足の付け根が痛い。 足の付け根が痛い原因は?しこりやしびれには注意!

足の症状

足の付け根が痛い

『股関節の痛み』は、肩こり・腰痛・膝痛などに比べると人数は少ないですが女性の多くの方を悩ませています。 日常生活の動きで体重をずっと支えている『股関節』が長年の負担をを受けたことで『痛み』が出てしまいます。 これらはいったん痛みが出ると• かがむ など、普段に何気なくおこなう動きのたびに痛むので非常に辛いです。 『痛みと不便さ』で二重に辛い股関節の痛みが出やすい疾患として『変形性股関節症』があります。 「股関節が痛いけど、関節は大丈夫かな?」 「病院に行ったら 変形性股関節症と診断されたけど、どういうものかよくわからない」 など、『股関節の痛み』についてお悩みのみなさんの疑問と不安を解消していければと思います。 股関節が傷む原因や関節がどんな傷み方をするのか 『変形性股関節症』とは、なにかしらの原因によって、股関節の• 軟骨が擦り切れたり• 関節の間が狭くなったり• 骨が傷んで変形してしまった している状態を言って、病院に行けばレントゲンを撮影で確認することができます。 『変形性股関節症』がおこり方には、• はっきりとした原因がない場合(1次性)• 原因になる疾患もさまざまあって病名を挙げると、• 先天性股関節脱臼• 臼蓋形成不全• ペルテス(Perthes)病• 大腿骨頭すべり症• 大腿骨頭壊死• 大腿骨頚部骨折 などの疾患になられたことのある方だといわれています。 その中でも現場での経験から言えば• 生まれつきか、成長していく途中で股関節あが未成長のまま大人になった 『股関節の受け皿が浅い(臼蓋形成不全)』 の方が多いようには感じます。 下のイラストで『臼蓋形成不全』をみてみると、右側は丸い骨受けている骨が左に比べて小さいのがおわかりいただけますね。 スポンサーリンク 股関節の痛みの出方はどういうもの? 他の場所の痛みと比べてみて『股関節』の痛みのよりつらいところは、 『痛みをかばえなくて、すぐに足をひきずってしまう』 ことです。 『足をひきずる』のは傷めている股関節の負担を軽くしようとしているのでそのままひきずって歩いたほうがいいのですが、実際に足をひきずっているのは、見た目に 「怪我してます!痛いんです」 っていうのが丸わかりでそれを見られながら外出するのは恥ずかしいとと精神的につらい思いもするのが『股関節の痛み』のやっかいなところです。 他の腰や膝・足首などが痛くてもかばう歩き方はしますが股関節の方が 『より軽症でも引きずってしまいやすい』ところがみられます。 変形性股関節症で足をひきずってしまうときの特徴は? 『変形性股関節症』の方は、足をひきずったり歩き方が変わりそれを『跛行(はこう)』と呼びます。 その歩き方の特徴からいくつかパターンがあって、• トレンデレンブルグ徴候(Trendelenburg徴候) 歩きで片足立ちなる瞬間があります。 そのときにお尻の筋肉がしっかり働けず(中殿筋の筋力低下)骨盤が傾き支えられない身体が立っている側と逆側に傾いてしまう歩き方になります。 逃避性跛行(とうひせいはこう) 歩いているときに ・傷めている側の足を着く時間はなるべく短く ・健康な側ではなるべく長い時間 足を着こうとすることで負担を減らそうとするため足の着いている時間が左右で大きく違い、見た目がギクシャクした歩きになります。 があります。 股関節の痛みのある方は後で紹介した『逃避性跛行』がよくみられます。 スポンサーリンク 変形性股関節症の痛みやそのほかの症状のどう出るのか 股関節が痛いはじめのころは、 「股関節は普通に動かせるし、じっとしていたら何も痛くもない」 「仕事(立ち仕事)後、帰宅中に歩いているときに足の付け根に 鈍い痛みが出る」 ような感じの痛みの言い方をされる方が多いです。 「歩きすぎてたまたま負担がかかったのかな?と思ってたけど、それが頻繁に出てくるようになってきた」 と言って日常生活には困っていないけど病院に来たというような人も多いです。 初期の痛みの出方の特徴をまとめると、• 立ったり歩いたりしたときに足の付け根の前側に違和感• 歩いた後の股関節まわりの鈍いだるさや痛み• じっとしていれば痛くないし、股関節もスムースに動かせる• 日常生活で困る動作はない ような症状の方が多いです。 それが、徐々に症状が重くなってくると 「歩いていると、足の付け根の奥までピキーン!と刺さるような激痛が出るようになってきました」 「股関節を開けなくなって横座りやあぐらができません」 など、 痛みや日常生活の障害が強くなって病院を受診されるようになります。 この時期の症状の特徴をまとめてみると、• 痛みが強くなる 最初の鈍い痛みから、鋭く刺さるような痛みで強くなっていきます。 痛みの範囲が広がる 足の付け根の前だけでなく横側やお尻まで股関』全体が痛くなる人が増えます。 寝ているときの痛み(夜間痛) 寝ているときジンジン痛みが出て寝ていられない• 普段の生活に不便が出る 立ったり歩いたり、階段の上り下り、しゃがんだりなどが痛みでできなくなってくる 例:横座りができなくなる 例:靴下がはきづらい• 運動痛 立って体重をかけていなくても股関節を動かすと痛い• 可動域制限 動かせる範囲が狭くなる• 足をひきずるようになる(逃避性跛行) まっすぐ歩こうとしても痛みで足を自然にひきずってしまう• 身体が傾く(トレンデレンブルグ徴候) 膝や足のように傷んできたらわかりやすく腫れたり、熱をもったりすることがありませんので最初の頃の症状をわかりにくくさせています。 見た目に出ないからこそ、まわりの方からは理解してもらいにくく、自分だけが痛みにただ耐えている精神的な辛さがのしかかってきます。 ここまでで、『股関節の痛み』の全体像についておわかりいただけたと思います。 続いて、自分の股関節の• 本当に股関節に問題があるのかどうかを確認する 『徒手検査法』• 変形してしまっているかを確認する 『画像診断』• 痛みに対しての 『 治療』 ことについてについて紹介していきます。

