インビザライン 抜歯。 インビザライン治療で抜歯したところを目立たなくする方法

上下抜歯でインビザラインで治療した症例(重度の叢生)

インビザライン 抜歯

インビザライン矯正を始める前に一番怖いのが「抜歯」ではないでしょうか。 私の場合は片方の歯が出っ歯なのですが、抜歯をするならインビザライン矯正を辞めたいと思うぐらいした。 なのでインビザライン矯正をする人は、抜歯するかどうかかなり気になるところではないかと思います。 ここではインビザライン矯正で抜歯をする人と抜歯をしない人などについて書いていきたいと思います。 スポンサーリンク インビザライン矯正は抜歯・非抜歯が選べる インビザライン矯正を行っているクリニックにもよりますが、歯列矯正をする際は先生から歯の説明の際に抜歯をする場合、歯を抜歯するやり方で行うのか、非抜歯で行うのかについて聞かれます。 強引に抜歯するという先生もいるかもしれませがん、大概は歯を抜くかどうかは聞かれると思います。 インビザラインの場合歯の計画を立てていく必要があり、インビザラインのマウスピースが作られる前の早い段階で抜歯か非抜歯で進めるのには計画を立てる必要があるからです。 インビザライン矯正で抜歯が必要な人のタイプ 私の場合は出っ歯だったので、インビザライン矯正でも『抜歯』を推奨されました。 そもそも抜歯をしないと、出っ歯が入るスペースがないのできれいな歯並びにはなれないとのことでした。 親知らずの歯を抜けばスペースができると思っていたのですが、インビザラインなど矯正される方が結構勘違いされる方が多いんですが、じつは矯正に親知らずは全く関係がなかったりします。 そのため親知らずの歯を抜歯しても、出っ歯をしまうスペースができるというわけではないんです。 きれいな健康的な歯を抜歯するのはとても抵抗がありますよね。 ただし出っ歯や歯を入れるスペースがない歯並びの人は、抜歯をしないでインビザライン矯正をしてもきれいな思い通りの歯にはならないのだそうです。 また抜歯をしない場合だとかなり時間がかかるらしく、成功するかどうかも微妙なのだとか。 それに無理やり引っ込ませても、歯はすぐに自分がいた場所に戻ろうとするので出っ歯に戻ってしまう可能性も高いのだとか。 抜く歯は健康に影響の少ない犬歯の隣の4番目の歯を抜歯するのですが、健康の歯を抜くのはとても抵抗がありますよね。 抜歯をするとかみ合わせなど気になりますが、特に4本目の抜歯するはかみ合わせなど健康には影響がでないそうです。 本来は少し出っ歯だったりすれば、歯を削りスペースをあければ抜歯を済まなくて良いとされています。 しかし私の場合は、全く歯を入れるスペースがなく、満員電車で飛び出た人のような歯なのでキレイな歯並びをするならば抜歯はやむを得ない状態でした。 なので思い切って、抜歯を選択したんです。 インビザライン矯正で抜歯をした感想 インビザライン矯正の抜歯をしてから8か月以上が立ちましたが、特に抜歯をして健康被害など特に不自由なことはまったくありません。 しいて書けば歯が2本隙間があいているので、見栄えはやや違和感があります。 ただしこの開いた部分に前歯が引っ込み、徐々に歯が埋まっていくので違和感がある反面、歯が動いていく姿を見るのは楽しみでもあります、 ちなみにキレイな歯を抜歯すると痛いのかなと思ったりするかもしれませんが、4本目の歯を2本抜くのは全くいたくなく1分程度で抜くことができます。 歯を抜くタイミングはインビザライン矯正が始まり、マウスピースをはめた1週目~2週目に抜歯を行うことが多いです。 健康な歯を抜くのは引け目を感じますが、抜いても別に痛くもないですし、物が噛みづらいとかも全くないです。 私は抜歯したおかけで、前歯の出っ歯が少しずつですが下がってきているのを実感しています。 最初は怖いのですが抜歯してみると最初はショックですが、時間がたつにつれてどうでもよくなってきます。 ちなみに健康な歯を2本抜くのはいいのですが、ショックなのは2本目の抜歯が保険適法せずに5000円ぐらいかかってしまったことです。 健康な歯を抜歯する初体験をしましたが、抜いてみるとどうってことないですし、あとから抜歯をせずにやらないでキレイな歯並びにならなかった方が後悔しそうだったので今では抜いて良かったと思います。 ただし健康な歯の抜歯なので、インビザライン矯正の先生とはよく相談したり、説明を聞いたうえで判断はした方はいいですし、心配事や怖いことなど全部暴露はしたほうがいいですよ。 インビザライン矯正の先生も「絶対に抜歯した方がいい!」とは強制的には言いませんが、仕上がり具合は保証はできないとは言ってくるかもしれません。 はじめましてきょうこと言います。 アラサーです。 このブログでは、歯科矯正のインビザラインの体験記録やインビザラインを始めるまでの様々なことを書いています。 2018年4月から歯科矯正を始めました。 ただいま矯正中・・・。 終了まで約2年以上の長い戦いに。 ちなみに前歯出っ歯の凸凹歯なので2本抜歯済みです。 抜歯有のブログを書いています。 2019年8月時点、順調にきていています。 もしかしたら順調に進んでいるので、やり直しがない可能性と先生から言われました。 (1度もリテーナーなし可能性大) NEW!2019年10月、まさかのやり直し決定(笑)でも出っ歯はかなりへっこんで、結構キレイになってきました。 気に入っていただければぽちりしていただけると嬉しいです。

