大腸 ポリープ 種類。 大腸内視鏡でのポリープ切除は生命保険の対象になる?

大腸や胃のポリープが癌化する可能性について

大腸 ポリープ 種類

大腸ポリープ• 2019 このページで共有機能を使用するには、JavaScriptを有効にしてください。 結腸直腸ポリープは、結腸または直腸の内側の成長です。 原因 結腸および直腸のポリープはほとんどの場合良性です。 これは、彼らが癌ではないことを意味します。 1つまたは複数のポリープがある場合があります。 彼らは年齢とともにより一般的になります。 ポリープには多くの種類があります。 腺腫性ポリープは一般的なタイプです。 それらは、大腸の内側を覆う粘膜で発達する腺のような成長です。 これらは腺腫とも呼ばれ、ほとんどの場合以下のいずれかです。 結腸の内腔(オープンスペース)から突出している管状ポリープ 腺腫が癌になると、それらは腺癌として知られています。 腺癌は、腺組織細胞に由来する癌です。 腺癌は、結腸直腸癌の最も一般的なタイプです。 他のタイプのポリープは次のとおりです。 過形成性ポリープは、まれにしか発癌しないが、鋸歯状ポリープは、それほど一般的ではないが、時間が経つと発癌する可能性がある 1センチメートル(cm)より大きいポリープは、1センチメートルより小さいポリープよりも癌のリスクが高くなります。 リスク要因は次のとおりです。 大腸がんまたはポリープの家族歴絨毛腺腫と呼ばれるポリープのタイプ ポリープを持つ少数の人々は、以下を含むいくつかの遺伝性疾患にも関連している可能性があります。 家族性腺腫性ポリポーシス(FAP)ガードナー症候群(FAPの一種)若年性ポリポーシス(腸で多くの良性増殖を引き起こす疾患、通常20歳以前)リンチ症候群(HNPCC、多くの種類のがんの可能性を高める疾患、腸を含む)Peutz-Jeghers症候群(通常は小腸で、通常は良性の腸ポリープを引き起こす疾患) 症状 通常、ポリープには症状はありません。 存在する場合、症状には以下が含まれます。 便中の血液排便習慣の変化時間の経過に伴う失血による疲労 試験と試験 医療提供者が身体検査を行います。 直腸検査では、直腸に大きなポリープが感じられることがあります。 ほとんどのポリープは、次のテストで発見されます。 バリウム注腸(まれにしか行わない)大腸内視鏡検査S状結腸鏡検査隠された(オカルト)血液の便検査仮想大腸内視鏡検査 処理 大腸ポリープは、癌になる可能性があるため、除去する必要があります。 ほとんどの場合、大腸内視鏡検査中にポリープを取り除くことができます。 腺腫性ポリープのある人には、将来新しいポリープが現れる可能性があります。 通常、1〜10年後に大腸内視鏡検査を繰り返します。 あなたの年齢と健康状態ポリープの数ポリープの大きさと種類ポリープまたはがんの家族歴 まれに、ポリープが癌に変わる可能性が非常に高いか、大腸内視鏡検査中に切除するには大きすぎる場合、プロバイダーは結腸切除術を推奨します。 これは、ポリープのある結腸の一部を切除する手術です。 見通し(予後) ポリープが除去される場合、Outlookは優れています。 切除されないポリープは、時間が経つと癌になる可能性があります。 医療専門家に連絡する場合 次の場合はプロバイダーに連絡してください。 排便中の血液排便習慣の変化 防止 ポリープを発症するリスクを減らすには:• 脂肪の少ない食べ物を食べ、果物、野菜、繊維をより多く食べる。 喫煙をしないで、アルコールを過剰に飲まないでください。 通常の体重を維持してください。 プロバイダーは、大腸内視鏡検査または他のスクリーニング検査を注文できます。 これらの検査は、癌になる前にポリープを見つけて除去することにより、結腸癌の予防に役立ちます。 これにより、大腸がんを発症する可能性が減るか、少なくとも治療可能な段階で発見できるようになります。 ほとんどの人は50歳でこれらの検査を開始する必要があります。 より早い年齢またはより頻繁に。 アスピリン、ナプロキセン、イブプロフェン、または同様の薬を服用すると、新しいポリープのリスクを減らすのに役立つ場合があります。 これらの薬は長期間服用すると深刻な副作用を引き起こす可能性があることに注意してください。 副作用には、胃や結腸の出血や心臓病が含まれます。 これらの薬を服用する前に、プロバイダーに相談してください。 別名 腸ポリープ; ポリープ-結腸直腸; 腺腫性ポリープ; 過形成性ポリープ; 絨毛腺腫; 鋸歯状ポリープ; 鋸歯状腺腫; 前癌性ポリープ; 大腸がん-ポリープ; 出血-大腸ポリープ 画像• 大腸内視鏡検査• 消化器系 参照資料 アメリカ消化器病学会。 大腸がん(CRC)および腺腫性ポリープの臨床的意思決定支援ツールの早期発見。 胃腸病学。 2014; 147(4):925-926。 PMID:25151575 www. ncbi. nlm. nih. Itzkowitz SH、ポタックJ. 結腸ポリープおよびポリポーシス症候群。 10版 フィラデルフィア、ペンシルベニア州:エルゼビアサンダース; 2016:第126章。 リーバーマンDA、レックスDK、ウィナワーSJ、ジャルディエッロFM、ジョンソンDA、レビンTR。 大腸がんに関する米国多学会タスクフォース。 スクリーニングおよびポリペクトミー後の大腸内視鏡検査サーベイランスのガイドライン:結腸直腸癌に関する米国多学会タスクフォースによるコンセンサスの更新。 胃腸病学 y。 2012; 143(3):844-857。 PMID:22763141 www. ncbi. nlm. nih. National Comprehensive Cancer Networkウェブサイト。 腫瘍学におけるNCCN臨床診療ガイドライン(NCCNガイドライン):結腸直腸癌スクリーニング。 バージョン2. 2019。 www. nccn. pdf。 2019年8月2日更新。 2019年9月25日アクセス。 レックスDK、ボーランドCR、ドミニッツJA、他 大腸がんのスクリーニング:大腸がんに関する米国多学会タスクフォースの医師と患者に対する推奨事項。 J胃腸病です。 2017; 112(7):1016-1030。 PMID:28555630 www. ncbi. nlm. nih. ビデオ.