次の

太ももの付け根が痛いときの治し方、セルフケアのコツを解説。

足の付け根が痛い

歩いていると足の付け根が痛くなってくる…股関節に時々強い痛みを感じる… 当院には、そのような股関節や足の付け根が痛いと訴えて来院される方が多くいらっしゃいます。 歩き始めや動き始めに痛みを感じると、スポーツ中だけじゃなく、日常生活を送っているだけでも大変な思いをしてしまいツライですよね。 そんな股関節や足の付け根の痛みには原因がありますし、原因がわかれば対処法もわかってきますので、あなたが今現在悩んでいる症状と照らし合わせて対処法を行なってみてくださいね。 今回紹介する内容は、実際に治療のプロでもセルフケアや指導として行なっていることですので、 このページを最後までお読みになることで、 足の付け根が痛い原因が理解でき、どのように対処すれば治るのかもわかりますので、ぜひ実践してみてくださいね! 目次• 1、足の付け根・股関節の痛みとは? 股関節や足の付け根に痛みを感じると、歩いていたり、動き始めや体を捻った際に不都合が生じて生活するだけでも嫌になってくるかたも多いはずです。 そのような痛みは大きく分けて3つの原因があるんです。 股関節周囲の筋肉・関節そのものの原因・骨に異常のある3つの原因です。 ここではこの重要な3つの原因についてお伝えしていきます。 2、『筋肉が原因』の足の付け根・股関節の痛み 症状が軽い場合や付け根に痛みを感じた初期段階に最も考えられるのが筋肉の原因です。 股関節周囲には様々な筋肉が密集しており複雑な状態になっていますが、ここでは代表的な筋肉を紹介していきます。 腸腰筋 腸腰筋 ちょうようきん とは、足の付け根をまたぐ様に腰椎から大腿骨の頸部に付着する筋肉であり、人体最大のインナーマッスルです。 この筋肉は太ももを上げる運動をする筋肉ですので、歩くときなどの足を上げる際に毎回働きます。 股関節・足の付け根に痛みを感じる際に最も考えられるのがこの腸腰筋があげられます。 この筋肉が緊張して硬くなってしまうと、筋肉の動きがスムーズにいかなくなることと、筋肉が硬いので動作の際に鼠径部にて圧迫力が発生して症状を誘発してしまいます。 多くの場合は歩いたり立ちっぱなしの疲労の蓄積や使い過ぎが原因ですが、長時間の座りっぱなしでも筋肉が固まってしまい痛みの原因にもなってしまいます。 座っている時の腸腰筋は縮んでいる状態であり、立つ瞬間に伸ばされますが、長時間縮んでいる状態から急に筋肉が伸ばされることで瞬間的な伸びに耐えきれなくて腸腰筋が部分的に損傷する場合もあります。 また、腸腰筋は深部の筋肉であるため腰の奥のほうに痛みを感じることが多いです。 内転筋群 内転筋とは太ももを内側に動かす筋肉だと思ってください。 内転筋群は股関節の近くから始まっていて、膝の周囲まで繋がる筋肉のため、この筋肉が硬くなることでも付け根の痛みの原因になります。 内転筋は比較的、普段の生活では使用されることが少ない筋肉です。 そのため、ふとした動作の際に普段使用していない内転筋が使用された場合に痛めることが多く、ピリッと走る嫌な嫌な痛みを感じることが多いです。 めんどくさいからといって、床に置いてある重たい荷物などを足でスライドして動かそうとしてなる場合もあります。 実はこの動作で足の付け根の痛みが発症して来院される方が過去に何人かいました。 あとは、内転筋に強い負荷を与えてのトレーニングなどでもなるので無理のないように使用しましょう。 殿筋群 お尻の筋肉です。 股関節・足の付け根の痛みと言葉で言っても、実際に感じている方は身体の前側の場合と後ろ側の場合があります。 お尻の筋肉の場合なら後ろ側になりますね。 そして、こちらも股関節の痛みと深い関係があります。 