鍵垢をいいね タイムライン。 Twitterのホームタイムラインのツイートを全て保存したいとかそういうアレ

Twitterで「いいね」が表示されない原因とは?対処法も紹介。

鍵垢をいいね タイムライン

Twitterは足跡・閲覧履歴が残るという噂が… 日本にTwitterが広まってもう10年以上、良い意味で大分枯れたツールになりました。 純粋なコミュニケーションツールとして使う人、情報収集のために使う人など、用途はさまざまです。 ときには、「面白そうな人いないかなぁー。 」といろんな人のツイートやプロフィールをサーフィンして、時間を過ごす人もいるでしょう。 ところで、「Twitterには足跡機能がある。 」「足跡を確認できるツールがある。 」「検索するとバレる。 」「閲覧履歴が残る。 」などの噂を聞いたことはないでしょうか。 10代-20代の人はわからないかもしれませんが、昔mixiを使っていた層にとって足跡はおなじみの機能ですね。 「え……足跡機能があるなら、Twitter使うのやめようかな……。 」もしあなたが、知っている人のツイートをちょこちょこ見ていることがバレてしまったら嫌ですよね。 でも安心してください。 Twitterに足跡機能はありませんし、ユーザーを検索しても閲覧履歴が残って身バレするなどの心配はありません。 今回は、Twitterの足跡機能やユーザー検索について、また相手にバレてしまうTwitter上のアクションについてお話したいと思います。 Twitterに足跡機能はあるのか 足跡機能とは 足跡機能とは、何らかのWEBサービスにおいて、他のユーザーが自分のページや投稿内容を閲覧したこと、検索したことが履歴として残る機能のことです。 ちなみにmixiの場合は、年月日と時間、ユーザー名を時系列で確認することができました。 もちろん、自分の足跡も相手の閲覧履歴として残ります。 足あとは、あなたのページへの訪問履歴や、あなたがほかのユーザーを訪問した際の履歴を確認できる機能です。 足あとは、mixiにログイン後、ホーム画面右上の足あとアイコンを押すと確認できます。 Twitterに足跡機能はある? Twitterには、足跡機能はありません。 誰かのツイートを閲覧しても、プロフィールを覗いても、ユーザーを検索しても、相手にそれが伝わることはありませんし、どこかに閲覧履歴が残るわけではありません。 運営側のバックヤードはわかりませんが、少なくともわたしたちTwitterユーザーが他のユーザーの閲覧履歴を確認することはできません。 ただし、ツイートアクティビティや閲覧があると、相手のおすすめユーザーに表示される可能性はあります。 Twitter足跡確認ツールとは? 一時期、Twitterで足跡を確認できるツールとして、「Twitter足跡解析ツール」「Twitter訪問者解析システム」「Twitter足跡確認くん」などが出回りましたが、すべて個人情報を吸い上げるスパムアプリです。 もちろん、どんなツール・アプリを使ってもTwitterの足跡は確認できないため、絶対に使わないでください。 相手にバレる・通知されるTwitter上のアクション 前述した通り、あなたがどれだけツイートを閲覧したり、プロフィールを見ても相手にそれが伝わることはありません。 ただし、Twitter上で以下のアクションをすると、相手にアクションの通知が届きます。 相手のアカウントをフォローする あなたがTwitterユーザーのアカウントをフォローすると、以下のようにフォロワー画面に表示されます。 公式のTwitterアプリから確認する場合は、メニューの フォロワーを選択してください。 相手のツイートに「いいね」や「コメント」をする あなたがTwitterユーザーのツイートに対して、「いいね」や「コメント」をすると、以下のように通知画面に表示されます。 公式Twitterアプリから確認する場合は、画面下部の 通知アイコン(ベルアイコン)をタップしてください。 相手のツイートにリツイートをする あなたがTwitterユーザーのツイートに対してリツイートをすると、以下のように「ツイートと返信画面」に表示されます。 非公開アカウント(鍵垢)は「いいね」や「リツイート」はバレない? Twitterアカウントを非公開(鍵垢)にして「いいね」や「リツイート」をすれば、バレない(通知が届かない)という話がありますが、果たして本当でしょうか。 実は、その話は少し違います。 鍵垢で相手に「いいね」や「リツイート」した場合は、相手とのフォロー・フォロワーの関係性によって通知のされ方が変わります。 鍵垢で「いいね」した場合 自分が鍵垢で、相手が通常アカウントだとすると、「いいね」をしたときの挙動は以下のようになります。 そのため、「いいね」や「リツイート」をしたことを相手に知られたくない場合は、相手からフォローされていないかを先に確認する必要があります。 あなたが鍵垢で「リツイート」した場合 どちらもフォローの関係でない場合は、通知されない 自分が相手をフォローしている場合は、通知されない 相手が自分をフォローしている場合は、通知される どちらもフォローの関係の場合は、通知される 間違えて「いいね」や「リツイート」…すぐ取り消すとバレない? では、もし間違えて「いいね」や「リツイート」をした場合、すぐに取り消しても相手にバレてしまうのでしょうか。 すぐに「リツイート」を取り消した場合 まず、一度付けた「リツイート」を取り消した場合、相手のタイムラインから「リツイート」はすぐに削除されますが、通知画面からは消えません。 また、相手がタイムラインをリアルタイムで見ている場合は、タイムラインを更新しない限り「リツイート」が消えないため注意が必要です。 さらに、すぐに「リツイート」を消しても、相手が「リツイート」をメール通知やプッシュ通知で受け取る設定をしていた場合は、相手に知られてしまいます。 メール通知やプッシュ通知は、メニューから「設定とプライバシー > 通知」と移動して、それぞれ メール通知 プッシュ通知で設定できます。

