ディズニー 混雑予想 12月。 ディズニー2019年12月混雑状況予想!クリスマスと冬休みの待ち時間も

ディズニーランド・シー混雑予想2020年

ディズニー 混雑予想 12月

クリスマス&年末は混む?ディズニーランド12月の混雑予想 東京ディズニーランドの2020年12月の混雑予想カレンダーです。 () 12月はなんといってもクリスマスイベントとカウントダウンイベントです。 上旬の平日はそれほど混雑しませんが、クリスマスが近づくにつれて来園者の数は多くなっていきます。 クリスマス後の12月最後の週も毎年よく賑わっています。 2020年12月混雑予想カレンダー• A:空いている。 人気アトラクション30分待ち前後• B:普通レベル。 人気アトラクション45分待ち前後• C:やや混雑。 人気アトラクション60分待ち前後• D:かなりの混雑。 人気アトラクション90分待ち以上• E:大混雑。 人気アトラクション120分待ち以上• S:非常に混雑。 人気アトラクション150分待ち以上 イベント・祝祭日• 11月10日~12月25日:ディズニー・クリスマス• 12月25日:クリスマス(祝祭日ではない)• 12月30日:年末の休み(祝祭日ではない)• 平日であればそれほどではないこともあり得ますが、週末や祝日はかなりの混雑を覚悟しておいた方がいいでしょう。 特に23日~25日にかけてはかなり混み合う傾向にあります。 おすすめのイベント 前述の通りクリスマスとカウントダウンのイベントです。 この時期にはワールドバザールに大きなクリスマスツリーが登場するほか、ショップで販売されているグッズや、レストランのメニューなんかもクリスマス仕様に変わります。 そのほか注意事項 12月で気をつけなくてはならないのが防寒対策です。 曇っていて日が出ない日などは朝から晩まで冷え込んできますので、厚手のコートやジャンパーを着ていきましょう。 その日は一日中晴れてはいたものの気温が低く、夜には風も強くなってしまい、氷点下なんじゃないかと思うくらいの体感温度でした。 その割にゲストの人数が少ないわけでもなく、夜のワンス・アポン・ア・タイムの席を取るのがかなり大変だったことを覚えています。 でも、学生さんたちの人数が少なかったからか、そこまでワイワイしている感じには思いませんでした。 実際、開演からすぐにファストパスの埋まってしまうスプラッシュマウンテンやプーさんのハニーハントは、いつものことで直ぐになくなると思い走って取りに行きました。 しかし、実際はそんなにファストパス発券場もそこまで混んでおらず、どちらのアトラクションも2回ずつファストパスが発券できました。 夜は風が強く、前述のワンス・アポン・ア・タイムはパイロ一部カットでの上映で少し残念でしたが、飛行機がその日なぜか通らなかったので、目移りするものがなく、綺麗なワンス・アポン・ア・タイムを楽しむことができました。 12月でもディズニーランドは楽しめるというのを体験できる一日だったと思います。 当日はとても天気が良く、ぽかぽか陽気でした。 12月にふさわしくないような高い気温で、パーク内のクリスマスツリーも浮いていました。 そんな天気の影響か、平日の空いている日を選んだつもりだったのに、それなりに混雑していました。 でも、10月にハローウィンディズニーに行ったのですが、その時よりは人がいなくて安心しました。 子どもと一緒に行ったので、アトラクション目当てというよりは、散歩やパレードメインで楽しみました。 アトラクションの待ち時間は平均30分前後で、まぁ普通の混雑具合かなといった感じでした。 子どもの好きなウェスタンリバー鉄道に何回も乗りました。 ウェスタンリバー鉄道は15分待ち程度でしたが、下のジャングルクルーズはリニューアルされた影響か45分~1時間待ちくらいでした。 クリスマスのパレードも、しっかり場所どりをして見ました。 我が家はいつも、カントリーベアシアター前あたりでパレードを見ます。 子どもはミッキーなどのキャラクターより生サンタに感動していました。 それなりに人がいたものの、しっかりとクリスマスディズニーを楽しめたので良かったです。 当日の天候は、曇りでした。 