大阪 市 10 万 円 給付 金。 10万円定額給付6月支給に、大阪・松井市長「早く」と指示/関西/芸能/デイリースポーツ online

10万円の給付(特別定額給付金)について/茨木市

大阪 市 10 万 円 給付 金

決して国を信用しないわけではない たむらさんは4月18日、自身のツイッターで新型コロナウイルス対策として実施される10万円の給付について 「申請したら国が10万円くれるみたいやけど、最初は申請しないとこうと思ったけど、国に預けてても何使われるかわからんし、スピード感もないので、その10万円がなくても踏ん張れる皆さんを集めて『10万円基金』みたいなん作られへんかな。 どうやろ?色々とご意見をお願いします」 と投稿。 ファンや専門家に意見を求めていた。 この発言に対しては大阪市の松井一郎市長をはじめ、賛同の声が数多く集まったと同時に、 「募金してもその金も何に使われるか解りません」 「基金ではなく一人ひとりがもらって豪遊してください」 「普通に使ったらええやん」 「まず10万円配る決断をされた政府に感謝しましょ」 といった批判も寄せられ、主に大阪出身のユーザーの間で議論が行われる事態へと発展する。 「とにかく給付金を一度手にとって」 そして4月20日、「ミント」に出演したたむらさんは自身のツイッター投稿について言及。 「決して国を信用しないわけではなくて国は国で大きなことをやってほしい。 僕はミニマムな所で何かできないかということを伝えたかった。 国を批判する意図はなかった」と弁解した。 同時に「でも、これ(ツイート)見たらそう思うよね。 書き方が悪かったです」と反省の意を見せ、「各々使い方を考えて欲しい。 その10万円をどう使うか、選択肢として何かできないか」を考えた結果こういった「基金」のツイートを行ったと経緯を話す。 「頂いても使い道がわからん、または余裕がある人に(寄付を)してほしい」と主張し、決して皆に「寄付をして」と言っているわけではない、とにかく10万円を一回手にとって欲しいと持論を展開した。 続いて、「日本の芸能界は海外と違い『寄付した!』と言わない人が多い」と明かし、基金は日本の「エンターテイメント基金」として知名度のある人たちが集い、社会貢献への思いや寄付活動が発信できないかと計画を練っているとも語っている。 松井市長にまさかのダメ出し!? たむらさんは松井市長が「大阪府が基金を作るので、そちらにへの寄付を呼びかけて下さい。 宜しくお願いします。 チャー!! 」と返信したことに対し「松井さんに言いたいんですけど『チャー』はひらがなでお願いします『ちゃ~』という表記で!!」とメッセージを送り、スタジオを和ませるという一面も見せていた。 この取り組みにはお笑い芸人・落語家の月亭方正さんも、ツイッターでは「10万円寄付します? どうしたらいいですか」と発信。 「大阪のトップの方々(松井市長や吉村府知事)が助け合おうよと呼びかけていた。 社会貢献についてはいつも自分なりにしていて、(わざわざ)つぶやきはしないんですが、今回はつぶやいたほうがいいのかな、と思った」と心境を明かしている。

次の

10万円の給付金、自治体ミスで「二重振込」あいつぐ 使っても大丈夫?(弁護士ドットコム)

大阪 市 10 万 円 給付 金

れん 10万円給付金いつ入金される? 10万円給付金いつ入金されるかは、各市町村のHPに記載があります。 検索としては 「市町村名+10万円給付」 「市町村名+特別給付金」 などで1位か2位に出てくることでしょう。 当サイトでも人口トップ10の都道府県について一覧で見られるように調べましたので是非参考にしてください。 都道府県人口ランキング順 人口1位:東京 東京最速は、HP記載上はなんと意外にも足立区!オンライン申請なら11日から。 江戸川区12日の報告もツイッターでありました。 人口2位:神奈川 神奈川県最速はHP記載上は松田町の5月12日。 人口3位:大阪 大阪府最速は、千早赤阪村の5月15日、と思われます。 泉南市も15日に途中でHP記載を修正していました。 人口4位:愛知 愛知県最速は、大府市は予定を変更しての郵送・オンラインとも5月14日から振込開始とのこと。 また、ニュースになったのが、豊根村にて職員が5月19日直接お宅を訪れて手渡ししたことが話題に。 お年よりが多い村なので臨機応変にこのようにしたようです。 人口5位:埼玉 埼玉県最速は、HP記載上は、「久喜市」「鳩山市」の5月7日からというもの。 人口が2番目に多い川口市で13日という情報もあり。 人口6位:千葉 千葉県最速は、HP記載上は鎌ケ谷市のオンライン申請での5月12日となります。 人口7位:兵庫 兵庫県最速は、南あわじ市の5月1日です。 人口8位:北海道 北海道最速が全国最速となります。 東川町で4月30日! ちなみに九州最速は、熊本県高森町と産山村の今5月1日だよ!田舎と都会を比較しちゃだめよ!私もまだ届いてないから! 人口10位:静岡 静岡最速は、HP記載上は菊川市ですがニュース等裏は取れず。 ツイッターの報告等あるのは、15日から振込開始の 「三島市」「御殿場市」「袋井市」「伊豆の国市」「賀茂郡函南町」「駿東郡清水町」 人口11位:茨城 茨城最速は、オンライン申請分、笠間市の5月1日です。 全国最速はいつ?どこ? 以上にありますように、 全国最速は北海道東川町の4月30日であります。 その他、早かったのは5月1日の熊本県高森町と産山村。 茨城県笠間市の5月1日、兵庫県南あわじ市の5月1日等が目立ちます。 全国人口ランキングトップ12位以下は割愛していますが、最速が東川町なのはニュースになっているので間違いないかと思われます。 やはり人口が少ない自治体で、かつ役所のやる気が高いところが早いのが分かります。 それでも大都市であっても7日の北九州市など非常に早いところもあります。

