クリミナル マインド。 「クリミナル・マインド」 の意味

【あの人は今】「クリミナル・マインド」を降板したキャストたち <おまけ付き>

クリミナル マインド

米TV界では「CSI」シリーズ、「BONES」など、最新の科学捜査テクニックを題材にした犯罪ミステリー・ドラマが流行したが、犯行の手口を調べる展開だけでは推理ドラマとしても人間ドラマとしても、どうしても限界がある。 プロファイリング自体は小説や映画で注目された「羊たちの沈黙」や、元FBI行動科学課のロバート・K. ・レスラーが著者に名を連ねる実録ベストセラー「FBI心理分析官~異常殺人者たちの素顔に迫る衝撃の手記~」によって日本でもおなじみだが、ここまでリアルかつ詳細にプロファイリングを取り上げたTV・映画としては「クリミナル・マインド」が筆頭に挙げられる。 製作総指揮をつとめるのは、 なんと元警察官やハリウッドの大物プロデューサー! 「クリミナル・マインド」を製作総指揮するプロデューサーの1人で、監督や脚本も手がけるエドワード・アレン・バーネロは、シカゴ市警で警察官として10年も働いた後にTV界へと転じ、「」に多大なリアリティをもたらした異才。 犯罪ドラマ「クリミナル・マインド」にも経験に基づいたリアリズムを盛り込んでいる。 またやはり製作総指揮の1人マーク・ゴードンは、映画界で『スピード』『プライベート・ライアン』『デイ・アフター・トゥモロー』を大ヒットさせ、近年はTV界でも当番組や「グレイズ・アナトミー」を当てているハリウッドの大物プロデューサー。 監督陣もフェリックス・エンリケス・アルカラやガイ・ノーマン・ビーら、「」「」他でおなじみの名手たちだ。 全米各地を舞台にしたスケールの大きさと多彩な犯罪が退屈を感じさせない! は、スピンオフ・シリーズ「」とのクロスオーバー・エピソード。 このエピソードは、2011年2月16日放送開始の「」より1年近く前にオンエアされた、「」のパイロット版ともいえる作品。 演じるをはじめ、、、といった「」レギュラー陣が初めてTVに登場した記念すべきエピソードであり、ファン必見! シーズン5にはその他にも、豪華ゲストが続々登場! 映画『アウトサイダー』のC・トーマス・ハウエル、映画『処刑人』TV「インディ・ジョーンズ/若き日の大冒険」のショーン・パトリック・フラナリー、TV「」の、TV「」の、映画『ロッキー・ホラー・ショー』のティム・カリー、TV「」のといった俳優たちが作品を彩る。 マシュー・グレイ・ギュブラーの監督エピソードは要注目! なお、役はシーズン8では2エピソードの監督を務めている。 監督を手がけたエピソードの中でもギュブラーが特にお気に入りだという第10話「人形遣い」は要チェック。 ギュブラーが監督した第20話「錬金術」では彼が演じるが大きな転機を迎えるエピソードとなっており、・ファンでなくとも要注目のエピソード。 また、役も、第14話「姉妹」の監督を手がけている。 今シーズンでも豪華ゲストが続々登場する。 『スター・ウォーズ』シリーズのルーク・スカイウォーカー役で知られるマーク・ハミルがある重要な役で登場するほか、「ツイン・ピークス」で知られるレイ・ワイズ(第4話「神コンプレックス」)、「」のミシェル・トラクテンバーグ(第12話「ツークツワンク」)、「」のスコット・グライムズ(第16話「レプリケーター」)、「ベター・コール・ソウル」のパトリック・ファビアン(第9話「悪を聞き、悪を見る」)など、海外ドラマファンにはおなじみの俳優が続々登場する。 ついにシリーズ通算200話到達のシーズン9は見どころ満載!! 通算200話のスペシャル・エピソードに加え、シーズン9ではもうひとつの特別エピソードが制作されている。 シーズン9第5話「66号線」は、の宿敵リーパー(C・トーマス・ハウエル)が初登場となったシーズン5第1話「死神の再来」から100話目を記念して企画されたエピソードであり、深く傷を残したあの事件にその後も苦しみ続けているの姿が描かれている。 なお、今シーズンも本作のメインキャラクターを演じる俳優陣がメガホンをとっている。 役はシーズン8に続き今シーズンでも2エピソードの監督(第7話「地獄の門番」、第20話「報復」)を務めているほか、第16話「天使の失踪」は役のが、役のは、第13話「帰郷」で初監督に挑んでいる。 もちろん、シーズン9も豪華ゲストが続々登場する。 新メンバー加入でBAUに新しい風が吹くシーズン10! シーズン9のラスト、自分をかばって撃たれたに死んだ息子を重ね合わせ、ショックから立ち直れずに突如BAUを去ったアレックス・ブレイク(ジーン・トリプルホーン)。 ボストンで大学教員の道を選んだブレイクに代わり、BAUに新たにケイト・キャラハン(映画『ラストサマー』シリーズや、TV「ゴースト~天国からのささやき」のジェニファー・ラブ・ヒューイット)が加わる。 ジェニファーは今までFBIにて極秘おとり捜査官として活躍してきた実績があるケイト・キャラハン役で、ブレイクの穴を埋めるため誰もが働いてみたいと切望するBAUでの任務に抜擢された、という設定。 エグゼクティブ・プロデューサーのエリカ・メッサーは「われわれの多くは過去にジェニファーと楽しく仕事をした経験を持ち、また一緒に仕事ができることを楽しみにしている。 」とコメント。 作品基本情報 原題 クリミナル・マインド CRIMINAL MINDS データ 2005~現在米CBSにて放送中/アメリカ/二カ国語&字幕/60分/HD作品 製作総指揮 マーク・ゴ-ドン、エドワード・アレン・バーネロ 出演 トーマス・ギブソン ジョー・マンテーニャ シェマー・ムーア マシュー・グレイ・ギュブラー A・J・クック カーステン・ヴァングスネス ジーン・トリプルホーン パジェット・ブリュースター マンディ・パティンキン あらすじ• :2005~2006年 第1話~第22話 全22話(第1話~第22話)• :2006~2007年 第1話~第23話 全23話(第23話~第45話)• :2007~2008年 第1話~第20話 全20話(第46話~第65話)• :2008~2009年 第1話~第26話 全26話(第66話~第91話)• :2009~2010年 第1話~第23話 全23話(第92話~第114話)• :2010~2011年 第1話~第24話 全24話(第115話~第138話)• :2011~2012年 第1話~第24話 全24話(第139話~第162話)• :2012~2013年 第1話~第24話 全24話(第163話~第186話)• :2013~2014年 第1話~第24話 全24話(第187話~第210話)• :2013~2014年 第1話~第23話 全24話(第211話~第233話).