お尻から付着する筋肉の多くは股関節 厳密には大転子という大腿骨の一部や股関節近位部 に繋がっています。 そのため、お尻の筋肉が硬くなると股関節の動きを制限してしまい、普段からの股関節の硬さから周囲の筋肉も緊張して硬くなり結果として痛みを出してしまいます。 お尻の筋肉ということもあり、太ももの前の付け根やお尻側の足の付け根にも痛みを感じることがあるため症状の現れ方は様々です。 疲労の蓄積やデスクワークや重たいものを持つ仕事など、あらゆる場面で発症することが考えられる症状です。 3、『骨・関節が原因』の足の付け根・股関節の痛み ここまで、筋肉が原因の場合をお伝えしてきましたが、骨や股関節そのものに原因がある場合もありますので、こちらも重要な原因ですのでお伝えしていきます。 骨格の位置関係の異常 大腿骨の股関節での位置異常の原因です。 まず前提として、位置異常といってもズレているという表現ではなく、普段の身体の使い方や体重の乗り方によって大腿骨頭と股関節の間の位置関係が正常ではなくなり、結果として周囲の筋肉に硬さをつくってしまい、痛みを出してしまうことです。 例えば、歩き方にガニ股になる癖があり右側に体重が乗りやすいとします。 そうなると右足にほうが地面からの力を受けやすくなってしまい、足関節から膝関節、股関節に負担がかかってしまいます。 そうなることで、結果として股関節と大腿骨頭の位置関係にズレが生じて周囲の筋肉に影響を与えて症状を誘発します。 足を組む癖のある人やお姉さん座りをする人、仕事や趣味で体重を片側に乗せる癖のある人はどちらか片方だけに乗らないように意識して生活してみましょう。 股関節内の原因 稀にですが、股関節内で大腿骨頭という太ももの骨の頭の部分に疾患が現れることがあります。 大腿骨頭壊死症や 変形性股関節症などが代表的です。 大腿骨頭壊死症は原因不明であり、付け根の痛みから歩く際や立ち上がる動作も痛みが走ってどうすることもできなくなります。 症状が悪化するとまともに歩行もできなくなるので、そうなってしまうと 手術の対象となります。 変形性股関節症は元々の股関節の形状の異常や、老化も原因となり変形が進行していく疾患です。 老化によって起こったものを 一次性変形性股関節症。 先天的に股関節の脱臼を経験している人や、発育段階で股関節に形成不全がある場合には 二次性変形性股関節症と呼ばれるものがあります。 大腿骨頭壊死症から続発する股関節症も二次性に含まれています。 変形性股関節症も進行が進んでまともに生活もできなくなれば 手術の対象となることが多いです。 しっかり継続することで効果がでてきますので、無理のない範囲で行なってください。 また、症状の強い場合には、まずは医療機関にかかって医師や専門家に相談してください。 変形性股関節症や大腿骨頭壊死症の診断を受けている場合は医師に相談しながら可能であればセルフケアを行ないましょう。 股関節と大腿骨頭の位置関係や股関節から膝にかけての筋肉を緩める際にも役に立つ動作ですので是非行なってくださいね。 股関節と大腿骨頭は歳差運動 さいさうんどう と言って、コマのような動きをしています。 ストレッチ・エクササイズ・ウォーキングなどは習慣化させて調子のよい状態をキープしましょうね。 まとめ 股関節や足の付け根の痛みについてお伝えしてきましたが、大事なことは、あなたの悩んでいる症状と照らし合わせて考えられる原因を見つけてから対処していくことが重要になります。 また、症状が強すぎたり、痛みを長期間感じている場合は病院で診察を受けて重大な疾患でないのかを診てもらう必要もあります。 股関節や足の付け根の痛みは放っておくと歩く際や運動をする際にも支障がでてくるので早急に解決しましょうね!.

