みさき 公園 跡地。 みさき公園の閉園後は跡地は残る?閉園の理由は?反応を紹介!

動物園が閉園したら動物たちはどこへ?みさき公園の場合は?

みさき 公園 跡地

2019年3月26日、南海電鉄がみさき公園事業から撤退することを発表しました。 来場者数が減り、赤字経営が続いていることが撤退の理由であり、「レジャーの多様化」が来場者数の減少につながっていると、南海電鉄側はつづっています。 ところで、私は個人事業主であり、自分自身だけでなく他の個人事業主の方の集客相談に乗る仕事もしています。 その中で「来客数を伸ばすには、次の3つのことが大切です」とお伝えしています。 1.あなたや、あなたのビジネスを知らなかった人に知ってもらうこと 2.1.であなたを知った人に「予約を入れる」「来店・利用する」などの行動を起こしてもらう 3.一度来店した人に、2度、3度と繰り返し来店・利用してもらう ビジネスの規模が大きくなっても、小さいビジネスであっても、基本的にこの3つを考えれば、問題や解決法が分かりやすくなります。 みさき公園の来園者数が減ったとしたら、この3つのうちどこかに問題が起こったということではないかと考えてみました。 「みさき公園ってまだ運営していたの?」という声 3月26日、南海電鉄の発表を受けて、私はFacebookで「ショックだわ」などとつぶやいていました。 すると、関西圏の友人から 「みさき公園って今もあるの?」 「そもそも、みさき公園が今でも運営していたっていう時点ですごい」 という声が上がりました。 この問題は1.と3.にかかわるもので、 ・みさき公園の存在が意識されていない ・何度も訪問したいと思われていない ということの現れだと考えられます。 南海電鉄や南海バスを利用している人は、みさき公園のポスターを毎日のように目にするでしょう。 しかし、それ以外の地域に住んでいる人は、みさき公園を意識の外に置いてしまっているのです。 事前のネット調査で気づいた他の施設との違い 私の調べ方も完璧とは言えないので、見落としていたのかもしれませんが、他の施設に比べて、みさき公園のバリアフリー情報は見つかりにくいです。 現地へいくと、スロープの整備も行われていますし、イルカショーの水槽まわりには車いすスペースも設けられています。 しかし、そのような情報が伝わっていないと、園の利用に不安を覚える人や「バリアフリー化が進んでいる他の施設へ行こう」と考える人も出てくるでしょう。 これは2.の問題です。 さらに、「みさき公園に行ってみたい」という気持ちに火をつけるには「お得感のある切符が買える」という情報も有効です。 コンビニでチケットを買っておけば、現地の窓口で並ばなくてよいという情報は簡単に見つかります。 このことに加えて、鉄道利用の場合、「」という、往復の乗車券と入場券、さらに1000円分のMipo(園内でつかえるポイント)がセットになった切符が販売されていて、クレジットカード決済もできます。 しかし、この切符については、事前に情報を得て探しにいかないと、見つかりにくいです。 みさき公園の他にも、関西には白浜アドベンチャーワールドやUSJ、ひらかたパークなどの大規模な施設、和歌山公園動物園のように無料で入場できるお得な施設、淡輪や箱作など海水浴場もすぐ近くであり、ライバル施設がおおいのは事実です。 でも「みさき公園に繰り返し行きたい」と思う人がいれば、ライバル施設が多くても、来園者数はどこかで下げ止まるはず。 これ以上は現地に行かないと分からない点です。 現地での第一印象(あくまでも主観) でっかい象の像が迎えてくれる入り口。 10時過ぎに到着しました。 チケット販売窓口の列の最後尾から、窓口までは私が歩数を図ると、85歩ほどかかりました。 しかし、園内に入ると「あれ? 人ってこれだけ?」という印象が。。。 ゴールデンウィークですから、もっと人にもまれて動けないような状況をイメージしていたのですが、意外なほど空間があります。 