スナップ エンドウ 下ごしらえ。 スナップえんどうレシピ【27選】つくれぽ1000以上の人気1位は?下ごしらえや保存方法も!

ごま和えを美味しく仕上げるレシピのコツ・工夫:白ごはん.com

スナップ エンドウ 下ごしらえ

こんにちは、料理講師をしているRikoです。 でもね、筋がどうしても気になっちゃうんですよね。 下ごしらえをしたはずなのに、口の中で 筋が残っちゃうってことありませんか? そうなんです、スナップエンドウの下ごしらえで大事なことは、 筋取りなんです。 筋取りがきちんとできているかどうかで、美味しさがまったく違ってくるんですよ。 「ちょっとめんどくさいな…。 スナップエンドウの筋の取り方 について詳しくお伝えしますね。 スナップエンドウの筋の取り方 皮ごと食べられるスナップエンドウは比較的新しい野菜なので、「下ごしらえの仕方がよくわからないわ~」って方も多いんではないでしょうか。 最近では筋のない品種も出ているようですが、やはりまだ筋取りをするものの方が一般的なようですね。 ではさっそく、美味しく食べられるように正しいスナップエンドウの筋の取り方を説明しますね。 スナップエンドウの 花落ち(ヘタではなくおしりの部分)を少しだけ折ってそのまま筋を ヘタのほうに向かって引きます• そんなときは、爪を立てて残りの筋を取りましょう。 1分半ほどの短い動画です。 上手に筋が取れたら、次の作業は【茹でる】ということになります。 とっても簡単なことなんですが、美味しく茹でるにはいくつかポイントがあるんです。 色鮮やかに食感よく茹でるためのコツなど、 【スナップエンドウの茹で方】については後日アップしますので、今しばらくお待ちくださいね。 ぜひ美味しい旬のスナップエンドウをたくさん召し上がってください。 おわりに いかがでしたか? 【スナップエンドウの筋の取り方】を画像と動画で詳しくお伝えしました。

次の

スナップエンドウのゆで方、ゆで時間は?筋の取り方、レンジでは?しわしわを防ぐには?

スナップ エンドウ 下ごしらえ

そもそもどんな夏野菜 スナップエンドウはグリーンピースをサヤごと食べられるように改良された品種になります。 4月~7月の旬のお野菜で1970年代に アメリカから日本へ導入されました。 特徴は生長してもサヤが軟らかく豆類の中でも甘みの強いことです。 そんなスナップえんどうを上手にこしらえて、美味しい料理を作りましょう。 でも、食べ方の前にもう少し豆知識を紹介します! スナップエンドウの栄養は、たんぱく質とでんぷんが主成分。 ってことは アンチエイジングにも良いってことになりますね。 また、体の成長や修復にかかわる必須脂肪酸のリジンを含み、 集中力を高めたり、カルシウムの吸収を促進したりする効果もあります。 スナップエンドウは若い実をさやごと食べることで、食物繊維もしっかりとることがでるのですね。 ビタミンCは、熱に弱いので、加熱はなるべく短く、ゆですぎずにさやのシャキシャキ感を楽しめるようにしましょう。 なので、おいしい食べ方の下ごしらえとして必ず筋取りをします。 額のほうをぱきっと折り、内側の弓なりに筋をひっぱりとりましょう。 次に外側の弓なりにすじをとります。 内側は途中で切れてしまっても気にせず、外側も残ることもありますが、自然に取れる分だけでいいです。 若いスナップエンドウはすじも柔らかく取れないこともありますよ。 その時に 塩をひとつかみ入れるのがポイントです。 沸騰してからスナップエンドウを入れ茹でます。 時間は2分位が目安ですよ。 茹ですぎると中の豆が飛び出してしまったり、色も悪くなりますよ。 せっかくの新鮮な緑を台無しにしてしまいますので、注意してください。 2分位で火を止め、茹で上がったスナップエンドウをザルにとり冷水につけ粗熱をとります。 スナップエンドウはすじをとり、塩を入れた沸騰したお湯で2分位さっとゆで水にとり水気を取る。 赤、黄パプリカは細切りににする。 グリーンアスパラは皮むきで下半分の皮をむいて長さ5cmに切り、塩を加えた熱湯でゆでて、水にとって水気をきる。 キュウリは皮むきで表面の皮をむき両端を切り落としたら塩もみをしてアクをっとておきます。 塩を落とすため水洗いをします その後は長さ5cmに切り、アスパラと太さとにあわせてカットします。 それぞれを色合いを考えてお皿に盛り付け、マヨネーズやお好みのドレッシングにつけるって食べ方をお楽しみださい。 食べ方のレシピ ちょっと変わった食べ方をいくつか紹介しますね。 針生姜を用意します。 生姜の皮をむき、細長く細かく針のように切っておきます。 鶏肉はもも肉を使用。 一口大に切ります。 皮を下にして切った方が滑らずに切れます。 フライパンに胡麻油ををひいて鶏肉をいれ焼色がつくまで焦がさないように両面を焼きます。 次に針生姜を入れ焼きます。 スナップエンドウはすじをとり、塩を入れた沸騰したお湯で2分位さっとゆで水にとり水気を取っておき最後に3の鶏肉と混ぜます。 酒を回しがけし、蓋をして3分ほど蒸します。 味付けは好みの塩かげんで調整してください。 美味しいゴマと生姜のいい香りの「鶏肉とスナップエンドウのソテー」の完成です。

