ワクワクメールログイン画面。 ログイン履歴が相手にばれたくない!ワクワクメールでログイン履歴を非表示にする方法は?

ワクワクメール登録方法徹底解説!電話番号認証は?年齢確認は?

ワクワクメールログイン画面

ワクワクメールDBのユーザー登録方法 まずワクワクメールDBにアクセスし、ユーザー登録します。 新規ユーザー登録 ユーザーID(5桁以上、10桁以下の英数字)、パスワード(4桁以上、10桁以下の英数字)、メールアドレス、名前(匿名でOK)、性別、年齢、都道府県を入力し、「確認」を押す。 入力したあとの確認画面 仮登録完了 登録したアドレスにメールが届きます。 ワクワクDBのログイン方法 登録したユーザーIDと、パスワードを入力します。 ログインを押します。 ワクワクメールDB登録完了画面 これでワクワクDBにログインできます。 ワクワクメールDBの使い方 わくわくDBにログインすると、このような画面になります。 新ID検索 新ID検索を押し、相手の女性の「ID番号」を入力します。 ワクワクメールの相手の「プロフィール画面」のURLの末尾にある数字(下記画像の「黒塗り」部分)が、ID番号です。 これを、ワクワクDBにコピペして「新ID検索」できます。 該当情報があると、このようにデータが表示されます。 最初は5件まで新ID検索できる IDのデータを入力するを押して、あなたも情報を追加できます。 「このID検索データを入力する」ボタンを押して入力します。 5件以上登録すると、無制限でID検索できるようになります。 ワクワクDBのご利用は、相手の方の IDが必要なので「ワクワクメール」未登録の場合は登録が必要です。 アプリ版では、URLは取得できません。 5件未満の場合は、満足度が登録されているデータでも満足度を参照できません。 登録元は、「2ch」「ユーザ登録」があります。 悪質な場合は、アカウントを削除する等の対応をとります。 「業者」等の一言コメントは、登録件数にカウントされない場合があります。 悪質な場合は、アカウントを削除する可能性があります。 登録件数により下記のように表示件数が変わります。 登録件数により下記のように登録可能件数が変わります。 デメリット メンテナンス中で接続できない時があります。 また、「お気に入り隠し」とよばれる心理から、すばらしい人(美人、巨乳)などの情報はほとんどありません。 そのため、ワクワクDBで「あたり女性」を探すことはできません。 また、ワクワクメール本家とはまったく関係のない「非公認サイト」のため、いつ消滅するかわからりません。 さらに「SSL未対応」のため、個人情報が流出するリスクがあります。 以前、ハッピーメールに「ハピメDB」という、同じ目的のサイトが存在しました。 しかし、「ハピメDB」はサイトが閉鎖されてしまったので、 ワクワクDBもいつまで存続するのかは不透明です。 あなたもだれかの情報を登録すると機能が開放される ワクワクDBを利用して相手のIDで情報を無制限に調べるためには、あなたが知っている「相手の評価」を5件は投稿する必要があります。 あなたが、「5件」投稿すると、ワクワクDBの検索回数が無制限になります• 5件以上投稿=検索回数が無制限になる• 10件以上「月別ランキング」「IDメモ」機能利用可能• 50件以上「リンク機能」利用可能• 100件以上「新着データ」1日5件まで閲覧可能 とりあえず5件、だれかのID情報を投稿すると、ワクワクDBで「新ID検索」を無制限でできるようになります。 この投稿内容は、まだ会ったことのない会員の情報でもOKです。 例えば、メールでやりとりしてみたら「業者」だとわかった。 メールでの感じが「悪い」または「良かった」などでもOKです。 できれば実際に会う約束をして、それからどうだったか?・・・まで情報提供できるとベストです。 最初はそこまで至らくてもメールでとりあえず5人はやりとりし、入力して回数制限を解除すると良いです。 メリット 業者などの「危険人物」がわかるのがメリットとなります。 ただし、どうしても「ガゼ情報」も混ざってしまう可能性があります。 不特定多数が利用するデータベースですので、100%信頼できる情報とはいいきれません。 しかし、5ch掲示板などでも「ワクワクDBは重宝だ!」という評価が多いので、事前に情報を得たい方はこちらを利用するのも良い方法です。 ただし、自己責任でお使いください。

次の

ワクワクメールのアカウント設定の方法。設定ひとつで出会いの確率が上がる!