次の

足の付け根が痛い!妊婦の痛みの原因、解消法、注意点

足の付け根が痛い

Contents• 太ももの付け根が痛い…、恵比寿整体院でもよく頂くご相談で私自身にもよく起こる症状です。 太ももの付け根はといいます。 聞き慣れない言葉ですが、この鼠径部には体の最も太い筋肉、大腿四頭筋(だいたいしとうきん)や内転筋が走行しており、太ももの使い過ぎ、運動やスポーツでの太ももの筋肉痛の時、太ももの付け根の痛みや違和感として感じやすいものです。 今回は太ももの付け根が痛いとき、そのタイプ別の治し方のコツを解説します。 太ももの付け根が痛いときや太ももの付け根の違和感は大腿四頭筋や股関節を動かす大きな筋肉の緊張によるものです。 鼠径部や股関節付近は太いスジが数本走行しており、疲労や冷えやコリによる緊張を起こしやすい場所なのです。 スジは一回緊張してしまうと自然には回復しにくく慢性的なコリを作ります。 そのような場合にはツボを圧して即効的にスジの緊張をとることができますし、ストレッチなどでもコリを緩めることができます。 「太ももの付け根が痛い」というお悩みは女性に多い 女性は妊娠出産という大仕事で骨盤と股関節が大きく変化しますので、出産後に股関節の痛みや違和感、太ももの付け根が痛いお悩みを訴える方が多くいらっしゃいます。 また女性は足と下腹部が冷えやすく、下半身のスジの緊張を引き起こしやすい体質です。 太ももの付け根が痛いときのの原因・冷えとコリ 筋肉痛や妊娠、出産による骨盤や股関節の変化はどうしようもないものですが、足の冷えや内臓の冷えがあると更に股関節の歪みが固定され、股関節や骨盤を支えている太いスジの緊張が取れず慢性的なコリとなって痛みを引き起こします。 痛みとまではいかなくても、太ももの付け根や股関節の違和感として気になっている女性も多くいらっしゃいます。 鼠径部や股関節の痛みに限らず、冷えや血行不良は「万病のもと」ですからこれらを改善できる東洋医学は股関節や骨盤を含む鼠径部や、女性のお悩み解消が得意分野なのです。 冷えやコリが原因なら下半身を温めたり、鼠径部周辺のスジやツボを施術することで改善することができます。 スポーツマンや運動選手、ダンサーなどにも多い太ももの付け根の痛み 体を使うのがお好きな方は、特にこの太ももの付け根や股関節に負担をかけて痛めてしまいます。 腰よりこの辺りにお悩みを抱える方の方が多いと思いますが、骨盤と大腿骨をつなぐのは股関節だけですので、体の力を上手く伝え体の力を最大限に発揮するには、この辺の柔軟性はとても大事なのです。 股関節が固い、太ももの付け根が固いような方は、後述するツボやストレッチで十分に解消することができますので、ぜひパフォーマンスアップ、怪我の予防の為にも実践してくださいね。 実は私、鼠径部(太ももの付け根、股関節も含む)の痛みの解消は得意分野なのです。 すまんね、鼠径部君… 自分でできるツボ圧しやストレッチ、柔軟など股関節のセルフケアも自分の体で効果があることを実感していますし、恵比寿整体院でも数多くの股関節の痛みを診て解消してきましたのはそのような自分の経験が役立っています。 自分の体や多くの患者さんの体を診てきて、鼠径部周辺や股関節や足首や膝関節の問題って一つの関節だけの問題だけではなくその前後の関節が問題であることがよくあります。 例えば、足首が固いから股関節に負担がきて痛めてしまったり、逆に股関節が固いから足首を痛めてしまったり、あと右の股関節が固いから反対に左の股関節が痛くなるなど、特に股関節、膝関節と足首は上下左右の関節のバランスが大事なのです。 