イスラエル ガザ。 パレスチナ・ガザ地区はなぜ「世界最大の監獄」になったのか?|ゼロから問題を解説

イスラエル軍、ガザを空爆 民家直撃に報復

イスラエル ガザ

概要 [ ] イスラエル国防軍の作戦名は「境界防衛作戦("Operation Protective Edge")」。 パレスチナ側はハマースが中心だが、イスラーム聖戦など他の武装勢力も独自に行動しており、どの武装勢力の行動か曖昧な部分も多い。 たとえば、にガザ地区側から約100発の攻撃があったが、ハマースの軍事部門であるイッズッディーン・アル=カッサーム旅団の攻撃は4割で、残りはイスラーム聖戦、、、によるものだったという。 現在で、パレスチナ側の死者はガザ地区のみで2158人(推計では2104人 )、イスラエル側の死者は73人(うちイスラエル国防軍66人、民間人7人 )に上っている。 紛争は8月26日の無期限停戦で一応終息した。 イスラエル・パレスチナ紛争としては、以来最大の死傷者を出している。 しかし、死者が19万人と推計される、2013年だけで7818人が死亡したと推計される 、少なくとも989人の死者(警察官除く)が出たと推計されている など、中東では多数の死傷者が出る戦争・内乱が相次いでいる。 、各地の保健当局・人権団体集計によると、2014年7月の中東各地の紛争での死者はシリア5342人、イラク1737人、ガザ地区約1400人、約300人、約120人に上っている。 『』は、そのためのガザ侵攻に対する関心が相対的に低下していると指摘している。 パレスチナ側の民間人犠牲者は、(OCHA)によると1460人に上った。 これは全体の7割を占める。 一方、イスラエル側の民間人犠牲者は7人で、全体の1割弱であった。 これは、ミサイル防衛システム「」の精度向上によるものが大きいという。 また、イスラエルを訪問したがなどから聞いた話として、「ハマスのミサイル、ロケット攻撃で死んだのはわずか3名であり、アイアンドームが市民を守ったそうだ。 なお死んだ3名は(遊牧民族)であり防空壕へ避難しなかったため」と述べている。 一方、報道 や 、 によると、殺害されたベドウィンはイスラエルが設定した居住区外(「未公認の村」)に住んでいたため、攻撃を受けても「鉄のドーム」は空き地(open area)と判断し作動しなかったのだという。 (JNF)は、ベドウィンのための防空壕を提供するとしている。 本格侵攻以前の経過 [ ] ハマースのものと思われるロケット弾により炎上するイスラエルの家屋 2013年の和平交渉再開とその行き詰まり [ ] イスラエルとパレスチナ自治政府は、より和平交渉を再開した。 イスラエルは自治政府側の要求を受け入れ、パレスチナ人受刑者104人の釈放を4回に分けて行うことを約束した。 には、最初の26人を釈放した(最終的に78人釈放され、最後の26人はイスラエル側が拒否)。 一方、パレスチナ自治区領であるヨルダン川西岸地区での活動も並行して推進した。 8月13日には、パレスチナ人受刑者釈放と共に、で新たに入植住宅942戸の建設を承認した。 8月27日、ヨルダン川西岸・カランディアの難民キャンプでイスラエル国防軍とパレスチナ人難民が衝突し、パレスチナ人3人が殺害された。 イスラエル軍が発見したガザ地区のトンネル 、イスラエル国防軍はヨルダン川西岸のビリン村での作戦中に銃撃戦となり、メンバーの男を射殺したと発表した。 男はの路線バス爆破計画の被疑者の一人だったという。 、イスラエル国防軍はハマースがイスラエルに侵入するために掘ったトンネルの破壊中、ハマース側と交戦し戦闘員4人を殺害、イスラエル兵5人が負傷したと発表した。 、イスラエル国防軍は分離壁の作業員がパレスチナ人に殺害された報復として、ガザ地区を空襲し女児1人を殺害した。 また、空襲に先立ち男1人を射殺した。 作業員殺害は、ハマースに近いとされるパレスチナ民衆抵抗委員会が犯行を認めた。 2014年、イスラエル住宅・建設省は新たに入植地1877戸の建設業者を決める入札を実施すると発表した。 これは決議違反 であるが、欧米諸国からの批判に対しても、首相は「偽善」と意に介さなかった。 、ガザ地区のイスラーム聖戦がイスラエルをロケット弾で攻撃し、イスラエルは報復としてガザを空襲した。 も双方の攻撃は続いた。 にもガザ地区からロケット弾攻撃があり、イスラエルは報復としてガザを空襲した。 、パレスチナ自治政府との和平交渉期限が来たが、何もまとまらなかった。 には、ヨルダン川西岸のイスラエル国防軍支配地域でパレスチナ人によるデモがあり、イスラエル国防軍の弾圧で2人の死者が出た。 一方、パレスチナの政権は、を実効支配する(PLO)主流派と、を実効支配するとの間で分裂状態が続いていた(ほとんどの国家は、ファタハの政権を承認している)。 [ ] ハマースはイスラエルとの和平交渉自体に反対していたが、情勢は以前より悪化していた。 もともと、イスラエルは軍事転用を理由に建築資材などの導入を制限していたため、復興は遅々として進まなかった。 和平交渉再開に先立つ2013年、はが政権を打倒し、を中心とする軍部が実権を握った。 エジプトは、と親イスラエル政権が続き、イスラエルのガザ地区封鎖に協力していた。 のでムバーラク政権が打倒され・のムルシーが大統領に当選すると、ムルシー政権はハマースへの経済制裁を緩和した。 ハマースの母体はムスリム同胞団であり、ムルシー(モルシ)政権はハマース幹部の(首相)、政治局長(代表)らと相次いで会談し、イスラエル一辺倒では無くなった。 しかし、軍部のクーデターが起きるとエジプトは親イスラエル路線に戻った。 ムルシー政権もハマースの作った密輸トンネルを破壊する対応を取っていたが 、エジプト軍部はムスリム同胞団に連なるハマースを敵視し、密輸トンネル破壊を徹底し、検問所の規制を強化した。 また、ハマースはから多額の援助を受けているが、シリア内戦を巡って両者に溝ができた。 ハマースは反体制側支持に転じ 、イランは一貫して政権を支持しているからである。 そのため、イランの支援は月1億ドル程度から1500万ドル程度に縮小されていた。 パレスチナ挙国一致内閣とイスラエルの反発 [ ] ハマースは経済制裁による疲弊、ファタハは和平交渉の行き詰まりを背景に、両者は和解を模索した。 2014年、5週間以内の統一内閣発足で合意した。 イスラエルはこれに反発し、に和平交渉を中断すると発表した。 またネタニヤフ首相は「議長(パレスチナ自治政府大統領)は平和よりも、イスラエルの破壊を訴える残忍なテロ組織と手を組む道を選んだ」「イスラエルを国家として承認することについて議論することすら拒否している」と非難した。 、ファタハとハマースは暫定統一政権を発足させた。 イスラエルのネタニヤフ首相は、「アッバス議長(パレスチナ自治政府大統領)はテロにイエスと言い、和平にノーと言った」と述べ改めてハマースの政権入りを強く非難した。 また、パレスチナとの交渉拒否を宣言し 、閣議でパレスチナへの制裁権限をネタニヤフ首相に付与することを決めた。 またこの時、イスラエルはガザ地区からロケット弾攻撃を受けたことを理由にガザ地区を空襲している。 一方、従来はイスラエル同様、ハマースの政権入りを認めていなかったアメリカ合衆国は、国務長官がハマースの政権入りに懸念を表明したが 、最終的に「イスラエル国家の承認、テロの放棄、これまで交わされた国際合意の遵守」を条件に、ハマースの政権入りを認めた。 (EU)、国際連合 もパレスチナ連立政権発足を支持し、、、も新政権を承認した。 、イスラエル住宅・建設省およびイスラエル土地公社は、入植住宅建設の入札承認を行った。 イスラエルの住宅・建設相は「パレスチナのテロ内閣発足」への対応だと述べた。 パレスチナ解放機構(PLO)幹部のハナン・アシュラウィは声明で、「この重大な違反行為を阻止し、説明責任を確保するための適切な方法として、国連安保理と国連総会の両方に訴える」と述べた。 、イスラエルはガザ地区を空襲し2人を殺害した。 イスラエルは標的にした1人はロケット攻撃に関わっていたとしている。 二つの殺人事件 [ ] 、イスラエル人入植者の少年3人が行方不明となった。 イスラエル側はハマースの犯行と主張し、パレスチナ人約80人を逮捕した。 ハマースは行方不明事件の犯行を否定したが、一方で犯行そのものは称賛した。 同日、ガザ地区の武装勢力よりロケット弾攻撃があった。 によると、までに、イスラエルは捜査でパレスチナ側の7人を殺害し、ハマース幹部や活動家など361人を拘束し、数百万ドルを押収した。 アッバース自治政府大統領はイスラエルに協力的で、ハマースは「4月の国民和解合意を逸脱するものであり、合意履行は開始される前に頓挫した」と批判した。 また、中東理解研究所()によると、行方不明発覚から18日間(まで)にイスラエル側は捜査でヨルダン川西岸地区のパレスチナ人9人ないし10人(うち子供3人)を殺害、数百人ないし400人以上を逮捕(議員11人、3年前の捕虜交換で釈放された元政治犯59人含む)し、2200戸以上を家宅捜索し、住居3戸を破壊した。 、イスラエルのネタニヤフ首相は「ハマースがロケット弾攻撃を止めなければ、我々はそれに終止符を打つ(ために攻撃する)」と警告した。 また、「国の主目的は誘拐された3少年を取り戻すことである」と主張した。 ただし、この時点ではロケット弾攻撃はハマース以外の組織による物で、ハマースはむしろ抑止していたという指摘がある。 また、ハマースのマルズーク政治局副議長は、「パレスチナ自治政府がパレスチナ国家統一の問題を無視している」と不満を表明した。 同日午前8時30分、3人はヨルダン川西岸地区で遺体で発見されていたと報じられた。 ネタニヤフ首相は報復を宣言した。 また『ハアレツ』によると、この時までにヨルダン川西岸地区でパレスチナ人422人を逮捕していた。 3人は誘拐直後に殺害されたとみられるという。 、米大統領、英首相らは、相次いで3少年の殺害に非難声明を出した。 、ガザの武装勢力よりロケット弾攻撃があった。 同日、イスラエル国防軍は3少年殺害の報復として、ガザ地区の34の標的を空襲した。 ガザ地区の武装勢力は、イスラーム聖戦などがロケット弾などで攻撃を行っていたが、7月1日からはハマースからの攻撃も始まった。 ハマースでロケット弾攻撃を抑止していたモハメド・オベイドが、空襲で殺害された結果であった。 共同通信社のは、「表面的には、きっかけは少年の殺害だった」が、パレスチナ筋の情報として、「どん底の経済に苦しむガザ住民の支持を取り戻すため、ハマスが武力衝突をつくり出した」と報道した。 また、イスラエル政府は、ヨルダン川西岸地区居住のハマース幹部をガザ地区に追放する決議を行ったという。 同日、「」のアイエレット・シャクド議員は、Uri Elitzurの記事を引き、Facebookで「彼ら(パレスチナ人)は皆、我々の敵であり、その血は我々の手によって垂れ流されるべき」「(彼らの)母親たちも皆一緒に地獄に行くべきだ。 そうでもしないと、また小賢しいヘビたちが生まれ育てられるだけだ」と主張した。 その上で、パレスチナの教育は子供にユダヤ人への憎悪を植え付けており、ハマースはと同類であり、停戦のためにはハマース側が攻撃を止めることが必要だと主張した。 にはエルサレム近郊でパレスチナ人少年が焼死体で発見された。 アッバース自治政府大統領はこの事件についても非難声明を出した。 、パレスチナ人少年の葬儀に数千人が参列したが、イスラエル治安部隊と衝突し参列者から約30人、治安部隊から少なくとも13人の負傷者が出た。 、イスラエル警察は被疑者6人を逮捕した。 被疑者はユダヤ人過激派であるという。 夜から7月7日未明に掛け、イスラエル国防軍はガザ地区を空襲した。 ハマースによると、この攻撃で戦闘員ら9人が戦死した。 7月7日、イスラエルは治安閣議でガザからのロケット砲攻撃に対し、軍事報復の強化を決めた。 また、「当分の間は慎重に行動する方針」を確認した。 イスラエル国防軍は、「イスラエル市民に対するテロを止めるために『境界防衛作戦("Operation Protective Edge")』をガザ、ハマースに対して開始する」と発表した。 ガザ本格侵攻後の殺人事件の進展 [ ] この項目では、のガザ侵攻本格化以降のイスラエル人3少年殺人事件・パレスチナ人少年殺人事件の進展について扱う。 ガザ侵攻の経過はを参照。 、イスラエル警察の報道官は、犯行はハマースとは無関係の「孤独な」による物だったと談話を発表した。 その後、ローゼンフェルドは談話を修正し「ハマースからの直接の命令は無かったが、依然として協力者なのは明白だ」とした。 、イスラエル人少年被害者の両親が地元紙の取材に答え、「誘拐事件とガザ侵攻はつながっている。 事件を通じて私たちに寄せられた支援がいま、ガザに向かう兵士の力になっている。 私たちが強く団結している限り、敵は私たちを打ち負かすことはできない」「息子の死が人々の命を救ったのであれば尊いことだ」と述べた。 