ひとりあやとり 連続。 あやとりで亀からゴムへの連続技をわかりやすく解説

あやとり

ひとりあやとり 連続

1.人差指の代わりに中指を使ってを作る。 2.親指で中指の手前の糸をとり、小指で中指の向こうの糸をとる。 3.親指で小指の手前の糸をとり、小指をはずす。 4.小指で中指の向こうの糸をこえて親指の向こうの2本の糸をとり、親指をはずす。 5.親指で中指の輪をこえて小指の手前の2本の糸をとる。 6.中指(指先部分)で反対の手のひらの2本の糸を左右互いにとる。 「橋」のできあがり。 橋 7.中指の下の輪を上側の2つの輪の外側からそっとはずして(左図)、 はずした輪に中指を上から入れてそのままひっぱる。 このとき中指の上側の2つ輪が自然にはずれて、「かめ」のできあがり。 かめ 8.中指をはずしてひろげる。 (短い紐を使った場合の写真) 9.X字の中央側の糸を図のように人差指と中指(または薬指)でとると「ゴム」のできあがり。 指を動かすとゴムみたいに伸びたり縮んだりする。 ゴム 「橋」や「かめ」を経由せずに「ゴム」を作りたいときは5.のあとで中指をはずせば8.の写真の形のになる。 10.右手の親指と小指にかかっている2つの輪を、左手の親指と小指にそれぞれ移すと、「飛行機」ができる。 (輪のねじれを取り除くように移すこと) 飛行機 :j1, j5, j6, j8, j9 ゴム(簡易型) もっと簡単に作れるゴムも紹介します。 伸縮性は上記のゴムほどではありません。 1.両手の親指と小指に輪を1回転巻きつける。 2.中指で下側の糸をとる。 3.両手を結ぶ糸を親指と小指からはずしたらできあがり。 ゴム(別バージョン) :j5, j6, j9.

次の

あやとり ほうきの簡単なやり方!

ひとりあやとり 連続

1.人差指の代わりに中指を使ってを作る。 2.親指で中指の手前の糸をとり、小指で中指の向こうの糸をとる。 3.親指で小指の手前の糸をとり、小指をはずす。 4.小指で中指の向こうの糸をこえて親指の向こうの2本の糸をとり、親指をはずす。 5.親指で中指の輪をこえて小指の手前の2本の糸をとる。 6.中指(指先部分)で反対の手のひらの2本の糸を左右互いにとる。 「橋」のできあがり。 橋 7.中指の下の輪を上側の2つの輪の外側からそっとはずして(左図)、 はずした輪に中指を上から入れてそのままひっぱる。 このとき中指の上側の2つ輪が自然にはずれて、「かめ」のできあがり。 かめ 8.中指をはずしてひろげる。 (短い紐を使った場合の写真) 9.X字の中央側の糸を図のように人差指と中指(または薬指)でとると「ゴム」のできあがり。 指を動かすとゴムみたいに伸びたり縮んだりする。 ゴム 「橋」や「かめ」を経由せずに「ゴム」を作りたいときは5.のあとで中指をはずせば8.の写真の形のになる。 10.右手の親指と小指にかかっている2つの輪を、左手の親指と小指にそれぞれ移すと、「飛行機」ができる。 (輪のねじれを取り除くように移すこと) 飛行機 :j1, j5, j6, j8, j9 ゴム(簡易型) もっと簡単に作れるゴムも紹介します。 伸縮性は上記のゴムほどではありません。 1.両手の親指と小指に輪を1回転巻きつける。 2.中指で下側の糸をとる。 3.両手を結ぶ糸を親指と小指からはずしたらできあがり。 ゴム(別バージョン) :j5, j6, j9.

次の

あやとり

ひとりあやとり 連続

「公園に連れて行きたいけれど、また雨が降ってきた。 さて今日は、お部屋で何して遊ぼうかな…?」 そんなため息まじりのつぶやきが聞こえてきそうな、梅雨の時期の到来です。 おうちの中で過ごす時間が多いこの時期、昔ながらの「あやとり」に、親子でチャレンジしてみるのはいかがでしょう? ここでは、を紹介します! ひも1本でいろいろな形が作れる、あやとり。 夢中になって遊んだ思い出をお持ちの方も多いと思います。 あやとりは、ある程度指先の器用さが必要なので、上手にできるようになるのは、4~5歳ごろから。 最初は無理をせずに、大人の方が一緒に手伝ってあげて楽しんでください。 「ぱんぱんほうき」 初級編がこちら。 「ぱん」と手を叩くと完成する「ほうき」の作り方を覚えましょう。 コーヒーカップ ひもの動かし方に慣れてきたら「ヒーヒーカップ」にチャレンジ。 もちつき ふたりで楽しめるあやとりをご紹介。 この「もちつき」では、お互いの右手どうし、左手どうしを交互に「ぺったん、ぺったん」とくっつけ合って遊びます。 ひも抜き 指に複雑にからみ合っていたはずのひもをひっぱると、あら不思議!手品みたいにシュルシュシュル〜っと、ひもが抜けて取れてしまう、不思議なあやとり!お子さんをぜひ、ひもを引っ張る係に任命してあげてください。 たった1本のひもから、いろいろな形ができていくのが楽しい「あやとり遊び」。 「昔やっていたけれど、すっかり忘れちゃった」というお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんもぜひ、お子さんと一緒に手を動かしてみてくださいね。

次の