ワクワクメールログイン画面

このページの内容• ホーム画面に追加(ブックマーク)する方法 ワクワクメールWEB版のアイコンをアプリ版と同じようにホーム画面に置くにはどうすればいいの?という方もいると思うので、最初にそのやり方を解説しておきますね。 ホーム画面に追加(ブックマーク)する方法は使用しているブラウザ(Safari/Chrome)によって違います。 これはワクワクメールの公式サイトで図解されているので、そのまま貼っときます。 それぞれのやり方でブックマークすると、スマートフォンのホーム画面上にワクワクメールWEB版のアイコンが表示されます。 これでアプリ版と同じように、即効でアクセスできるようになりますよ。 デフォルトのまま使っている場合 ワクワクメールをデフォルト設定のまま使っている場合。 アイコンをタップした時にセッション切れになっていると、下のようなログイン画面が表示されます。 入力情報を保存しておけば、ログインIDやパスワードがあらかじめ入力された状態で表示されるので、別に大した手間も時間もかかりません。 でも、この画面が表示されるとストレスを感じる方もいると思います。 大丈夫。 ワクワクメールはニーズに応じて、他にもいくつかのログイン方法を用意しているんです。 ログイン設定の入口はこちら ワクワクメールのログイン設定画面は「各種設定」の中にあります。 入口は何ヵ所かありますが、分かりやすいのは画面下の マイメニューをタップからの各種設定ですね。 各種設定画面を開くと「ログイン設定」コーナーがあり、ここから様々な方法を選択できます。 ログイン画面をすっとばす設定 ログイン設定コーナーの「ダイレクトログイン設定」をタップし、表示されたページを ブックマーク ホーム画面に追加 する で完了です。 これでホーム画面のアイコンをタップするだけで、ログイン画面を経由することなく一発アクセスできるようになります。 基本的には、このダイレクトログインを使っとけばOKですね。 ただ、 ダイレクトログインの弱点は、誰でも一発アクセスできてしまう点。 普通はあまりないと思いますが、第三者に勝手にスマホをいじられる恐れがある方は心配かもしれません。 この場合もワクワクメールのアイコンをスマホホーム画面の2ページ目以降に置く、ホーム画面にフォルダを作り、その中に置くなどの対策で事足りるかと思います。 でも、どうしても不安という方には次のように、そもそも第三者からはワクワクメールの入口だと分からないようにするログイン設定方法もあります。 ワクワクメールと気付かれない設定 ダイレクトログインの場合、ホーム画面に表示されるのは白地にWWのアルファベットが書かれたアイコンです。 ワクワクメールを知っている人が見たら、すぐピンと来るだろうし、知らない人も「何のアイコンだろう?」と気になるかもしれませんね。 でも 「アリバイログイン」を使えば万事解決っす! ワクワクメールには検索サイト、着メロサイト、日本代表応援サイトに見せかけたログインページが用意されており、ホーム画面に追加した時のアイコンは次のようになります。 これならスマートフォンを勝手にいじられて隅々まで見られても、誰もワクワクメールの入口とは気付きませんよね。 いや、バレない仕掛けはアイコンだけじゃありません。 この3つの中でも僕のイチオシ「検索サイト」のアイコンをタップしてみると… なんとコレがログイン画面。 検索窓にパスワードを入力して「検索」ボタンを押すと、ワクワクメールが表示されるようになっているんです。 仮に、この画面まで辿り着いたとしても、これがワクメの入口と見抜ける人はまずいないでしょう。 アリバイログインの設定方法も簡単です。 各種設定内にあるログイン設定コーナーの「かんたんログイン」をタップ。 あとは好きなアリバイログインを選んでブックマーク(ホーム画面に追加)するだけです。 ワクワクメールの便利なログイン設定まとめ.

次の

ログイン履歴が相手にばれたくない!ワクワクメールでログイン履歴を非表示にする方法は?