一方、パレスチナ人少年被害者の父親は『毎日新聞』の取材に、事件前夜にもパレスチナ人男児の誘拐未遂事件があったと指摘し、「パレスチナ人が被害者なのでイスラエル警察はまともに捜査せず、息子の事件を防げなかった。 救える命を救わなかったのだ」とイスラエルを批判した。 [ ] イスラエル警察は、ハマース関係者2人が事件後に姿を消したことから、ハマースの犯行と断定し、被疑を明らかにしないまま600人以上を逮捕し、ハマースの関係先を徹底して破壊したという。 イスラエル人少年殺人事件は、(パレスチナ自治区・ヨルダン川西岸地区)のカワスメ一族の犯行という噂があった。 、イスラエル警察はヘブロンのホッサム・カワスメを被疑者として逮捕していたことを発表した。 に東エルサレムのアラブ人地域、シュアファト地区で治安部隊が拘束したが、今まで発表していなかった。 警察によると、カワスメは「ガザ地区のハマス工作員から資金援助を受けて武器を調達した」と自供したという。 また、イスラエル当局発表として、カワスメ自身をハマース工作員とする報道もある。 また、イスラエル警察はマルワン・カワスメとアマール・アブ・アイシャを共犯者として指名手配している。 、ハマース政治局のサレフ・アルリはCNNの取材に対し、ハマースの武装集団が犯行に及んだことを認めた。 アルリはハマース指導部・軍事部門は犯行を知らされておらず、承諾も行っていなかった主張した。 また、同日までにハマースのマシャアル政治局長はヤフーニュースのインタビューで、ハマースのメンバーが殺害に関与したことを認めた。 ただ、事前には知らなかったと主張した。 また、イスラエルの不法占拠に対する「正当な行動」と犯行を擁護した。 また、ネタニヤフ首相の「ハマースはのような物であり、ISILはハマースのような物である」という発言について聞かれ、「嘘」「(アメリカ国民の)トリック」と言下に否定した。 夜から未明に掛け、イスラエル国防軍・(シンベト)は、ヘブロンに潜伏していたパレスチナ人被疑者2名(アイシャとカワスメ)を殺害したと発表した。 発表によると、イスラエル側はヘブロンの民家に潜伏していた2人を急襲し、銃撃戦の末殺害したという。 またイスラエル総保安庁は、殺害した2人の潜伏を助けたとされるパレスチナ人を、少なくとも3人拘束したと発表した。 [ ] 一方、パレスチナ自治政府の治安機関長官は、イスラエル側が「(市民を)殺害し家屋を破壊する作戦を実行した」と非難した。 パレスチナ治安部隊は、被疑者の居場所について全く知らず、「(パレスチナが支配しているはずの)この地域にイスラエル軍がどうやって進入できたのかも分からない」と話した。 ハマースの報道官は、「2人は生涯をかけた犠牲と献身により殺害された」と述べ、事件への関与を初めて公式に認めた。 また、カワスメの母親は、地元ラジオ局のインタビューで「息子はアラーの御名において自分の命を犠牲にした」と語った。 一方、イスラエルのネタニヤフ首相は23日の閣議前の演説で「正義は下された」と語った。 (MSF)が現地報道として伝えたところによると、イスラエル軍は西岸地区全域で大規模な捜索活動を展開し、900人以上を逮捕した。 また、国境なき医師団によると、逮捕した14歳の少年をしたり、息子を逮捕した家にたびたび侵入し、「息子の犯した罪は家族のだ」と主張した事例があったという。 侵攻開始後の経過 [ ] イスラエル軍の攻撃の報を聞き、子供を抱えて逃げる男性 イスラエルの本格空襲 [ ] 未明、イスラエル国防軍は本格的なガザ攻撃を開始した。 アッバース自治政府大統領は、イスラエルにただちにガザへの攻撃を止めるよう表明した。 8日のみでパレスチナ側は25人が死亡、100人以上が負傷し、イスラエル側は2人が負傷した。 ガザ地区からのロケット弾は、テルアビブやエルサレムにも到達した。 イスラエルのネタニヤフ首相は「われわれは市民の安全を第一に考える」と述べ、市民を標的にしたロケット弾攻撃を容認しないことを表明した。 またイスラエルは、地上部隊侵攻を前提に予備役4万人を召集した。 、ガザ地区からのロケット砲攻撃はイスラエル北部ハデラ北方に着弾した。 飛距離110km以上は過去最長とみられる。 また、ハマースはイスラエルの原子力施設 がある、の都市にロケット弾3発を発射したと発表した。 しかし、イスラエルはミサイル防衛システム「鉄のドーム」などによりこの時点での死傷者は無く、パレスチナ側は38人が死亡した。 また、ネットニュースサイトの取材に答えたあるイスラエル軍人は、「我々は、ガザへの以上のことを行う。 我々はそれを焼き払うだろう」と述べた。 イスラエルの空爆によって破壊されたガザ地区の家屋 、ガザ地区の死者は少なくとも86人、負傷者は約560人に達した。 中にはカフェで観戦中に空襲に遭い、殺害された者もいた。 は緊急理事会を開き、潘基文国連事務総長は双方に自制を呼びかけた。 理事各国はこの後、非公式協議で声明を検討したがまとまらなかった。 エジプトは、パレスチナの負傷者らを医療機関に搬送するためラファ検問所を開放した。 、ガザ地区の死者は102人、負傷者700人以上に達した。 米大統領は、ネタニヤフ首相との電話会談で、戦闘の沈静化に向け、あらゆる努力を行う必要性を強調した。 同日、イスラエル側に2人の負傷者が出た。 また、からもイスラエルに攻撃があり、イスラエルはレバノンの攻撃拠点を攻撃した。 、イスラエルメディアはさらなる空襲強化の方針を報じた。 イスラエル国防軍筋は、ガザ地区住民に退避勧告を出し始めたことを明らかにした。 イスラエル外務省は、Twitterで退避勧告ビラの見本を公開した。 しかし、どこに逃げれば安全かは書かれていないという指摘もある。 イスラエル軍により爆撃されるガザの街 イスラエル南部では、空襲を見物するイスラエル人らが見られた。 、ガザ地区の死者は170人以上、負傷者1100人以上に達した。 イスラエル海軍特殊部隊がガザ地区に上陸し、初めて地上戦になった。 ただ、閣議では当面は空襲を続ける方針を確認した。 、イスラエルはガザ北側、エレツからアシュケロンにかけてを立入禁止区域にした。 イスラエルは、ガザ周辺に兵士や戦車を配備しており、地上侵攻準備の可能性が指摘された。 同日、エジプトはイスラエル、ハマース双方に1週間のガザ停戦を提案し、無条件受け入れを要求した。 主な内容は次の通りである。 現地時間15日9時(日本時間15時)より戦闘を段階的に縮小させ、12時間後に完全に停止する。 ハマースはイスラエルへの攻撃を止め、イスラエルはガザ地区への攻撃を止める。 治安条件を満たした人と物資にエジプトとガザ境界検問所の通行を許可する。 停戦から48時間以内に、双方の代表がで本格交渉を開始する。 また、駐日アラブ各国大使は、この日までに人道的な状況悪化が深刻だとして強く警告する声明を出した。 罪のないガザ市民の殺害を直ちにイスラエルにやめさせるよう、日本政府に対して協力を求めた。 、パレスチナ側の死者は197人に達した。 また、イスラエル側で初めて死者が1人出た。 イスラエルはエジプトの停戦案受け入れを表明し、攻撃を一時停止した。 しかしハマース側は反発し 、ガザ地区からの攻撃も続いたため、イスラエルは攻撃を再開し、停戦は白紙になった。 これは、エジプトのシーシー政権がもともと親イスラエルで、事前協議をイスラエル側のみ行い出した案であることに、ハマースやイスラーム聖戦などから反発が上がったためである。 イスラエルのネタニヤフ首相は同日のテレビ演説で、「戦闘継続と、それによって犠牲が生じることを選んだのはハマスだ」と非難した。 同日、(イスラエル国会)副議長のは、に「最大火力でガザ全体を徹底殲滅」し、ガザ地区再占領とユダヤ人による入植、武装勢力関係者およびイスラエルに忠誠を誓わないなどを行うよう主張した。 フェイグリンはかねてよりガザ地区をイスラエル領と主張している。 フェイグリンはにも、Facebookに持論を重ねて投稿した。 、パレスチナ側の死者は225人に達した。 イスラエルはこの日までにガザ地区住民約10万人に退避勧告を出した。 またこの日イスラエル国防軍は、海岸でに興じる子供4人をの砲撃で殺害した。 目撃した特派員のは、直前まで一緒にボールを蹴っていたという。 近くにはジャーナリストの投宿したホテルがあり、負傷者の手当に協力した者もいた。 イスラエルは、「テロリストの拠点を狙った攻撃だった」と主張した。 同日、ハマースはエジプト案拒否を正式に表明し、代案としてエジプトに通じる検問所の管理と全面開放などを要求した。 エジプト案では、検問所全面開放は事後協議とし、検問所管理をファタハに委ねるとしているからである。 また、によると、ハマースの主な要求は以下の通りである。 検問所の国際管理(国連またはアラビア諸国)• ガザ周辺からのイスラエル国防軍戦車の撤退• イスラエル人少年殺害事件後に拘束した囚人の釈放• 漁業制限の10kmへの緩和• 国連の監督の下、国際港と国際空港を作り機能させる• ファタハとハマースの交渉へのイスラエルの不介入• 工業地区の再建およびガザ地区における経済開発の改善 これらの要求をイスラエル側が受け入れられるならば、10年間の停戦に応じると主張した。 しかしイスラエルは相手にしなかった。 、イスラエルとハマースはエジプトの首都カイロで、同国の仲介者を挟み停戦を協議した。 エジプトは停戦案を拒否したハマースを暗に批判した。 またイスラエル国防軍の報道官は「(ハマースは)情勢沈静化を図る提案を繰り返し拒否した」と批判し、地上侵攻以外の選択肢がなくなったと述べた。 また国連の要請に基づき、午前5時から5時間一時停戦した。 NBCは、先日イスラエル国防軍による子供4人の殺害を目撃したモハルディーン特派員をガザの取材から外したため、憶測を呼んだ が、に復帰した。 イスラエルの地上部隊侵攻 [ ] 7月19日、ガザの空爆 までの一両日間にパレスチナ側は軍民あわせて34人、イスラエル側は兵士1人が死亡した。 またイスラエル国防軍は、ハマースがイスラエルに侵入するために掘った地下トンネルを多数発見したと発表した。 ハマースのムシル・アリ・ムスリ報道官は地元メディアに「イスラエルは高い代償を払うことになるだろう。 1メートルも進攻を許さない」と徹底抗戦の姿勢を示した。 一方、カイロ訪問中のアッバース自治政府大統領は「さらなる流血をもたらし、過剰な攻撃を食い止める努力を難しくする」と話し、被害拡大に大きな懸念を示した。 、地上侵攻以来のパレスチナ側死者数は90人を超えた。 ガザ侵攻開始後の死者は約330人、負傷者は約2400人以上。 、地上侵攻以来のパレスチナ側死者は180人を超えた。 また、イスラエル国防軍は20日の戦闘で13人が戦死した。 同日、ハマースはイスラエル兵1人を拘束したと主張した。 イスラエルのプロソール国連大使は「真実ではない」と反論した。 、ガザ侵攻開始後のパレスチナ側死者は約540人、負傷者は約3200人以上。 大半は子供を含む非戦闘員であるという。 また、ガザ政府当局者によると、病院を戦車で砲撃され4人、あるいは5人が殺害された。 イスラエル側の死者は24人(民間人2人)。 ハマスのロケット弾を受けたの学校(2014年7月15日) 、ガザ侵攻開始後のパレスチナ側死者は710人を超えた。 同日、ガザ住民の避難所となっている(UNRWA)の学校が戦車砲撃を受け、子供を含む16人が殺害された。 イスラエル側死者は35人で、兵士32人、市民2人、タイ人労働者1人。 同日夜、ヨルダン川西岸地区のパレスチナ人ら約1万人が、パレスチナ自治区・からエルサレムに向けてデモ行進した。 カランディア検問所付近でデモ隊とイスラエル治安部隊が衝突し、治安部隊によってパレスチナ人2人が殺害された。 、イスラエルはケリー米国務長官の提示した1週間の停戦案を拒否した。 イスラエルが侵攻の理由としている武装勢力側の地下トンネルに触れず、ハマースが要求するガザ地区封鎖緩和に配慮した内容なのに反発したからとされる。 ケリー案は内々の提示だったが、イスラエル側が一方的にメディアに暴露した。 イスラエル紙『ハアレツ』はケリー米国務長官の停戦案の内容をスクープし、強く非難する論説を載せた。 同日、ヨルダン川西岸地区でもパレスチナ人4人が殺害された。 ナブルス郊外ではユダヤ人入植者によってパレスチナ人が殺害され、さらに抗議者がイスラエル国防軍に殺害された。 また、医療関係者によると、ヘブロンの北方にあるイスラエル軍検問所でも2人が殺害された。 、ガザ侵攻開始後のパレスチナ側死者は1000人以上、負傷者は6000人以上に達した。 また、午前8時より両者は12時間の停戦に入り、イスラエル政府は国連の要請に応じる形でさらに4時間延長した。 人道目的の一時停戦で、この間に多くの遺体が発見された。 ハマースは停戦延長を拒否した。 また、ヨルダン川西岸地区で、引き続きパレスチナ人デモ隊とイスラエル治安部隊の衝突があった。 