人気のアトラクションであるシャイニースタジアムへ向かう人々でも、このような感じ。 私は気温が上がる前に動物園を見たかったので、シャイニースタジアムをいったん離れます。 動物園を探索 優しい顔をしたロバ。 シマウマが近くで見られるのはうれしいです。 砂浴びをしていました。 動物園では、キリンのえさやり体験などができますが、10時に私が入場した時点で希望者が多かったのか、受付が終了していました。 アルパカに間違えられやすい「ラマ」という動物が、やや狭いスペースに展示されています。 まだ入り口近くの辺りでも、来園者が集まりやすい動物と、あまり集まっていない動物がいます。 動物の人気の違いなのかもしれませんが、それ以上に 「足元のつらさ」も影響があると感じます。 かなり強い傾斜が続いていますので、ベビーカーのお子さんや、車いすのご家族を連れている人には、動物を見づらい場所もあるのです。 上に載せたロバの写真も、カメラを私自身の頭のかなり上に構えて撮影しなければなりませんでした。 逆に、この写真のニホンジカは、上から鹿たちを見下ろす形で撮影しています。 園内の案内図も、限られた場所にしか設置されておらず、できるならもう少し数を増やしてもいいのではと感じました。 ツキノワグマやニホンザルには、自動販売機で餌を買って与えることができます。 ふれあいコーナーなどで手から直接食べさせるのとは違い、檻の中にエサを投げ入れる感じ。 お子さんより、お父さん方が楽しんでいました。 この辺りで気づいたのですが、 ティーンエイジャーと呼ばれる、もっとも遊びたいはずの世代の子供たちが、友達どうしで来ている姿がほぼみられませんでした。 ゴールデンウィークという時期の特殊性かもしれませんが、私が子供の時と比べて、子供たちの遊び場が変わっているのかもしれません。 平日でも人気が高いと評判のシャイニースタジアムへ いったん動物園エリアを離れ、シャイニースタジアムへ向かいます。 12:30のショー開始までに30分あるというのに、座席がすべて埋まったので立ち見のみの案内であると告げられます。 「わくわく切符」でもらった1000Mipoのうち500Mipoを支払って入場します。 この日はショーを10分早く始めることがアナウンスされました。 イルカへの「ジャンプ」の合図の出し方を、観客みなで練習しているところ。 上記のような演出や、BGMの印象などが「アクアパーク品川」のイルカショーを思い出させてくれました。 レーザー光線などによる派手な演出はありませんが、イルカの可愛さを強調する子供向けの演出とは違い、大人もすなおに「かっこいい」と感じられる構成です。 イルカショーでは、 もっとも芸歴が短いイルカの紹介もあり、「そのイルカがどうなっているか、次も見てみたいな」と思わせる演出が行われていました。 動物は成長するものです。 遊具だけが設置されている遊園地と比べて、成長を楽しみに、何度も訪れる人がいる動物園は有利なはず。 そのようなファンをもっと発掘できれば、動物園の人気も高まったのかもしれません。 13時頃になるとレストランにも列ができています。 お弁当を楽しそうに食べるご家族連れも増えてきます(この点についての考察は後述します)。 わくわく電車ランドへ 南海電鉄が運営している施設なので、車掌体験や運転体験ができる「わくわく電車ランド」が設けられています。 400Mipoを支払って入場します。 かつて「交通科学博物館」がJR弁天町駅にあったのですが、そのレベルを期待してしまう大人には、物足りない感じ。 しかし、お子さん連れで来園した人が、急な雨に遭った場合に、お子さんを飽きさせずに雨宿りをするには良い感じの場所です。 アトラクションは全体的に小規模 園内のアトラクションは全体的に規模が小さいです。 行列ができているのは、利用希望者が多いからというよりも、 一度の運行で利用できる人数が少ないため、待ち時間が生じてしまうのが理由でしょう。 