ハワイ コロナ 状況。 【新型コロナウイルス】ハワイ・ホノルルの現状!サーフィンはOK?(2020年4月8日現在)

コロナウイルス状況・アメリカ・ハワイ・旅行はいつできる?

ハワイ コロナ 状況

2020年はゴールデンウィークは100%不可能、夏休みもほぼ無理であろうという状況です。 ワクチンや集団免疫にかかる期間を踏まえると、年内は厳しい可能性もあります。 過去の重要ニュース (ハワイ時間2020年3月17日) 入国制限・渡航情報(日本からハワイへ) ハワイを含むアメリカ全土に外務省の渡航中止勧告が出ています。 日本からハワイ州に到着した場合には、14日間の自己隔離が義務付けられています。 8月1日開始の事前検査プログラムは現時点で日本には関係がありません。 陰性の場合でも14日間は自宅・ホテル等での待機要請、また公共交通機関の利用を避けるよう要請が出ています。 【国際線】JAL(日本航空) 【国際線】ANA(全日空) 【国際線・国内線】ハワイアン航空 【国際線】デルタ航空 2020年夏季スケジュール中の10月24日出発分まで予約・販売取りやめ 【国際線】ユナイテッド航空 【国際線】エアアジアX 3月28日から6月30日まで日本発着路線は全便運休 関西=ホノルル線は7月31日出発分まで予約・販売を取りやめ 【国際線】大韓航空 【国際線】その他の航空会社 旅行会社 【ツアー】JTB 【ツアー】HIS 【ツアー】ジャルパック 【ツアー】ANA 【ツアー】近畿日本ツーリスト 交通 出入国制限や外出制限により一部のサービスが中止、減便となっています。 【オアフ島】TheBus(路線バス) 夜間に消毒作業を実施 【オアフ島】ワイキキトロリー イエローライン(ホノルル・ダイニング・エクスプレス)を運休 その他の路線で5月31日まで運行スケジュールを調整 【ハワイ島、マウイ島、カウアイ島】ロバーツハワイ(Roberts Hawaii) コナ空港シャトル、マウイ空港シャトル、カウアイ空港シャトルを運行中止 【カウアイ島】ノースショア・シャトル 3月17日から5月31日まで運休 【マウイ島】ハナ・ハイウェイ(360号線) 3月18日から住民のみ通行可(カパカルア・ロードから東側、ハナへの観光アクセスを遮断) ビーチ 【オアフ島】ビーチパーク ワイキキビーチやアラモアナなど一部のビーチパークが閉鎖 【オアフ島】 ハナウマ湾のビーチエリア 【ハワイ島】ハワイ島のビーチ 【カウアイ島】ビーチパーク 観光スポットの休業 ハワイ州内の観光施設でも新型コロナウイルスへの感染拡大防止のため、臨時休園やイベントの中止などが発生しています。 【すべての島】州立公園 (マカプウ・ライトハウス・トレイル、ハプナビーチ、アカカ滝、イアオ渓谷も対象) 【オアフ島】ホノルル動物園、市立植物園 (動物園は大雨のため3月17日~18日も臨時休園) 【オアフ島】ポリネシア・カルチャー・センター 【オアフ島】シーライフ・パーク・ハワイ 【オアフ島】クアロア・ランチ(クアロア牧場) 【オアフ島】 3月18日から営業時間を10時~16時に短縮 【オアフ島】 3月19日から4月1日まで臨時休園 【オアフ島】 3月18日から臨時休業 