パレスチナ人は前日とあわせ8人が殺害された。 午前、ガザ地区からのロケット弾攻撃を受け、イスラエル国防軍はガザ地区への攻撃を再開した。 ケリー米国務長官の停戦案について、イスラエルのリブニ法相は「地域の過激派を強化させる」とケリーに主張し、パレスチナ自治政府(主流派ファタハ)政府関係者も「エジプトの仲介を破棄した」とケリーを非難した。 米国のコラムニスト、は「ケリー氏はハマスの戦争犯罪を正当化したことになる」と主張し、強く非難した 4歳の男児を庇うイスラエル兵 、ガザ市の難民キャンプで爆発があり、子供8人を含む10人が殺害された。 ガザの病院当局者はイスラエル軍による空襲と述べたが、は、イスラエル国防軍見解として、ハマースのロケット弾が誤ってキャンプと病院を直撃したと伝えた。 イスラエル国防軍のラーナー報道官は、「パレスチナ武装団体のロケット砲弾が飛んで行ったもの」と主張した。 また、イスラエルの病院当局者によると、ガザから発射された迫撃砲弾により4人が殺害された。 イスラエル南部スデロットの広報担当、ノーム・ベデインは、ガザ地区武装勢力の攻撃を「避難サイレンが鳴ると15秒以内にシェルターに駆け込まないといけない。 毎晩、片目を開けて寝ているような状態です」と非難した。 同市住民の約半数はイスラエル北部に避難している。 イスラエルのネタニヤフ首相は、国民向けのテレビ演説で作戦は「(ハマースの)地下トンネルを破壊するまで終わらない」と述べ、停戦調停でも譲歩しないことを表明した。 その上で国民には「軍事作戦の長期化」に対する覚悟を求めた。 ネタニヤフ首相、ヤアロン国防相はトンネル破壊完了をもって作戦終了を主張したが、外相などは地上戦の拡大・継続を主張しているという。 またネタニヤフ首相は、根本的解決にはガザの「」が必要と主張した。 ハマースのマシャアル政治局長は、でアメリカ・のインタビューに応じ、この日放映された。 マシャアルは「私は、、非アラビア人、ユダヤ人と共存する準備はできている。 しかし、私は占領者とは共存できない」と述べた。 その上で、イスラエルによるガザ地区封鎖の解除と、ガザ地区およびヨルダン川西岸地区からの完全撤退が必要と主張した。 また、「ハマースは力で西岸とガザ地区からイスラエル人を追放できると確信している」と述べた。 同日、国連安保理は即時かつ無条件の人道停戦を呼び掛ける議長声明を発表した。 (OCHA)によると、イスラエル国防軍はガザ地区のイスラエル国境側3kmを「緩衝地帯」に宣言して退避勧告している。 「緩衝地帯」残留者は攻撃されるリスクがあると主張している。 、イスラエル国防軍はガザ地区を激しく攻撃し、この日だけでパレスチナ側の死者は100人を超えた。 ガザ侵攻からの累計で死者1300人超、負傷者7000人以上になった。 イスラエル側の死者は、侵攻からの累計で56人。 進軍するのや装甲車の車列(2014年7月20日) イスラエル国防軍は、ガザ地区唯一の火力発電所を完全に破壊し、ハマース幹部であるハニーヤの自宅、ガザ政府財務省、ハマース放送局のアルアクサTVとアルアクサ・ラジオ本部など、70箇所以上を空襲した。 また国連パレスチナ難民救済事業機関が避難所として開放している学校が攻撃され、少なくとも19人が殺害された。 によると、同日現在で国連パレスチナ難民救済事業機関の学校に避難している人は、20万337名(85カ所)にのぼる。 イスラエル国防軍の攻撃により、「ガザ地区の水と衛生施設に壊滅的な影響。 ガザ地区の全住民が電力、水と衛生サービスがほぼ使えない」。 7月27日に上下水道復旧の技術者1名がイスラエル国防軍の攻撃で殺害、1名が負傷したことについて、復旧への妨害であるとして非難した。 また、多くのはイスラエル側が設けた「3kmに及ぶ立ち入り禁止地区内 にあり、事前の調整なしにアクセスができない状況」であると指摘している。 イスラエル首相府のレゲブ報道官は、のインタビューに応え「ハマスは受け入れにあたってあまりにも多くの前提条件を出してきており、これでは合意は不可能だ」と主張した。 また、ハマースの要求する経済制裁の解除について、「ガザからの攻撃がなければもちろん解除できる」と述べ、実現のためにはガザ地区の非武装化が必要だという考えを示した。 、共同通信によると、イスラエル高官の発言として、ガザからイスラエルにつながる地下トンネルを全て破壊するまで「あと数日だ」と報じた。 またガザ政府保健省によると、避難所になっている国連運営のアブ・フセイン学校がイスラエル国防軍の攻撃に遭い、20人が殺害された。 国境なき医師団(MSF)は、7月28日のガザ地区シファ病院へのイスラエル国防軍の攻撃に「強く非難する」声明を出した。 また、「約2000人が身を寄せる病院へ爆撃があったことは、ガザ地区の民間人には安全な場所はなく、緊急援助の提供も難しいという現実を示している」と指摘した。 また、ガザ地区には15の保健医療施設があるが、業務を継続しているのは4ヵ所だけだという。 、ガザ侵攻以来のパレスチナ側死者は1430人を超え、負傷者は8000人に達した。 この時点で、イスラエルとハマースなどの紛争としては、過去最大だった2008年 - 2009年のガザ侵攻での死者数(1419人)を上回った。 イスラエルのネタニヤフ首相は、「イスラエル軍が重要任務を完了できないような提案には同意しない」と停戦拒否を表明した。 また、トンネルの破壊はガザの非武装化の第一歩だとして、「停戦しようがしまいが、任務を完了する」と主張した。 イスラエル国防軍は、追加で1万6千人の予備役を召集することを決めた。 同日、ケリー米国務長官と国連の潘基文事務総長によると、イスラエルとハマースは72時間の「人道的停戦」で合意した。 8月1日午前8時より発効する。 イスラエル国防軍はガザ地区駐留を続ける見込み。 またケリーによると、エジプトの外相がカイロで「真剣な」交渉を実施するため当事者を招き、米国側からも協議に代表団を派遣する計画であるという。 72時間の停戦の間に、死者を掘り出そうと重機を持ち出すガザ北部ベイトハヌーンの人々 、72時間の停戦が発効した。 しかし午前10時頃にガザ南部ラファ近郊でイスラエル軍と武装勢力の戦闘があり、武装勢力側5人が戦死した。 また、ガザ地区の病院関係者によると、この攻撃で約40人が殺害された。 停戦は約2時間で崩壊し、ガザ侵攻以来のパレスチナ側死者は1600人に達した。 また、イスラエル国防軍は兵士2人が戦死、1人が された可能性があると発表した。 イスラエルとハマースは、互いに相手の違約を主張して非難しあった。 アメリカは「(ハマースの)野蛮な攻撃」 、潘国連事務総長は「ハマスの停戦違反を最も強い言葉で非難する」 と声明を出し、いずれもイスラエルの主張を支持し、ハマースを強く非難した。 、イスラエル国防軍は地下トンネルの破壊がほぼ完了したとして、ガザ地区住民に帰還を呼びかけた。 一方で行方不明とされる兵士捜索を本格化させた。 イスラエル主要メディアは、政府高官の話として、イスラエル政府は停戦交渉の代表団をカイロに派遣しないと一斉に報じた。 、ロイター通信によると、国連パレスチナ難民救済事業機関が運営する学校付近が攻撃を受け、少なくとも10人が殺害された。 によると、無人戦闘機による砲撃で、子供8人、国連パレスチナ難民救済事業機関スタッフ2人が殺害された。 潘国連事務総長はこの攻撃を「犯罪行為だ」と強く非難し、国際人道法に違反した者が責任を負う必要があると述べた。 イスラエルメディアによると、イスラエル国防軍は地上部隊の大部分をガザとイスラエルの境界付近まで撤退させた。 地上作戦の主要目的だった地下トンネルの破壊がほぼ完了したためという。 一方で、ロイター通信によるとイスラエル国防軍報道官は撤退を否定している。 同日、イスラエル国防軍報道官は、8月1日に誘拐された、あるいは行方不明としていた兵士はガザの戦闘で死亡していたと発表した。 、イスラエル国防軍は、午前10時より7時間の人道目的の停戦に入ったと発表した。 これはイスラエルの一方的な停戦である。 しかし南部ラファ地域は除くとした。 その数分後、ガザ市のパレスチナ難民キャンプを空襲し、子供1人を殺害、30人あまりを負傷させた。 イスラエル国防軍は、この空襲について「調査中」とした。 ハマースのアブズフリ報道官は同日、「(休戦は)虐殺から注目をそらさせるためだ」として、無視する考えを示した。 その後、エジプトの仲介で、イスラエルとハマースは、改めて5日午前8時より72時間の停戦に入ることで合意した。 同日、()向けに、イスラエル国防軍によるガザ空襲をゲーム化したに抗議が殺到し、から削除された。 Google Playには、他にもガザ侵攻を題材にしたアプリが複数公開されているという。 、8時から72時間の停戦が発効した。 ハマース幹部のハニーヤは「敵はガザから撤退を余儀なくされた」との声明を発表。 イスラエルのネタニヤフ首相も「ハマスに打撃を与えた」と述べ、双方が「勝利宣言」をした。 イスラエル国防軍報道官は、地上部隊を全て撤退させ、ハマースの地下トンネルを全て破壊したと述べた。 ハマースらはガザ地区への経済制裁の解除を要求しているが、イスラエルはガザ地区側の武装解除を要求しており、かえって要求を強めている。 イスラエルはハマースとの直接交渉に応じていないため、エジプトの仲介で間接的に交渉が行われている(パレスチナ側はファタハ、ハマース、イスラーム聖戦などの統一代表団)。 パレスチナ側はガザの封鎖解除、ガザ空港と港の再開など従前通り10項目を要求しているが、エジプト政府系紙アハラム(電子版)によると、イスラエルは、空港と港の再開など3項目を拒否したという。 国連人道問題調整事務所は声明で、「ガザ地区での紛争は過去最悪に拡大している」「7月29日の(イスラエルによる)発電所破壊以来、停電は1日最長22時間に達している。 これは水と衛生、健康に壊滅的影響を与えている」「イスラエルの地上作戦開始後、民間人の犠牲者、とりわけ女性と子供が深刻な事態に陥っている」などとガザ地区の危機を指摘した。 にミサイルを撃ちこむ 、ガザ侵攻以来のパレスチナ側死者は1875人、負傷者は9567人に達した。 また、イスラエル軍は召集していた予備役約8万人のうち、約3万人の任務を解除した。 、ハマースはガザ境界封鎖解除などの条件が認められない場合、攻撃を再開すると宣言した。 またカイロで交渉中のパレスチナ交渉団関係者は、交渉は難航しており「停戦延長は拒否されそうだ」と見通しを示した。 イスラエルはガザ地区の武装勢力側の武装解除を強硬に要求している。 また、イスラエルのシュタイニッツ情報相は、「真剣な」話し合いが行われているとしながらも、ハマースがロケット弾などでの攻撃を再開すれば、イスラエル側も作戦を再開すると付け加えた。 同情報相は「今回はわれわれはガザ全体の占領を検討せざるを得なくなるだろう」と述べた。 、停戦の期限が来たが、交渉はまとまらなかった。 イスラエル国防軍によると、期限切れ3時間前にガザ地区から2発のロケット弾攻撃があり、同日中に少なくとも57発の攻撃があった。 一方、ハマースの報道官はエジプトで交渉を続けると発表した。 また、ハマースはロケット弾発射を否定した。 イスラエルも攻撃を再開し、ネタニヤフ首相は「強力な反撃」を軍に指示した。 ガザへの攻撃は50ヵ所に上ったという。 この日の攻撃で、パレスチナ側の死者は5人。 また、ヨルダン川西岸地区のイスラエル占領地でも、イスラエル治安部隊とパレスチナ人のデモ隊とが衝突し、パレスチナ人1人が殺害された。 [ ] 、0時1分より再び72時間の停戦に入った。 [ ] 、イスラエルとハマースなどパレスチナ側は、停戦の5日間延長に合意した。 しかし同日夜、パレスチナ武装勢力側のロケット弾と、イスラエル国防軍による空襲の応酬があった。 、イスラエルとハマースなどパレスチナ側は、停戦の24時間延長に同意した。 、イスラエル国防軍のラーナー報道官によると、ガザ地区からロケット弾攻撃があったと発表した。 ネタニヤフ首相は報復を指示し、また空襲が再開された。 さらに、ネタニヤフ首相はエジプトから交渉団の引き上げを指示した。 この日のイスラエル国防軍による攻撃で、子供を含む2人が殺害された。 カッサーム旅団トップのムハンマド・ディーフの自宅を攻撃し、妻子が殺害されたという。 一方、パレスチナの武装勢力側は、テルアビブ方面などをロケット弾で攻撃した。 、パレスチナの交渉団長は、協議は失敗したと述べた。 、イスラエル国防軍は、ハマース軍事部門のカッサーム旅団幹部3人を殺害したと発表した。 、イスラエル側で初めて子供1人が殺害された。 ハマースは、イスラエルの被疑で18人を処刑した。 、パレスチナ自治政府のアッバース大統領はエジプトのシーシー大統領と会談し、イスラエルとハマースの双方を再びエジプトに招き、交渉を後押しする方針を確認した。 