特に股関節に柔軟性がなく固いのは、スポーツマンにとって命取り、膝や足首を痛める原因にもなります。 ですので、整体などでの股関節の治療もその前後の関節や反対側の股関節や足首のケアまで必要なのですが、なかなか全体的な治療ができるところは少ないようですね、大体の整体や治療院、病院では痛みのある場所ばかり攻めてしまい、施術や治療が逆効果であることも多くありますので、股関節の痛みの原因と治し方を知ることが大事です。 股関節の構造 太ももの筋肉・大腿四頭筋 筋肉痛といえば太ももですね。 太ももの大腿四頭筋は人体の中で最も太く強い筋肉です。 それだけ負担のかかる所なんですね。 太ももの大腿四頭筋が緊張してくると太ももの付け根の痛みとして感じますので、太ももの付け根が痛いときにはこの大腿四頭筋をツボやストレッチで緩めるのが効果的です。 参照リンク:(外部リンク) 太ももの付け根が痛いときのセルフケア ここでご紹介する方法は、整形外科の処置が必要な場合を除きます。 歩いたり階段を上ったり下ったりすると鼠径部(太ももの付け根や股関節)が痛かったり、股関節付近の違和感が慢性的にある場合、股関節付近のスジが緊張して固定化されてしまっていることが多く、触っただけでもくすぐったいくらいに緊張していることもあります。 そのような場合は、自分でツボやストレッチで緊張をとることができます。 関節の痛みや違和感はセルフケアしやすい症状で股関節のツボは自分でも圧しやすいですし、股関節を柔らかくする効果的なストレッチもあります。 太ももの付け根が痛いときに役立つツボ このツボは私も施術で多用するところです。 太ももの付け根が痛いときに効果的なツボは2点あります。 2点とも自分でも圧しやすいところにありますので、写真を参考にしてツボを探してみてください。 おしりの横のツボ 写真のように拇指を当て、拇指で床に向かって圧していきます。 からだの横から圧す感じですね。 拇指で深く圧していくとグリッとしたスジがありますので、スジを拇指でとらえて圧してください。 このツボは大腿四頭筋の起始部にあり深いところにありますので、お尻にお肉が多めの方はお肉をかき分け頑張ってみてください。 v字ラインのツボ 足の付け根、Vラインの際にとても効果的なツボがあります。 ここのツボはとても狭い範囲にありとれるツボとしては一点です。 スジとスジのつなぎ目ですので分かりやすいと思います。 写真のように仰向けに寝て、膝を曲げたときのVラインの際です。 太ももの付け根・鼠径部の外側ですね。 膝を曲げてから探して圧すと分かりやすいツボです。 これも横から圧すようにしますが、浅いツボなので少し圧すだけで気持ちよかったり響きがあると思います。 下腿の方に響くことが多くあります。 太ももの付け根や股関節が痛いときはとても効くツボですのでぜひ見つけて圧してみてください。 ツボが見つかったら5,6秒持続圧をします、5,6回繰り返して圧してみてください。 ツボはうまく圧せませか? ツボはスジのコリや緊張をとるのに大変効果的です。 長い人生、ツボは覚えておくと必ず役に立ちますよ。 ツボについて詳しく知りたい方はツボ基礎知識をご参考ください、ツボについて学べます。 ツボ基礎知識• スジが痛いときのツボ:特効穴• 太ももの付け根が痛いときに役立つストレッチ スジのコリが原因で太ももの付け根が痛いときに役立つストレッチがあります。 太ももの付け根が痛いときだけではなく、体の柔軟性を高め力強い体作りのためにも最適なストレッチです。 