ただ、乗り物に乗るお子さんたちは楽しんでいます。 親御さんが、お子さんを見失うことなく、近くで見守ることができるのは、利点と言えるかもしれませんね。 園内は、お弁当の持ち込みもできます。 レジャーシートを持ち込んで座っているご家族連れも多々見受けられます。 アトラクションで遊ぶお子さんの付き添いを、交代ですることができますね。 しかし、お子さん方も含めて「レジャーシートの上で、お弁当を広げて楽しむ」ことで終わってしまい、メリーゴーランドに乗ろうとか、そのほかの乗り物に乗ろうという気持ちがなえてしまう部分はあるかもしれません。 みさき公園は、期間限定で乗り物フリーパスを発売していますが、 基本的にはアトラクション利用のたびにお金を払います。 そのため、 園内でただベンチに座っている人が増えても、公園側の利益にはつながらないのが、厳しいところでしょう。 保護者の皆さんにとっては、 ・都度払いの料金を負担に感じる ・保護者が同伴しなければならないアトラクションは料金がかさんでしまう ・どうせお金をかけるなら、大規模でフリーパスが利用できる施設に連れて行ってやりたい と考えるかもしれません。 また、平日の空いているイメージが強い人たちの中から 「30分も待ち時間があるなら、今日はやめよう」という声も聞かれました。 他の施設ならば、1時間待ち、2時間待ちもあるところですから、私としては少し驚きました。 志摩スペイン村の「待たなくてすむ」という自虐PRが話題になりましたが、GW中には40分程度の待ち時間が生じていたという報道もありますので。 動物が食べていける環境だけはつくってほしい 私がどうしてもイメージしてしまうのが、八幡平クマ牧場の事件です。 () みさき公園は、南海電鉄でも引き受け切れなかった規模の施設なので、「存続して欲しい」という願いだけでは、どうにもならないのは理解できます。 動物たちのためにも、現地で運用を続けられるかどうかは慎重に考えていただきたい。 動物が食べていけない状況になれば、それが一番不幸だからです。 動物を他の施設に移送する必要もあるかもしれませんが、くれぐれも、動物がきちんと食べていける環境ができることを願います。 終わりに みさき公園の来客数が減った理由を大きく3つに分けて考えると、次のようなことが見えてきます。 1.みさき公園の存在が意識されていない 2.「みさき公園に行ってみよう」と意欲的になり行動を起こす人が減っている 3.「前に行ったみさき公園に、もう一度行ってみよう」と考える人が減っている これらの問題は、どんなビジネスでも起こりうることです。 つまり私たちフリーランスも「お客さんが減ってきた」と感じたときは、この3つの問題のうちどれか、あるいは全部が起こっていることが考えられます。 具体的な事例の分析や取材を通して、自分のことを分析する力も磨いていきましょう。 河野陽炎のコンサルティング ・紙製の本やKindle本を書いて継続的収入を得たい人 ・セミナーを開きたい人 ・経験やノウハウを人に伝えて役立ててほしい人 のためのコンサルティングを行っています。 オンラインでの相談もできます。 メール等でのやり取りとなりますが、日本の現状を考えると、対面でのご相談よりオンラインでのご相談のほうが安心かもしれません。 料金 2時間 10000円 1時間を超える場合 30分ごとに3000円 対面相談のご利用にあたってのお願い ・当日のお申し込みはご遠慮願います ・3日から1週間前後の余裕を持った日時でお申し込みください。 ・購入申込時に第三希望まで日時をお知らせください。 お申込み お名前、ご希望日時(第三希望まで)、ご希望の場所(なんば、梅田、天王寺、オンラインなど)、どんな本を書きたいか、どんなセミナーを開きたいか、現時点での企画書や原稿の有無 を下記ページからお知らせください.