アッバースは記者会見で、「(ハマースとイスラエルは)速やかに停戦交渉を再開するべきだ」と述べた。 、この日の攻撃で、パレスチナ側は少なくとも16人(子供3人とその母含む)が殺害された。 イスラエル国防軍は、標的はハマースの金融取引を統括していた人物で、「命中を確認した」と発表した。 ガザ地区では、19日に停戦が破られて以来の死者は92人に達し、侵攻開始からの死者は2100人を超えた。 この日、イスラエル側は民間人4人が負傷した。 、イスラエルとハマース他パレスチナ側は、無期限停戦で合意した。 また、エジプト外務省は、イスラエルがガザへの人道支援物資や復興資材の搬入を認めたと声明を出した。 合意の主な内容は、• 双方の攻撃停止• 人道支援のためのイスラエル・ガザ境界の開放(従来のケレム・シャロームとエレツの2検問所に加え、3ヵ所での出入りを認める )• ガザの漁業領域を海岸から6カイリ(約11キロ)まで復活する、など。 他の問題については、1カ月以内にイスラエルとパレスチナの交渉団が改めて間接交渉を始めるという。 また、イスラエルはの停止にも合意したという。 停戦合意後 [ ] 、イスラエルとハマースの双方が「勝利宣言」を行った。 、イスラエル民政局は、パレスチナ自治区であるグッシュ・エツィオン入植地(とヘブロンの間に位置)とエルサレムの間に位置する約4000ドゥナム(約4平方キロ)を勝手にイスラエル国有地と宣言した。 土地を没収されるパレスチナ人に対しては、45日間の異議申立期間を認めるとしている。 同民政局は、イスラエル人3少年殺人事件に対する「政治的な決定の一部」と発表した。 事実上の報復措置とみられる。 、国連の潘基文事務総長、イギリスのハモンド外相は相次いで非難声明を出した。 また、には米国はサキ報道官名で「深刻な懸念」を表明。 日本も佐藤外務報道官名で「強い遺憾の意」を表明した。 、パレスチナのアッバース自治政府大統領は、ハマースがガザ地区で引き続き「影の政府」を作っていると非難し、状況が改善されなければ連立を破棄すると主張した。 また、(内通者などの)裁判なしでの処刑も批判した。 ハマース広報は、アッバースの発言を不当と反論した。 、エジプトのシュクリ外相はイスラエル国防軍の攻撃で荒廃したパレスチナ自治区ガザ復興のため、支援国会合をにカイロで開催すると表明した。 同日、国連とパレスチナ自治政府は家屋やインフラの破壊で苦しむガザ住民の生活再建のため、国際社会に5億5100万ドル(約580億円)の拠出を求める声明を出した。 、ハマースのマシャアル代表は、「影の政府」の存在を否定し、「ガザで機能するよう挙国一致内閣を歓迎する」と述べた。 、イスラエル国防軍によると、ガザ地区の武装勢力より迫撃砲弾による攻撃があった。 ハマースのアブズフリ報道官は攻撃を否定しており、どの武装勢力による攻撃かは明らかにされていない。 同日、国際連合は、イスラエルとパレスチナ自治政府が、国連の監視の下にガザに建築資材を搬入することに合意したと発表した。 、イスラエルとパレスチナはカイロで協議し、本格停戦に向けた交渉を10月最終週に再開することで合意した。 、(IAEA)総会で、イスラエルに核拡散防止条約(NPT)加盟などを求める決議案が賛成45、反対58の反対多数で否決された。 アラブ諸国、ロシア、中国などが賛成、アメリカ始め欧米諸国、日本などが反対した。 、パレスチナ自治政府のハムダッラー首相らがガザ地区入りし、閣議を開いた。 暫定統一政府によるガザ地区統治をアピールする狙いと報じられた。 、イスラエルのネタニヤフ首相は、東エルサレムの入植地ハルホマなどに住宅約1060戸の建設計画を進めることを承認した。 また、ヨルダン川西岸の入植地で、新しい道路の建設などインフラ計画を進めることを認めた。 パレスチナ自治政府のハムダッラー首相は、「東エルサレムを首都としないパレスチナ国家などありえない」と反発した。 、エルサレムでユダヤ人右翼活動家が、パレスチナ人に銃撃され重傷を負った。 [ ] 、がパレスチナを国家承認した。 イスラエルは対応を協議するため、駐スウェーデン大使を本国に召還した。 同日、イスラエル警察は29日にユダヤ人を襲撃したパレスチナ人の東エルサレムにある自宅を包囲し、銃撃戦の末殺害した。 これに抗議する近隣のパレスチナ人住民との衝突があり、イスラエル警察は東エルサレムにあるイスラム教聖地ハラム・シャリーフ(イスラエル側呼称「神殿の丘」)を一時、約14年ぶりに完全閉鎖した。 、イスラエル国防軍広報によると、ガザ地区の武装勢力よりロケット弾攻撃の着弾があった。 、イスラエルはガザ地区に通じる全検問所の封鎖を発表した。 ガザ地区より行われた、ロケット弾攻撃への対抗措置としている。 「必要な人道支援」搬入は従来通り認めるという。 、エルサレムの路面電車の駅付近で、パレスチナ人が車で人をはね、1人殺害、13人を負傷させ、イスラエル警察に射殺された。 警察はテロ事件とみており、ハマースは犯行声明を出した。 、ガザ地区のファタハ高官の家、10日に予定されているアラファト前自治政府大統領追悼会場など、少なくとも10ヶ所で爆発が起きた。 ファタハは、犯行はハマースに責任があると主張した。 、ファタハはアラファト前自治政府大統領追悼行事を中止すると発表した。 また、ハマースの出した爆発事件への非難声明を、「見え透いた嘘」と一蹴した。 、イスラエルは国連人権理事会・独立調査委員会の調査団入国を拒否した。 イスラエルは「国連人権理事会が歴史的にイスラエルに対する敵意を持っており、イスラエルを有罪とする結論ありきの調査だ」と主張した。 国際社会の対応 [ ] を掲げて行進する人々(、) 当事国(イスラエル、パレスチナ) [ ] イスラエル世論は、多数派のユダヤ人は大半がガザ侵攻を支持している。 アラビア系(本人はパレスチナ人と称する)イスラエル人の国会議員は、イスラエル人3人の殺人事件について、「犯人はテロリストではない」と主張し、犯人については判断を留保した。 はゾアビを懲罰に掛け、倫理委員会で登院停止6ヶ月の処分が可決された。 『エルサレム・ポスト』によると、イスラエル民主主義研究所は月例調査(、 - 、の三度に分けて実施)で、イスラエル国防軍の攻撃について問うた。 それによると、ユダヤ系イスラエル人の回答者は、攻撃を「過剰」とした者は3. またArutz Shevaによると、「イスラエルはハマース政権を打倒しようとすべきか」とするネットアンケートに、1937票中94. 一方、パレスチナのガザ地区住民は、ハマースに賛否は分かれている。 しかし、ハマースの支持率が上昇した世論調査もある。 日本 [ ] イスラエル人少年殺人事件、パレスチナ人少年殺人事件から、一貫して双方に「最大限の自制」を求める立場を取っている。 一方で、イスラエルに対しては2014年5月12日には首相とネタニヤフ首相が会談し、経済・防衛・観光など多方面にわたって相互協力を約束したを出した。 ただし、入植地については、「国際社会が行っている努力に明らかに逆行するもの」と指摘し、明確に中止を求めている。 また、イスラエルのガザ空爆による犠牲を「遺憾」とした。 、外務省はでガザ地区及びその周辺からの退避勧告を出した。 - にかけて、外務はエジプト、、イスラエル、パレスチナを訪問し、エジプトのシーシー大統領、ヨルダンの外相、イスラエルのネタニヤフ首相、パレスチナの首相らと会談した。 岸はエジプトの停戦案に支持を表明し、ハマースの拒否を「極めて残念」とした。 には安倍首相がネタニヤフ首相と電話会談を行い、やはりイスラエルがエジプトによる停戦提案を受け入ると表明したことを評価しつつ、停戦実現へ「勇気ある決断を強く要請」した。 、がニューヨークでパレスチナ復興支援に関する閣僚級会議に出席した。 岸田外務大臣はガザ復興に向け、日本として2000万ドル(約20億円)を超える規模の支援を行うと表明した。 国際連合 [ ] は、ガザ情勢を非公開で協議し、事態の悪化と市民の犠牲拡大に「深刻な懸念」を表明する報道談話を発表した。 「敵対行為の即時停止」と「国際人道法の尊重」を求めた。 、はイスラエル非難決議を賛成29(発議者のパレスチナ自治政府とアラブ諸国)、反対1(アメリカ合衆国)、棄権17(欧州連合諸国と日本)で採択。 、国連安保理はヨルダン提出の、双方に無条件の人道目的の停戦に入ることを求める議長声明を採択した。 声明は一時停戦を求めた上で、エジプト仲介案を基にした持続的な停戦への取り組みを要求している。 朝日新聞は安保理が理事会としての決議を出せないのは、親イスラエルで常任理事国の米国に配慮した結果と指摘している。 、国連はイスラエルとパレスチナの双方による人権侵害状況を調べる独立調査団のメンバーを発表した。 アメリカ合衆国 [ ] は一貫してイスラエルを支持し、市民の犠牲者に懸念を示しつつも基本的にハマースを非難している。 しかし、イスラエル側は、米国が自国を無条件で支持しないことをしばしば非難している。 、報道官は「いかなる国もロケット弾で市民生活や健康、福祉を脅かされてはならない。 イスラエルは自衛権を有する」と述べた。 しかし、「ガザのパレスチナ人に自衛権があることを信じますか?」と質問されると「私はあなたのおっしゃる意味が分からない」と答えた。 、で無投票(全会一致)でイスラエル支持決議を可決した。 、でも無投票(全会一致)でイスラエル支持決議を可決した。 、ケリー国務長官はに出演し、「戦争は醜い。 (しかしハマースは)みずからの責任を認識する必要がある」「イスラエルはテロ組織に(あるいはハマースに)包囲されている」と述べ、イスラエルを擁護した。 しかし、出演待ちの間には「全く大したピンポイント攻撃だ、全く大したピンポイント攻撃だ」と述べ、民間人殺害を暗に批判していた。 、オバマ大統領はイスラエルの軍事作戦で市民の犠牲が増えていることを「深く懸念している」と表明し、ケリー国務長官に即時停戦の実現に向けて最大限の努力を尽くすよう指示したことを明らかにした。 、オバマ大統領はイスラエルのネタニヤフ首相と電話で協議し、パレスチナ自治区ガザの情勢について、人道上の配慮による「即時、無条件の停戦」を促した。 一方で、ハマースなどガザ地区側の攻撃を改めて非難し、イスラエルの自衛権を再確認した。 また、オバマは「恒久的な解決には、テロリスト集団のと、ガザ地区のを確実に実施する必要」があると主張した。 、上院は全会一致で、下院は賛成多数でイスラエルの防空システム「鉄のドーム」への2億ドルの資金供出を可決した。 、ケリー国務長官は停戦合意を「強く支持する」と表明した。 一方で、アメリカはイスラエルとパレスチナの停戦にも乗り出しており、イスラエルはこの停戦に向けた動きを強く批判、アメリカも住民を巻き込む戦闘を続けるイスラエルに反発し、両国間には強い緊張が生じる場面もあった。 トルコ [ ] 、の首相はイスラエルのシャクド議員のFacebookでの発言を「シャクドの心性はのような物だ」と批判した。 、エルドアン首相はイスラエルを「ヒトラーを昼夜非難する者が、野蛮さでヒトラーを超えた」と批判した。 レバノン [ ] レバノンの政党・イスラム教シーア派組織の師(ヒズボラ議長)は7月25日、ハマースへの「あらゆる支援を惜しまない」と述べた。 ヒズボラはシリアのアサド政権への協力を続けており、ハマースとの関係は冷え込んでいた。 ヨルダン [ ] ヨルダンは7月22日、国連安保理に、双方に戦闘の即時停止を求める決議案を提出した。 イラン [ ] は反イスラエルの急先鋒であり、国交もない。 イスラエルにとっても侵攻先に挙げられている。 、外務省は「政権」イスラエルのガザ侵攻に非難声明を出した。 、最高指導者の師は「イスラム世界は、対立をやめて、ガザの人々のニーズを満たすために全力を尽くすべきだ」と主張した。 、外務省のアフカム報道官は、アメリカがイスラエルに「広範な支援」を与えていることに懸念を表明した。 タイ [ ] タイは7月24日、イスラエルに在イスラエルタイ人労働者4000人の避難を要請した。 7月23日に、ガザ地区武装勢力側の攻撃でタイ人労働者1人が殺害されたため。 エジプト [ ] エジプトは軍事政権になってから、ムバーラク政権時代のイスラエル支持に回帰している。 ガザ侵攻ではイスラエルとパレスチナの仲介に当たっているが、軍部のシーシー政権自体は反ハマースであるため、交渉の足枷になっている。 例えば、総合情報庁の長官は、ハマース幹部との直接の面会を拒否している。 また、ハマースの要求もことごとくエジプトが拒否したという。 イギリス [ ] は基本的にイスラエルを支持している。 外相がガザの人道的状況に懸念を示した直後に辞任したため、外交的に大きな動きは見られない。 、キャメロン首相はイスラエルのネタニヤフ首相との電話会談で、イスラエル支援を表明した。 、ヘイグ外相はTwitterで、「ガザの人道的状況や人命の喪失を非常に懸念している」と述べた。 また、アッバース自治政府大統領と話をしたことを明らかにした。 