本名 コロナ。 山梨県高速バスコロナ感染の20代女性は誰で実名(名前)は渡辺で爆サイ特定完了?京王バス(富士吉田)とTwitter+SNS

【炎上】山梨コロナ感染女性のプライバシー完全崩壊 / 本名明かされ人生破滅レベルの私刑に警告「集団で吊るし上げる言葉に殺意」 | バズプラスニュース

本名 コロナ

山梨県コロナ20代女性が富士吉田発の高速バス 京王バス で帰京判明 帰京は陽性判明後 山梨帰省の20代女性 「帰京に使った高速バスは1日夜ではなく、陽性判明直後の2日朝の便だったと訂正した。 このときからネットでは大きな話題になっていましたが、当該女性は3日になって 保健所に虚偽の説明をしていたことを告白しました。 東京都に住む20代会社員女性が帰省先の山梨県で新型コロナウイルス感染が確認された問題で、県は3日、帰京に使った高速バスは1日夜ではなく、陽性判明直後の2日朝の便だったと訂正した。 女性が保健所に虚偽の説明をしていたという。 県の新型コロナ対策特別チームによると、女性は1日にPCR検査を受け、結果が出るまで実家待機を求められていた。 女性は当初、結果判明前の同日午後8時25分ごろ、富士急ハイランドバス停(富士吉田市)から京王バスのバスタ新宿行き高速バスに乗って帰京したと説明していた。 ところが、2日の報道を受けて知人から保健所に「けさ帰った」と情報提供があり、特別チームが本人や家族に事情を聴いたところ、 2日午前10時20分ごろ、富士急ハイランドバス停から京王バスの高速バスに乗ったと認めた。 産経新聞ではこのように報じられており、ネットではさらに炎上。 この女性に対しての批判が殺到している状況です。 山梨県高速バスコロナ感染の20代女性は誰で実名 名前 は渡辺で爆サイ特定完了? 今回の報道が大きく報じられると、ネット掲示板を中心に特定活動がスタート。 おもに、 2ちゃんねると 爆サイなどの掲示板で特定作業が行われています。 実際、爆サイには 『新型コロナ感染した富士北麓の低能女を特定して追い込もう!』というタイトルのスレッドが立っています。 このスレッドでは、当該20代女性と思われる人物の名前と思われる記載がいくつも散見されます。 一部書き込みでは、家族の情報やバーベキューをやった友人の情報まで記載されています。 ただ、これらの情報はあくまでも掲示板に投稿されたもの。 出所も不明確で、この情報を裏付ける確かな証拠もありません。 そのため、現時点では信頼できる情報とは言えないでしょう。 これは女性の氏名、住所、顔写真などの情報を開示しないと取り返しがつかないんじゃないかな? バスの同乗者、山梨と東京での足取り、会った人間など対策できなくなってしまう。 同情するつもりは無いけど これから山梨で感染者が増えたら 原因がどうであれ暫くはこの女性のせいにされるんだろうな… 山梨に帰るのも異常だか、友人に会い、帰宅まで誤魔化すなんて。 いつもこんな生き方で過ごしていたんだろうな。 どれだけの迷惑かかんがえないだろ。 虚偽報告は無罪なの??.

次の

山梨帰省コロナ20代女性の実名は誰で5chで特定?保健所に嘘で大炎上!