次の

大阪市旭区:特別定額給付金(10万円の給付)【専用コールセンターが設置されました】及び生活を支えるための支援のご案内 (区役所からのお知らせ>重要なお知らせ)

大阪 市 10 万 円 給付 金

住民票がある、すべての人に10万円。 「特別定額給付金」は4月20日、特別定額給付金室が設置された総務省から、各自治体に発せられた号令でスタートした。 「各自治体には、4月20日の閣議決定と同日のうちに、オンラインと郵送の申請方法を提示しましたが、『減収世帯に30万円』からの方針転換だったので、自治体が事前に作業を準備するのは難しかったはずです。 作業量も膨大なので、人口が多いほど、準備時間はかかります。 あとは各自治体の工夫で、給付スピードが変わってくると思います」(総務省・特別定額給付金室) そこで本誌は、全国の政令指定都市、中核市、特例市、東京23区、県庁所在地といった、主要132自治体の郵送申請による給付事務のスケジュールを調べた。 最速は、青森県八戸市。 5月8日までに申請書の発送を終えたという。 「コツはなく、とにかく人海戦術(笑)。 4月27日に給付金室を立ち上げて、GW中の5月6日から8日まで、毎日100人態勢で封入・郵送作業を進めました」(八戸市給付金室) 返送された給付金申請書が自治体に届き次第、順次、振り込み作業が始まる。 職員たちには、情報を照合し、銀行口座番号をパソコンに打ち込む作業が待っている。 「対象は11万世帯。 とくに上から指示はありませんでしたが、パソコン入力のため、職員200人態勢で休日返上で作業しています。 5月20日時点で9万件の申請があり、5月中に8割がた振り込みが完了すると思います」(同前) 一方、もっとも遅くなってしまうのは、高知県高知市だ。 「そもそも、発送用の封筒が入手できないうえ、申請書を16万世帯に一括で発送できる業者も探しましたが、市内にはありませんでした。 そこで、4月20日の時点で、ある大手印刷会社の大阪と京都にある工場を仮押さえしたのですが、6月11日しか空きがなく……」(高知市給付金室) 16万世帯分の封筒を、高知市の郵便局が、大阪と京都の工場まで取りに行くという。 「送られてくるのを待ってはいられません。 給付金の振り込みは、6月末開始予定です。 申請書が届いてから振り込みまで、3~4週間と説明させていただいてます」(同前) 世帯数が多いほど作業は増える。 23万世帯を抱える東京都品川区の場合は、こうだ。 「振り込み作業は、最大でも1日3000件。 24時間態勢で土日も作業して、週に2万1000件です。 23万件のうち、オンライン申請を除いた21万世帯の振り込みに10週間かかる計算ですから、おおむね2カ月で完了する見込みです」(品川区給付金担当課) 今回、182万世帯という最多世帯を抱える横浜市は? 「一気に182万世帯分の申請書が来たら……。 現時点では、5月29日から発送、6月上旬から振り込み開始の見込みとしか、お伝えできません」(横浜市市民局総務課・定額給付金担当課) 東京23区でいち早く発送し、「振り込みまで2週間程度」というのは練馬区だ。 「5月20日時点で、38万世帯中2割ほどから申請が来ています。 1日80人ほどの職員で、振り込み作業をしています。 まだまだ手探りですが、努力するだけです」(練馬区特別定額給付金担当課) 嬉しい10万円だが、苦労している人たちもいる。 辛抱強く待とう。 次のページからは、主要132自治体の郵送申請による給付事務のスケジュールを公開する。

次の