なす の お 浸し。 なすの揚げだしのレシピ/作り方:白ごはん.com

フライパンで!なすの焼浸し♡ レシピ・作り方 by *kuuuma*|楽天レシピ

なす の お 浸し

熱帯では多年生植物ですが、日本では一年生植物として知られています。 世界中で栽培されており大きさや色、形、へたの色まで多種多様です。 特にアジアで多く栽培されており、日本では各地で小なすや賀茂なすなど多くの地方品種が栽培されています。 育て方や品種改良によって形状も異なり、小丸なす、卵形なす、水なす、長なす、白なす、青なすなどが有名です。 中国には紀元前5世紀頃に伝わり、ヨーロッパには13世紀に中東や地中海沿岸を経て伝わったといわれています。 日本には奈良時代に中国を通じて伝えられました。 当時、初なりのなすはとても高価なものでした。 この頃に多くの品種が生まれ、なすは重要な野菜のひとつとなりました。 その他にもその味から「中酸実」を略したもの、「夏実」からきたもの、「茄」は植物をさし、「茄子」は果実を指すという説など名前の由来には様々な説があります。 全国各地で栽培されており高知県、熊本県、群馬県、福岡県が主な生産地です。 生産時期は年間を通しており、12月~6月に収穫される冬春なすは高知県や熊本県が、7月~11月に収穫される夏秋なすは茨城県や群馬県で多く生産されています。 世界では中国、インド、エジプトなどで多く生産されています。 はセロリよりも豊富に含んでおり生体調整機能に優れているといわれています。 「なす紺」といわれるほど鮮やかな青紫色は、の一種であるナスニンという成分です。 またアクにはクロロゲン酸が含まれます。 このナスニンやといったの持つ抗酸化力が体の老化や生活習慣病、ガンの予防に効果があるとして注目されています。 他にも炎症を抑えるプロテアーゼインヒビターや夏バテ防止に威力を発揮するコリンなどの成分を含んでいます。 抗酸化作用のあるビタミンEが豊富な植物油と組み合わせて摂ると最適です。 また切ってすぐに水にさらすとアクが抜けポリフェノールの酸化による変色を防ぐことができます。 漬物にするときは鉄くぎや焼きみょうばんを入れるとナスニンが安定するため、色も鮮やかに仕上がりナスニンの摂取量も多くなります。 保存は常温で2~3日のうちに使い切ってください。 三大格式のひとつであり、ほぼ完全な形で今日に伝えられている唯一の格式といわれ、日本古代史研究に不可欠な文献です。 ] なすの効果 なすは血液の循環をよくする、尿の出をよくする、のぼせや高血圧の予防、体を冷やす、炎症を抑えるなど様々な薬効が期待できるとして日本や中国では古くから民間療法に使われてきました。 またなすに含まれるコリンという成分には、胃液の分泌を促す働きがあり肝臓機能を高める効果があるため食欲不振に有効です。 このことから、夏に起こりがちな不調にぴったりの夏野菜といえます。 夏に旬を迎える野菜は鎮静・炎症効果があり、体温を下げると考えられていたためです。 アセチルコリンには血管を拡張して血圧を下げる働きがあります。 レシチンは細胞膜を作る成分で、肝臓への脂肪の蓄積や血管壁へのコレステロールの沈着を防ぐことから、高血圧や動脈硬化脂肪肝などの生活習慣病の予防に効果があります。 血圧の上昇を抑えるカリウムも比較的多く含まれます。 また、なすに含まれるナスニンは、コレステロール値を下げる働きが報告されているため、様々な成分の相乗効果が期待できます。 ポリフェノールには活性酸素や過酸化脂質の生成を抑制する働きがあり、老化やガンの抑制が期待できます。 ナスニンにはコレステロール値を下げる働きがあり、様々な野菜の抽出物で発ガン物質の抑制効果を調べたところ、なすの抑制効果がトップクラスであったとの報告があります。 アクに含まれるクロロゲン酸が分解されてできるカフェ酸は肝臓ガンや肝硬変の予防に効果を発揮します。 炎症や痛みをやわらげる作用があり、胃炎や口内炎、関節痛、神経痛、のどの痛みにも有効です。 民間療法では、なすをアルミホイルで包んで黒くなるまで蒸し焼きにしてつくった黒焼きをはちみつで練ったものを塗ると口内炎や歯痛が緩和されるといわれています。 【6】 なすの研究情報 【1】高脂肪食摂取ラットを対象に、なすに含まれるであるナスニンを0. 【2】なすに含有される成分についてNMRを用いて分析した結果、クロロゲン酸、カフェオルキナ酸、カフェ酸など多くの機能性成分が確認されたことから、なすに高い機能性が期待されています。