次の

インビザラインでありがちな失敗例5種

インビザライン 抜歯

矯正治療では、治療のために抜歯が必要になってくる場合もありますが、抜歯した箇所が目立ってしまうのは嫌ですよね。 矯正治療を行うにあたって、一番頭を悩ませるポイントが、抜歯に関する事ではないでしょうか。 インビザライン治療は、他の矯正方法と比べて、目立ちづらいというところがメリットなので、検討されている方の中で、抜歯箇所の見た目を心配される方も多いかもしれません。 カウンセリングの際等にご質問を受ける事も多いのですが、インビザライン治療では、治療に使用するマウスピースを使って抜歯した箇所を極力目立たなくする事が出来ます。 矯正治療は行いたいが、抜歯した所が目立つのが不安という方は是非読んでみて下さい。 また、抜歯をしないで矯正していく方法についても、後半で少し触れていますので、治療のご参考になれば幸いです。 なぜ矯正するにあたって抜歯が必要となるのか 歯並びが悪くなってしまっている理由として、顎の大きさと比べて歯が大きすぎるため、全ての歯が正常な位置に並ぶ事ができず、致し方なく変な位置に歯が生えてしまい、結果的に歯並びががたついてしまっているというケースがあります。 その様な場合に、大きな歯を無理やり綺麗な並びにしようと思うと、顎のアーチに比べて歯が並んでいるアーチが大きくなるため、必然的に顎から歯が飛び出たような並びになってしまい、見た目が損なわれてしまいます。 歯並びは凄く綺麗になったけど、歯が前に飛び出している。。。 そんな状態は嫌ですよね。 そのため、歯の本数を少なくして、顎の大きさに合わせて必要なスペースを作ってやり、現在の顎の大きさに適切な位置に歯を並べてやるという方法が取られます。 抜歯箇所を目立たなくする方法 以前は、マウスピースを使った矯正方法は、抜歯を伴う治療が難しいという特徴がありました。 しかし、現在のインビザライン治療では、歯の表面にアタッチメントという突起物を付け、それをマウスピースで掴んで歯を動かすという方法をとる事によって、抜歯を伴う矯正治療も適切に行う事が可能となってきました。 そこで、抜歯箇所を目立たなくする方法ですが、抜歯箇所のマウスピースに下の写真のような、歯と同系色のポンティック(プラスチックの仮歯)を入れる事が出来ます。 マウスピースを装着していると、マウスピース表面の反射も相まって、ポンティックが付いている事によって、抜歯箇所が非常に目立ちづらくなります。 抜歯箇所は通常、前から4番目や5番目の歯が選択される事が多く、このような処置をする事によって、かなり注意深く口元を凝視されない限りは、ほとんど分からないレベルかと思われます。 抜歯箇所は治療の進行と共に徐々に詰まっていきますので、隙間が無くなるとポンティックを付ける事も無くなります。 そもそも抜歯しないという選択 抜歯箇所を目立たせない方法があると言っても、抜歯には恐怖感も伴いますので、今回のタイトルからは離れますが、抜歯しないで矯正治療を行う方法も簡単にご紹介しておきますね。 歯を削ってスペースを作る 歯の両サイドをわずかに削ってやり、歯を並べていくという方法があります。 問題なく削る事が出来る量というのはごく僅かであるため、歯自体の見た目はほとんど変化ありません。 削る箇所は、必要なスペース量に応じて全体的に行っていくイメージとなります。 