次の

クリミナルマインド10全エピソードあらすじ一覧

クリミナル マインド

アリゾナ州グレンデールで3日間で2人の女性が殺害された。 被害者はどちらも20代前半、ブロンドの独身女性で、性的暴行を受けた跡があった。 さらに、銃で心臓を撃ち抜かれ、遺体は祈るような格好をして放置されていた。 ホッチナーたちが捜査のため現地入りしてすぐに、新たな遺体が発見された。 被害者の名前はEmma Coleman(エマ・コールマン)。 2人の被害者と違って、エマは既婚で髪の毛は茶色。 さらに犯人は、最初の2人の被害者のアクセサリーなどには手を触れることがなかったのに、エマの結婚指輪は指から外されて、遺体のそばに落ちていた。 検死官の検死結果を聞くホッチナーとアレックスは、エマの胃の中から人間の前歯とみられる歯が発見されたことを知る。 そして、他の2人の被害者の胃からは人間の頭蓋骨のかけらが出てきたのだった。 また新たな事件が発生する。 遺体はやはり祈るような格好で遺棄されていたが、被害者はダークカラーの髪の毛を持つ独身の女性だった。 リードは被害者の口の中から、他人の舌を発見する。 ホッチナーたちは遺体遺棄の状態やカニバリズムの特徴から、• 犯人は30代前半の白人で犯行の目的はレイプ。 祈るような格好に遺体を遺棄するのは犯人のみ知りうるメッセージが隠されている。 犯人は"Projected cannibalism(計画されたカニバリズム)"を利用しているが、これは相手に人間の肉を食べるよう強制するため一種の拷問と考えられる。 このことから犯人はサディスティックな気質を持っている。 異常な妄想癖のため、人間関係や仕事がうまくいきにくい。 精神病院に入院したことがあるかもしれない。 過剰な道徳心から、被害者の不徳を激しく攻撃する。 といった犯人のプロファイリングを発表した。 しかしリードは、犯人は被害者に肉ではなく骨や歯も食べさせているため、今回の事件の犯人はカニバリズムとは違うのでは、という疑問を持つ。 そして後日検死の結果を見たリードは、犯人はカニバリズムではなくて、雌のカマキリが後尾の後、雄の頭を食べる習性を再現しているのではと推測する。 ホッチナーたちは犯人が被害者に食べさせた頭部が誰のものか、特定を急ぐのだった。 スポンサードリンク 「インスピレーション-前編-」の感想 エピソードの冒頭は、JJとモーガンが犯人を追っているのかな? 激しいカーチェイスをしているところから始まりましたよね。 「一体何が起きるの?!」 「どうなってるの?」 って、ドキドキシながら観ていた矢先に、大きなトラックがJJめがけて! これは、エピソードの2日後に起こるという設定なのですが、あ~、びっくり。 意表を突かれたスリリングな展開に、クリマイ制作陣の、シーズン9に対する意気込みが伝わってくるようでした~。 エピソードの内容ですが、シーズン9、初めからハンガークリフ並みのオチで終わらせるなよ! って、激しく突っ込みたくなるほどのエピソードでしたね。 シリアルキラーも心臓がドキドキするほどエグいキャラでしたし。 犯人は初めからわかるのですが、つまらない感まったくなし! 「一体こいつはなにをするんだろう」って、先が見えないからだったかもしれませんね。 シーズン9は安心して24話まで楽しめそうです~。 冒頭のカーチェイスの真相は? エピソードの最後の方で、ようやくカーチェイスの真相が出てきました。 逃走したウォレスを追いかける、モーガンとJJ。 ウォレスを見かけたと通報を受けた2人は、ウォレスが運転する車を追いかけます。 車ごと体当りしてウォレスの走行をストップしたモーガン。 そして、迫り来るトラックには、車をバックさせることで間一髪乗り切りました。 ふぅ~。 ストラウスが亡くなったため、彼女の仕事も引き受けているようですね。 事件の捜査の一方でBAUメンバーが気になっているのが、ストラウスの後任にホッチがなるかどうかということ。 ホッチはまだ結論を出していないということで、あ~、こっちも次のエピソードまでおあずけです… スペンサーの頭(笑) ヘン、というわけじゃないけど、スペンサーの髪型がすごく気になりました。 刈り上げっぽくて。 いや、刈り上げですよね、後頭部は^^; なんか、シーズンが新しくなって、「やるぞ!」