【オアフ島】パール・ハーバー(真珠湾) 臨時休業 【オアフ島】 臨時休館 【オアフ島】 3月17日17時をもって臨時休館 【オアフ島】 臨時休館 【オアフ島】 3月16日から臨時休館 【オアフ島】ハワイ大学ライアン植物園 3月19日から臨時休園 【オアフ島】 ハワイ・チルドレンズ・ディスカバリー・センター 3月15日から3月30日まで臨時休館 【オアフ島】ハワイ・レールウェイ(エバ~コオリナ・リゾート) 運転中止 【オアフ島】 3月中旬から約2ヶ月、一般の集会を中止 【オアフ島】 大雨の影響で通行止め 【オアフ島】ホノルル市立公園、プール、ゴルフコース 4月30日まで閉鎖 【ハワイ島】キラウエア・ビジター・センター(ハワイ火山国立公園) 【ハワイ島】マウナケア・ビジター・インフォメーション・ステーション 【ハワイ島】 3月17日から3月31日まで一般公開を中止 【ハワイ島】 臨時休館 【ハワイ島】 3月14日から臨時休館 【ハワイ島】プウホヌア・オ・ホナウナウ国立歴史公園 3月19日から一時閉園 【ハワイ島】カロコ・ホノコハウ国立歴史公園 3月19日から一時閉園 【マウイ島】ハレアカラ火山国立公園 3月21日から山頂エリアを一時休園 【マウイ島】 3月18日から臨時休業 【モロカイ島】 カラウパパ国立歴史公園 ショップやモールの営業時間短縮 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、多くの人が集まるファーマーズマーケットや大型ショッピングセンター、屋内施設では開催中止や営業時間を短縮する動きがみられます。 ハワイ滞在中に症状。 海外メディアでは、利用したハワイアン航空便名、デルタ航空便名を公表。 2020年3月6日(金) ハワイ州で初の感染者。 クルーズ船「グランド・プリンセス号」に乗船後、ハワイに戻り症状を確認。 2020年3月8日(日) オアフ島で1名が陽性。 本土への渡航歴があり、ハワイに戻ったあとに症状を確認。 州内で2人目。 2020年3月14日(土) カウアイ島を訪れている2名が陽性(本土からの旅行者でマウイ島にも滞在)。 州内で3、4人目。 2020年3月15日(日) オアフ島で2名(いずれも本土へ渡航歴)、マウイ島で1名(エアカナダの客室乗務員)が陽性。 州内の感染者数は7名に。 2020年3月16日(月) ハワイ州内で初めて渡航歴のない住民が陽性。 オアフ島のクアロア・ランチ従業員。 2020年3月17日(火) ハワイ島で初の感染者。 州外からの訪問者で、ハワイ島ヒロのホテルで自己隔離。 州内の感染者数は14名に。 2020年3月19日(木) 州内の感染者数は26名に。 ハワイ州上院議員や俳優にも陽性者。 マウイ島がドライブスルー型の検査を翌週から実施予定。 2020年3月20日(金) 州内の感染者数は37名に。 渡航歴のない感染が増えており、ローカル・コミュニティでの市中感染に懸念。 2020年3月21日(土) 州内の感染者数は48名に。 オアフ島35、マウイ島7、カウアイ島3、ハワイ島3。 ハワイアン航空は客室乗務員1名が陽性と発表。 タグ: , , , , , , , 2020年6月28日.