本名 コロナ

・女性の行動が山梨県より公開される 女性は2020年4月26日 日 に味覚や嗅覚に異常を感じた。 しかし保健所に相談することなく4月28日 火 まで東京都内で勤務。 その翌日である4月29日 水 に高速バスで山梨県に帰省。 4月30日 木曜日 は友人宅で複数の知人たちとバーベキューを堪能。 ・新型コロナウイルス感染判明後も行動自粛せず移動 彼女は5月1日 金 に帰国者接触者相談センターに相談したのち、指示に従って帰国者接触者外来を受診する。 そこでPCR検査を受けたのち、整骨院やゴルフ練習場で帰省ライフを楽しんだ。 その翌日である5月2日 土曜日 にPCR検査の結果が出て、新型コロナウイルスに感染してた事が判明。 行動制限の指示を受けたが、そのまま高速バスで東京都へと帰京した。 そして、それらのモラルなき行動に多くの人から怒りの声が出ている。 今営業や仕事を停止するのも、それを続けるのも、どちらも間違っていないと思います! ただし、山梨に帰省して拡散したあの女だけは、意識してテロってる事が許せんです。 — mik mikaJOY12 栃木のコロナポカ女はコロナこわいぴえんって帰った馬鹿だからまあ気持ちはわかるんだよね。 人が死にまくってNYからの脱出だし 山梨のコロナ女は家族総出で悪意のあるコロリストだからこれ死んだら面白いなって思って眺めてる — ScarAI 247onlyyou 山梨のアホ女みたいな奴が氷山の一角やったら普通に5月末でも終わるんかって気がすんねんけどな。 山梨のアホ女みたいな奴が氷山の一角やったら普通に5月末でも終わる気がしないだけに。 — K TIGERSkkkv 【続報】 ・他人の感染リスクを高める行為に怒り 山梨県は、この女性がどのバスターミナルからどこまで移動したかなど、ある程度、細かい行動記録を公開している。 当初、この女性は嘘の情報を山梨県に伝えていたが、現在は正しい情報が公開されている。 彼女と山梨県で行動を共にした男性が新型コロナウイルスに感染している事が判明しただけでなく、彼女の行動があまりにも「他人の感染リスクを高める行為」だったため、世間から猛烈にバッシングを受けている状態となっている。 ・バッシングは無法者の抑止力にもなり得る 確かにこの女性の行動はあまりにも軽率で、他人の命を無視したモラルなき行動なのは確かだ。 それゆえ、それらの行動に対して批判されるのは避けられないし、女性が猛省すべき部分でもある。 また、モラルなき行動をとる人がバッシングを受けているこの状況は、「感染リスクを高める行為をする無法者」の抑止力にもなり得るとの声も出ている。 先に逮捕されちゃえば晒しや誹謗中傷の多くは犯罪となるでしょ?。 そしてこの罪を作ることで無責任に行動する抑止力にはなるのではないかしら? — ぱんだぱぱ yhpandapapa 山梨のコロナ撒き散らした女の子 個人情報もバレていろいろ言われてるみたいだけど 可哀想なところもあるけど 何も罰則ない日本でもリスクがあるっていうことを世間が知ることで抑止力になると思う 正直日本はめちゃくちゃ甘いから これくらいあっていいと思った — マーク太郎 ganbarimatvamtt ・Yahoo! 知恵袋に女性が書き込みしているとの情報 インターネット上では、この女性が「Yahoo! 知恵袋」に投稿した書き込みがあるとして物議を醸している。 投稿者の名前は書かれていないが、その書き込み内容は女性を徹底的に擁護するもので、「山梨のコロナに感染した女性が自作自演で書き込みしたのではないか」と言われているのである。 確かに投稿内容は女性を擁護しているようにもとれるが、本当に彼女が書いたものなのか、そのあたりは不明だ。 しかし、彼女が書いたものとして断定している人もおり、確証がないまま不確定な情報が確定情報として拡散しつつある。 ・本名や顔写真や友好関係や恋愛関係 この一連の騒動に関して、さらに問題が発生している。 批判されるべき行動をとったのは事実だが、バッシングともいえない誹謗中傷や個人情報暴露がインターネット上に多数書き込みされており、それは本名や顔写真、友好関係や恋愛関係にまで及んでいる。 その暴露内容が事実かどうかは関係なく、彼女に批判以上のメンタルダメージを与える流れになっている。 ・誹謗中傷や個人情報の拡散に繋がる あまりにも身勝手な行動をとったのは事実だし、それに対して怒り、罵声を浴びせたくなる人もいるかもしれない。 そういう怒りがこみ上げることを誰も止めることはできないし、どう思おうと自由なのだが、それを文字や画像としてインターネット上に書き込みをすると、誹謗中傷や個人情報の拡散に繋がり、必要以上に女性にダメージをあえたる結果を招きかねない。 ・プライバシー侵害された理由 ではどうして、ここまでこの女性が猛烈にバッシングされ、誹謗中傷、デマ、個人情報、恋愛関係、顔写真などが流出したり拡散するような事態となったのか。 それは非常にシンプルな理由だ。 多くの人たちが「他人の命をどうとも思わない女にこっちも気を使う必要はない」という考えのもと、彼女を責めていると考えられる。 ・責められている部分は「彼女の人間性」 多くの人が、彼女が新型コロナウイルスに感染したことを責めていない。 彼女が責められている部分は「彼女の人間性」の部分である。 彼女の自由奔放な人間性が「他人の感染リスクを高めた」と認識されており、猛烈に攻められているようだ。 そもそも、帰省すんなって話。 帰省してバーベキューして買い物して陽性でバス?その女の意識と思考と人間性よ低さが何より雄弁だろうが。 そのうえで、許せない思いを書き込みし、拡散させているのだろう。 しかし、彼女の行動は批判はされるべきかもしれないが、誹謗中傷や個人情報などの書き込みは「正しい批判」とはいえないのではないだろうか。 批判する行為と感情をぶつける行為は非なるものだ。 そんな声が出ているのも事実である。 また、我々の本来の敵は人間ではない。 新型コロナウイルスであることも忘れてはならない。 他人の行動ではなく、自分がどうモラルとマナーを守って生きていくか、それが重要なのは間違いない。 【続報】.

