乃木坂 ドキュメンタリー 映画 館。 【乃木坂46】映画第2弾『いつのまにか、ここにいる』上映館・グッズ情報など!

映画『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』公式サイト

乃木坂 ドキュメンタリー 映画 館

2015年8月に結成され、 翌年4月に『サイレントマジョリティー』で鮮烈なデビューを飾った欅坂46。 強烈なメッセージ性が込められた歌詞の世界観を、 独創的なクリエイティビティと圧倒的なパフォーマンスで表現して、 瞬く間に日本中を熱狂させた。 昨年9月に初の東京ドーム公演2daysを成功させて迎えた2020年。 そんな激動の中で4月6日にデビュー4周年を控える今、 グループとして初めてのドキュメンタリー映画が誕生した。 監督には映画『DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る』 『パンドラ ザ・イエロー・モンキー PUNCH DRUNKARD TOUR THE MOVIE』や 乃木坂46『おいでシャンプー』『いつかできるから今日できる』MVなど 珠玉の映像作品を手掛けてきた高橋栄樹。 欅坂46と真正面から向き合い、 今まで映像化されてこなかった数々のライブパフォーマンスを再編集し、 メンバーやスタッフの証言を積み重ね、 デビュー直後から現在に至る彼らの姿を真摯に映し取っている。 射抜くような目つき。 躍動する身体。 控えめな仕草。 一筋の涙。 喜びと苦しみ。 美しい映像と迫力のある音楽、そして予定調和をことごとく崩していく 彼らたちの物語を最後まで見届けてほしい。

次の

欅坂初のドキュメンタリー映画『僕たちの嘘と真実Documentary of 欅坂46』上映劇場、あらすじまとめ│アイドルチケット情報局

乃木坂 ドキュメンタリー 映画 館

西野七瀬&グループ愛が炸裂した「乃木坂46」ドキュメンタリー 予告編もお披露目 2019年6月25日 20:20 「西野七瀬ファンも見て!」と猛アピールする齋藤飛鳥 [映画. com ニュース]人気アイドルグループ「乃木坂46」の活動に迫ったドキュメンタリー映画第2弾「」の完成披露上映会が6月25日に東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、同グループの、梅澤美波、、、、メガホンをとった監督が登壇した。 予告編だけでも、もう泣きそうです」と感慨深げに語っていた。 2011年の結成から着実に実力と人気を蓄積し、いまや日本屈指のアイドルグループへと成長を遂げた「乃木坂46」。 18年は史上初の神宮球場と秩父宮ラグビー場の2会場同時ライブ開催に加え、日本レコード大賞連覇という偉業を達成。 そして、19年はエース・の卒業公演を経て、令和という新時代を迎えた。 個人にフォーカスした前作に比べ、グループの仲の良さが描かれているという本作。 秋元は「最近の方がメンバー間で気を遣う部分は減ってきて。 踏み込んでいって、『これは言っても大丈夫かな』というラインも分かるようになってきました。 冗談言い合えるよね」と笑顔を浮かべ、高山も「何をやっても許してもらえるっていう安心感もあるし。 メンバーのコンプレックスを感じている部分すらも好きだなっていう、全部好きみたいな状態になった」とグループ愛をにじませる。 「乃木坂46」のライブで何万人もの観客を目の当たりにしたという岩下監督は「お客さんの代わりに(自分が)現場に投入されたと思うと、『ひよっては(怖気づいては)いけない』と思って。 カメラが被写体に近い、手を伸ばせば届きそうな画で全編を彩れたら素敵だなと考えていました」とこだわりを明かす。 秋元も「メイキングとかでカメラが入ることはアイドル生活に多いので、ドキュメンタリーのカメラをあまり意識しなかったです。 どれだけ素が映されてしまっているのか、怖いです。 ギャップを知られるのも怖いですね……それぐらい、違和感なく撮影して頂きました」と素の表情がちりばめられた作品を振り返った。 それぞれの印象的なシーンについて、秋元は「生田絵梨花ちゃんとのシーン。 お互いの思いや普段聞くことができなかった部分を語ってるんですよ。 普段から仲が良いこともあって、(本音を)聞けたことが嬉しかった。 映画を見た後に『いくちゃん!』って叫んでメールをしちゃった」とニッコリ。 齊藤は「日本レコード大賞や(NHK)紅白歌合戦の裏側も撮ってもらってるんですけど、メンバーが喜んでいる時に、我らがマネージャーががっつり出てきて。 そこは日本中が笑いに包まれると思います」と自信をのぞかせ、さらに「卒業した西野もしっかり出てくるので、去ってしまった西野ファンにも見て頂きたいです」と猛アピールし、会場の笑いを誘った。 「」は、7月5日から全国で公開。 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved. 「ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷」 C 2018 Danger House Holding Co. , LLC. All rights reserved. 「ANNA アナ」 C 2019 SUMMIT ENTERTAINMENT,LLC. ALL RIGHTS RESERVED. 「ハリエット」 C 2019 Focus Features LLC.

次の

乃木坂46、7月にドキュメンタリー映画第2弾公開 特典付きムビチケカードも発売

乃木坂 ドキュメンタリー 映画 館

2015年8月に結成され、 翌年4月に『サイレントマジョリティー』で鮮烈なデビューを飾った欅坂46。 強烈なメッセージ性が込められた歌詞の世界観を、 独創的なクリエイティビティと圧倒的なパフォーマンスで表現して、 瞬く間に日本中を熱狂させた。 昨年9月に初の東京ドーム公演2daysを成功させて迎えた2020年。 そんな激動の中で4月6日にデビュー4周年を控える今、 グループとして初めてのドキュメンタリー映画が誕生した。 監督には映画『DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る』 『パンドラ ザ・イエロー・モンキー PUNCH DRUNKARD TOUR THE MOVIE』や 乃木坂46『おいでシャンプー』『いつかできるから今日できる』MVなど 珠玉の映像作品を手掛けてきた高橋栄樹。 欅坂46と真正面から向き合い、 今まで映像化されてこなかった数々のライブパフォーマンスを再編集し、 メンバーやスタッフの証言を積み重ね、 デビュー直後から現在に至る彼らの姿を真摯に映し取っている。 射抜くような目つき。 躍動する身体。 控えめな仕草。 一筋の涙。 喜びと苦しみ。 美しい映像と迫力のある音楽、そして予定調和をことごとく崩していく 彼らたちの物語を最後まで見届けてほしい。

次の