ギター アルペジオ。 ギターのアルペジオはどういう順番で弾くんですか?何か法則はあるのか?の質問に答えてみた。

アコギ スリーフィンガー アルペジオの弾き方

ギター アルペジオ

この記事のもくじ• アルペジオとは? アルペジオとはどのような奏法でしょうか? まずは、言葉で簡単にアルペジオを説明していきます! アルペジオ奏法とは 小難しく言うと、アルペジオとは 「和音を構成する音を1音ずつ鳴らしていく奏法」のこと。 和音=コード と考えてもらって大丈夫です。 「とりあえずコードを1音ずつ鳴らしていけばアルペジオになる」とも言える(笑) アルペジオのピッキング方法 ピッキングとは、ピックを持った右手の動きのことです。 アルペジオでは、フレーズによって 「ダウンピッキング」と 「オルタネイトピッキング」を使い分けて演奏するんだよ。 アルペジオのピッキングについて、特に決まりはないので、基本的には 自分が弾きやすい弾き方で弾けばOK! 曲のコピーをするなら、本人の弾き方をマネしてみてもいいかもしれませんね。 この曲の はじまりから、実はギターはアルペジオを弾いています。 よく聞いてみると、なんか1音ずつ鳴らしていますよね? この曲はアルペジオのフレーズもそんなに難しくないし、ローテンポな曲なので、 アルペジオ初心者が練習するのににうってつけの1曲でもある! 私もはじめてのアルペジオはこの曲でした。 そう、アルペジオはゆっくり弾くだけの奏法じゃないのです! ちなみにこの曲は、 フレーズ自体は難しくないけれど、テンポが速いところは練習が必要って感じの曲。 こんなカッコいい曲にまで使われているなんて、 アルペジオって万能ですよね。 アルペジオを弾くコツ3つ ここでは、実際にアルペジオを弾くときに役立つ、アルペジオのコツを伝授するよ! がんばってアルペジオ奏法をマスターしよう。 コツ1.指板を正面から見すぎない 指板とは、ちょうど上の画像に写っている、フレットがいくつも刺さっている所の事でしたね。 集中しすぎて指板を見たくなる気持ちはわかりますが、 指板を正面から見すぎてしまうと、周りから見て結構ダサい…(笑) アルペジオに限った話ではありませんが、指板をガン見しなくても弾けるくらいに練習してみましょう。 コツ2.弦の位置を覚える コツ1の「指板を正面から見すぎない」ことと繋がってきますが、弦の位置を覚えることはとっても大事。 なぜならアルペジオは1弦ずつ鳴らす奏法なので、 弦の位置が分かっていないと指板の正面をガン見してしまうからです。 指板の側面からだと何弦がどこにあるか分からないからね。 コツ3.間違いを恐れない アルペジオは1音ずつ弾くため、どうしてもコードをジャカジャカ鳴らすよりもミスが多くなってしまいます。 しかし、ミスのことばかり考えていると失敗してしまうのが人間というもの。 アルペジオを弾くときにはぜひ、 自分を信じて失敗を恐れないでください。 きれいにアルペジオを響かせるには? 少しはアルペジオ奏法がわかってきたでしょうか? なんとなく弾けるようになったよー!っていう人は、もっときれいな音を響かせるようにしてみましょう。 ここではアルペジオをきれいに弾きこなすコツを教えますね。 ピッキングのニュアンスを大事にする 明るい曲なら元気よく、悲しい曲なら切なく、 曲調に合わせてピッキングのニュアンスを変えることで、表現の幅は広がります。 ギターの奏法全般に大切なことですが、とくにアルペジオはニュアンスが出やすい奏法だと思います。 このあたりを意識して弾けるようになれば、ワンランク上のアルペジオができているでしょう。 音の余韻を響かせる アルペジオの上手な人は、弾いた後の音の余韻がしっかりと残っていることが多いです。 弾いた後の余韻が少ないと、単音で弾くのとあまり変わらない音になってしまいます。 きれいにアルペジオの音を響かせるには、弾いた後の音にも気を使ってみてください。 弦の間隔を覚える アルペジオが苦手な人は、ミスピッキングが起きてしまうからではないでしょうか? 弾きたい弦を弾いたつもりが、ほかの弦を鳴らしてしまったり・・・ 何度も同じミスが起きてしまうと、アルペジオの練習が嫌になってしまいますよね。 これを解決するにはとにかく練習して、指で弦の間隔を覚えてしまいましょう。 ミスが起きる原因の一つとして、余裕がないからというのがあります。 余裕を持ったプレイができるようにとにかく練習しまくってみましょう。 余裕ができる頃には、きっとミスピッキングが減っていますよ。 アルペジオについてのまとめ 今回は「アルペジオ」について、ギター初心者でもわかるように解説してきました! いかがでしたか? 「アルペジオってこんな感じか~」と、感覚的にでも理解できたら満点だと思います。 アルペジオを弾くコツをおさらいすると、• 指板を正面から見すぎない• 弦の位置を覚える• 間違いを恐れない アルペジオは練習すれば、絶対出来るようになります!でしたね。 一緒にアルペジオマスターを目指しましょう。 にゃんこでした、またね!.