って、意気込みが見えそうです。 スペンサーのプロファイリングカッコイイな~、と聞き惚れはするのですが、髪型についつい目が行ってしまって… そのうち見慣れるでしょう~。 「FBI! 他のエピソードでもホッチドア蹴るかな~、なんて楽しみになってきました^^ リチャード・ファーレイとエドワード・アラウェイについて 事件が解決(本当はしてないけど)し、クウォンティコに戻る機内でなにか腑に落ちない表情のモーガンとJJ。 なぜなら犯人を逮捕した2人は、逮捕前と後の犯人の行動が別人のように違っていたから(本当は別人だけど)でした。 その時にロッシとアレックスが、「態度が全く変わるシリアルキラーはいる」ということで例を挙げたのが、Richard Farley(リチャード・ファーレイ)とEdward Allaway(エドワード・アラウェイ)でした。 リチャード・ファーレイはアメリカのスプリーキラー。 1984年にESL社に入社したファーレイは、すぐに同僚のローラ・ブラックに好意を抱き、熱烈アプローチ開始。 しかしその恋は一方的で、ローラは断り続けます。 ファーレイの行動はストーカー行為に発展。 1986年、ローラはセクハラ行為を会社に訴え、ファーレイは会社を解雇され、1988年には裁判所から禁止令が下されます。 それでもブラックへの恋心は捨てきれず、1988年2月、解雇されたESL社に武装して乗り込み、手当たり次第に発泡していきました。 この事件で7人が命を落とし、ブラックもファーレイに撃たれますが、一命はとりとめました。 逮捕されたファーレイは、1992年死刑宣告を受けました。 一方のエドワード・アラウェイも、カリフォルニアで事件を起こしたスプリーキラー。 1976年7月12日、かつて守衛として働いていたカリフォルニア州立大学図書館に、22口径のセミオートマチックライフルを持って乗り込み、館内で発泡、7人を射殺し、2人が重傷を負いました。 日頃から職場の人間はポルノ映画を作成していて、自分の妻を主演させるのでは、という妄想を抱いていて、妻の離婚が引き金となって犯行に及んだようです。 妄想性人格障害と診断されたアラウェイは、アタスカデロ州立病院に収容されました。 逮捕したのはウォレスじゃなかった! このエピソードがクリフハンガーなのは、逮捕したのはウォレスじゃなかった、というオチ。 もう、「え~っ?!」ですよね。 こんなどんでん返しがあったとは。 真犯人と言い、ホッチの身の振り方と言い、次のエピソードがとても気になりますね。 次回もお楽しみに! スポンサードリンク 「インスピレーション-前編-」キャスト• イアン・バーンバーグ(Ian Bamberg) ウエイター• ・オマー・カストロ(J. Omar Castro) 逃走中のウォレスを見つけたと報告した警察官• ローレン・リー・デンハム(Lauren Lee Denham) コーリン・トッド• カイラ・ドリュー(Kayla Drew) 若い頃のヘザー・クラーク• キャサリン・エヴェレット(Katherine Everett) エマ・コールマン• リーア・ガーランド(Leah Garland) パット・ルイス検視官• ブリアン・ハウィー(Brianne Howey) ヘザー・クラーク• ジョネル・ケネディ(JoNell Kennedy) リン・ジョンソン巡査部長• フレデリック・コラー(Fred Koehler) ウォレス・ハインズ• キャリー・ラザール(Carrie Lazar) レストランの女性客• ナタリー・リプカ(Natalie Lipka) モーフィング• ビアンカ・マリナウスキー(Bianca Malinowski) ミア・リヴェラ• カムリン・マンハイム(Camryn Manheim) カーラ・ハインズ• マティアス(D. Matias) ミニマートの店員• ビンス・メロキ(Vince Melocchi) エリク・コール• ダイアン・ミゾタ(Diane Mizota) レポーター• ジーン・ラスウォール(Gene Rathswohl) バックナー警察官• ロブ・シルバーマン(Rob Silverman) マイク・ハーディ• ブライス・ウイリアムズ(Brice Williams) ベン・コールマン 「インスピレーション-前編-」で引用された格言.

