滝沢 歌舞 伎 zero 予約。 東京都内 お店情報 [ 和食全般 ]

南座新開場記念 滝沢歌舞伎ZERO

滝沢 歌舞 伎 zero 予約

ご入会いただきますと「松竹歌舞伎会 NICOS VISAカード」が交付され、さまざまな特典がございます。 年会費は3,000円(税別)、入会金はございません。 カードがお手元に届いた当日から、先行発売等の会員特典をご利用いただけます。 11月1日以降のお申し込みの場合、 2020年4月日生劇場「ジョセフ・アンド・アメージング・テクニカラー・ドリームコート」公演の会員先行発売はご利用いただけません。 ご注意ください。 年会費、ご利用可能枠等の詳細についてはをご確認ください。 会員証にクレジット機能を設けている関係上、三菱UFJニコス株式会社での審査がございます。 未成年の方は親権者の同意が必要です。 年会費には三菱UFJニコスの年会費500円(税別)が含まれております。 毎月のご請求内容は、WEB(ご請求額やご利用内容等の照会ページ)でのご案内になります。 選べるご入会方法 オンラインでご入会の場合、オンライン口座のご登録でカード発行まで最短7日! お申し込みいただいた曜日によって変動いたしますが、オンライン入会の場合は、平均して7日~10日程でカードがお手元に届きます。 (入力時にオンライン口座をご登録いただいた場合)松竹歌舞伎会カードでチケットをご購入いただいた際、チケット代金などをお口座から引き落しさせていただくようになります。 入会時に、オンラインにて口座をご登録いただければ、カードは平均7日~10日程でお手元に届きます。 審査状況により10日以上かかる場合もございます。 オンライン口座のご登録がない場合、本人確認書類のご郵送が必要となり、カード発行までに3週間程かかります。 申込書でも、お申し込みいただけます 申込書の必要な方はご観劇の際に劇場係員にお尋ねいただくか、ご郵送ご希望の方は、松竹歌舞伎会事務局(TEL:)までご連絡ください。 また、日生劇場、浅草公会堂などの劇場での松竹主催公演も先行発売をご利用いただけます。 該当公演は、会報誌「ほうおう」と併せて、当サイトでご確認ください。 先行発売期間中はご購入いただけるチケット枚数に制限がございます。 制限枚数は公演毎に異なりますので、必ず事前に会報誌「ほうおう」の公演案内ページなどでご確認ください。 選べる購入方法 インターネットで お電話で• 各会員先行発売日初日のみ10時より受付開始• お電話でのご購入の際、会員番号・お名前・お電話番号等をお伺いいたします。 チケットは郵送(普通郵便)もしくは、切符引取機での引取りとなります。 歌舞伎ファンには見逃せない、俳優インタビューや演目解説など、見どころ満載です。 会員以外の方が「ほうおう」を購読されたい場合は、歌舞伎公演中に限り、歌舞伎座にて販売しております。 加算されたポイント数が登録条件に達すると「ゴールド会員」「特別会員」として1年間自動的にランクアップ登録となり、先行発売日がさらに早まります。 ランクアップポイント対象公演 前年12月~当年11月公演(松竹主催公演) 登録期間 翌年1月1日~12月31日 登録条件 会員種別 ご購入公演ポイント数 ゴールド会員 28ポイント以上 特別会員 14〜27ポイント以上 松竹歌舞伎会会員 13ポイント以下 カウント方法 歌舞伎座 同じ月の公演で昼夜が別演目の場合は、各部ご購入いただくと 2ポイント その他の劇場 昼夜の公演が同じ場合は 1ポイント ・ランクアップポイントは、ポイント対象を松竹主催公演とし、原則として1公演につき1ポイント加算いたします。 ・同じ月の同じ部を複数回・複数枚ご購入いただいても、カウントは1ポイントとなります。 ・ゴールド会員・特別会員になられましても年会費は変わりません。 資格の有効期間は1年間(1月~12月)です。 (登録期間中に先行販売日のある公演が先行購入対象となります。 ) ・該当公演には、会報誌「ほうおう」の公演案内ページにランクアップポイント対象公演である旨を記載いたします。 ・松竹歌舞伎会でお取り扱いのある公演は会報誌「ほうおう」にてご案内いたしますので、ご確認ください。 さらにNICOSカード特典もご利用いただけます。 「松竹歌舞伎会 NICOS VISAカード」でのカードショッピングのご利用額1,000円ごとに1ポイントが付き、貯まったポイントに応じてご希望の賞品と交換が可能です。