次の

スナップエンドウの下ごしらえやゆで方は?保存方法は何が良い?

スナップ エンドウ 下ごしらえ

シャキシャキの歯ごたえが特徴のスナップえんどうは、大人から子どもまで大人気の春野菜。 彩りがきれいなのでお弁当やサラダにも映え、行楽の季節にもってこいです。 でも、筋取りや下茹でなど、「下ごしらえ」がちょっと面倒そう…なんて人もいるのでは? そこで今回はスナップえんどうが格段においしくなる茹で方と、簡単に下処理するコツをご紹介します! *** スナップえんどうの筋取り方法は? 下ごしらえの基本 食卓やお弁当のおかずとしておいしくスナップえんどうを食べるために、絹さやよりも太い「筋」を丁寧に取ってあげましょう。 コツをつかめば、簡単にできちゃいますよ。 〜筋取りの方法〜 1. ヘタが付いていないほうの先端を爪を立てて曲げ折り、そのままスーッと引っ張って短いほうの筋を取る。 続いて、ヘタのある頭も同じように曲げ折り、ゆっくり引っ張って長いほうの筋を取っていく。 シャキッと食感を楽しむための「茹で時間とポイント」 筋を取ったら、次は茹でていきましょう。 この、茹で時間がとっても大事! スナップえんどうはシャキッとした食感が命。 茹ですぎるとおいしさを十分に楽しめなくなってしまう可能性も。 【POINT】 茹で時間は、スナップえんどう10本に対して2分を目安にするといいですよ! 2分茹でたら鍋から取り出し、少し隙間を空けながらザルやバットに並べて冷ます。 【POINT】 これは「陸揚げ」 (おかあげ)といって、10分ほど自然に冷めるまで待つ方法です。 水に浸けて冷ますと水っぽくなりがちな野菜も、この方法なら保存期間が長くなりやすく、お弁当のおかずや作り置きにぴったり!陸揚げする時間がなければ、冷水に1分ほどさらして冷ましましょう。 スナップえんどうをおいしく茹でるポイント 茹でるときのポイントは、適量の塩加減にし、短時間で茹であげること。 適量とは、しょっぱくならずに素材の甘さと旨みを引き出すのに最適な塩加減のこと。 この塩加減で茹でると冷めても味がぼやけず、そのままお弁当に入れてもおいしく食べられます。 また塩には緑色の色素を引き出す作用があるので、茹であがりの色が鮮やかになるんですよ。 塩水が沸騰したら、強火で一気に茹であげましょう。 冷ます時の予熱で火が通るので、通常の温野菜より短めに茹でるのがポイントです。 【POINT】 下ごしらえで取り除いた筋を一緒に入れて茹でると、お湯にスナップえんどうの香りが移って、より香り豊かな仕上がりになるのだとか…。 ぜひやってみたいですね! 下ごしらえと茹でる際のほんのちょっとしたコツで、格段と食べやすく、おいしくなるスナップえんどう。 【関連記事】 【教えてくれた人】 飯泉友紀さん [PROFILE] 訪問調理師。 オフィスや家庭に訪問し、ケータリングや作り置きなど様々な形態での食事提供を行う。 キッチンがあっても作り手がいない場所へ、おかんとして食事を届けるプロジェクト「台所におかん」代表。

次の