しかし、ヘイグ外相は(正式には)に辞任に追い込まれた。 後任は国防相。 、大臣(ビジネス・イノベーション・職業技能省担当)は大臣を辞職した。 ガザの危機は「道徳的に弁護の余地がない」にもかかわらず、政府がイスラエルを支持していることを理由に挙げた。 ワルシはイギリス初の大臣。 ロシア [ ] のチュルキン国連大使は、国連安保理の討論でガザ地区からのイスラエル領土への攻撃は許し難いものだと述べたほか、イスラエルの軍事作戦開始後の悲劇の規模に衝撃を受けたと指摘した。 また、エジプト主導の停戦案支持を表明した。 、ロシア外務省は3日間の停戦発効を歓迎し、双方に遵守するよう求める声明を出した。 また、改めてエジプト主導での和平達成への機会とするよう双方に求めた。 中南米 [ ] 諸国は、ほぼ例外なくイスラエルを強く批判した。 の大統領は、イスラエルをに指定し、イスラエル人への発給を停止した。 のはイスラエルの軍事作戦をと非難した。 の大統領は、ルセフより強い表現であるであると批判した。 、、、は駐イスラエルを召還し、大きなコミュニティのあるとも自国に駐留するイスラエルの大使を呼び出した。 このように、中南米が事実上、1つにまとまって行動することは、歴史上初めてのことと指摘する者もいる。 民間・その他 [ ] 世界各地の市民が、反イスラエルのを行った。 でも、やなどでイスラエルを批判するデモが行われた。 歴史的な経緯から、ユダヤ人批判がタブー視されがちなヨーロッパでも、反イスラエルの世論が強くなっている。 多くのデモは平和裏に実施されているが、一部のデモの中には的言動が目立つデモもある。 ではユダヤ人地区の商店が襲われたり、に押し入るものが出ており、警察に逮捕されている。 では、「ユダヤ人をに送れ」と叫ぶ者が現れ、シナゴーグにが投げ込まれた。 Gilad LotanはTwitterアカウントを親パレスチナと親イスラエルに分けて分析し、互いの主張や情報は、敵対陣営には流れにくい構図を指摘した。 また、親イスラエルと親パレスチナではっきりと分かれており、両者の中間的な意見は少なかった。 メディアの中では、イスラエル左派紙の『ハアレツ』がもっとも両者の中間に近く、「媒介中心性(訳注:ネットワーク理論用語で、いわば異なる集団間の橋渡しする位置のこと)がもっとも高い」と主張した。 人道上の問題 [ ] 体を伏せるイスラエル人の児童 イスラエル国防軍 [ ] イスラエルは、攻撃前にビラ、電話、威力の弱い威嚇砲撃("Roof knocking"、屋根叩きと称する)などの手段で事前警告をしていると主張している。 しかし、は、ガザ現地の声として「警告なしの爆撃が多く、たとえ警告があっても、爆撃の1分前」 と指摘している。 また、は「武力紛争法は攻撃に対する「実効性のある事前警告」を推奨してはいるものの、それに従わなかった市民を合法的な攻撃対象とみなすことはない」として、事前警告は攻撃を正当化する根拠にはならず、にあたると指摘している。 中東理解研究所は、ビラに避難先が書かれていないことを指摘している。 また、ヒューマン・ライツ・ウォッチは、7月23日~25日にパレスチナ・ガザ地区南部の町クーザで、イスラエル軍が一般市民に発砲して死者が出たいくつかの事件は、戦闘に参加していない一般市民を狙った意図的な攻撃であり、に抵触するものと見受けられると発表している。 また、避難所に使われている国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)学校への攻撃は戦争犯罪と指摘された。 イスラエル軍報道担当者は、敵戦闘員が学校から攻撃しており、ハマースに罪があると主張した。 一方、UNRWA職員は避難民の受け入れは事前にイスラエルの承諾を得ている 、避難民は避難に当たって武器の持ち込みは禁じられているとして 、イスラエルの主張に反論した。 パレスチナのマンスール国連代表は、7月18日の国連安保理緊急会合で、「国連や国際システムの司法機関に頼るしかない」と述べた。 パレスチナはイスラエルのガザ侵攻を戦争犯罪と認識し、(ICC)に加盟した上での提訴を検討している。 イスラエルはパレスチナの加盟に反対し、アメリカもパレスチナに「慎重な対応」を求めている。 しかし、毎日新聞は「(イスラエルの主張する)ハマスがとして民間人を利用している」「イスラエルに対するハマスの無差別ロケット弾攻撃」などの行為もまた戦争犯罪と見なされる可能性が高いと指摘した。 また、パレスチナは2009年のガザ侵攻時にも戦争犯罪について調査を要請したが、国際刑事裁判所のファトゥ・ベンスーダ判事は、当時の要請は法的に無効であり、調査を行うにはパレスチナ側が新たに申請を行う必要があると主張している。 一方でディヴィド・ボスコは、イスラエル当局者はルイス・モレノ・オカンポ判事と秘密裏に会食するなどのロビー活動を行っていると指摘している。 『ガーディアン』によると、アメリカはもちろん、国際刑事裁判所予算の最大の拠出国の一つであるイギリスとも、パレスチナに戦争犯罪の捜査をしないよう要求しているという。 8月23日、ハマース政治局幹部のは国際刑事裁判所加盟を認める文書に署名した。 『ハアレツ』によると、アムネスティ・インターナショナルとヒューマン・ライツ・ウォッチはガザ地区の実態調査に調査員を派遣したが、イスラエルは「官僚的な言い訳」でガザ地区入境を拒否した。 アムネスティによると、エジプトもガザ地区入境を拒否している。 ヒューマン・ライツ・ウォッチは、現地などで行った、イスラエル国防軍による国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)学校3箇所への攻撃についての調査結果を発表した。 それによると、攻撃により殺害されたのは45人(うち17人は子供)。 イスラエル国防軍は学校からハマースのロケット弾攻撃があった、あるいはイスラーム聖戦メンバーを標的にしたと主張した。 しかし、イスラエルがロケット弾攻撃の証拠として示した写真は、攻撃を受けた学校の物ではなかった。 また、避難民の証言から、イスラーム聖戦メンバーではなく、故意に避難民を標的にした可能性を指摘した。 そこで、イスラエル国防軍による戦争犯罪の疑いがあると指摘し、による調査が必要と主張した。 ハマースなどガザ地区の武装勢力 [ ] イスラエルは、ハマースが市民を「」に利用して、(みずからの攻撃による)犠牲者を増やしていると主張している。 ネタニヤフ首相は「われわれは民間人に退避を促しているのに、ハマスが(攻撃対象地域に)とどまらせている」と非難した。 また、ハマースは、イスラエル側の退避勧告を「心理戦」として聞き入れないよう住民に呼びかけたことを問題視する指摘もある。 「人間の盾」については、毎日新聞の大治朋子は、「ハマスの「人間の盾」戦術は、外国人記者にも向けられている」と述べている。 大治によると、ガザでハマース職員に「イスラエルが検問所を閉鎖した」といわれ、イスラエル側に電話で問い合わせたところ「通常通り開いているが間もなく閉める。 来るなら急げ」といわれた結果、記者と相談してハマースの検問を無視して突破し、エレツ検問所にたどり着くことができたという。 BBCのは、「ハマースがパレスチナ人を人間の盾に使う証拠は見当たらなかった」と述べている。 ボーエンによると、ガザでの取材中、イスラエルのネタニヤフ首相が主張するような人間の盾の実例を見たことがなかったという。 のNoura Erakatは、イスラエルは実際にハマースが民家を使ったことを証明できていないと主張した。 国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)施設でロケット弾が発見された事件についても、その時点では使われていない施設だった。 逆に、イスラエルが人間の盾を使った例はあると指摘している。 またイスラエル国防軍は、民家にハマース戦闘員や武器弾薬が隠れているを示し、「正当な軍事目標」の例と主張した。 なお、ハマースの掘ったとされる地下トンネルについては、とを公開している。 また国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)によると、無人の国連施設で武装勢力の物とみられるロケット弾20発を発見したと発表し、非難声明を出した。 7月22日、7月29日にも、無人の学校でロケット弾が発見された。 ヒューマン・ライツ・ウォッチは、「学校の民間施設としての性格を損なう行動」であり、戦争犯罪と指摘している。 脚注 [ ] 出典 [ ]• - Twitter Nicole Johnston(特派員) (英語)• 週刊金曜日. 日本経済新聞. AFPBBニュース. 2014年8月1日13時11分. 朝日新聞. 2014年1月2日18時33分. - "al qods al arabi net" (アラビア語)• 秋山信一 2014年8月6日20時10分(最終更新8月7日0時40分). 毎日新聞. Roula Khalaf 2014年7月24日14時15分. 和田浩明 2014年8月27日21時49分(最終更新8月27日23時33分). 毎日新聞. 朝日新聞. 大治朋子 2014年8月27日20時51分(最終更新8月27日21時15分). 毎日新聞. 田母神俊雄公式ブログ 志は高く、熱く燃える 2014年9月20日14時42分24秒• - "THE TIMES OF ISRAEL" Adiv Sterman and Itamar Sharon (英語)• - "The Electronic Intifada" Rania Khalek (英語)• アムネスティ・インターナショナル. - "THE TIMES OF ISRAEL" Justin Jalil (英語)• AFPBBニュース. 2013年7月30日12時55分. 発信地:ワシントンD. AFPBBニュース. 2013年8月14日9時20分. 発信地:イスラエル• AFPBBニュース. 2014年4月2日8時44分. AFPBBニュース. 2013年8月27日8時20分. 山尾有紀恵 2013年10月23日9時17分. 朝日新聞. 山尾有紀恵 2013年11月1日21時4分. 朝日新聞. 山尾有紀恵 2013年12月25日17時56分. 朝日新聞. AFPBBニュース. 2013年12月26日17時1分. CNN. 2014年1月11日15時28分(JST). わが外交の近況 1981年版 第25号• 2014年1月17日9時17分. 共同通信. ロイター. 2014年4月21日23時12分(JST). アムネスティ・インターナショナル. 2014年5月19日. 朝日新聞. 2013年11月14日5時0分. 押野真也 2012年11月23日1時51分. 日本経済新聞. 川上泰徳 2013年7月6日. 朝日新聞• 共同通信. 2013年2月15日時分. 花岡洋二 2012年2月25日. 毎日新聞• 大内清 2014年1月20日21時28分. 産経新聞. 大治朋子. 毎日新聞. 大内清 2014年4月24日10時54分. 産経新聞. CNN. 2014年4月25日17時36分(JST). 山尾有紀恵 2014年6月3日13時1分. 朝日新聞. 共同通信. 2014年6月3日0時35分. 2014年6月3日9時50分. 大内清 2014年6月3日8時51分. 産経新聞. 時事通信. 2014年6月4日6時42分. 錦田愛子 2014年6月19日. WEBRONZA. 時事通信. 2014年6月5日21時37分. ヒューマン・ライツ・ウォッチ. 2014年7月16日. - 『』 FARES AKRAM (英語)• - 『ハアレツ』 Gili Cohen and Jack Khoury (英語)• 2014年6月15日21時39分. - 『ハアレツ』 (英語)• 公益財団法人中東調査会• - 『ハアレツ』 Jonathan Lis (英語)• - 『ハアレツ』 Jack Khoury (英語)• - 『ハアレツ』 (英語)• - 『産経新聞』 大内清• - 『ハアレツ』 (英語)• - 『』 Robert Tait (英語)• 岡田隆司 2014年7月14日11時29分. 共同通信. - Ayelet Shaked(削除済)• - "The Daily Beast" Gideon Resnick (英語)• - 『エルサレム・ポスト』 AYELET SHAKED (英語)• 共同通信. 2014年7月5日11時17分. 山尾有紀恵 2014年7月7日10時11分. 朝日新聞. 共同通信. 2014年7月6日21時23分. 朝日新聞. 2014年7月8日5時0分. 共同通信. 2014年7月8日11時30分. - Elad Benari, Tova Dvorin (英語)• - Shalom Bear (英語)• - Jon Donnison(特派員)• - "The Daily Star"• - "New York Magazine"Katie Zavadski• 毎日新聞. AFPBBニュース. 