次の

滝沢歌舞伎ZERO

滝沢 歌舞 伎 zero 予約

ご入会いただきますと「松竹歌舞伎会 NICOS VISAカード」が交付され、さまざまな特典がございます。 年会費は3,000円(税別)、入会金はございません。 カードがお手元に届いた当日から、先行発売等の会員特典をご利用いただけます。 11月1日以降のお申し込みの場合、 2020年4月日生劇場「ジョセフ・アンド・アメージング・テクニカラー・ドリームコート」公演の会員先行発売はご利用いただけません。 ご注意ください。 年会費、ご利用可能枠等の詳細についてはをご確認ください。 会員証にクレジット機能を設けている関係上、三菱UFJニコス株式会社での審査がございます。 未成年の方は親権者の同意が必要です。 年会費には三菱UFJニコスの年会費500円(税別)が含まれております。 毎月のご請求内容は、WEB(ご請求額やご利用内容等の照会ページ)でのご案内になります。 選べるご入会方法 オンラインでご入会の場合、オンライン口座のご登録でカード発行まで最短7日! お申し込みいただいた曜日によって変動いたしますが、オンライン入会の場合は、平均して7日~10日程でカードがお手元に届きます。 (入力時にオンライン口座をご登録いただいた場合)松竹歌舞伎会カードでチケットをご購入いただいた際、チケット代金などをお口座から引き落しさせていただくようになります。 入会時に、オンラインにて口座をご登録いただければ、カードは平均7日~10日程でお手元に届きます。 審査状況により10日以上かかる場合もございます。 オンライン口座のご登録がない場合、本人確認書類のご郵送が必要となり、カード発行までに3週間程かかります。 申込書でも、お申し込みいただけます 申込書の必要な方はご観劇の際に劇場係員にお尋ねいただくか、ご郵送ご希望の方は、松竹歌舞伎会事務局(TEL:)までご連絡ください。 また、日生劇場、浅草公会堂などの劇場での松竹主催公演も先行発売をご利用いただけます。 該当公演は、会報誌「ほうおう」と併せて、当サイトでご確認ください。 先行発売期間中はご購入いただけるチケット枚数に制限がございます。 制限枚数は公演毎に異なりますので、必ず事前に会報誌「ほうおう」の公演案内ページなどでご確認ください。 選べる購入方法 インターネットで お電話で• 各会員先行発売日初日のみ10時より受付開始• お電話でのご購入の際、会員番号・お名前・お電話番号等をお伺いいたします。 チケットは郵送(普通郵便)もしくは、切符引取機での引取りとなります。 歌舞伎ファンには見逃せない、俳優インタビューや演目解説など、見どころ満載です。 会員以外の方が「ほうおう」を購読されたい場合は、歌舞伎公演中に限り、歌舞伎座にて販売しております。 加算されたポイント数が登録条件に達すると「ゴールド会員」「特別会員」として1年間自動的にランクアップ登録となり、先行発売日がさらに早まります。 ランクアップポイント対象公演 前年12月~当年11月公演(松竹主催公演) 登録期間 翌年1月1日~12月31日 登録条件 会員種別 ご購入公演ポイント数 ゴールド会員 28ポイント以上 特別会員 14〜27ポイント以上 松竹歌舞伎会会員 13ポイント以下 カウント方法 歌舞伎座 同じ月の公演で昼夜が別演目の場合は、各部ご購入いただくと 2ポイント その他の劇場 昼夜の公演が同じ場合は 1ポイント ・ランクアップポイントは、ポイント対象を松竹主催公演とし、原則として1公演につき1ポイント加算いたします。 ・同じ月の同じ部を複数回・複数枚ご購入いただいても、カウントは1ポイントとなります。 ・ゴールド会員・特別会員になられましても年会費は変わりません。 資格の有効期間は1年間(1月~12月)です。 (登録期間中に先行販売日のある公演が先行購入対象となります。 ) ・該当公演には、会報誌「ほうおう」の公演案内ページにランクアップポイント対象公演である旨を記載いたします。 ・松竹歌舞伎会でお取り扱いのある公演は会報誌「ほうおう」にてご案内いたしますので、ご確認ください。 さらにNICOSカード特典もご利用いただけます。 「松竹歌舞伎会 NICOS VISAカード」でのカードショッピングのご利用額1,000円ごとに1ポイントが付き、貯まったポイントに応じてご希望の賞品と交換が可能です。