私たちのとっては10年ぶりくらいで、子どもにとっては初めてのディズニーランドでした。 クリスマスイベントの最終日だったので、とても混んでいるのではないかと心配でした。 そんな訳で早めに家を出る予定でしたが、出発までの準備に思いのほか時間がかかり、結局着いたのは午前10時近かったです。 でも、それが良かったのかもしれませんが、入園するときも並ぶことなく、スイスイと園内に入ることが出来ました。 園内に入ると、クリスマス一色でした。 子どもは興奮し、写真をいろんな場所で撮っていました。 一緒に行った祖母は、孫が喜んでいるのを見て嬉しかったようです。 園内は想像よりは混んでなくて、イッツアスモールワールドも20分待ちで入れました。 車のゴーカートにも30~40分待ちで乗れました。 2つ乗ったところで、子どもはお腹がすいたといい、イクスピアリでご飯を食べて、敷地内を走るモノレールに乗り、お土産を買ってパレードを見て、夕方の4時ごろには家に帰りました。 非日常的な気分を味わえて、とても楽しかったです。 クリスマス前ということもあり、非常に混雑することを予測して日付指定券を購入して入場したのですが、それほど酷い混み具合ではなく、正直ホッとしました。 前日は雨だったのですが、この日はお天気も良く、風も穏やかで、この時期としては恵まれた天候でした。 いつくかのアトラクションでクリスマス仕様になっているものがあり、全て制覇することにしました。 ホーンテッドマンションはファストパスを取り、すぐに乗れそうなイッツアスモールワールドへと急ぎました。 普段はお国衣装で身を包んでいる人形たちがクリスマス衣装に衣替えし、クリスマスソングに合わせて踊る姿はいつも以上にかわいかったです。 その後、カントリーベアシアターに行き「ジングルベル・ジャンボツリー」のコンサートを楽しみました。 ホーンテッドマンションでは、ハロウィンとのコラボ言った方がわかりやすい仕様になっており、アトラクションのアイデアに感嘆しました。 他にも、ディズニーサンタヴィレッジパレードやキャラクターグッズ等、パーク全体がクリスマスの雰囲気をかもし出していて、数年ぶりにクリスマスの時期に訪れたディズニーランドでクリスマスを満喫してきました。 クリスマスの雰囲気を味わうにはディズニーが一番ですね。 クリスマスイブということもあって、普段ディズニーランドに行く時よりは確実に混んでいたというのが正直なところです。 朝イチにスペースマウンテンに乗って、後はスプラッシュマウンテンのファストパスをとって、後はできるだけ並ばないようなやつを中心にパークの雰囲気を楽しもうというコンセプトで行きました。 彼女も私も結構ディズニーが好きな方だったので、非常に楽しむことができました。 そして、夜に行われたワンスアポンタイムが最高でした。 抽選ということだったのですが、何とか当選し、中央の良い席で見ることができました。 歴代のディズニーキャラクターが音楽とともにシンデレラ城に映るという光景は、とても感動したのを覚えています。 帰ったのは10時だったのですが、電車が混んで混んで結局二本くらい電車を待ってからでないと乗れませんでした。 それでも、クリスマスに行けて本当に良かったです。 また行きたいですね。 子どもを連れて行きましたが、私が住んでいる所は東北の雪国なので、向こうは暖かいと思っていきました。 天気は晴れ時々曇りな感じでしたが、思っているより寒くてびっくりしました。 何より、やはり同じように考えていた方達が多かったようで人混みが凄かったです。 ホテルも近くがとれませんでした。 バスでランドまで行きましたが、ミッキーがあしらわれており、超可愛かったです。 ランドよりシーの方が人ごみも少なかったような気がします。 ランドはもう人混みが凄くて、乗り物は1時間待ちがほとんどでした。 子どもも飽きてしまってハラハラしましたが、それでも何個か乗れました。 パレードは近くで見たかったのですが、人混みの為、豆粒の様な大きさで見れました。 でも、やはり夢の国だけあって、凄く非日常的な感じで面白かったです。 どこもかしこもかなり待たなくてはいけませんでしたが、それでも子供たちは「また行きたい」と言っていました。 