削るとなると、しみる等の不具合をご心配される方が多いかと思いますが、削る部分は、歯の表面にあるエナメル質と呼ばれる石のような層の一部のみとなるため、歯の機能が損なわれるといったご心配はいりません。 削った際に、まれにしみを感じる方もいらっしゃいますが、一時的な痛みとなりますので、すぐに治まります。 抜歯するよりも心理的なハードルも低く、よいイメージがありますが、歯を削れる量はごく僅かであるため、がたつきの程度によっては、この方法では歯が並びきらない場合もあります。 検討してみたい方は、カウンセリングの際に先生へ聞いてみましょう。 歯を後ろに下げる やはり自身の歯を削ったり抜いたりする方法は避けたいという場合には、歯を後ろに下げて、適切な位置に並べるスペースを作るという方法もあります。 他のワイヤーを使った矯正方法では行う事が出来ないのですが、マウスピースを使った治療は、歯を後ろへ下げてやるという事が、比較的得意な方法です。 歯を傷つける事無く、歯並びを改善できるというメリットがありますが、デメリットもあります。 後ろに下げるというのは、並んだ歯をいっぺんに後ろにずらしていくという事は出来ず、奥歯から順々に横へ移動させていくというイメージで動かしていく事となります。 歯をずらすというのは、歯の角度を変えるような動きと比べてとても大きな動きになり、非常にゆっくりとしたペースでしか進まないため、複数本動かすとなると、かなり時間がかかってしまいます。 そのため、歯を抜く(もしくは削る)方法と比較して、矯正治療期間が長くしまう場合があります。 また、親不知があると、歯を後ろへ移動させる事が出来ないため、親不知がある方は、事前に抜いておく必要があります。 親不知の抜歯が怖いという方は、お薬を使って、眠っている間に抜歯を行う方法もあります。 こちらは、当院では対応が出来ませんが、対応可能な大きな病院をご紹介する事も可能ですので、ご相談いただければと思います。 治療料金について 最後に治療料金についてもご説明しておきます。 これまで、抜歯箇所を目立たなくさせる方法、抜歯しない方法として削る等の治療をご紹介してきましたが、当院のインビザライン治療では、これらは治療代金の中に含まれておりますので、どの様な方法で治療する場合であっても、料金に変わりはありません。 (親不知の抜歯は、矯正治療とは別の保険治療として行われる事となりますので、別途治療費がかかります。 ) 但し、医院によってはそれぞれの処置に治療費が設定されている場合もありますので、トラブルにならないためにも、念のため料金は確認を取っておきましょう。 抜歯箇所の見た目はそれほど心配する必要がないかも 矯正治療を検討されている方で、抜歯を伴う事への抵抗感で二の足を踏んでしまっている方も多いのではないでしょうか。 もしも抜歯に伴う見た目のみが気になっているのであれば、当院で実際に抜歯を伴う矯正治療を行われている患者様の実態を踏まえても、それはそれほど心配されなくてもよいかもしれません。 抜歯箇所を目立たなくする方法や、削る方法、抜歯しない方法等、ご提案できる治療方法もございますので、何はともあれ一度ご相談してみる事をお勧めします。 当院への治療ご相談はこちらからからどうぞ。 インビザライン治療をご希望の方は、その旨を記載していただけると幸いです。

