯爵の司書となり、同地で自伝を著すなどした後73歳で亡くなった。 その晩年は退屈で苦痛に満ちたものだったらしい。 伯爵との仲は悪くはなかったが、伯爵は司書カサノヴァにかまってやれる時間がほとんどなく、食事時も無視しがちであり、賓客をカサノヴァに紹介してやることもなかった。 老人カサノヴァは伯爵の居城内の他の使用人全てに嫌われ、意地悪の対象となっていた。 カサノヴァがその華やかな恋愛遍歴を享受した理由の一つは、彼が多くの同時代人と異なり、彼自身の快楽と同時に、その交際する異性の側の快楽に常に注意を払っていたことにある。 彼は誘惑者としてばかりでなく、誘惑されることにも喜びを見出しており、また多くの美女を同時に愛し、激しい恋愛のときが終わったずっと後に至るまで、それら異性を人間として同等の存在として尊敬し、親交関係を維持した。 彼はまた数人のともベッドを共にし、またにも生涯を通じて関心をもっていた。 ともまた彼の人生と不可分だった。 ギャンブルは異性の次に彼が情熱を傾けたものであり、さまざまのものに賭け事を行い、ある時は勝ちまたある時は全財産をすったこともあった。 パリで彼は国営のを創始してひと財産を成したが、絹織物工場への投資が失敗して全てを失っている。 言うまでもなく彼の最大の才能はベッドの上で発揮されたが、同時代人にとってのカサノヴァはそれ以外の面でも傑出した存在だった。 の大政治家シャルル・ド・リーニュはカサノヴァを彼の知りえたうち最も興味深い存在であると評し「この世界に彼(カサノヴァ)が有能さを発揮できない事柄はない」とまで言っている。 またランベルク伯爵は「その知識の該博さ、知性、想像力に比肩しうる者はほとんどない」と記している。 カサノヴァがその生涯にわたる遍歴において知遇を得た人物には、教皇、、(カサノヴァの美貌に関してコメントを残している)、、(カサノヴァにを教えたともいう)、、などがいる。 彼はまた『』初演()に列席しており、また同オペラでの台本に最後の筆を入れたのではないか、との説も唱えられている。 近年、カサノヴァが脱獄後もヴェネツィア共和国政府に遍歴先の政府の機密情報を流していたことが公文書館記録により明らかになった。 これによって、カサノヴァがヴェネツィアに帰国を認められた理由がスパイ行為による祖国への貢献であることが分かっている。 カサノヴァは時にビジネスマン、、、、、、20作以上の著作をもつそして、、、で作品が上演されるとして立ち働いたが、その生涯のほとんどにおいて、単一の「生業」を持たず当意即妙のウィット、幸運、社交上の魅力、そしてその対価として人々が提供する金銭でもって生活していた。 後年の評価 [ ] 死の床にあったカサノヴァは、自伝『我が生涯の物語』( Histoire de Ma Vie)草稿を、甥にあたるカルロ・アンジョリーニに託した。 その草稿は後にジャン・ラフォルグによって脚色翻案され、1826年に刊行された。 この翻案版よりの他言語翻訳版も各国で流布し、今日の我々のカサノヴァに対する評価もこの伝記に拠るところが大きい。 英語で「彼はカサノヴァだ」との表現は、異性を惹きつける放蕩家・乱交家として定着している。 カサノヴァ自筆草稿(フランス語版)を基にした決定版の出版はまで待たねばならなかった。 カサノヴァ(および彼が典型として代表する放蕩的人物)は多くの一般映画およびアダルト映画の題材となってきた。 その端緒は1918年のにおける映画であるが、もっとも広く知られているのは監督による1976年の『』(主演)および1982年の主演のものだろう。 また1992年に主演『カサノヴァ 最後の恋』が製作された。 原作は。 2006年には監督がカサノヴァを「世界一の恋人」ととらえた『』(主演)が公開された。 この映画は1753年のヴェネツィアを舞台にしたオリジナルストーリーであり、官能性をおさえたとなっている。 、は『我が生涯の物語』など3,700ページ分のカサノヴァの直筆原稿を購入したことを明らかにした。 カサノヴァを演じた俳優 [ ] 映画 [ ]• () 演劇 [ ]• 関連文献 [ ]• 『カザノヴァ ロココの世紀』 窪田般彌、河出書房新社 1983年/ 1993年• 『色事師・カザノヴァの青春』 清水正晴、〈叢書近世異端のコスモロジー〉 1999年• 『聖者・カザノヴァの肖像』 清水正晴、現代書館〈叢書近世異端のコスモロジー〉 2000年• 『カザノヴァを愛した女たち』 、〈〉 1994年• 『カザノヴァ』 J.R.チャイルズ、飯塚信雄訳、〈ロロロ伝記叢書〉 新版1983年• 『カサノヴァの帰還』 、金井英一・小林俊明共訳、集英社 1992年/ちくま文庫 2007年 - 小説• 『カサノヴァ 人類史上最高にモテた男の物語』 、キノブックス(上下) 2018年 関連作品 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 『カサノヴァ』(Casanova) - による• 『』 - 1976年の映画。 『カサノヴァ最後の恋』 - 1992年の映画。 『カサノヴァの帰還』が原作• 『』 - 2005年の映画。 監督、主演• 『』 - 1994年。 ・公演• 『』 - 2019年。 宝塚歌劇団・公演.

次の