ワールドバザールには大きなクリスマスツリーが飾られていて、ロマンティックに感じました。 平日に行きましたが、大人気アトラクション(三大マウンテン・ハニーハント・バズなどなど)でも1時間待ち程度だったので、そこそこの混雑だったと思います。 クリスマスイブやクリスマス当日はもっと混雑しそうですが、前の週であればまだそれほどなので、おすすめかもしれません。 毎年開催されていて、私も毎年12月にはイベントが目的で来園しています。 クリスマスイベントがあるこの時期は平日でもそこそこ混雑しますので、週末となると結構な混みっぷりとなります。 夏休みやゴールデンウィークと比べるほどではありませんが、やはり平日がおすすめです。 また同じ平日でも中旬下旬と比べると上旬の方が混雑しにくいです。 クリスマスが近くなればなるほど混み合ってくるという印象があります。 時期が時期だけに、恋人だらけなのかなと思いましたが、そうでもなく、女性だけのグループや、子供連れ、高校生も多い印象でした。 前回ディズニーランドに行ったときは「プーさんのハニーハント」が長期メンテナンスで乗れなかったので、朝真っ先にファストパスを手に入れて乗りました。 乗るたびにルートが変わるらしく、また次乗るときが楽しみです。 今回、クリスマスなので宿泊先もディズニーホテルにしました。 価格は高いですが、モノレールや荷物配達が無料だったり、部屋以外の特典も沢山あります。 特にお土産屋で買った商品を、その場で配送できるようになるので、パークにいる間「荷物」を意識することはありません。 クリスマス時期は混雑しますので、こういったサービスを使うとより快適に回れておすすめです。 開催の時期やイベント内容などは年によって異なっています。 最初の数年間は数週間のみの開催でしたが、今では11月上旬から約2ヶ月にわたって開催されています。 トリビア的な情報ではありますが、東京ディズニーランド5周年、10周年の時は名称が「クリスマス・ファンタジー・パーティー」に変更されていました。 また、毎年異なるキャッチコピーが設けられています。 そんな年末の大人気イベントクリスマスファンタジーは、ディズニーランドのイベントの中でも特に人気の高いイベントです。 ステージの前で見るには開園と同時に配られる中央観賞エリア入場券が必要となります。 この入場券があれば別に観賞する場所を探す必要はないのですが、手に入れることができなかった場合は良い観賞場所を見つけなくてはいけません。 おすすめの観賞場所は中央観賞エリアと一般エリアの境界線になっているロープの近くです。 ロープがあるだけでほとんど見える位置は変わりませんから、思う存分イベントを楽しむことができます。 あまりロープに近づけないので、できるところまで近づいてみてください。 それでも、アトラクションで待つのも、それもまたディズニーランドの醍醐味だと思い、楽しめました。 いちばん印象に残ったのは、クリスマス仕様になっていたホーンテッドマンションです。 ティム・バートンのコープスブライドのキャラクターたちが、暴れまわっていたのが楽しかったです。 平日だからあまり混んでいないのではないかと思っていたのですが、結構混んでいました。 ウエスタンランドの「ビッグサンダー・マウンテン」とファンタジーランドの「プーさんのハニーハント」は2時間待ちでした。 それでもファストパスを上手く使うことができ、想像していたよりも多くのアトラクションを楽しめました。 夜はかなり冷え込みましたが、ホッカイロを3つも持って行ったので、へっちゃらでした。 でも、ワールドバザールの大きなクリスマスツリーを見ると、幸せな気持ちになれるので、私はこの時期のディズニーランドが大好きです。 パークのいたるところにクリスマスならではの装飾がされていて、すごくクリスマス気分を満喫できました。 ビッグサンダーマウンテンは、スリルがあってジェットコースターから見る景色も最高ですごく楽しめました。 ただ人気アトラクションなので、すごく混んでました。 カリブの海賊は、他の人気アトラクションと比べると、あまり並ばずに乗れました。 スリルはあまりないですが、作りこまれた世界観がとても素敵でした。