次の

初心者でも必ず弾ける!アルペジオの弾き方と練習方法を解説するよ

ギター アルペジオ

録音ではEmの時に1弦3フレットを小指で押さえてます。 5弦と1弦を同時に鳴らしたあと• 1弦の開放弦を鳴らして• 1弦1フレットを人差し指でハンマリング、プリング イントロ最後のCコードに小指を足そう! 人差し指でハンマリングしたあと、1弦3フレットを鳴らしてAメロに繋げてます。 Aメロもイントロと同じく、タタ(G) ン タ~(D)と止めながら弾いてます。 最後のEm(19秒のところ)も小指と人差し指を使うんですが、今度は小指、人差し指、開放弦の順番に弾いてタタタとメロディを作ってます。 コードダイアグラムでは画像のようになってますが、実際はDコードに小指を足すだけだからアコギ初心者でも簡単です! Dsus4の小指を離してDを鳴らしてからサビにつなげましょう。 特に不便なこともないから楽な方を使いましょう。 難しければAメロの簡単バージョンで弾いても良いし、アルペジオのパターンは自由に変えちゃってください。 チンプンカンプンだった初心者さんも、いつの日か弾けるように頑張って! アルペジオ+ストロークで演奏するとさらに楽しいよ~!.

次の

初心者でも必ず弾ける!アルペジオの弾き方と練習方法を解説するよ

ギター アルペジオ

このページの目次• 1.アルペジオとは? はじめに、アルペジオとは何か確認しよう。 アルペジオとは、コードの音を分解してバラバラに弾くことだ。 ストロークではコードを押さえ、弦をいっぺんに鳴らした。 それに対して、アルペジオではコードを押さえ弦をバラバラに弾く。 左手で通常どおりにコードを押さえ、右手で弦をバラバラに弾く。 この右手の使い方がポイントだ。 次の章で詳しく説明しよう。 2.アルペジオでは右手の動きをパターン化する アルペジオの一番のポイントは、右手の動きのパターン化してしまうことだ。 あなたが靴ひもを結ぶときのように、何も考えなくても指が動くようにしてしまうことだ。 この後に紹介する3つのパターンはアルペジオの基本的なパターンだ。 これらを覚えてしばらく練習し、頭で考えなくても自然に指が動くようにしよう。 1小節内にコードが1、2個出てくるときに使える。 コードによってベース音が異なることに注意しよう。 ベース音とは、1小節の中の1拍目と3拍目にくる、コードの中で一番低い音のこと。 4~6弦のどれかになる。 この音は必ず親指で弾く癖をつけよう。 さらに、親指以外の指もそれぞれの担当する弦を決めておく。 この指の配置に決めておくとアルペジオが簡単になる。 まとめると以下のようになる。 このように各弦を担当する指を決めてアルペジオを練習しよう。 C mやF mがやや難しい。 すべて8分音符で弾こう。 3.3.応用パターン(コードの頭でストローク) 練習パターンをクリアしたら、応用パターンとして小節頭をストロークにするパターンをやってみよう。 親指でベース音を弾く代わりにストロークするのだ。 親指で全ての弦をなでるように弾く。 以下のTAB譜では小節頭に矢印をつけた。 矢印の部分をストロークに変えてみよう。 これができるとアルペジオの演奏に変化がつき、表現力が増す。 ベース音とは何か、詳しく説明しておこう。 どのコードにも必ず1つのベース音がある。 ギターの場合は押さえたコードの中で一番低い音がベース音だ。 たとえばCコードの場合、5弦の3フレットのCの音がベース音だ。 実は、これがCコードという名前の理由だ。 反対にいうと、コードの中で一番低い音はCの音でなければならないので、Cコードを押さえるときには6弦をミュートする。 アルペジオでは小節頭にベース音を弾く。 最初にベース音を弾くことによって、それが何コードなのかがはっきり分かるので、聴き手は安心して演奏を聴くことができるのだ。 1小節1コードのみのときは、このパターンで弾くと自然な流れになる。 ポイントは小節頭の1音だけベース音を弾いて、次の小節まで親指を使わないことだ。 また1~3弦の弾く順番にも注意しよう。 どこかで順番を間違ってしまうと、リズムが狂ってしまう。 4.2.練習パターン 練習パターンを弾いてみよう。 バレーコードがないので簡単だ。 すべて8分音符で弾こう。 4.3.応用パターン ハンマリングとプリング 応用パターンもやろう。 アルペジオの中にハンマリングとプリングを取り入れてみた。 これらのテクニックを自然に取り入れられると上級者だ。 単調な演奏のアクセントになる。 ぜひ習得しよう。 このパターンはリズミカルな印象になる。 ただし1曲通してこのパターンを使うことはあまりない。 曲の一部で使うことによって演奏がスムーズに進む。 3・4小節目は、2本の弦を同時に弾かず、16分音符で分けて弾く。 すぐにコードが切り替わるため、コードチェンジが忙しいかもしれない。 コードチェンジが追い付かないときは、テンポを落とし、ゆっくり弾いて練習しよう。 5.2.練習パターン このパターンも練習パターンを弾いてみよう。 5.3.応用パターン ベースラインが下降する 応用としてベースラインが下降するパターンをやってみよう。 多くの曲で取り入れらているテクニックで、小技として覚えておくと便利だ。 このときの音の変化の感覚を覚えておくと、作曲や耳コピをするときに役立つことがある。 ギターのアルペジオ 3つのパターンのまとめ 今回はアルペジオの3つのパターンを紹介した。 これらのパターンを体で覚え、自動的に弾けるようにしよう。 慣れてきたらTAB譜を使わず、コード譜のみで、これらのパターンを弾いてみよう。 コード譜だけでアルペジオが弾けるようになれば初心者は卒業だ。 最後にもう一度、3つのパターンをまとめておく。 パターン1 パターン2 パターン3 自然に弾けるようになるまで何度でもトライしてほしい。 からご覧の方は、次はを読んでいよいよ自分の好きな曲の演奏に挑戦しよう。

次の