次の

インビザラインの弱点とは〜矯正歯科医が教える7つのデメリット

インビザライン 抜歯

歯の矯正は決して安くはありませんし、期間もそれなりにかかります。 もちろん症状や方法によって変わってきますが、きっと多くの方が一大決心をしてはじめられることでしょう。 だからこそ絶対に失敗したくないですよね。 そこで今回は、失敗しないクリニックの選び方をご紹介します! インビザライン治療は矯正歯科医なら誰でもできる? インビザラインの治療には専門的な知識や経験が必要になります。 そのため矯正医なら誰でも行えるというわけではありません。 インビザライン治療を行えるのはインビザライン認定医のみです。 そしてインビザラインの開発・製造元である米国アライン・テクノロジー社(以下、「アライン社」)は、症例数に応じて、インビザライン認定医のランクを設定しています。 症例数が多い医師がいるというのも、クリニック選びの1つのポイントになるのではないでしょうか。 ・ブロンズ・プロバイダー:インビザラインの症例数が年間:1~10症例 ・シルバー・プロバイダー:インビザラインの症例数が年間:11~20症例 ・ゴールド・プロバイダー:インビザラインの症例数が年間:21~50症例 ・プラチナ・プロバイダー:インビザラインの症例数が年間:51~80症例 ・プラチナエリート・プロバイダー:インビザラインの症例数が年間:81~150症例 ・ダイヤモンド・プロバイダー:インビザラインの症例数が年間151~400症例 インビザラインはどんな歯でも矯正できる? 基本的には、ワイヤー矯正で治療可能な症状であればインビザラインの治療対象となる可能性が高いです。 症状によっては、期間を短縮するために、かぶせものや他の矯正装置との併用を勧められることもあるようです。 インビザラインでは軽度の治療しかできないと思われている方も多いようですが、そんなことはありません。 他のマウスピース矯正(インビザライン以外の)に軽度な治療に適したものが多いため、そのように誤解されているのかも。 また、インビザラインにも様々な種類があり、軽度~重度まで症状に合わせて選ぶことができます。 もちろん診断を受けなければ確かなことはわかりませんが、インビザラインは多くの症状に対応しています。 まずは歯科医に相談してみましょう。 インビザラインで矯正できない歯とは? 骨格的な問題による不正咬合は、外科矯正治療が必要になるため、ワイヤー矯正やインビザラインだけで治療することはできません。 骨格的な問題がなければ、基本的にはインビザラインの治療対象となるケースが多いです。 インビザラインの失敗例 インビザライン治療の失敗例として最も多いのは、マウスピースの装着を忘れたりサボったりして、歯が予測通りに動かないというものです。 矯正期間が長引いたり、クリニックニよっては治療費が高くなることもあります。 インビザラインで矯正を行う際は、治療開始前に歯をどう移動させるかや、治療完了後の状態をコンピューターグラフィックで予測します。 それに従って治療を進めていくため、経験豊富な歯科医の指導通り治療を行っていれば、予測したように治るはずです。 しかし稀に、経験が浅い医師のもとで治療を行うと、最初の診断や設計そのものが適切でないケースもあるようです。 その場合はいくら一生懸命マウスピースを装着していても、希望通りの歯並びにならないこともあるみたい……。 クリニック選びは肝心です。 インビザライン矯正で失敗しないために大切なポイント 下記2つのポイントを押さえておけば、失敗は防げると思います。 ・腕のいい歯科医がいるクリニックを選ぶ(インビザラインの症例数が多い、インビザラインをメインで行っているなど)。 ・歯科医から指導されたマウスピースの装着時間を守る。 インビザラインの失敗談(口コミ) インビザライン矯正を検討中の方なら、一度は「インビザライン 失敗」というキーワードでネット検索をされたことがあるのではないでしょうか。 「インビザラインを検討中ですが、失敗はありますか?」などと質問されている方も多いです。 そのためたくさんの記事がヒットしますが、よく調べてみると実際にインビザラインで失敗をしたという内容の書き込みは多くありません。 それでもマイナスの感想も聞いたうえで判断したいというという方のために、インビザラインに対する良くない感想を集めてみました。 『インビザラインで矯正中です。 不信感がつのり、転院も視野に入れている状況です』(Kさん) 不信感の理由 ・説明が少なく、次の治療内容や持ち物について教えてもらえない。 ・アライナーの不良品について相談したところ、私(患者)の管理が悪いとの一点張りで、取り合ってくれない。 (アライナーの不良は2回目) ・歯科医の態度が傲慢ですぐに怒る。 引用元: 『インビザライン2年目です。 今年の夏くらいに終了と聞いていたんですが前歯がずれているのであとどれくらいかかるのか先生に聞いたところ「あなたが細かい事を言わなければこっちはいつでも終われる」と言われました。 細かいこと?100万近くもお金をかけているのに完璧に綺麗にならないなんておかしいと思いませんか?』(Bさん) 引用元: 『インビザラインをしているものです。 上の4番を抜歯しました。 1~50まで私はインビザラインがあるのですが現在45です。 ですが抜歯した歯の隣の左の5番がずれてしまって3番(八重歯)~一番奥までワイヤーで矯正した方がいいと言われました』(匿名) 引用元: 『私は受け口で歯列矯正をして、器具をつけて2ヶ月経ちます。 まだ調整は1度も行なっていません。 そこで前歯2本のうち一本だけが前にでてきて下の歯より前にでてきたのですが、もう一本の前歯はまだ矯正前のままです。 この状態が本当に嫌です。 矯正失敗されてるってことはありませんよね?』(匿名) 引用元: インビザラインとワイヤー矯正の併用について インビザラインと他の矯正装置を併用することはありますが、インビザラインとワイヤーを同時進行で用いることはありません。 しかし前半にワイヤー矯正を行い、後半にインビザラインで調整するというやり方はあるそうです。 インプラントアンカーを使う矯正との併用症例は少ない インプラントアンカーとは、チタン合金でできた小さなネジのような装置です。 歯茎に埋め込み固定源として他の歯を引っ張り動かします。 インビザラインとインプラントアンカーとの併用症例は少ないようです。 クリニック選びのポイント インビザライン矯正を検討しているのであれば、ワイヤー矯正とインビザラインを両方行っていて、どちらかというとインビザラインをメインに行っているクリニックに相談するのがおすすめです。 インビザラインとワイヤーとでは、ワイヤーの方が圧倒的に原価が安いのです。 ですからインビザラインの良さを熟知していなければ、クリニック側の利益が大きいワイヤー矯正を勧める歯科医が多いからなのだとか。 また、インビザライン矯正の症例数も重要なポイントです。 インビザラインは、歯科医の診察と処方をアライン社の3Dシミュレーションソフト(クリンチェック)と組み合わせることで、歯並びを理想的な状態へ導く矯正装置です。 ですから、いくらアライン社のクリンチェックが優れていても、歯科医の診察が正確でなければ良い結果が出ません。 だからこそ、経験豊富な歯科医のいるクリニックを選ぶことが重要なのです。 そして、通常の虫歯治療も行っているクリニックなら尚良いです。 もし矯正中に虫歯になってしまっても、虫歯治療のために別のクリニックに足を運ばなくて済むからです。 手間がかからないだけではなく、矯正治療のことを把握している歯科医に虫歯治療も任せることができるので安心なのです。 【クリニック選びのポイントは3つ】 ・インビザライン矯正をメインで行っている。 ・インビザライン矯正の症例数が50件以上ある。 ・虫歯治療も行っている。 まとめ 腕のいい歯科医の元で治療を受けること、マウスピースの装着時間を守ることができれば、納得のいく治療効果を得られるはずです。 理事長 龍 信之助 当院では、透明なマウスピースによる見えにくい矯正(・アソアライナー・スマイルトゥルー)を中心とした矯正治療を行っています。 一般歯科も行っているため、より早くきれいな歯並びを手に入れるためのかぶせものを併用した矯正や、矯正期間中のクリーニング、ホワイトニング、虫歯の治療ももちろん可能です。 モデルさんも選んでいる見えにくい矯正装置。 道端ジェシカさんに、でも当院をご紹介いただきました! あなたもぜひ、見えにくいマウスピース矯正できれいな歯並びを! 最寄駅:虎ノ門・神谷町・霞ケ関・内幸町・新橋町 診療日:月:10:00〜13:30/14:30〜19:00 火:10:00〜13:30/14:30〜22:00 水:10:00〜13:30/14:30〜19:00 金:10:00〜13:30/14:30〜21:00 土:10:00〜13:30/14:30〜18:00 【フリーダイヤル】 最寄駅:水天宮前・人形町・浜町 診療日:月・火・水・金・土:10:00〜13:30/14:30〜19:00 【フリーダイヤル】 1 個のコメント•

次の