次の

そごう西神閉店。撤退最後の一年。跡地は何?閉店セールはいつから?

みさき 公園 跡地

【みさき公園(みさきこうえん)】 大阪府泉南郡岬町にある、 南海電気鉄道が運営する遊園地。 南海電鉄創業70周年記念事業として1957年4月1日に開業し60年以上の歴史を持つテーマパーク。 南海10000系電車(10905号車)・7000系電車新旧塗装(新塗装7041号車・旧塗装7033号車)の運転士・車掌体験ができたり、50000系電車の実物大モックアップを使った運転士体験の他、プラレールで遊べる広場の設営や、南海電鉄関連の展示・グッズ販売が行われてます。 「シャイニースタジアム」では、大迫力の イルカショーが観覧できます。 営業日: みさき公園閉園の可能性に対するツイート 大阪のレジャー施設としてはかなり有名なテーマパークです。 義実家・義妹家族もよく行ってます。 そのテーマパークが姿を消すかもしれない?とのことで、 惜しむ声もかなり上がっています。。。 みさき公園は小学校の時ずっと一緒に遊んでた子達4人で卒業遠足みたいなかんじで出掛けたんよなぁ。 みさき公園の二階建てのメリーゴーランドがどれだけ綺麗か。 いつか絵にしたいとずっと写真に撮りながら。 swim. shingo SwimShingo とくに 動物園の動物たちの行く末を心配する声が多く上がってました。 みさき公園の運営から南海電鉄が撤退する理由 みさき公園は1957年に開園し、いままで動物園をはじめ、イルカショーや大型プールを楽しめる総合遊園地として人気を集めてきました。 一時は家族連れや学校の遠足などで 72万人が来場した年もあったそうです。 しかし、その後はレジャーの多様化などで来場者が減り、また関西に大きなテーマパークである 「ユニバーサルスタジオジャパン」が開園すると、集客数は減少の一途をたどります。 17年度はピーク時の 約半分に当たる36万人に減少。 同年度は3億円超の営業赤字となるなど、少なくとも 過去10年にわたって営業赤字が続いており、事業の継続が困難と判断されるまでに至りました。。。 「みさき公園」がある大阪・岬町の西啓介総務部長は「『みさき公園』は62年間にわたって親しまれてきた町のシンボルで、南海電鉄の事業撤退は非常に残念です。 町としては公園を存続させたいと考えていて、 運営を引き継いでくれる事業者を探すなど 南海電鉄と存続の方法を話し合っていきたい」とインタビューに答えておられます。 ごにょごにょ。。 みさき公園は閉園?今後の運営はどうなる? 思い起こせば 関西にはもっともっとテーマパークがあったんですよ。。。。 USJが開園して、USJはとっても盛り上がっててそれは関西人として嬉しい限りなのですが、その過熱ぶりにまるで巻き込まれてしまったかのように、 他のテーマパークがひっそりと閉園していきました。 ~USJ開園後に閉園した遊園地~ ・エキスポランド(吹田市) ・奈良ドリームランド(奈良市) ・神戸ポートピアランド(神戸市) ・あやめ池遊園地(奈良市) ・伏見桃山城キャッスルランド(京都市) ・宝塚ファミリーランド(宝塚市) ・甲子園阪神パーク(西宮市) あやめ池遊園地がなくなったときの衝撃たるや(泣)。 私の想い出とともに消え去りました。。。。 あやめ池遊園地跡地には、おしゃれな街並みの高級住宅街と、近大付属幼稚園・小学校が移転し、素敵なエリアになりました。。。。 寂しいけど。 他にも、大阪さやま遊園や阪神パークなど、 ひっそりと閉園していった遊園地があります。 みさき公園については、いまのところまだ、 南海電鉄が「みさき公園」の事業から撤退することが決定しただけで、 「みさき公園が閉園」ということが確定しているわけでは(まだ)ありません。 どこかしらの事業者が引き継いでくれる可能性もあるわけです。 これからの動向を見守るしかないようです。。。

次の

南海電鉄が撤退を決めた「みさき公園」の現状を確かめに行きました|河野陽炎|プロ資格マニア|かげろうプロダクション|note

みさき 公園 跡地

スポンサーリンク 「みさき公園の閉園後は跡地は残る?閉園の理由は?」についての反応を紹介! ======= みさき公園行きたかったなぁ ======= みさき公園、閉園したんだ。 寂しいなあ ======= 初めてジェットコースター乗った遊園地はみさき公園でした。 いとこと乗ったあの時の思い出はまだちゃんと残ってますよ!! ======= 本日を持ちまして、みさき公園は南海電鉄としての営業を終了いたしました。 たくさんの方に支えられた63年間でした。 本当にみなさまの笑顔は私たちの宝物です。 いつまでもみさき公園で遊んだこと忘れないでくださいね。 63年間のご愛顧誠にありがとうごさいました。 — みさき公園【公式】 MISAKIKOEN ======= 昔、みさき公園の近くに住んでいたので、娘たち連れてよく子供たちとママ友と、また家族でお弁当持って遊びに行ってた。 あのジェットコースターでも、私には絶叫マシーンです 閉園寂しいなぁ。。 ======= みさき公園の沢山の動物達を引き受けてくれたアドベンチャーワールドさん、ホンマにありがとうございます ======= みさき公園、ありがとう! 物心つく前からよく連れて行ってもらいました。 スタジアムの外でもかなりの人が拍手してるのわかると思う。 — nagi USJ nagi67357620 =======.

次の