リモート キャバクラ。 新型コロナ禍で増える“リモートキャバクラ”に新店舗 LINE・Skype・Zoomで接客「スマキャバ」:イザ!

人気の事務もリモートワーク!スキルを活かす│メールレディおすすめランキング!安全に稼げるサイトとは?【口コミ&評価アリ】

リモート キャバクラ

今月19日にジャニーズ事務所を退所した元NEWSの手越祐也が23日、都内で緊急記者会見を行、各局朝の情報番組キャスターたちがコメントした。 フジテレビ系『とくダネ!』の司会、小倉智昭アナウンサーは「ジャニーズ事務所にいたタレントさんの会見で、最近では中居君の会見を思い出すんですが、その時の雰囲気とは相当違うなと実感で思いました」と印象を述べた。 また、会見会場で取材したというフジテレビの山崎夕貴アナウンサーは、「お話がすごく快活ではっきり物事をおっしゃるので、熱量がすごく聞けば聞くほど伝わってくるんですよね」とコメントした。 そして、日本テレビ系『スッキリ』で司会を務めるお笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次は「違うことをやるのは歓迎したいし、頑張ってもらいたいと思う」と理解を示したうえで、手越のある発言に苦言。 それは緊急事態宣言発令下での酒席への参加などが明らかになったことについて、「いろんなボランティアだったり、人の命を助けるということの何かお手伝いができないかという内容が話し合われていた会です。 今後に向けての情報交換のためと話す手越に加藤は「情報交換だったらリモートでできたでしょ」「己が新型コロナウイルスを持ってる可能性もある。 己が彼女たちにうつす可能性もある」と厳しい表情で主張した。 さらに、TBS系『グッとラック!』で司会を務める落語家の立川志らくは「仕事の大事な話をすると言うが、この時期に飲みに行って遊んだだけという気がする」と手越の感覚のズレを指摘した。 124人の報道陣が集まり、生配信されたYouTubeでの視聴者数は130万人を超えたこの会見。 退所の理由について手越は「男、手越祐也32歳として、もう1回、今のこのジャニーズというものに甘えずに、もうワンステップ、ステップアップする勝負がしたい」と明かし、今後の活動について「こだわりをもってやってきた歌というものに関しては、主軸として今後も続けていきます」と話した。 そして一部報道を否定する形で、「僕はジャニーズ事務所はもちろんですけど、とにかくNEWSが大好き、未だに大好きです」「メンバーとの間に何か問題やトラブルは1ミリもございませんし、ジャニーズ事務所との間に大きなトラブルがあったというわけでもございません」と強調していた。 (ABEMA/『ABEMA NEWS』より).

次の

新型コロナ禍で増える“リモートキャバクラ”に新店舗 LINE・Skype・Zoomで接客「スマキャバ」

リモート キャバクラ

利用者が家にいながら、「LINE」「Skype」「Zoom」を使って遠隔地にいる女性スタッフの接客を受けられるサービス「スマキャバ」が4月20日にスタートした。 「素人やサクラはいないため安心」とうたっている。 公式サイトで会員登録を済ませ、スマキャバの公式LINEアカウントに友達申請をした利用者に、接客可能な女性スタッフを紹介する流れ。 個人のLINEアカウントを使いたくない利用者には、法人向けチャットツール「LINE WORKS」の専用アカウントを発行する。 価格は30分当たり1500円〜5000円(税込、以下同)で、「LINE Pay」かクレジットカードでの事前決済が可能。 決済後、利用者のスマートフォンにはQRコードとURLが表示される。 いずれかを気に入った女性スタッフのLINEアカウントに送信し、承認されると、指定した時間にリモート接客が始まる。 女性スタッフはリモート接客の際、LINE、Skype、Zoomのうち希望のツールで1対1のトークを行う。 集団での利用と、スマホ上での領収書の発行も受け付けており、「接待などの仕事のシーンにも最適」としている。 利用者は飲食物を自身で調達する必要があるが、女性スタッフには1杯500円のドリンクをおごれる。 当初は未対応だが、フード(1000円)やアルコール類(1500円)、シャンパン(1万円)などの差し入れにも対応するという。 こうしたサービスにより、加盟店には新規顧客を開拓できる点、利用者にはスマホ一つで接客を受けられる点などのメリットがある。 スマキャバ運営企業のC. Aは、店舗から30万円の加盟料と売上の30%を得る(開店当初は割引する予定)という。 この業界では、Zoomで接客するキャバクラ「ズムキャバ!」が一足早くオープンして話題を呼んでいる。 また、六本木のガールズバー「LUTILE」(ルチル)はビデオ会議システム「Whereby」での接客に加え、ECサイト上でボトルキープを先払いで購入した客は、新型コロナが収束した後で実店舗にお酒を飲みに行けるサービスを提供している。 新型コロナの流行と、それに伴う営業自粛の影響で、多くの飲食店では集客の落ち込みが続き、業界全体で雇用危機と倒産の多発が懸念されている。 そうした状況下での生き残りをかけて、接客のプラットフォームを提供する企業、キャバクラ、そして働き口を探す女性スタッフが、ビデオ会議に活路を見いだしている。 ITmedia NEWS.