次の

ハワイ州が観光客受け入れ再開模索 新型コロナで観光産業が危機 自主隔離義務を順守せず逮捕された人も WEDGE Infinity(ウェッジ)

ハワイ コロナ 状況

17 5月9日には 新規感染者ゼロを報告。 回復者数がかなり伸びてきていますので、 終息するのは時間の問題だと思います。 5月末にはさらに回復者が増え、 コロナ感染の進行はかなり落ち着くとみられています。 ハワイにおけるコロナ対策は? 5月15日に、ハワイ州ホノルル市のカーク・コールドウェル市長は、大規模集会の禁止や、可能な限り自宅待機・自宅勤務を求める 「自宅での安全命令」を6月30日まで延長すると発表しました。 こちらは日本と同じ不要不急の外出を制約するものですが、強制力はありません。 なお、一部のビジネスや活動制限を解除することを明らかにし、 5月15日にオアフ島のショッピングセンターや小売店の営業は再開されていますので、緩和ムードになってきているようです。 なお、 レストラン再開は6月5日、 ビーチでの日光浴は検討中とのことです。 今日からオアフ島のビーチが(諸々条件付きですが)オープンに😊 お天気も最高で気分あがる!今後第2波が来ないことだけを願いつつウォーキング👟 そういえば、ビーチではマスクしなくていいのかな…?私、めっちゃ暑いの我慢してウォーキング中もマスクしてるんだけど。 ん?どうなんだ? — Ritsuko Hawaii ritsukohawaii ハワイはいつから旅行が可能になる? ハワイ州は「自宅での安全命令」を6月30日まで延長するとし、 イゲ州知事は州外からの訪問者に対する14日間の自己隔離命令について「6月末まで延長する」と述べていることから、 国外の人がハワイへ入国できる時期は7月以降となる見通しとなります。 ハワイへのフライト運休状況について フライトの運休状況は以下の通りです。 ユナイテッド航空は9月とかなり先ですね。 やはり本土の影響が大きいことから見送っているのでしょう。 それ以外は遅くとも7月には運休解除となる見通しです。 ・日本航空(JAL) ホノルル、コナまで直行便 ~2020年6月30日まで臨時運休 ・全日本空輸(ANA) ホノルルまで直行便 ~2020年6月15日まで臨時運休(ANA公式ウェブサイト参照) ・ハワイアン航空 ホノルルまで直行便 ~2020年6月14日まで臨時運休 ・デルタ航空 ホノルルまで直行便 ~2020年7月1日まで臨時運休 ・ユナイテッド航空 ホノルルまで直行便 ~2020年9月7日まで臨時運休 さいごに いかがでしょうか。 今回はハワイにおけるコロナ感染状況と対策、ハワイはいつから旅行ができるようになるかについてまとめました。 7月からはハワイへの旅行が可能となる見通しですが、コロナ対策でなにかしらの制約はありそうなので、旅行代理店などでチェックをしたほうがよいでしょう。 早くコロナ感染が終息して、これまでどおりのハワイへ旅行ができるようになることを願います。

次の

【6月28日更新】ハワイでの新型コロナウィルスの現状は?現地から最新情報を発信

ハワイ コロナ 状況

観光の本格的な再開は? ハワイ経済再開を進めているが、観光業をどのように再開していくのかが問われている。 ハワイ州事業経済発展局は、 本格的な再開は9月までは無理だろうという見解を示している。 昨年2019年、ハワイには1000万人を超える観光客が訪れた。 今年2020年340万人で昨年よりも67. この数字は1970年台後半と同じ数字となっている。 今後の景気回復ペースはかなり緩やかで、2021年観光客数の見積もりは620万人で、 2019年のレベルにまで回復するのは2025年くらいになるだろうと予想されている。 9月の観光客数は2019年の約30%ほど。 一方19万人が失業したままの可能性がある。 」とも指摘している。 4月の失業率は25. これは全米で2番目、ラスベガスのあるネバダ州に続く高さとなっている。 美容院・ネイルサロンの再開日 マウイ島では昨日、美容院やネイルサロンが感染対策を徹底した上で、営業を再開した。 オアフ島内の美容室や・ネイルサロンの営業再開日はまだ決まっていないが、ホノルル市長は今週にも再開日を発表するとして、 来月の早い時期に営業を再開させる予定。 ハワイ感染状況 昨日までにハワイ州で確認された感染者数は643人。 死者は17人。 昨日の新規感染者は0人。 ハワイ州全体で1日あたりの感染者数が0となったのは2日連続で、今月に入って6回目。 これまで84人が入院し、治療を受けている。 検査数は4万3835人。 陽性率は1. ーハワイローカルニュースより 関連記事 ハワイコロナ情報は下記カテゴリーにまとめております。 また新情報が分かりましたら更新していく予定ですので、今後ハワイ渡航を控えられている方など、是非ご参考くださいませ。

次の