ワクワクメールログイン画面

ワクワクメールDBのユーザー登録方法 まずワクワクメールDBにアクセスし、ユーザー登録します。 新規ユーザー登録 ユーザーID(5桁以上、10桁以下の英数字)、パスワード(4桁以上、10桁以下の英数字)、メールアドレス、名前(匿名でOK)、性別、年齢、都道府県を入力し、「確認」を押す。 入力したあとの確認画面 仮登録完了 登録したアドレスにメールが届きます。 ワクワクDBのログイン方法 登録したユーザーIDと、パスワードを入力します。 ログインを押します。 ワクワクメールDB登録完了画面 これでワクワクDBにログインできます。 ワクワクメールDBの使い方 わくわくDBにログインすると、このような画面になります。 新ID検索 新ID検索を押し、相手の女性の「ID番号」を入力します。 ワクワクメールの相手の「プロフィール画面」のURLの末尾にある数字(下記画像の「黒塗り」部分)が、ID番号です。 これを、ワクワクDBにコピペして「新ID検索」できます。 該当情報があると、このようにデータが表示されます。 最初は5件まで新ID検索できる IDのデータを入力するを押して、あなたも情報を追加できます。 「このID検索データを入力する」ボタンを押して入力します。 5件以上登録すると、無制限でID検索できるようになります。 ワクワクDBのご利用は、相手の方の IDが必要なので「ワクワクメール」未登録の場合は登録が必要です。 アプリ版では、URLは取得できません。 5件未満の場合は、満足度が登録されているデータでも満足度を参照できません。 登録元は、「2ch」「ユーザ登録」があります。 悪質な場合は、アカウントを削除する等の対応をとります。 「業者」等の一言コメントは、登録件数にカウントされない場合があります。 悪質な場合は、アカウントを削除する可能性があります。 登録件数により下記のように表示件数が変わります。 登録件数により下記のように登録可能件数が変わります。 デメリット メンテナンス中で接続できない時があります。 また、「お気に入り隠し」とよばれる心理から、すばらしい人(美人、巨乳)などの情報はほとんどありません。 そのため、ワクワクDBで「あたり女性」を探すことはできません。 また、ワクワクメール本家とはまったく関係のない「非公認サイト」のため、いつ消滅するかわからりません。 さらに「SSL未対応」のため、個人情報が流出するリスクがあります。 以前、ハッピーメールに「ハピメDB」という、同じ目的のサイトが存在しました。 しかし、「ハピメDB」はサイトが閉鎖されてしまったので、 ワクワクDBもいつまで存続するのかは不透明です。 あなたもだれかの情報を登録すると機能が開放される ワクワクDBを利用して相手のIDで情報を無制限に調べるためには、あなたが知っている「相手の評価」を5件は投稿する必要があります。 あなたが、「5件」投稿すると、ワクワクDBの検索回数が無制限になります• 5件以上投稿=検索回数が無制限になる• 10件以上「月別ランキング」「IDメモ」機能利用可能• 50件以上「リンク機能」利用可能• 100件以上「新着データ」1日5件まで閲覧可能 とりあえず5件、だれかのID情報を投稿すると、ワクワクDBで「新ID検索」を無制限でできるようになります。 この投稿内容は、まだ会ったことのない会員の情報でもOKです。 例えば、メールでやりとりしてみたら「業者」だとわかった。 メールでの感じが「悪い」または「良かった」などでもOKです。 できれば実際に会う約束をして、それからどうだったか?・・・まで情報提供できるとベストです。 最初はそこまで至らくてもメールでとりあえず5人はやりとりし、入力して回数制限を解除すると良いです。 メリット 業者などの「危険人物」がわかるのがメリットとなります。 ただし、どうしても「ガゼ情報」も混ざってしまう可能性があります。 不特定多数が利用するデータベースですので、100%信頼できる情報とはいいきれません。 しかし、5ch掲示板などでも「ワクワクDBは重宝だ!」という評価が多いので、事前に情報を得たい方はこちらを利用するのも良い方法です。 ただし、自己責任でお使いください。

次の