次の

なすのレシピ

なす の お 浸し

野菜の煮物 92品 定番 1品 ラタトゥイユ 28品 かぼちゃの煮物(煮付け) 1品 なすの煮浸し 11品 野菜の煮物 その他 53品 野菜の和え物 52品 野菜の白和え 1品 野菜の和え物 その他 51品 野菜の炒め物 118品 定番 1品 きのこ炒め 1品 野菜炒め 8品 なすの味噌炒め 35品 ゴーヤーチャンプルー 1品 野菜の炒め物 その他 77品 野菜の炒め煮 41品 定番 28品 麻婆なす 28品 野菜の炒め煮 その他 13品 野菜の焼き物 72品 定番 22品 焼きなす 20品 野菜の肉巻き 16品 野菜の焼き物 その他 36品 野菜の揚げ物 42品 定番 2品 野菜の揚げ物 その他 42品 野菜の蒸し物 53品 蒸しなす 48品 野菜の蒸し物 その他 5品 野菜のおひたし 8品 おひたし その他 8品 野菜のおかず その他 24品 定番 1品 野菜のカルパッチョ 2品 野菜のマリネ 20品 ゆで野菜 2品 肉のおかず 牛肉 32品 定番 1品 その他 牛肉料理 32品 豚肉 92品 定番 11品 とんカツ 1品 豚の生姜焼き 4品 豚しゃぶ・冷しゃぶ 4品 角煮・煮豚・チャーシュー 2品 酢豚 2品 ポークソテー 4品 野菜の肉巻き 16品 その他 豚肉料理 60品 鶏肉 46品 定番 8品 チキンカツ 1品 チキンソテー 1品 照り焼きチキン 3品 鶏の唐揚げ・竜田揚げ 4品 その他 鶏肉料理 37品 挽肉 75品 定番 41品 ハンバーグ 7品 メンチカツ 1品 餃子 3品 麻婆豆腐 5品 麻婆なす 28品 そぼろ 2品 つくね 2品 その他 挽肉料理 30品 加工肉 11品 ベーコン巻き 1品 その他 ベーコン料理 2品 ウィンナソーセージ料理 3品 コンビーフ料理 1品 スパム料理 2品 ハム料理 2品 ラム肉 1品 ジンギスカン 1品 魚介のおかず 魚介の煮物 10品 定番 1品 さばの味噌煮 1品 魚介の煮物 その他 9品 魚介の焼き物・ソテー 17品 魚介の焼き物 その他 17品 魚介の炒め物 8品 イカ・エビの炒め物 4品 魚介の炒め物 その他 4品 魚介の揚げ物 10品 アジの南蛮漬け 1品 魚介の揚げ物 その他 9品 魚介の蒸し物 1品 魚介の蒸し物 その他 1品 魚介のカルパッチョ・マリネ 4品 魚介のカルパッチョ 1品 魚介のマリネ 3品 魚介の漬け・刺身 1品 刺身 その他 1品 練り物 4品 さつま揚げ料理 2品 ちくわ料理 1品 かまぼこ料理 1品 魚介のおかず その他 3品 魚介のアレンジ料理 3品 魚介の缶詰 2品 ツナ料理 2品 ごはんもの カレー 23品 野菜カレー 7品 キーマカレー 2品 グリーンカレー 2品 ドライカレー 3品 スープカレー 2品 ビーフカレー 1品 カレー その他 6品 ハヤシライス・ハッシュドビーフ 1品 定番 1品 ハヤシライス 1品 ハッシュドビーフ 1品 寿司 3品 恵方巻き・巻き寿司 1品 混ぜ寿司 2品 炒めご飯・チャーハン 2品 チャーハン その他 2品 炊き込み・混ぜご飯 6品 パエリア 2品 ビビンバ 2品 炊き込みご飯 その他 1品 混ぜご飯 その他 1品 どんぶり 20品 定番 2品 天丼 1品 中華丼 1品 丼もの その他 18品 雑炊・リゾット 4品 定番 1品 おかゆ 1品 お茶漬け 1品 リゾット 2品 アレンジご飯 7品 定番 1品 おにぎり 1品 ドリア 2品 アレンジご飯 その他 4品 卵・大豆製品 なすの基本情報 なすの特徴 原産はインドといわれ、日本へは8世紀ごろに伝わり、奈良時代から栽培されてきました。 地方には独特の品種があり、全国で180種以上とか。 最も多く出回っているのは、用途の広い、長い卵形のものです。 くせのない味わいは、煮る、焼く、揚げる、蒸す、漬けると、どんな調理法・味つけにも合います。 和・洋・中、さまざまな料理に活躍し、特に油と相性がいいので、炒めものや揚げものに。 油を使って調理すると、色鮮やかに仕上がります。 なすの選び方ガイド あまり日もちのしない野菜です。 へたが黒く、切り口が新しく、へたについているトゲがとがっているもの、皮がピンとして全体に張りがあり、光沢のあるものを選びましょう。 低温に弱いので、2〜3日なら常温で。 それ以上長く保存するときは、冷蔵庫の野菜室で、水分が蒸発しないよう、ポリ袋に入れて保存して。

