西麻布 うし 松。 うし松(広尾/焼肉)

コース一覧 : うし松

西麻布 うし 松

Contents• 開店を前にして既にSNSや口コミで話題騒然になっている西麻布「焼肉うし松」、最高級松坂牛コース料理の一部始終をレポート!! こんにちは! 日頃はうさぎのことやら勉強についてお届けしている僕ですが、今日はとあるご縁から2020年1月初旬開店の「焼肉うし松」さんに開店前の御招待を頂きました。 最近、仕事の関係で ホテル料理や懐石料理など高級なものばかり食べている僕ですが、今日の「焼肉うし松」さんは本当にオススメです。 ひっそりと通いたいお店なので 本当はあまり有名になって欲しくないのですが、今回は御招待頂いたこともあり一度だけ紹介記事を書いてみることにしました。 さて、 お店は広尾駅から徒歩5分ほどの西麻布にあります。 妻と0歳の娘と一緒に訪れたところ、立派な門構えをみて僕は直感しました。 これが西麻布の焼肉うし松さんの入り口です。 こんな趣のある入口の焼肉店を僕は見たことがありません。 この記事を書くことにしたキッカケがこの「入り口」です。 こんなお洒落な焼肉屋さんは多くないですよね。 デートには最適だと思います。 店内は落ち着いていて、席もゆったり空間です 今回のblogは店舗と料理の案内なので、しっかり撮って写真をフルに使います! さすが、きちんと気が利いていますね。 「焼肉店の残念あるある」の換気扇が目の前にあって鬱陶しい、なんてことももちろんありません! ゆったり広々とした快適な空間でした。 イケメン過ぎるスタッフの方々に目がチカチカします 席に着くと、総支配人さんと総料理長さんがご挨拶に来てくださいました。 わざわざご挨拶に厨房から出て来てくださった 平久保総料理長さん。 とても清潔感溢れる方で、物静かでシャイな感じが非常に好印象でした。 写真はありませんが、ご挨拶した総支配人さんも、料理を運んでくださったスタッフの方もみんな超イケメンで、妻がメチャクチャ喜んでました(笑) それでは、お楽しみの料理へと参りましょう! 僕たちは 最高レベルのコース料理をお願いしました。 焼肉を一番美味しく味わい、かつ楽しめる食べ方は、絶対に「焼肉のコース」で注文するのが良いと思います。 色々な部位を食べ比べてみると、各部位によって全く食感も脂も味も違うことに気付きます。 みんなでジャンジャン焼肉!も良いですが、是非コースでしっかり焼肉を堪能することをオススメします。 まずはビールから まずは、一息ついてビールを一口いただきます。 この日は平日の昼間だったこともあって既にこの段階ですごい幸せです。 と、思っていると・・・ 不意に現れる高級松坂牛の塊! どーーーーーーーーーーーーーーーーん!!! コース料理を注文したお客には、これから焼肉として提供されるお肉を見せてくれるという気の利いたサービスのようです。 おっと、そーゆうウンチク的なものは今日は不要ですね。 焼肉には欠かせないキムチ、ナムル、オイキムチ これに関してはもはや、説明はいらないですね。 でも、キムチってお店によってかなり違いますよね。 うし松さんのキムチは辛味が強すぎずに食べやすくて、甘味も感じられてとてもおいしかったです。 「焼肉うし松」こだわりのサラダ 店員さんの説明によると、 松の実を少々揚げて焦がして風味をましている とのこと。 ドレッシングは塩だれでした。 お洒落のお店のサラダは決まってお洒落なんですよね。 いよいよ主役の焼肉の登場! 程よい厚みで歯応えも柔らかさも抜群の牛タン まず、お肉の 一発目は牛タンです。 焼くとこんな感じになりました。 僕は薄い牛タンが好きなのですが、うし松さんの牛タンは 若干厚みがあるにも関わらず本当に柔らかくて、歯応えも楽しめて、旨味もじゅわ〜って感じで最高です。 サガリとイチボ サガリは、肋骨 (ろっこつ) の方の分厚い部分で脂の量が少なめで、あっさり とした部分のお肉になります。 イチボはランプと呼ばれるおしり上部のうち、下側のやわらかい部分を特に切り出した部位のことです。 脂肪分は少なめの赤身部分ですが、とてもやわらかくて希少部位として人気がある部位ということです。 焼いた瞬間にペロリと食べてしまったので、焼けた状態でのお肉の写真がありません(笑) 妻が食べているところを写真に撮ろうとしたのですが、僕と全く同じで気づいた時には食べ終わってました(笑) 肩三角とサーロイン 肩三角は運動量が多く筋肉が発達している部位のため食感はややしっかりめ。 脂の旨味というよりは赤身のマイルドな旨みが広がり、いつまでも口に留めておきたい気持ちをになります。 飲み込むのがもったいない〜〜 松坂牛のカツサンド!! なんと〜〜〜、これは 驚きの一品が登場しました!! なんて贅沢なんだぁぁ〜〜 口の中でパンとお肉が引き立てあって、しばらくもったいなくて噛まずにいました。 でも、 噛まないでもドンドン溶けてきちゃうくらい柔らかいんです。 どんな牛丼が来るのかなぁ〜〜〜楽しみだなぁ〜〜〜、とワクワクしていると・・そこにきたのは んんん!!? この肉を牛丼にする・・だと!!?もったいない(;_;) いまだかつて、こんな贅沢な牛丼があったでしょうか!?いや、絶対にないです。 綺麗な玉子の黄身につけて美味しくいただきました。 梅ガーリックチャーハンという名前のくせに、なんて贅沢に肉が乗っているんだ!名前に肉が入っていないのに・・・ と思いながら、一瞬で食べ終わってしまいました。 デザートは「プリン」と「りんごシャーベット」でした 僕は無類の甘いもの好きでプリンはよく食べますが、うんうん、文句なしです。 非常に落ち着いた味で最高に美味しいプリンでした。 りんごのシャーベットも透き通るほどの薄さにスライスされたりんごと、りんごシャーベットが添えられていて上品な味で美味しかったと妻が言っていました。 うし松一押しのドリンク「モヒート」と「オレンジハイボール」 この特製の「 うし松モヒート」特別に 大きなミントを使って深い味わいを出してました。 これが 最高に美味しかったです。 モヒートが焼肉に合うというイメージがなかったのですが、これはさっぱりしていて本当にぴったり!店員さん一押しだったので頼んでみましたが、本当に最高のモヒートでした。 ちなみに!!! うちの妻は現在授乳中なのでアルコールが飲めなかったのですが、店員さんの紹介で ノ ンアルコールのモヒートができるとのこと!! こちらも注文して妻が飲んでいましたが、過去イチ美味しいモヒートだったそうです! アルコールが飲めない方や運転の方にメチャクチャオススメですよ! そして最後に頂いたのが「 うし松オレンジハイボール」です。 大きなオレンジが二切れ入っていて、オレンジの味が強くてウイスキーが苦手な人でも美味しく飲めると思います。 西麻布の「焼肉 うし松」を食して 〜最後に〜 本日は西麻布にある「焼肉 うし松」さんの完全レポをしました。 僕もいろんな高級焼肉店に行っていますが、この値段でこの美味しいお肉がしかも西麻布で食べられるのは本当にお得で、超オススメ店だと思います。 一度は行ってみたら「経験」としても良いと思うし、彼女や奥さんを連れて行ったら喜ぶこと間違いなしです! 是非、楽しい焼肉ライフをお過ごしください。