2014年8月6日17時54分. JOSH MITNICK 2014年8月6 日19時10分(JST). ウォール・ストリート・ジャーナル. - ロイター Reporting by Ari Rabinovitch; Editing by Gareth Jones (英語)• CNN. 2014年8月23日11時18分(JST). - Yahoo! ニュース Michael Isikoff (英語)• 2014年8月25日10時42分. NHK. 9月23日17時19分 ()• AFPBBニュース. 2014年9月24日8時46分. ] - パレスチナ情報センター (英語)• 大治朋子 2014年9月23日20時38分(最終更新9月24日0時19分). 毎日新聞. 国境なき医師団 2014年8月6日• 2014年7月9日0時39分. 共同通信. 2014年7月9日9時50分. 2014年7月9日16時19分. 大内清 2014年7月10日21時32分. 産経新聞. 共同通信. 2014年7月10日1時36分. 伊吹太歩 2014年7月31日8時0分更新. BusinessMedia誠. - BuzzFeed Sheera Frenkel (英語)• 2014年7月11日0時17分. 共同通信. 2014年7月11日9時45分. AFPBBニュース. 2014年7月10日19時1分. 2014年7月11日23時25分. 共同通信. 2014年7月12日11時6分. 2014年7月13日8時57分. AFPBBニュース. 2014年7月12日16時1分. - ハフィントン・ポスト• 共同通信. 2014年7月13日22時8分. 共同通信. 2014年7月14日9時32分. 共同通信. 2014年7月14日19時12分. 共同通信. 2014年7月15日9時12分. 朝日新聞. JOSHUA MITNICK, TAMER EL-GHOBASHY and NICHOLAS CASEY 2014年7月15日10時20分(JST)更新. ウォール・ストリート・ジャーナル. - 『朝日新聞』• 産経新聞. 共同通信. 2014年7月16日10時13分. 共同通信. 2014年7月15日15時16分. CNN. 2014年7月15日11時39分(JST). 共同通信. 2014年7月16日00時28分. - Arutz Sheva モーシェ・フェイグリン (英語)• - - Ali Abunimah• - Facebook モーシェ・フェイグリン (ヘブライ語)• 共同通信. 2014年7月16日17時35分. 朝日新聞. 共同通信. 2014年7月17日1時14分. - ロイター (英語)• - Twitter Ayman Mohyeldin (英語)• - ガーディアン Peter Beaumont (英語)• 大治朋子 2014年7月16日23時27分. 毎日新聞. - Mondoweiss• 長谷川健司、岡田隆司 2014年7月19日18時58分. 共同通信. 共同通信. 2014年7月17日23時24分. - アル・ジャジーラ (英語)• - First Look Media グレン・グリーンウォルド (英語)• - Twitter Ayman Mohyeldin (英語)• 共同通信. 2014年7月18日5時23分. 共同通信. 2014年7月18日12時19分. 毎日新聞. 共同通信. 2014年7月19日1時2分. 共同通信. 2014年7月19日12時2分. 共同通信. 2014年7月19日22時53分. 岡田隆司. 共同通信. 共同通信. 2014年7月21日1時16分. 共同通信. 2014年7月21日8時6分. 2014年7月21日13時34分. 共同通信. 2014年7月22日0時53分. 東京新聞. 2014年7月22日朝刊 ()• 共同通信. 2014年7月23日11時53分. 2014年7月23日17時55分(JST). 田中龍作ジャーナル 2014年8月3日23時53分• - 国際連合人権理事会 (英語)• NHK. 2014年7月24日5時12分 ()• 2014年7月24日1時46分. - 共同通信• 共同通信. 2014年7月25日0時54分. 山尾有紀恵、渡辺淳基 2014年7月25日1時44分. 朝日新聞. 時事通信. 2014年7月25日23時53分. 久門武史 2014年7月26日10時29分. 日本経済新聞. - 『ハアレツ』 (英語)• - 『ハアレツ』 Barak Ravid(有料記事)• 加納宏幸 2014年7月30日19時56分. 産経新聞. CNN. 2014年7月26日15時34分(JST). 共同通信. 2014年7月27日1時13分. 共同通信. 2014年7月27日5時19分. 三木幸治 2014年7月26日20時51分. 毎日新聞. 共同通信. 2014年7月27日19時7分. - アル・ジャジーラ Gregg Carlstrom (英語)• チャールズ・クラウトハマー 2014年8月5日. 世界日報. 共同通信. 2014年7月29日1時33分. 中央日報. 2014年7月30日8時47分. 共同通信. 2014年7月29日1時33分. 共同通信. 2014年7月29日8時1分. 毎日新聞. 時事通信. 2014年7月29日19時46分. - PBS (英語)• - マアン通信 (英語)• 共同通信. 2014年7月28日16時28分. - The Daily Beast Jesse Rosenfeld (英語)• - 国連人道問題調整事務所 (英語)• - アル・ジャジーラ Mohammed Omer (英語)• 共同通信. 2014年7月29日23時51分. 大内清 2014年7月29日21時42分. 産経新聞. NICHOLAS CASEY and JOSHUA MITNICK 2014年7月30日8時51分(JST). ウォール・ストリート・ジャーナル. 共同通信. 2014年7月31日1時57分. 日本ユニセフ協会 2014年7月30日• NHK. 7月30日5時55分. 共同通信. 2014年7月31日5時57分. CNN. 2014年7月31日16時37分(JST). 国境なき医師団 2014年7月30日• 共同通信. 2014年8月1日7時39分. 山尾有紀恵 2014年7月31日21時25分. ロイター. 2014年8月1日9時53分(JST). TBS. 2014年8月2日2時8分最終更新 ()• 共同通信. 2014年8月1日17時53分. 上地洋実 2014年8月1日20時26分. 読売新聞 ()• 共同通信. 2014年8月2日8時17分. - 『エルサレム・ポスト』 YAAKOV LAPPIN (英語)• 時事通信. 2014年8月1日23時10分. 2014年8月2日7時49分. 発信地:ワシントンD. 共同通信. 2014年8月2日23時40分. 上地洋実 2014年8月2日23時48分. 読売新聞 ()• ロイター. 2014年8月4日9時6分(JST). 共同通信. 2014年8月3日21時18分. - 土井敏邦WEBコラム 2014年8月4日• 共同通信. 2014年8月4日5時14分. 共同通信. 2014年8月3日10時32分. 共同通信. 2014年8月4日19時15分. AFPBBニュース. 2014年8月4日20時15分. 山尾有紀恵、川上泰徳、渡辺淳基 2014年8月5日0時55分. 朝日新聞. 共同通信. 2014年8月5日12時27分. - 『ガーディアン』 Hannah Jane Parkinson (英語)• ハフィントン・ポスト. 投稿日:2014年8月7日16時35分(JST) 更新:2014年8月7日17時0分(JST). 朝日新聞. 共同通信. 2014年8月5日16時37分. 上地洋実 2014年8月6日15時8分. 読売新聞. 大内清 2014年8月5日19時55分. 産経新聞. - 国連人道問題調整事務所 (英語)• - ハマース イッズッディーン・アル=カッサーム旅団 (アラビア語)• 渡辺淳基 2014年8月8日11時16分. 朝日新聞. ロイター. 2014年8月8日14時7分(JST). 川上泰徳 2014年8月7日23時58分. 朝日新聞. Rory Jones, Asa Fitch and Joshua Mitnick 2014年8月8日8時14分(JST). ウォール・ストリート・ジャーナル. 共同通信. 2014年8月8日19時17分. CNN. 2014年8月8日14時51分(JST). ロイター. 2014年8月8日19時58分(JST). 2014年8月9日12時9分. 共同通信. 2014年8月14日10時57分. 共同通信. 2014年8月19日9時27分. 共同通信. 2014年8月20日0時46分. 山尾有紀恵 2014年7月日時分. 朝日新聞. 共同通信. 2014年8月20日9時41分. 大治朋子 2014年8月21日23時43分(最終更新 8月22日1時20分). 毎日新聞. 共同通信. 2014年8月23日11時27分. CNN. 2014年8月23日12時30分(JST). 2014年8月24日8時20分. CNN. 2014年8月25日10時47分(JST). 共同通信. 2014年8月27日1時40分. 錦田愛子 2014年7月日時分. 朝日新聞 Asahi中東マガジン. 全文会員限定• 山尾有紀恵 2014年8月27日13時44分. 朝日新聞. 2014年8月28日7時30分. 毎日新聞. 浅見麻衣. 時事通信. 中村禎一郎 2014年9月1日夕刊. 東京新聞. AFPBBニュース. 2014年9月1日12時42分. 大治朋子 2014年9月1日19時58分(最終更新9月1日23時38分). 毎日新聞. CNN. 2014年9月2日12時54分(JST). 時事通信. 2014年9月3日7時27分. - アル・ジャジーラ (英語)• 時事通信. 2014年9月10日6時21分. 共同通信. 2014年9月17日5時2分. NHK. 9月17日10時32分 ()• 時事通信. 2014年9月24日7時6分. NHK. 2014年9月26日11時10分 ()• 2014年10月9日21時13分更新. 時事通信. 2014年10月28日7時33分. 小泉大介 2014年10月29日. しんぶん赤旗. 渡辺志帆、山尾有紀恵 2014年10月31日10時23分. 朝日新聞. (全文は会員登録が必要)• 2014年10月31日2時16分. 大内清 2014年10月31日21時3分更新. 産経新聞. 溝田拓士 2014年11月1日20時4分. 読売新聞. 上地洋実 2014年11月3日18時17分. 読売新聞 ()• 日本テレビ. 2014年11月3日17時58分. 共同通信. 2014年11月6日0時28分. 時事通信. 2014年11月8日6時10分. CNN. 2014年11月10日11時30分(JST). NHK. 11月13日22時43分 ()• 時事通信. 2014年11月14日7時1分. - 『ハアレツ』 Jonathan Lis (英語)• - 『エルサレム・ポスト』 LAHAV HARKOV (英語)• - 『エルサレム・ポスト』 GIL HOFFMAN (英語)• - Arutz Sheva• ロイター. 2014年8月28日8時9分(JST). 2014年9月13日閲覧。 時事通信. NHK. (リンク切れ)• 外務省 外務大臣(岸田文雄)談話 2014年7月1日• 外務省 外務大臣(岸田文雄)談話 2014年7月3日• 外務省 2014年5月12日• 外務省 外務大臣(岸田文雄)談話 2014年7月11日• 外務省 2014年7月25日• 外務省 2014年7月22日• NHK. 9月23日10時34分 ()• - 国際連合人権理事会 (英語)• 朝日新聞. 2014年7月24日. NHK. 7月24日5時12分 ()• 草野和彦 2014年7月28日12時54分(最終更新 7月28日13時37分). 毎日新聞. 朝日新聞. 2014年8月6日5時0分. ロイター. 2014年8月12日14時46分(JST). 2014年9月19日閲覧。 - アメリカ合衆国国務省 (英語)• - イランラジオ日本語• - GovTrack (英語)• - GovTrack (英語)• - 『ワシントン・ポスト』 Philip Bump (英語)• - Twitter• - 『ウォール・ストリート・ジャーナル』 Andrew Grossman (英語)• 共同通信. 2014年7月22日17時3分. 共同通信. 2014年7月28日13時47分.