次の

クリミナル・マインド FBI行動分析課

クリミナル マインド

概要 [ ] オリジナルの『』シリーズや『Criminal Minds:Suspect Behavior』とは異なり、BAUのプロファイラーたちではなく、ジャック・ギャレット率いるの国際対応班(International Response Team、略称IRT)のメンバーが主役である。 アメリカ国外で凶悪犯罪に巻き込まれ、危機に直面した米国人を救うため、FBIの国外専門チーム・IRTが世界各国を飛び回る。 オリジナル「クリミナル・マインド」のシーズン10第19話「国外捜査」で、パイロットエピソードが放送され、シリーズ化が決定した。 2016年3月よりでシーズン1(全13話)が放送され、続いてシーズン2が製作・放送されたが、視聴率が振るわず打ち切りとなった。 日本では2017年2月からで放送され、2019年9月よりで放送される。 また、シーズン1の第4話は日本が舞台のエピソードになっておりが日本の刑事役でゲスト出演している。 からDVDボックス1-2が発売されている。 スタッフ [ ]• 企画・脚本:エリカ・メッサー• 製作総指揮:マーク・ゴードン、エリカ・メッサー• 監督:• 製作: 日本語版制作スタッフ [ ]• 翻訳:佐藤恵子• 演出:清水洋史• 調整:猪本純• 編集:中島隆• 制作担当:津田剛士 主要人物 [ ] IRTのメンバー [ ] ジャック・ギャレット(Jack Garrett) 演 - 、日本語吹替 - IRTのリーダー。 BAUのデイヴィッド・ロッシと親しい。 チーム専用機のキャビンの壁にトロフィーとして、事件を解決した国の紙幣を貼り付けている。 クララ・シーガー(Clara Seger 演 - 、日本語吹替 - IRTの捜査官。 13ヶ国語を使いこなす。 マシュー・シモンズ(Matthew Simmons) 演 - 、日本語吹替 - IRTの捜査官。。 4人の子持ち。 メイ・ジャーヴィス(Mae Jarvis) 演 - (Annie Funke 、日本語吹替 - IRTの捜査官。 ラス・モンゴメリー(Russ Montgomery) 演 - (Tyler James Williams 、日本語吹替 - IRTの技術分析官、渉外担当。 愛称は「モンティー」。 サブタイトル一覧 [ ] シーズン 話数 放送期間 初回放送 最終回放送 13 2016年3月16日 2016-03-16 2016年5月25日 2016-5-25 13 2017年3月8日 2017-03-08 2017年5月17日 2017-5-17 シーズン1 [ ] カッコ内は主な舞台となる地名• (・)• 「クリミナル・マインド FBI行動分析課」シーズン10 第19話 「国外捜査(Beyond Borders)」• 「クリミナル・マインド FBI行動分析課」シーズン12 第13話 「スペンサー (Spencer) 」 脚注 [ ].

次の