次の

Twitterの鍵垢をバレずに見る方法!非公開アカウントを確認したい時は?

鍵垢をいいね タイムライン

Twitterの鍵垢(鍵付きアカウント)と呼ばれるアカウントは、許可をした人以外にフォローされたりツイーをを見られたりすることがない非公開のアカウントです。 自分のツイートもフォロワー以外は見ることができないようになるため、基本的には知り合い同士や信頼できる人同士で相互フォローをして使用している方が多いようです。 またフォロー目的で無差別にフォローをしてくる人やbotのような迷惑なフォローがなくなるため、鍵をつけて使用している方も多いのではないでしょうか。 そんな特性を持つ「鍵垢」を使っている方は、自分が「いいね」をしたときに相手にどのように表示されているのかが気になるところかと思います。 今回の記事ではそんな疑問を解決できるよう、フォロー関係に合わせて通知方法をや特定方法まで紹介します。 【Twitter】鍵垢から「いいね」をすると通知はどうなる? まずは自分が使っている鍵垢から「いいね」をしたときに、相手にどのように通知されるのかを解説します。 相手のアカウントは公開アカウントであることを前提に進めます。 フォローしていない/相手もフォロワーではない場合 自分も相手もお互いにそれぞれフォローしていない関係の場合、「いいね」の通知は一切届きません。 ツイートの画面から「いいね」の欄を見ると、「いいね」を押したアカウントの一覧が表示されますが、ここにも表示はされません。 実際のツイート画面で見てみましょう。 ツイートに「いいね」が2件ついています。 しかし「いいね」の数字をタップすると「いいね」したアカウントは1件しか表示されません。 いいねをしたもう一人が、鍵垢だからです。 このように、お互いにフォロー/フォロワーの関係がない場合、自分が「いいね」を押したことが特定される心配は少ないといえます。 一方的にフォローをしている場合 自分はフォローしているけれど、相手は自分をフォローしていない状態です。 有名人などをフォローをしているときに起こるような現象といえます。 この場合も、相手に通知は届きません。 アクティビティ一覧からも表示はされず、「いいね」のハートマーク横の数字だけがカウントされます。 自分はフォローしていないけれど、相手からフォローをされている場合 公開アカウントである相手からフォローしてもらっているけれども、自分の鍵アカウントではフォローしていない状態です。 このときに自分が相手のツイートに「いいね」をすると通知されます。 また、ツイートの画面でいいねしたアカウント一覧を表示した場合、いいねしたアカウントからは自分がいいねしたことがわかります。 ただしツイートをした本人以外で、あなたがフォローを許可していない(あなたのフォロワーでない)アカウントからいいね一覧を見たとき、アカウント名は表示されません。 相互フォローの関係の場合 「相互フォロー」とは、自分と相手でどちらもフォローしあっている関係のことです。 この場合はお互いに「いいね」の通知が届きます。 通知欄に表示されるのはもちろん、ツイートアクティビティから「いいね」したアカウントの一覧でも表示がされます。

次の

【Twitter】鍵垢から「いいね」をするとバレる?特定方法は?