次の

イスラエルはなぜ「ガザ封鎖・ヨルダン川西岸への入植行為」をやめないのか、人種差別をメディアが助長する!

イスラエル ガザ

「された」の意味で、の祭日であるの際、子供達に与えられるというを指している。 この時点では、以来最大の死傷者を出した紛争となった。 これまでに、市民への無差別攻撃、怪我人搬送のために走行していたの救急車両への攻撃、が運営し、避難所としてイスラエルへも通告していた女学校への無差別空爆、幼児への無差別銃撃など、数多くのが判明している。 背景 [ ] との間では、2008年6月から半年間にわたって停戦協定が結ばれた。 、の仲介でハマースとイスラエルは6ヶ月の停戦に踏み切るが、断続的に衝突が続いた。 そして、12月に入り、再度エジプトの仲介のもとで停戦延長の交渉が持たれたが、ハマース側はイスラエルがガザの封鎖解除に応じないことを問題視し、延長を拒否したため失効した。 停戦の期限が切れる前の11月4日夜、イスラエル軍はガザ中部に侵攻し、戦闘や空爆でハマースの6人が死亡した。 ハマースは5日、イスラエルに向けて30発以上のを発射したが、被害はなかった。 しかしイスラエル軍は11月12日、再び越境攻撃でハマースの4人を殺害。 ハマースは14日、ガザから約10キロ北のイスラエル中部の中核都市アシュケロンに、より高性能の旧ソ連型ロケット弾を撃ち込んだ。 けが人はなかったが、イスラエル軍は大規模空爆など攻撃拡大に踏み切るとみられていた。 イスラエルでは2009年2月に総選挙を控えていたが、攻撃前の段階で対パレスチナ強硬派の野党・が支持を拡大し、与党・も弱腰な姿勢をみせることはできないとして、大規模な報復攻撃を実行することとなった。 また、の「敵との対話」を掲げる・政権の発足前に、「ハマースを弱体化しておきたい」とするイスラエルの思惑があったという論調もある。 経過 [ ] ガザ地区の地図 イスラエル軍による空爆 [ ] (現地時間午前11:30、午前9:30 )、がガザ地区全土に大規模な空爆を開始した。 の地上侵攻までの死者は430人にのぼった。 地上侵攻 [ ] 1月3日、イスラエル軍はガザ地区への大規模な砲撃の後、、、砲撃隊などの隊列が侵攻を開始し、事態はに発展した。 ハマースとの激烈な戦闘が行われている。 ガザ地区では、空爆や砲撃によって自宅を失った一般市民4,000人が更に避難民と化した。 、イスラエル軍が UNRWA の運営する避難所となっている学校を砲撃、少なくとも40人が死亡した。 これに対し、イスラエル軍は同施設の付近からハマース側の攻撃があったために加えた反撃であると主張しているが、UNRWAや地元住民は「現場に戦闘員はいなかった」と否定している。 、イスラエル軍は国際機関らによる援助物資の搬入のため、27日の攻撃開始以来初めて、3時間程度戦闘を停止した。 停戦への動き [ ] 戦闘開始が年末で、多くの諸外国が及びの休暇の時期に入っていたことから停戦調停が遅れ、戦闘が長引く要因になった。 ハマースの代表団は夜、入りし、仲裁国のと停戦交渉に入った。 エジプトによる停戦案にイスラエル側は原則同意の方針を示したが、ハマースの在外指導部はこれを拒否した。 その他にも国連やフランスなどから停戦案が提示されたが、どれも合意には至らなかった。 戦闘開始から3週間たった、イスラエルは一方的な「停戦宣言」を出し部隊の引き上げを始めた。 ただし、この停戦は上記のエジプト仲介による停戦プロセスとは関係がない。 直後、ハマースも抗戦を停止した。 その後イスラエル軍は、アメリカのオバマ新大統領が就任した20日にガザの市街地からの撤退を完了した。 戦闘後 [ ] 戦闘停止後、各国・団体によるガザへの復興支援が始まったが、イスラエルとエジプトが国境封鎖と検問を継続しており生活用品の運搬にも支障が出ている。 、エジプト政府が停戦協定を2月5日前後に発効させる方向で調整をしていると報じられた [ ]。 同27日、境界付近で爆発が起こり、パトロール中のイスラエル兵1人が死亡。 イスラエルは直ちにガザ方面へ反撃し、農民1人が殺害された。 イスラエルは人道物資支援の検問所をすべて閉鎖した [ ]。 現在も散発的にガザから迫撃砲が撃ちこまれ、それに対してイスラエル軍が反撃するなど小規模な戦闘は今も続いている。 このため、ガザの境界近くに住むイスラエル人住民の間からは、問題の根本的解決のためにガザ再攻撃を望む声が強まっている [ ]。 国際社会の反応 [ ] 詳細は「」を参照 日本 [ ] は2008年、イスラエルの首相と電話で会談し、速やかな空爆の停止を求めた。 また、パレスチナに対して援助を与える事を表明している。 [ ] 国連人権理事会に提出されたイスラエル非難決議案は、イスラエル批判に傾重しているとして棄権した。 日本はパレスチナ問題に対しては、どちらか一方に肩入れすることはなく一貫して中立の姿勢をとり続けている。 国連 [ ] 、は、「即時かつ恒久的な停戦」とイスラエル軍の撤退を求める決議を賛成14、棄権1(アメリカ)で採択。 イスラエル・ハマース双方決議を黙殺した。 また同8日、は、イスラエルの攻撃で職員が殺害されたことを理由にガザでの人道活動援助を11日まで全面停止した。 翌9日、国連人権理事会はイスラエル非難決議案を賛成33、反対1()、棄権13(・)で可決した。 15日、事務総長がイスラエルを訪問したが、直後にパレスチナ難民救済事業機関本部の敷地内が攻撃を受け、「強い抗議と怒り」を表明。 イスラエル政府は陳謝した。 フランス [ ] 大統領の任期切れ間近を背景に本格的な行動をとらないアメリカとは対照的に、積極的に停戦交渉に乗り出したのがの大統領であった。 サルコジ大統領はから中東入りし、の大統領、の議長、イスラエルの首相と会談。 には、の大統領 、の首相 とも会談している。 また、パリにあるイスラエル大使館前には多くのユダヤ系住民が詰めかけ、ガザ攻撃を「」として支持するデモ活動を行った。 アメリカ合衆国 [ ] は2008年12月27日、事件に関してハマースを非難する声明を出した。 続いて12月30日、はの議長・首相と電話で会談し、停戦に向けて協議を行った。 年が明けて1月3日には、国民向けラジオ演説で情勢の悪化の責任はハマースにあると非難した。 一方で、に新大統領に就任予定のは1月6日、「ブッシュ大統領だけが米国を代表して発言し得る」として、就任まで明確な意見を表明しない方針を示した。 「大統領は1人」という原則に従っているオバマではあるものの、この態度に関してはイスラエル・パレスチナ双方から不満の声があがっており、1月5日付のは「オバマ氏はイスラム圏の多くの識者を落胆させた」と指摘した。 オバマは、大統領就任後のに、米国のイスラエル支持を明確にする一方、パレスチナ・ヨルダン・エジプトなどアラブ諸国の各首脳と電話会談を行い平和的解決への対応を行った。 近隣諸国 [ ] が国連に上述の決議案を提出し、またエジプトが調停に向けた独自の動きを展開するなど事態収拾に向けた動きはあるものの、成果は得られなかった。 また反イスラエル感情でイスラエル人のテニス選手はアラブ首長国連邦に入国拒否された。 南米 [ ] 国家ののとの両大統領(ともに当時)はイスラエルに対して強硬な姿勢を見せた。 1月6日、ベネズエラは同国駐在のイスラエル大使を追放し、1月9日、ガザ地区に向け救援物資を発送した。 1月14日、ボリビアはイスラエルとの断交を宣言し、直後にベネズエラも同様の措置を発表した。 その他団体 [ ] 死傷者数を示したグラフ (08. 27 - 09. また14日、犠牲者が1,000人を突破。 これまで最高だった2002年の死者数989人をわずか2週間で更新した。 最終的な死者は1,300人を突破した。 イスラエル側の死者は13人(うち民間人3人)で 、4人は味方の誤射によるものだった。 また、市民に対して白燐弾などを用いた無差別攻撃 、幼児に対する無差別銃撃などが報道され、人権団体からの非難を浴びた。 ガザ市の人権団体、は、パレスチナ側の総死者数は1,417人に上ったと発表し、全員の氏名を公開した。 それによると926人が民間人でうち313人が18歳未満の子供、116人が女性。 が236人、が255人だった。 一方、イスラエル軍は、パレスチナ側の死者は1,166名で、709人がなどの戦闘員であると発表した(イスラエルは警察官も戦闘員と見なしている)。 民間人は295人、うち89人が16歳未満、49人が女性で、残る162人は特定できていないとしている。 Abcnews. com. 2008年12月28日閲覧。 Hanan Greenberg 2009年1月26日. Ynetnews Ynetnews. com. 2012年2月19日閲覧。 2009年1月21日. 2012年2月19日閲覧。 Thomson Reuters. 2009年1月17日. 2012年2月19日閲覧。 By Nidal al-Mughrabi. Jan. 12, 2009. By Sebastian Rotella and Rushdi abu Alouf. January 13, 2009. CNN 2009年1月10日. 2009年1月28日閲覧。 ワシントンDC イスラエル大使館 In the middle of the page is a list of four Israelis killed by rocket and mortar fire. One was a soldier killed on a military base inside Israel. This explains the confusion in counting civilian and military dead in some articles. 鳥居英晴 2009年1月5日. 日本語. Berita. 2012年2月19日閲覧。 Google News. 2008年12月30日. の2009年1月9日時点におけるアーカイブ。 2009年1月11日閲覧。 - The Electronic Intifada のトピックスページ• 2008年12月29日. 2009年1月11日閲覧。 のでは、これを上回る死傷者が出ている。 2008年11月5日. 2008年11月15日. 2008年12月29日. 2009年1月11日閲覧。 Harel, Amos 2008年12月27日. 2008年12月27日閲覧。 CNN. 2009年1月7日. 2009年1月11日閲覧。 2009年1月8日. 2009年1月11日閲覧。 2009年1月8日. 2009年1月11日閲覧。 2009年1月10日. 2009年1月11日閲覧。 2009年1月1日. 2009年1月7日閲覧。 (MSN産経ニュース). 2009年1月6日. 2009年1月7日閲覧。 2009年1月7日. 2009年1月7日閲覧。 2009年1月7日. 2009年1月7日閲覧。 2009年1月5日. 2009年7月19日閲覧。 2008年12月28日. 2009年1月8日閲覧。 USFL. COM. 2008年12月31日. 2009年1月8日閲覧。 2009年1月3日. 2009年1月8日閲覧。 2009年1月7日. 2009年1月8日閲覧。 (MSN産経ニュース). 2009年1月6日. 2009年1月8日閲覧。 (週刊金曜日第477号「金曜アンテナ国際短信」)• 日本語. 2009年2月17日. の2009年2月21日時点におけるアーカイブ。 2012年2月19日閲覧。 2009年1月9日. 2009年3月29日閲覧。 2009年1月15日. 2009年3月29日閲覧。 2009年1月24日. 2009年3月29日閲覧。 2009年1月6日. 2009年3月29日閲覧。 2009年3月20日. 2009年3月29日閲覧。 2009年3月27日. 2009年3月29日閲覧。 パレスチナ人権センター(). 2009年3月19日. 2009年4月3日閲覧。 2009年3月20日. 2009年3月29日閲覧。 2009年3月28日. 2009年3月29日閲覧。 レコードチャイナ. 2009年1月6日. 2009年6月2日閲覧。 レコードチャイナ. 2009年4月30日. 2011年1月12日閲覧。 参考文献 [ ]• 『』・翻訳・編集および解説、写真、、2009年3月。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• 『』 -.