次の

ディズニーランド・シー混雑予想2020年

ディズニー 混雑予想 12月

クリスマスはハロウィンと並んで人気イベントのため、この時期も1年の中で比較的混雑するシーズンです。 12月上旬は土日が混雑し、下旬になると冬休みの影響で平日も混雑する傾向があります。 クリスマスパレード(ディズニー・クリスマス・ストーリーズ)は昨年と比べて大きな変化はありません。 しかし、今年は新たにキャッスルプロダクション「ディズニー・ギフト・オブ・クリスマス」が上演されます。 11月6日(月)で公演終了となった「ワンス・アポン・ア・タイム」と同様に、プロジェクションマッピング技術でシンデレラ城に映像が映し出されます。 期間限定ショーのため、ショー鑑賞場所では大変な混雑が予想されます。 12月31日(日)は、年越し特別営業実施のため、パークの通常営業は18時までとなります。 ちなみに、年越し特別営業の時間にパークに入るためには、専用のパスポート(事前申し込み制)が必要となります。 また、天候にも注意が必要です。 天気予報も注意深く確認することが必要となってきます。 アトラクションは、12月12日 火 ~22日(金)までバズライトイヤーのアストロブラスターが休止予定となっています。 家族連れに人気のアトラクションが休止となりますので、他の人気アトラクション(モンスターズインク ライド&ゴーシークや、プーさんのハニーハントなど)に混雑が集中し待ち時間が長くなる可能性があるため、注意が必要です。 また、ホーンテッドマンションでは、アトラクションの内容が変更され「ホリデーナイトメアー」のプログラムが実施されています。 どこか可愛らしく飾り付けられた雰囲気は例年大人気で、休日では普段の倍以上の150分待ちになることもあります。 利用する場合にはファストパスを上手く利用して、少ない待ち時間で利用されることをおすすめします。 カントリーベア・シアターもクリスマス仕様の「ジングルベル・ジャンボリー」が開催されます。 しかし、こちらはイベント有無によらず待ち時間は常に短いので、混雑の心配はなさそうです。 クリスマスはハロウィンと並んで人気イベントのため、この時期も1年の中で比較的混雑するシーズンです。 特に、土日や連休に混雑が集中する傾向があります。 お昼のクリスマスショー(パーフェクト・クリスマス)は、昨年と比べてデイジーダックのシーンが新たに加わるほか、雪の降る演出も初めて行われるため、昨年とは一味違ったショーが楽しめそうです。 夜のクリスマスショー(カラー・オブ・クリスマス)は、こちらも雪の降る演出が新たに加わるほか、ジェラトーニやステラ・ルーなどの新たなキャラクターも加わり、ショーをより一層盛り上げてくれます。 12月31日(日)は、年越し特別営業実施のため、パークの通常営業は18時までとなります。 ちなみに、年越し特別営業の時間にパークに入るためには、専用のパスポート(事前申し込み制)が必要となります。 また、天候にも注意が必要です。 天気や台風情報も注意深く確認することが必要となってきます。 アトラクションは、12月7日 木 ~26日(火)までレイジング・スピリッツが休止予定となっています。 学生に人気の絶叫系アトラクションが休止となりますので、他の絶叫系アトラクション(インディ・ジョーンズ・アドベンチャー、センター・オブ・ジ・アース、タワー・オブ・テラーなど)に混雑が集中し待ち時間が長くなる可能性があるため、注意が必要です。 *その他の休止アトラクション: ・マーメイドラグーンシアター(11月16日(木)~12月6日(水)) ・スカットルのスクーター(12月11日(月)~12月22日(金)) 混雑予想について パーク混雑予想は、以下の要素等に加えて自身の来園時の経験等をもとに推定しています。 あくまでも混雑予想は参考としてご活用下さい。

次の

【2019

ディズニー 混雑予想 12月

もくじ• GW前に再開することで、GWの混雑が避けられない可能性が出ます。 また、3月下旬から東京の感染者が増加していること、3月20日からの3連休で外出した人が多かった結果が分かるのが4月上旬〜中旬になること(潜伏期間が〜2週間・それ以上の可能性も示唆されている)ことが理由です。 ディズニー以外の遊園地が3月下旬に再開し始めていたので4月再開もあると見ていましたが、ここ数日、諸外国と日本の対応の温度差に疑問を感じています。 本当に感染が抑えられているのか、それともなのか。 個人的に4月の再開はなくなったと思います。 ゴールデンウィークに伴う混雑は不明 4月25日(土)から、ゴールデンウィークに伴う混雑が始まると予想しますが、思った以上に経済の冷え込みも考えられるため、GWの混雑については4月中のパークの様子を見て追記します。 TDL:新エリアオープン延期に伴い閑散期予想 当初は4月に新エリアのオープンを控えていたため、ランドは例年以上の混雑になると予想していました。 しかし、感染症拡大防止の政府要請に応える形で休園が4月に延びたこと、新エリアオープンも5月以降に延期となったことで、 東京ディズニーランドも4月は閑散期になると予想します。 TDS:再開〜24日まで閑散期になると予想 東京ディズニーシー(TDS)は春休み以降、ゴールデンウィーク前(24日位)まで第2閑散期になると予想します。 ソアリン<TDL新エリアと予想 東京ディズニーシーに2019年にオープンしたアトラクション「ソアリン:ファンタスティック・フライト」の人気は健在ですが、それ以上にランドの新エリア目当てのゲストが多くなると見込まれます。

次の