鍵垢をいいね タイムライン

もくじ• SNSで裏垢を使うメリット&デメリット SNSアカウントをいくつも作って、目的に合わせて使い分ける人が増えています。 メインのアカウントである「本アカ」に加え、よりラフでカジュアルな内容を発信する場合に使う「サブアカ」の2つは、持っている人も多いのではないでしょうか。 さらに、有名人や美容、ファッションなど、趣味のつながりが増える「趣味垢」は、気になる情報もゲットしやすいですし、趣味に特化しているので、大事な情報も見逃しにくいですよね。 そして、自分のリアルな生活と分けることができる、「裏垢」。 どうでも良いことも気軽にアップできるのがメリットですね。 また、リアルな友達や家族、バイト先の人などに知られたくないことや、日常生活の愚痴などもつぶやきやすいので、裏垢がストレス発散になっている方もいるのではないでしょうか。 「本アカ」や「サブアカ」、そして「趣味垢」「裏垢」を使い分けることができるSNSは便利ですが、アカウント何個も作ると、管理が大変ですよね。 また、スマホが壊れてしまった時や、機種変更の際の再ログイン作業も大変になってしまいます。 また、バレないと思って書いていたことが、実はバレてしまうことも多いようです。 今回は、そんなバレたくない裏垢の注意点と対策をご紹介します。 非公開にしている「鍵アカ」なら、フォロワーだけが見ることができ、他の人は一切見れないようにすることが可能です。 しかし、そうでない場合は、フォローやフォロワーでバレてしまう、なんていう話はよく聞きます。 いいね!やリツイートすることで、タイムラインであがってくることもあります。 裏垢がバレたくない方は、本アカウントや、本アカと関係のあるサブアカウントとは、フォローしたり、されたりするのはNG。 鍵付きのアカウントにしていても、意外につながりがあったり、知人や友達によるなりすましもあるかもしれません。 そこからたどられてしまい、裏垢がバレてしまうことが意外にあるようですよ。 見られてもいいサブアカウントなら、本アカウントとが似ていてもあまり問題ないかもしれませんが、プライベートの友達や彼氏、家族や親戚などにバレたくない裏垢のアカウントは、本アカやサブアカと似たようなIDは避けた方が良さそう。 また、TwitterやInstagram、LINEなどのIDや名前などとも被らないようにした方が安全です。 お互いのアドレス帳に連絡先が入っていると、「知り合いかもしれない」と、お知らせに出てきてしまいます。 注意が必要なのは、アプリがアップデートされた際に、間違って連絡先をアップロードしてしまうこと。 通知をよく見ずに許可してしまうと、一瞬で連絡先がアップロードされてしまいますので、通知はよく見て判断したいですね。 例えば、学校のテストや行事などの出来事や、部活やサークル、行ったお店、好きな有名人や誕生日など、プライベートの生活にまったく触れないのは、難しいですよね。 「たまたま検索していたら友達の裏垢を見つけてしまった」ということもあるようです。 また、同じ写真をアカウントを別にしてアップしたり、TwitterやInstagram、LINEなど、違うSNSでアップしてバレてしまうこともあるようです。 本アカウントや裏垢など、アカウント同士に接点がなくても、仲の良い友達や彼氏のフォローしている人やフォロワー、タイムライン、呼ばれた名前などで、バレてしまうこともあるようです。 バレたくない内容をアップしていない人は大丈夫ですが、リアルの生活でバレてしまうと困るような、悪口やウソなどは、プライベートの生活と接点がないアカウントを使うのが良いでしょう。 トラブルになってから削除することはできても、その前に見られているかどうかは気づきにくいものです。 リアルな人間関係に影響を与えたくない方は、鍵付きのアカウントにしたり、フォロワーを限定したりしておくと安心ですね。 だからこそ、いつも使っているアカウントと、裏垢を切り替えるのを忘れてしまい、バレてしまうこともあるようです。 裏垢で発信するつもりが、本垢やサブアカで発信してしまうというミスから、裏垢があることがバレることもあります。 寝ぼけている時や、慣れてきた時など、気を抜いている時がキケン。 あまりバレたくないようなことをアップする際は、気をつけるクセをつけておくと安心です。 TwitterやInstagramなど、複数のSNSで複数のアカウントを持っているのは、今や定番になってきましたよね。 誰が見ているかわからない裏垢は、深く考えずに使っていると危険です。

次の