次の

よく聞く「ポリープ」って何? 取る、取らないの判断基準とは

大腸 ポリープ 種類

【検査】 大腸ポリープはがんとは違うの? 大腸ポリープとは? 大腸ポリープとは、大腸の粘膜から発生するイボ状のできもののことです。 大腸ポリープは、大きく腫瘍性と非腫瘍性に分類されます。 腫瘍性のうち、悪性のものが、いわゆるがんです。 良性のものは腺腫(せんしゅ)と呼ばれ、大腸ポリープの約8割が腺腫といわれています。 腺腫は、何らかの刺激を受けてがん化することがありますが、まだはっきりとした原因は解明されていません。 一方、非腫瘍性の大腸ポリープには、炎症を伴う病気から起こる炎症性ポリープや、年をとるとほとんどの人にみられる過形成性ポリープなどがありますが、いずれもがん化することはほとんどありません。 大腸ポリープの種類 腫瘍性 ・悪性=がん ・良性=腺腫(がん化する可能性がある) 非腫瘍性 ・炎症性 (炎症を伴う腸の病気から起こる) ・過形成性 (老化現象によって起こる) など 内視鏡による大腸ポリープの切除 ある程度以上の大きさの大腸ポリープが見つかった場合は、内視鏡治療で切除するのが一般的です。 内視鏡治療には、いくつかの方法があり、どの方法で行われるかは、大腸ポリープの大きさや形状、実施する医療機関などによって異なります。 切除したポリープが腫瘍性だった場合には、別の場所にも大腸ポリープができる可能性があるため、定期的に内視鏡検査を受けることが大切です。 一方、大腸ポリープが小さい場合は、定期的に検査を受けて経過をみます。

次の

内視鏡で見る大腸の病気写真

大腸 ポリープ 種類

ポリープが発見されたら、それが放置してよいもの(非腫瘍性)か、治療する必要があるもの(腺腫など)かを確認します。 これには無害な青い色素を病変に散布して内視鏡で観察する「色素内視鏡検査」という方法が用いられます。 また、表面の構造がわかりやすくなる特殊な光を当てる内視鏡で病変を拡大して観察する方法が用いられることもあります。 治療が必要と判断された場合は、次にその病変が良性の腺腫か、がんを含む病変(腺腫内がん)かを鑑別します。 内視鏡で拡大観察することである程度の鑑別はできますが、原則的には病変を切除して、その組織を顕微鏡で確認する(病理組織検査)ことで最終的な診断が行われます。 ほとんどの病変は内視鏡による治療のみで完了します。 手術が必要と判断された場合には、外科手術による治療を行います。 Q5 大腸ポリープの内視鏡治療について教えてください 内視鏡によりポリープやがんを治療する方法にはいくつかの種類があります。 代表的なものとしては、「ポリペクトミー」、「内視鏡的粘膜切除術(EMR)」、「内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)」といわれるものがあります。 これらは病変の形や大きさに応じて使い分けられます。 ポリペクトミー ポリープの茎にスネアという金属性の輪をかけて、高周波電流を流して切り取ります。 茎のある形のポリープに用いられます。 EMR 粘膜の下に薬液を注入し、病変を持ち上げ、スネアをかけて切り取ります。 茎のない平坦な形のポリープに用いられます。 ESD 粘膜の下に薬液を注入し、専用の電気メスで病変の周囲の粘膜を切開し、病変を少しずつ剥離して切除します。 大きな病変や、薬液で病変が持ち上がらないときなどに用いられます。 Q6 どのような大腸ポリープが内視鏡治療の適応でしょうか? 一般的には「径6mm以上の良性のポリープ」と「リンパ節への転移の可能性がほとんどなく内視鏡を使って一括で切除できるがん」が内視鏡治療の適応となるポリープです。 ただし、径5mm以下の良性腫瘍でも、平坦あるいはへこんだ形のものや、がんとの区別が難しい場合には内視鏡治療の適応となります。 直腸やS状結腸でよくみられる白色の径5mm以下の多発するポリープ(過形成性ポリープ)は経過観察で大丈夫です。 良性腫瘍(腺腫)やがんが粘膜だけにとどまる場合には、リンパ節への転移はありませんので、病変を切除することで治ります。

次の