次の

コロナ対策のリーダーシップ

本名 コロナ

先週金曜日からジャカルタ特別州で大規模社会的制限が始まった。 この規制で、どこまでコロナ感染が抑えられるか。 効果を祈るばかりである。 3月2日に初の国内感染者が報告されてから約1カ月半。 この間に感染死者数は300を超えた。 これは東南アジア最大で、アジアでも中国に次いで多い。 この危機に政治はどのようなリーダーシップを示すのか。 他国同様、インドネシアでも期待と不信が交錯するが、中央政府に対する地方のフラストレーションは高まる一方である。 不信の拡大に貢献するのがトップの発言だ。 われわれはお祈りしているから大丈夫、と2月半ばに発言した保健大臣に危機意識は皆無だった。 同大臣は退役軍人で、就任前から不適任で危険だと医師会が訴えていた。 ジョコ・ウィドド(通称ジョコウィ)大統領の右腕、ルフット海事・投資調整大臣も、コロナは暑さに弱く4月の乾期が来れば感染力は弱まると主張した。 医療関係者はあぜん。 世界保健機関(WHO)も根拠なしと一蹴する。 手洗いとマスク着用を皆が徹底すれば、1カ月で感染爆発は終わると発表した人もいる。 政府のコロナ対策タスクフォース専門家チーム長だ。 耳を疑う発言で不安は増した。 こういうトップの言動が続くと、彼らが出すデータに不信感を持つ地方首長が増えても不思議でない。 政府発表では、4月11日の段階でジャカルタ特別州の感染死者は186人だ。 その数字をアニス州知事は信じていない。 州ではコロナ診療ガイドラインに則って約400人の埋葬を3月に行ったと彼は訴える。 さらにロイター通信の調べでは、3月だけで約4400人の葬儀が州内で行われた。 その数は近年の月平均を飛び抜けて多く、前月の1900人増だ。 この増分が実際の感染死者数であるとは言い切れないが、そう推測する人がいても不思議ではない。 西ジャワ州知事も中央の数字を疑問視する一人だ。 国家危機の今、大統領に強いリーダーシップが期待されている。 彼は先月末に衛生緊急事態宣言を出し、大規模社会的制限の導入を決めた。 また低所得家計に対する支援金も発表した。 しかし、それらの実施と責任の多くを地方に投げている。 各地方自治体は、自らの予算とマンバワーで大規模社会的制限の徹底を求められているが、それが可能な地方ばかりではない。 できない地方はどうなるか。 それは国の責任ではないというロジックが見え隠れする。 だったら独自にできることをやる。 それが地方の論理だ。 アニス州知事も早急に鉄道やバスの運休を大幅に増し、都市内交通をゼロに近いレベルにしないと感染は収まらないと国に訴えてきた。 しかし独自策は却下され、国の方針に従うことを余儀なくされている。 mau apa yaという地方のフラストレーションが聞こえてこよう。 (本名純・立命館大学国際関係学部教授).

次の