次の

焼肉うし松

西麻布 うし 松

肉に魅せられた肉好きたちが2020年1月10日(金)、西麻布に焼肉店をオープンさせるとして業界がザワついている。 店の名は「うし松」といい、そこに、オーシャンズでもお馴染みのアパレル関係者が関わっているのだ。 その転身に驚いた業界人も少なくないが、彼らの肉好き&メシ好きは周知の事実。 年間300食ほど肉を食べ歩いているメンバーが集まったこの店は、まさに和牛から滲み出る肉汁のように、彼らの肉への愛がたまらず溢れ出た結果なのである。 寿司職人が市場で魚を選ぶように牛肉を厳選する「うし松」 佐々木譲さんが生産する水沢牛。 左はシャトーブリアン、右はサーロイン。 「うし松」で取り扱う肉はすべて、実際に会い、話を聞いて、信頼できるスゴ腕の生産者のものばかりを厳選。 例えば岩手県の農家が徹底的に自家配合の飼料、出荷月齢にこだわって育てた「水沢牛」。 茨城県の農家が育てた、幻とも言われる「飯村牛」。 そして兵庫県の「神戸ビーフ」や「田村牛」、三重県の「松阪牛」などである。 これは、雌牛こそが黒毛和牛本来の旨さを持ち合わせているという考えからだ。 さらに「うし松」は一般的な焼肉店と違い、寿司職人が毎朝、市場に出かけて魚を仕入れるように、焼肉職人として自分たちが市場に出向き、実際に目で見た、その日最もいい状態の肉だけを買い付ける。 一頭買いした肉を、おまかせで、肉に合う酒ともに コース料理は、1人前9000円〜。 おすすめのメニューは、一頭買いしたこだわりの牛肉をおまかせで提供する「コース料理」。 部位ごとにそれぞれベストな味付けで提供してくれる。 またアラカルトも充実しており、目黒・不動前の予約が取れない人気焼肉店「しみず」で修行を積んだ料理長による一品料理なども堪能できる。 しかも、通うことで教えてもらえる裏メニューも用意しているというから、一度と言わず二度三度、リピートすること確定なのである。 「オレンジハイボール」1000円。 焼肉に合うドリンクメニューも豊富で、特にプレステージウイスキーを使用した自家製のオレンジハイボールは、ぜひ焼肉とのペアリングを試したいところ。 また、三つ星シャンパーニュを用意するなど、ワインリストにも抜かりなしだ。 肉が好きすぎて集まった男たちの、度が過ぎるほどにこだわりまくった焼肉店「うし松」。 美味くないはずはなく、あっという間に予約の取れない人気店に成長するに違いない。 ファション業界だけでなく、飲食業界がザワつく日も、近いと思う。 ちなみに、 予約の申し込みは1月6日(月)正午から。 電話のみの受け付けで、その 電話番号は当日、に公開される。 いい肉を提供するためのサービスまで、こだわりまくりである。 [店舗詳細] うし松 東京都港区西麻布3-13-14.