次の

茄子(なす)の特徴とは?種類や旬・産地なども紹介

なす の お 浸し

野菜の煮物 92品 定番 1品 ラタトゥイユ 28品 かぼちゃの煮物(煮付け) 1品 なすの煮浸し 11品 野菜の煮物 その他 53品 野菜の和え物 52品 野菜の白和え 1品 野菜の和え物 その他 51品 野菜の炒め物 118品 定番 1品 きのこ炒め 1品 野菜炒め 8品 なすの味噌炒め 35品 ゴーヤーチャンプルー 1品 野菜の炒め物 その他 77品 野菜の炒め煮 41品 定番 28品 麻婆なす 28品 野菜の炒め煮 その他 13品 野菜の焼き物 72品 定番 22品 焼きなす 20品 野菜の肉巻き 16品 野菜の焼き物 その他 36品 野菜の揚げ物 42品 定番 2品 野菜の揚げ物 その他 42品 野菜の蒸し物 53品 蒸しなす 48品 野菜の蒸し物 その他 5品 野菜のおひたし 8品 おひたし その他 8品 野菜のおかず その他 24品 定番 1品 野菜のカルパッチョ 2品 野菜のマリネ 20品 ゆで野菜 2品 肉のおかず 牛肉 32品 定番 1品 その他 牛肉料理 32品 豚肉 92品 定番 11品 とんカツ 1品 豚の生姜焼き 4品 豚しゃぶ・冷しゃぶ 4品 角煮・煮豚・チャーシュー 2品 酢豚 2品 ポークソテー 4品 野菜の肉巻き 16品 その他 豚肉料理 60品 鶏肉 46品 定番 8品 チキンカツ 1品 チキンソテー 1品 照り焼きチキン 3品 鶏の唐揚げ・竜田揚げ 4品 その他 鶏肉料理 37品 挽肉 75品 定番 41品 ハンバーグ 7品 メンチカツ 1品 餃子 3品 麻婆豆腐 5品 麻婆なす 28品 そぼろ 2品 つくね 2品 その他 挽肉料理 30品 加工肉 11品 ベーコン巻き 1品 その他 ベーコン料理 2品 ウィンナソーセージ料理 3品 コンビーフ料理 1品 スパム料理 2品 ハム料理 2品 ラム肉 1品 ジンギスカン 1品 魚介のおかず 魚介の煮物 10品 定番 1品 さばの味噌煮 1品 魚介の煮物 その他 9品 魚介の焼き物・ソテー 17品 魚介の焼き物 その他 17品 魚介の炒め物 8品 イカ・エビの炒め物 4品 魚介の炒め物 その他 4品 魚介の揚げ物 10品 アジの南蛮漬け 1品 魚介の揚げ物 その他 9品 魚介の蒸し物 1品 魚介の蒸し物 その他 1品 魚介のカルパッチョ・マリネ 4品 魚介のカルパッチョ 1品 魚介のマリネ 3品 魚介の漬け・刺身 1品 刺身 その他 1品 練り物 4品 さつま揚げ料理 2品 ちくわ料理 1品 かまぼこ料理 1品 魚介のおかず その他 3品 魚介のアレンジ料理 3品 魚介の缶詰 2品 ツナ料理 2品 ごはんもの カレー 23品 野菜カレー 7品 キーマカレー 2品 グリーンカレー 2品 ドライカレー 3品 スープカレー 2品 ビーフカレー 1品 カレー その他 6品 ハヤシライス・ハッシュドビーフ 1品 定番 1品 ハヤシライス 1品 ハッシュドビーフ 1品 寿司 3品 恵方巻き・巻き寿司 1品 混ぜ寿司 2品 炒めご飯・チャーハン 2品 チャーハン その他 2品 炊き込み・混ぜご飯 6品 パエリア 2品 ビビンバ 2品 炊き込みご飯 その他 1品 混ぜご飯 その他 1品 どんぶり 20品 定番 2品 天丼 1品 中華丼 1品 丼もの その他 18品 雑炊・リゾット 4品 定番 1品 おかゆ 1品 お茶漬け 1品 リゾット 2品 アレンジご飯 7品 定番 1品 おにぎり 1品 ドリア 2品 アレンジご飯 その他 4品 卵・大豆製品 なすの基本情報 なすの特徴 原産はインドといわれ、日本へは8世紀ごろに伝わり、奈良時代から栽培されてきました。 地方には独特の品種があり、全国で180種以上とか。 最も多く出回っているのは、用途の広い、長い卵形のものです。 くせのない味わいは、煮る、焼く、揚げる、蒸す、漬けると、どんな調理法・味つけにも合います。 和・洋・中、さまざまな料理に活躍し、特に油と相性がいいので、炒めものや揚げものに。 油を使って調理すると、色鮮やかに仕上がります。 なすの選び方ガイド あまり日もちのしない野菜です。 へたが黒く、切り口が新しく、へたについているトゲがとがっているもの、皮がピンとして全体に張りがあり、光沢のあるものを選びましょう。 低温に弱いので、2〜3日なら常温で。 それ以上長く保存するときは、冷蔵庫の野菜室で、水分が蒸発しないよう、ポリ袋に入れて保存して。

次の