次の

2019年2月期 決算短信〔日本基準〕(連結)<9601>松竹

滝沢 歌舞 伎 zero 予約

四半期報告書-第154期第3四半期 令和1年9月1日-令和1年11月30日 提出日: 提出者: カテゴリ: EDINET提出書類 松竹株式会社 E04582 四半期報告書 【表紙】 【提出書類】 四半期報告書 【根拠条文】 金融商品取引法第24条の4の7第1項 【提出先】 関東財務局長 【提出日】 2020年1月14日 第154期第3四半期(自 2019年9月1日 至 2019年11月30日) 【四半期会計期間】 【会社名】 松竹株式会社 Shochiku Co. , Ltd. 63 165. 63 189. 00 益 潜在株式調整後1株当たり四半 (円) - - - 期(当期)純利益 (%) 43. 81 46. 41 44. 27 自己資本比率 第153期 第154期 回次 第3四半期 第3四半期 連結会計期間 連結会計期間 自2018年9月1日 自2019年9月1日 会計期間 至2018年11月30日 至2019年11月30日 5. 62 16. 61 1株当たり四半期純利益 (円) (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移について記載して おりません。 2.売上高には、消費税等は含んでおりません。 3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益につきましては、潜在株式が存在しないため記載しており ません。 4.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期 連結会計期間の期首から適用しており、前第3四半期連結累計期間及び前連結会計年度に係る主要な経営指 標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。 2【事業の内容】 当第3四半期連結累計期間において、当企業グループ(当社及び当社の関係会社、以下は同じ。 )が営む事業の内 容について、重要な変更はありません。 また、主要な関係会社における異動もありません。 なお、文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当企業グループが判断したものであ ります。 また、以下の見出しに付された項目番号は、前事業年度の有価証券報告書における「第一部 企業情報 第2 事 業の状況 2 事業等のリスク」の項目番号に対応したものです。 (7)財政状態に関するリスク 1.当社は、長期借入金として複数の金融機関との間で32億円のシンジケート・ローン契約を締結しておりま す。 この契約には下記の財務制限条項が付加されており、それに抵触した場合には借入金の返済を要請される可 能性があります。 (イ)各連結会計年度及び各第2四半期連結会計期間の末日における連結貸借対照表における純資産の部の金額 を、前年同期比75%以上かつ2015年2月期の純資産の部の金額の75%以上に維持すること。 (ロ)各事業年度及び各第2四半期会計期間の末日における当社の貸借対照表における純資産の部の金額を、前 年同期比75%以上かつ2015年2月期の純資産の部の金額の75%以上に維持すること。 2. 当社は、長期借入金として金融機関5行との間で138億円の金銭消費貸借契約を締結しております。 この契 約には下記の財務制限条項が付加されており、それに抵触した場合には借入金の返済を要請される可能性があり ます。 (イ)各連結会計年度及び各第2四半期連結会計期間の末日における連結貸借対照表の純資産の部の金額を、前 年同期比75%以上かつ2017年2月期の連結貸借対照表の純資産の部の金額の75%以上に維持すること。 (ロ)各事業年度及び各第2四半期会計期間の末日における貸借対照表の純資産の部の金額を、前年同期比75% 以上かつ2017年2月期の貸借対照表の純資産の部の金額の75%以上に維持すること。 3. 当社は、長期借入金として金融機関8行との間で117億円の金銭消費貸借契約を締結しております。 この契 約には下記の財務制限条項が付加されており、それに抵触した場合には借入金の返済を要請される可能性があり ます。 (イ)各連結会計年度及び各第2四半期連結会計期間の末日における連結貸借対照表の純資産の部の金額を、前 年同期比75%以上かつ2018年2月期の連結貸借対照表の純資産の部の金額の75%以上に維持すること。 (ロ)各事業年度及び各第2四半期会計期間の末日における貸借対照表の純資産の部の金額を、前年同期比75% 以上かつ2018年2月期の貸借対照表の純資産の部の金額の75%以上に維持すること。 このような状況下、当企業グループはより一層の経営の効率化を図り、積極的な営業活動を展開いたしました。 以上の結果、当第3四半期連結累計期間は、売上高 73,766 百万円 前年同期比10. 2%増 、営業利益 3,840 百万円 同 32. 6%増 、経常利益 3,557 百万円 同51. 1%増 となり、特別損失 106 百万円を計上し、親会社株主に帰属する四半期 純利益は 2,275 百万円(同58. 3%増)となりました。 セグメントの経営成績は次のとおりであります。 映像関連事業 配給は、 6月公開の「ザ・ファブル」は、原作ファンをはじめ幅広い層に支持され、8月公開の「引っ越し大 名!」は、シニア層に加え、キャストファンの幅広い世代の女性層に支持され、好調な成績となりました。 テレビ制作、映像ソフト、テレビ放映権販売、CS放送事業等は堅調に推移しました。 この結果、当第3四半期連結累計期間の売上高は41,869百万円(前年同期比19. 5%増)、セグメント利益は2,000 百万円(前年同期はセグメント損失64百万円)となりました。 演劇事業 歌舞伎座は、 「三月大歌舞伎」は古典の名作を上演し充実した公演となりました。 「四月大歌舞伎」は歌舞伎界の 重鎮の活躍が目立ちました。 