次の

西麻布焼肉界の新たな新星!!『うし松』

西麻布 うし 松

私は西麻布交差点までタクシーで向かい、お店まで歩きました。 お店はRIZAP側です。 右側に「OLIVE SPA」通り過ぎ、しばらく歩くと「イオン」と「セブンイレブン」の手前に趣のある暖簾があります。 目立つのですぐ分かると思います。 ( 西麻布交差点から約300mになります。 「3」番出口から西麻布交差点方面へ歩いてください。 暖簾をくぐると開放感のある螺旋階段で地下1階へ下がります。 ともて高級感のあるエントランスですね。 ゆったり4名は座れますね。 落ち着いて食事しながら会話も楽しめますね。 着席後、店長さんと料理長さんから丁寧にご挨拶を頂き、ドリンクの注文をお願いしました。 当日は、レセプションのため、通常メニューとは少し違うそうです。 西麻布 焼肉「うし松」さんおすすめの 「うし松 オレンジハイボール」と 「うし松 モヒート」を頂きました。 両方ともあまり焼肉屋さんではお目にかかりませんね。 ビジュアルはシンプルで洗練されている感じです。 もちろん、味も美味しかったです! でも・・・ やっぱりビールが気になる(笑 結局すぐに注文してしまいました。 絵に書いたような高級なお肉です。 まさにインスタ映えですね。 料理はこれらのお肉を含んだ、15,000円程度のコースです。 前菜3種• サラダ• タン塩• ハラミ、ミスジ• 肩三角、リブ芯• カツサンド• お料理• デザート まずは、焼肉には定番の キムチ、ナムル、オイキムチの3点セットです。 個人的にはキムチがすごく美味しくて、おかわりしてしまいました。 魚介系のだしとごま油が効いているのかな? ほぼ同時に定番のサラダを頂きました。 焼肉屋定番のイケイケのチョレギサラダ系ではなく、比較的 さっぱりとした塩味のサラダでした。 松の実を軽く揚げているようで香りがいいアクセントになっていました。 何皿でも食べられそう。 続いて、タン塩です。 ビジュアルがとても印象的です。 お店の名前「うし松」の「松」がつまとして添えられているのも食欲を引き立てますね。 タン塩は厚切りで食べごたえアリアリ。 白髪ねぎを巻いてレモンを軽く絞って美味しく頂きました。 個人的には、この タン塩が一番美味しかった! 次はいよいよメインのお肉ですね。 いや~。 綺麗だなぁ~。 当たり前ですが、いいお肉は最高ですね! しかし、まだまだ続きます。 次の一品とても美味しかったですね。 こちらも印象に残っています。 焼肉屋のカツサンドです。 最後にお食事が提供されます。 「牛丼」と「冷麺」と「梅ガーリックチャーハン」と「ビビンバ」の4種から1つ選択するスタイルでした。 「牛丼」って気になりますよね?お店から考えて普通の牛丼なわけがないですよね。 少しして、運ばれてきたのがこれです。 ん?完全にすき焼き鍋ですね。 (笑 焼肉網にすき焼き鍋を乗せるものあまり見たことないですね。 印象に残ります。 そして、美しいサシの入った薄切りのすき焼きにピッタリのお肉が2枚とご飯と卵のセットです。 完全にすき焼きですね。 もう、牛丼とは呼ばせない(笑 卵は「東京たまご」と言うブランド卵のようです。 とても美味しかったので、ネットで調べたけど見つけられなかったです。 説明は不要ですね。 この組み合わせは最強です。 嫌いな人いるのかな?(笑 続いて、「冷麺」です。 これまた、少し変わっています。 とってもシンプルで、麺のみです。 これがまた、さっぱりとして、味もシンプルでした。 麺は太めですね。 麺好きにはたまらない一品です。 大盛り無理なら2つ頼もう。 (笑 最後はデザートです。 実はこの時点でまぁまぁ満腹です。 (笑 とは言え、量がそんなに多くないので、口直しに美味しく頂きました。 自家製プリンも りんごシャーベットも最後まで美味しかったです。 シャーベットは高級感がありました。 シャーベット自体が削り取られているように薄いミルフィールみたいな食感でした。 乗っているりんごも透き通るほどの薄さで上品でした。 以上で、おいしい焼肉タイムは終了です。 とても美味しかったので、お礼を言って、帰りました。 また、 1月10日に正式オープンしたら是非行きたいですね。 他のコースメニューやアラカルトも気になります! オープンが楽しみです!.

次の