ストレッチのコツ 太ももの付け根のストレッチに限らず、安全に効果的に体をストレッチするには呼吸を上手く使うことです。 呼吸が浅いままいくらストレッチを頑張っても準備運動くらいの効果しかありませんし、無理に行えばスジを痛めてしまいます。 このストレッチ・ツボガイドでもご紹介しているストレッチは全て腹式呼吸を使って行うように解説していますので、安全に効果的にストレッチするためにも深い呼吸を心がけてください。 腹式呼吸のやり方 息は口から吐いて、鼻から吸うようにします。 床から手を離すとグラグラしてしまう人は、そのまま床から手を離さずにストレッチしてくださいね。 柔らかい人は膝の上に手を置いてストレッチすることでより深く鼠径部をストレッチできます。 深く呼吸することがメインですから、腹式呼吸を忘れずに。 更に上記のまま鼠径部や腰やお腹の中をストレッチできるやり方があります。 で解説していますが、これはかなり深く腰や脊椎を伸ばしますので、鼠径部だけでなく腰、太ももの前部、股関節、腹部、特に冷えや瘀血(おけつ)という状態の内臓にとても効果的なのです。 お腹の中がストレッチされると内臓までストレッチされてとんでもなく気持ちがいいのですね。 youtube. 腰のストレッチとして作りましたが同じストレッチの形です。 写真だけではわかりにくかった人はご参考ください。 半身浴 妊娠出産後には、骨盤内に古い血が溜まり瘀血(おけつ)という血液が汚れた状態になります。 女性はこの瘀血(おけつ)という状態になりやすく、血液の流れが滞りやすいので積極的に冷えや瘀血(おけつ)を改善していくことが大事です。 下腹部や骨盤内がうっ血している状態は骨盤の歪みを引き起こして鼠径部周辺の痛みや違和感の原因ともなりますので、半身浴で血液の流れを回復させることが鼠径部の症状を改善するのにも役立ちます。 半身浴は、ストレッチのような鼠径部(太ももの付け根や股関節)を柔らかくする直接的な方法ではありませんが、全身の血行を良くして気の滞りをとる効果があります。 という循環不良の状態を改善するには欠かせません。 習慣づけていただければ、鼠径部だけではなく体全体が芯から柔らかくなりますよ。 半身浴の後にご紹介したストレッチを行っていただければ完璧です。 鼠径部周辺はスジも太く、冷えや血行不良の影響を受けやすいのでツボとストレッチと共に冷えを改善していくこともとても大事です。 半身浴のやり方• お湯はみぞおちくらいまで、心臓は温めません。 下半身だけ温めたいので、腕は必ず出して入ります。 お腹の中が温まるまで20分は入ります。 長い分にはいくら長く入っても良いです。 工夫して半身浴を楽しみましょう。 さらに詳しくはをご参照ください。 太ももの付け根が痛いときは東洋医学がお役に立てる 上記のセルケアでも十分に太ももの付け根や股関節の痛み、違和感を改善できますが気の滞りが深くなってくるとコリがなかなか取れなくなってきます。 慢性的に太ももの付け根が痛い方、冷え性でスジがコリ固まっている方、気の滞りが深い方は整体や鍼灸、指圧などツボや経絡の専門家の施術を受けてみるられるといいかと思います。 冷えや気の滞りが深い時には的確なツボへの施術が大事で、力任せの施術などは逆効果になることもありますので治療院を選ぶ際にはご注意ください。 お近くでしたら、にご相談いただいてもいいですし、検索で、お住まいの地域 + ツボ、経絡 + 整体、鍼灸、指圧 などでも東洋医学の専門家が探せます。 まとめ.

次の