「團菊祭五月大歌舞伎」は尾上菊之助の長男、七代目尾上丑之助の初舞台演目「絵本牛 若丸」などが話題を集め、大盛況となりました。 「六月大歌舞伎」は夜の部で三谷幸喜作・演出「月光露針路日本 風雲児たち」の上演が大きな話題となりました。 「七月大歌舞伎」は夜の部の、「義経千本桜」を基にした通し狂言 「星合世十三團 成田千本桜」や昼の部の「外郎売」が注目を集め大人気興行となりました。 三部制興行「八月納涼 歌舞伎」は、幅広い演目を並べ好評を博しました。 恒例となりました「秀山祭九月大歌舞伎」は高稼働し、「芸術祭 十月大歌舞伎」「吉例顔見世大歌舞伎」も好評となりました。 新橋演舞場は、 3月に多彩な出演者による「トリッパー遊園地」およびOSK日本歌劇団「レビュー春のおどり」 を上演いたしました。 4月、5月は新しく生まれ変わった「滝沢歌舞伎ZERO」を上演し大盛況となりました。 6 月の「熱海五郎一座」では、高島礼子、橋本マナミをゲストに迎え大好評でした。 7月は新橋演舞場に4年ぶりの出 演となった藤山直美の主演作「笑う門には福来たる~女興行師 吉本せい~」を上演いたしました。 8月は新派公演 「京都 都大路謎の花くらべ」およびコメディ作品「ブラックorホワイト?」をお贈りいたしました。 9月は本格的 ミュージカル「ペテン師と詐欺師」が好成績を収めました。 大阪松竹座は、 3月は恒例の関西ジャニーズJr.公演が大盛況となり、4月の「レビュー春のおどり」は、桐生 麻耶トップ披露公演をお贈りしました。 5月の「笑う門には福来たる~女興行師 吉本せい~」公演では、藤山直美 が2年半ぶりに大阪松竹座に復帰しました。 6月の「三婆」公演では、大竹しのぶ、渡辺えり、キムラ緑子、人気3 人の名演技で好成績を収めました。 8月の関西ジャニーズJr.公演は完売の盛況ぶりでした。 9月は 山田洋次監督の映画「家族はつらいよ」の舞台版を「九月新派公演」にて再演し、その大阪版を11月の松竹新喜劇公 演「大阪の家族はつらいよ」として上演し、こちらも好評を博しました。 南座は、 新開場記念の公演が続いており、3月の「坂東玉三郎特別公演」では、坂東玉三郎の美の世界がお客様を 魅了し、5月「京都ミライマツリ2019」は革新をテーマにした新時代のお祭りを創出し、話題となりました。 6 月の新作歌舞伎「NARUTO-ナルト-」および8月の「八月南座超歌舞伎」では、幅広い層のお客様がご来場さ れました。 9月の「九月花形歌舞伎」は好成績を収め、10月の藤山直美主演「喜劇 道頓堀ものがたり」も大きな話 題となりました。 その他の公演は、 日生劇場で5月に「クイーン・エリザベス」、9月に「少年たち To be! 」が上演され好成績を 収めました。 巡業公演では恒例の「四国こんぴら歌舞伎大芝居」が4月に行われ、二代目松本白鸚・十代目松本幸四 郎襲名披露の全国公演が3月、4月に中央コース、6月、7月に東コースとして行われました。 シネマ歌舞伎、METライブビューイングは、堅調に推移しました。 この結果、当第3四半期連結累計期間の売上高は19,718百万円(前年同期比1. 1%減)、セグメント利益は235百万 円(同85. 2%減)となりました。 不動産事業 不動産賃貸は、歌舞伎座タワー、築地松竹ビル(銀座松竹スクエア)、東劇ビル、新宿松竹会館(新宿ピカデ リー)、有楽町センタービル(マリオン)、松竹倶楽部ビル等の満室が続き、昨年秋に竣工の京都松竹阪井座ビルに おきましても満室稼働となり、全体でも高い稼働率で安定収入に貢献しました。 また、各テナントとの賃料交渉にも 誠実に対応し、利益を確保いたしました。 この結果、当第3四半期連結累計期間の売上高は8,311百万円(前年同期比5. 4%増)、セグメント利益は3,738百 万円(同7. 4%増)となりました。 イベント事業は、「有楽町マリオン35周年記念イベント」等が人気を博しました。 キャラクター「かぶきにゃんたろう」プロジェクトにおいては、関連商品の販売が積極的に行われた他、他社への ライセンス活動も積極的に展開しました。 貸衣裳事業、清掃事業及び舞台大道具製作事業は堅調な成績をあげております。 この結果、当第3四半期連結累計期間の売上高は3,866百万円(前年同期比5. 3%減)、セグメント利益は213百万 円(同23. 0%減)となりました。 2) 財政状態の状況 当第3四半期連結会計期間末における総資産は、前連結会計年度末に比べ7,111百万円減少し 、201,233百 万円とな りました。 これは主に 現金及び預金(責任財産限定対象)が減少したこと等によるものであります。 なお、責任財産限定特約付の社債償還及び借入金返済に伴い、その対象となっていた現金及び預金(責任財産限定 対象)、建物及び構築物(責任財産限定対象)(純額)、並びに長期前払費用(責任財産限定対象)は、現金及び預 金、建物及び構築物(純額)、並びに「投資その他の資産」のその他にそれぞれ振り替えております。 負債は、前連結会計年度末に比べ8,275百万円減少し、 107,343 百万円となりました。 これは主に 長期借入金の増加 があったものの、1年内返済予定の長期借入金(責任財産限定)の減少等によるものであります。 純資産は、前連結会計年度末に比べ1,163百万円増加し、 93,890 百万円となりました。 これは主にその他有価証券 評価差額金の減少があったものの、利益剰余金が増加したこと等によるものであります。 3)事業上及び財務上の対処すべき課題 当第3四半期連結累計期間において、当企業グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。 4)研究開発活動 該当事項はありません。 3【経営上の重要な契約等】 当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。 (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】 該当事項はありません。 (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】 資本準備金増 発行済株式総 発行済株式総 資本金増減額 資本金残高 資本準備金残 年月日 減額 数増減数 株 数残高(株) (百万円) (百万円) 高(百万円) (百万円) 2019年9月1日~ 13,937,857 - - 33,018 - 27,935 2019年11月30日 (5)【大株主の状況】 当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。 89 松竹株式会社 四丁目1番1号 計 - 123,800 - 123,800 0. 2.監査証明について 当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2019年9月1日から2019 年11月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(2019年3月1日から2019年11月30日まで)に係る四半期連結財務諸 表について、新創監査法人による四半期レビューを受けております。 LTD. がBHD Media Joint Stock Companyの株式を取得したため、持分法適用の範囲に含めております。 (追加情報) ( 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等 の適用) 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期連 結会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負 債の区分に表示しております。 (四半期連結貸借対照表関係) 保証債務 従業員の金融機関からの借入に対し、下記のとおり債務の保証を行っております。 前連結会計年度 当第3四半期連結会計期間 (2019年2月28日) (2019年11月30日) 住宅資金他 13百万円 12百万円 (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係) 当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。 なお、第3四半 期連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。 )は、次のとおりであります。 全社費用は、主に報告セグメ ントに帰属しない当社の総務部門等管理部門に係る経費であります。 全社費用は、主に報告セグメントに帰属しな い当社の総務部門等管理部門に係る経費であります。 3.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。 前第3四半期連結累計期間 当第3四半期連結累計期間 (自 2018年3月1日 (自 2019年3月1日 至 2018年11月30日) 至 2019年11月30日) 1株当たり四半期純利益 104円63銭 165円63銭 (算定上の基礎) 親会社株主に帰属する四半期純利益 1,437 2,275 (百万円) 普通株主に帰属しない金額(百万円) - - 普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純 1,437 2,275 利益(百万円) 普通株式の期中平均株式数(千株) 13,738 13,736 (注) 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。 (重要な後発事象) 該当事項はありません。 2【その他】 該当事項はありません。 四半期連結財務諸表に対する経営者の責任 経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期 連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。 これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連 結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。 監査人の責任 当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に 対する結論を表明することにある。 当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの 基準に準拠して四半期レビューを行った。 四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施され る質問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。 四半期レビュー手続は、我が国において一般に公 正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。 当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。 監査人の結論 当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当 と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、松竹株式会社及び連結子会社の2019年11月30日現在の財 政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項が すべての重要な点において認められなかった。 利害関係 会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。 以 上 (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報 告書提出会社)が別途保管しております。 2. XBRLデータは四半期レビューの対象には含 まれておりません。

次の