次の

ガザ対イスラエル/イスラエルについて

イスラエル ガザ

現在特に劣悪な環境なのがガザ地区です。 東京23区の約6割の面積に相当する地域に暮らす住民は2016年10月、200万人を超えました。 その8割が食料などの援助に依存し、失業率は40%以上。 2020年にガザ地区は「居住不能」レベルまで人が溢れ、2030年の人口は310万人に達する見通しです。 ガザで供給される水の95%が汚染されており、病気の3割は水が原因だとされます。 下水処理場の停止でガザ沿岸は遊泳禁止レベルに汚染されています。 1998年、ガザ国際空港が開港しましたが、2001年にイスラエルにより破壊さています。 2008年-2009年に行われたガザ紛争(ガザの)虐殺など近年においても問題解決される兆しがありません。 エルサレムはユダヤ教、イスラム教、キリスト教の聖地とされていて歴史的に重大なのは明らかです。 古代イスラエル・ユダ王国の首都で、エルサレム神殿がかつて存在しました。 また、イエス・キリストが処刑された地でもあります。 旧市街はユダヤ教・イスラム教・キリスト教の聖地で、嘆きの壁や聖墳墓教会、岩のドームといった各宗教縁の施設を訪れる人々が絶えません。 旧市街は城壁に囲まれ、北東はムスリム地区、北西はキリスト教徒地区、南西はアルメニア正教徒地区、南東はユダヤ人地区となっています。 また現在の城壁はオスマン帝国のスレイマン1世によって建設されたものです。 ちなみに旧市街は「エルサレムの旧市街とその城壁群」の名で1981年に世界遺産に登録されました。 歴史を見ると紀元前11世紀頃、ユダヤ人はイスラエル王国を成立させたことから始まります。 しかし紀元前930年ごろ内乱が原因で、イスラエル王国は南北に分裂します。 北のイスラエル王国は紀元前722年にアッシリアに滅ぼされ、南のユダ王国は紀元前586年に新バビロニアに滅ぼされました。 新バビロニアも紀元前539年ペルシア帝国に滅ぼされ、その後パレスチナの地は紀元前331年アレクサンダー大王の東方遠征により征服されます。 アレクサンダー大王の死後、パレスチナはセレウコス朝(シリア王国)の支配下に入るがマカバイ戦争を経て、ユダヤ人の王朝であるハスモン朝が成立します。 紀元前1世紀にハスモン朝はローマ帝国の保護国となり、後にローマ帝国の属州ユダヤ属州となります。 66年には独立を目指し、ユダヤ戦争(第1次ユダヤ戦争)が勃発しますが、70年にローマ帝国により鎮圧されます。 132年に第2次ユダヤ戦争が起き、一時はユダヤ人による支配権を取り戻したが、135年に再びローマ帝国に鎮圧され、名称もシリア・パレスチナ属州に変わります。 この頃、数多くのユダヤ人が世界に散っていきました。 ローマ帝国が東西に分断され、東ローマ帝国の属州になります。 しかし636年、東ローマ帝国が正統カリフに敗北し以後イスラム教国家の支配下に置かれます。 しかし1099年に第1回十字軍によりエルサレムが占領されキリスト教国であるエルサレム王国が成立します。 1187年、ヒッティーンの戦いでアイユーブ朝に破れエルサレムを再占領されます。 1200年ごろにはエルサレム王国の支配地域は地中海沿いのみとなっていた。 わずかな支配地域を維持していたエルサレム王国でしたが1291年にマムルーク朝により完全に滅亡します。 1517年にはトルコから台頭してきたオスマン帝国がマムルーク朝を滅ぼしこの地方を支配します。 この支配は第一次世界大戦まで続きます。 ここまで見ても分かるとおり、パレスチナ地域は戦争・紛争が絶えませんでした。 これは戦争・紛争といったものではないですが、「シオニズム」というものにも触れなければいけません。 これはイスラエルの地(パレスチナ)に故郷を再建しよう、あるいはユダヤ教、ユダヤ・イディッシュ・イスラエル文化の復興運動(ルネサンス)を興そうとするユダヤ人の近代的運動です。 シオニズムという言葉は、1890年代、オーストリアの同化ユダヤ人であるナータン・ビルンバウムにより考案されました。 1834年にセルビアに住む宗教的指導者イェフダー・アルカライが小冊子を発行し、聖地での贖罪を前提とした帰還を唱えました。 こうした宗教的意味合いのとは別に、モーゼス・ヘスは1862年、反ユダヤ主義への解決策としてユダヤ人の民族主義を復興し、ユダヤ人の国家を築くべきだと訴えました。 1882年に第一次アリヤー(ヘブライ語で「上がる」こと、シオン(エルサレム)への帰還の意)が始まります。 東ヨーロッパから2万5千人から3万5千人のユダヤ人がオスマン帝国支配下のパレスチナに移住しました。 またユダヤ人が冤罪で逮捕されたドレフュス事件や、ポグロムという東欧やロシアではユダヤ人が虐殺される事件が繰り返し発生していたことも原因となり、シオニズム志向は強くなっていきます。 1904年から始まった第二次アリヤーでは4万人ほどがパレスチナに移住します。 イギリスは連合国軍として第一次世界大戦に勝利し上記の協定や宣言を履行することになります。 そして矛盾が生じるのがフサイン=マクマホン協定とバルフォア宣言です。 どちらも秘密裏に行われていたため混乱を招きます。 アラブ人の独立とパレスチナでの居住を認めたフサイン=マクマホン協定。 パレスチナにおけるユダヤ人の居住地の建設に賛意を示し、その支援を約束するバルフォア宣言。 わかりやすく矛盾しているように感じます。 次々と入ってくるユダヤ教のユダヤ人と、元からいたオスマン帝国やその周辺のイスラム教アラブ人。 当然のように対立します・・・ アラブ人はバルフォア宣言の撤回を要求し続け、イギリスの提案する立法評議会への協力やアラブ機関の設立などを頑なに拒否します。 しかしその間にもユダヤ人は移民を進め、ユダヤ機関の設立、自警組織ハガナーの結成、ヘブライ大学の開校など、ユダヤ人国家建設に向けてパレスチナにおけるユダヤ人コミュニティーを着実に大きくしていきます。 そしてとうとう事件が発生します。 1929年、エルサレムにある嘆きの壁で起きた嘆きの壁事件。 エレミア・ハルパーン の指揮のもと青年数百名が嘆きの壁に集まり「壁は我々のものだ!」と叫びます。 これがきっかけになり、アラブ人によるユダヤ人襲撃が行われ、133名のユダヤ人が殺害され339名が負傷します。 この事件を受けイギリスは2つの調査委員会を派遣します。 調査委員会はどちらも、事件の要因はユダヤ人移民のコミュニティーが大きくなり、アラブ人がそれに脅威を感じたことが原因とし、ユダヤ人の移民と土地購入について再検討を勧告した。 一時は勧告に従った白書が出るもののユダヤ側の反発にあい撤回されます。 1936年、アラブ人によるユダヤ人襲撃と、その報復が引き金となりパレスチナ独立戦争が発生します。 イギリスはピール調査委員会を派遣し、パレスチナの分割を提案します。 ユダヤ側は国家創設の足がかりとしてこれを受け入れますが、アラブ側はこれを拒否します。 調査委員会の活動が終わると、再びパレスチナ全土で反乱が起こり、1939年に収束するまでにアラブ人に大勢の死傷者と逮捕者を出します。 その後もイギリスは必死に解決策を探ります。 1939年5月にイギリス政府の方針を大きく変えるマクドナルド白書が出されます。 この白書は移民および土地売買に関して制限を設けるものでした。 アラブ側の主張に沿った方針でしたが、当然ユダヤ人は拒否します。 またアラブ人はイギリスをもはや信用せず拒絶します。 ユダヤ人はアラブ独立戦争からさらなる防衛力の必要性を感じ、またイギリス政府の方針変更に武力で抵抗するためハガナーやイルグン、レヒといった武装組織を強化していきます。 もはやイギリスは統治不可能という状況に陥っていきます。 第二次世界大戦でもアラブ人とユダヤ人は対立します。 ドイツではユダヤ人大量虐殺が起きます。 そのような原因のため、戦時中はユダヤ人の反英闘争はなりをひそめ、義勇兵としてイギリス軍とともに戦いました。 一方アラブ最高委員会のアミーン・アル・フセイニーは「敵の敵は味方」とわかりやすい理論でドイツを中心とする枢軸国を支持します。 結果は連合国側の勝利、アミーン・アル・フセイニーの名声は地に落ちます。 一方で戦争が終わるとイギリス政府はアメリカに共同調査委員会の設立を提案し、英米調査委員会が設立されます。 委員会は強制収容所にいる10万人のユダヤ人をパレスチナに移住させるようイギリス政府に勧告しますが、イギリス政府はこの勧告を受けませんでした。 これが原因でキング・デイヴィッド・ホテル爆破事件などユダヤ人過激派の反英闘争が激化することになります。 とうとうイギリスはパレスチナ地域の解決策を国際連合の勧告に委ねることにします。 国連の調査委員会では、ユダヤ人の国家とアラブ人の国家を創設する分割案が採択されます。 これが現在のものと近くなっています。 イスラエルとパレスチナ自治区のガザ地区とヨルダン川西岸地区になります。 ガザ地区が離れているのはこれが原因なんですね。 またイギリスは1948年5月15日をもって委任統治を終了するとしました。 イギリスが紛争への介入を止めるといよいよ両陣営の相手に対する攻撃は活発となりユダヤ人・アラブ人双方による襲撃事件が多発します。 このような中、採択された分割案に基づき、ユダヤ人は1948年5月14日イスラエル独立宣言を行いました。 当然アラブ人は反発し第一次中東戦争が勃発、イスラエルが勝利しパレスチナの8割を占領するに至ります。 1956年10月29日、エジプトのナセル大統領のスエズ運河国有化宣言に対応して、英・仏・イスラエル連合軍がスエズ運河に侵攻し、第二次中東戦争が勃発します。 エジプトの敗北は目前と思われたが、この侵攻はアメリカの猛烈な反発を招き、結局11月8日に停戦します。 第三次中東戦争ではイスラエルがエジプト、シリア、ヨルダンに勝利しガザ地区と東エルサレムを含むヨルダン川西岸を占領します。 その後も数え切れないほどの紛争が起き、解決の道はないのではないかと思われていました。 しかし1993年にイスラエルとパレスチナ解放機構(PLO)の間でオスロ合意を承認。 これは「イスラエルが占領した地域から暫定的に撤退し5年にわたって自治政府による自治を認める。 その5年の間に今後の詳細を協議する。 」といったもので現在のガザ地区とヨルダン川西岸地区をパレスチナ自治区に返還しました。 これでこの問題は解決に向かうと思われました。 しかしイスラエル・アラブ双方の過激派はこれを認めません。 その結果が現在のイスラエル・パレスチナでのテロや紛争となっています。 またイスラエル、パレスチナ自治区の両首相も過激派が選ばれることもあり、まだまだ紛争が多く、解決には程遠いでしょう。

次の