次の

人気の事務もリモートワーク!スキルを活かす│メールレディおすすめランキング!安全に稼げるサイトとは?【口コミ&評価アリ】

リモート キャバクラ

4月中旬のスタート以来、新型コロナウイルスの影響で外出できず話し相手がほしい人などの人気を得て、多い時は1日に約50人が利用しているという。 ズムキャバと、系列店の「ズムキャバラグジュアリー」には、5月末現在で合計約100人のリモートキャバ嬢が所属。 オンラインならではのハプニングもまれに起きるが、彼女たちは画面越しの客を日々もてなしながら生活費を稼ぎ、実店舗で働けない中で新型コロナ禍を乗り切っている。 指名した女の子が、画面越しにドレス姿で待っている 一般的なキャバクラと異なり、ズムキャバは前払い制だ。 利用するにはWebサイトからズムキャバ公式LINEアカウントを友だち登録し、話したい女性と希望時間を連絡。 担当の女性が決まり、料金を事前に支払うと、LINEにZoomミーティングのURLが届く。 あとは時間通りにアクセスすれば、指名した女の子が画面越しにドレス姿で待っている。 女の子は実店舗をイメージした壁紙をバーチャル背景に使っていて、お店で接客を受けている気分を味わえる。 盛り上がってきたら、クリック1つで女の子にシャンパンをおごれる機能も。 スタッフがあらかじめ女性の自宅にシャンパンボトルを送ってあり、客がお金を支払った場合に開栓できるようになっている。 実際にドレス姿の女の子と話してみると、画面越しとはいえ気分が上がる。 中には盛り上がりすぎてしまう客もいるようだ。 「触れないなりに工夫してくるお客さんもいます。 画面越しに『肩ひも下ろして』『ブラジャー取って』と言ってきたり……。 キャバクラあるあるなので流していますが」とラグジュアリーで働く楓(かえで)さんは涼しい顔で話す。 関連記事• VR空間で、従業員と利用者がアバターの姿で疑似的な性的行為を行えるサービスのクラウドファンディングがスタートした。 六本木のガールズバー「RUTILE」(ルチル)がリモート接客を開始。 カウンター席に置いた端末を介して、客とバーテンダーの女性がおしゃべりを楽しめる。 客の良い気分転換になっているという。 4月20日には、キャバクラ嬢が「LINE」「Skype」「Zoom」を使って遠隔地にから接客するサービス「スマキャバ」がスタートした。 都内某所に、そんな男性が立ち上げた探偵事務所が存在する。 創設者の船木孝則氏(仮名)に、ITを使って解決した浮気調査のエピソードを聞いた。 船木氏が探偵になった背景には、とある過去の出来事があったという。 新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、企業で広がりつつある「Zoom」。 真偽のほどは不明だが、「Zoomミーティングは立場が上の人から順に退出する」などのマナーが生まれていると、Twitterなどで紹介されている。

次の