カイリー アービング。 カイリー・アービングをはじめとした複数人のNBA選手がシーズン再開に反対

【バッシュ|カイリー・アービング】NBA界屈指のドリブラーが着用バッシュ

カイリー アービング

ナイキでは、パフォーマンス、ソーシャルメディア、広告を目的としたクッキーの使用にご同意いただけるようお客様にお願いしております。 サードパーティーによるソーシャルメディアと広告のクッキーは、お客様にソーシャルメディアの機能やパーソナライズド広告を提供するために使用されます。 さらに詳しい情報をご希望の場合、もしくはお客様の設定を変更したい場合は、「詳細を読む」のボタンをクリックするか、ウェブサイト下にある「クッキーの設定」をご覧ください。 これらのクッキーやお客様の個人情報の処理についてさらに詳しい情報をご希望の場合は、Nikeのプライバシーおよびクッキーに関するポリシーをご覧ください。 クッキーの使用や関連する個人情報の処理についてご同意いただける場合は、下の「同意する」をクリックしてください。 ソーシャルメディアと広告 ソーシャルメディアのクッキーを使用すると、ユーザーがソーシャルネットワークに接続し、ソーシャルメディアを通じて当社のWebサイトのコンテンツを共有できるようになります。 広告用クッキー(第三者機関)は、ユーザーごとにより関心が高い広告を提供するための情報を、NikeのWebサイト内とその他のサイトの両方で収集します。 この中には、個人データの処理を含むクッキーもあります。 このような個人データの処理については、をご覧ください。 クッキーを使用しない設定にすると、自分に関心のない広告が表示されたり、FacebookやTwitterなどのソーシャルネットワークへリンクできなかったり、ソーシャルメディアでコンテンツを共有できなくなったりすることがあります。

次の

【楽天市場】シグネチャーモデル > カイリーアービング:trois HOMME

カイリー アービング

今回は、とある選手のシグネチャーモデルのバッシュシリーズをお送りしたいと思います。 そのとある選手とは・・・カイリーアービングです。 カイリーアービングと言えば、世界中の誰もが憧れてしまうようなハンドリング技術を持った選手ですね。 しかも、カイリーアービング主演の映画の公開もされています。 6kg 【所属】ブルックリン・ネッツ 【背番号】11番 【ポジション】ポイントガード カイリーアービングの父親もプロバスケットボール選手でボストン大学でプレーした後、オーストラリアでプレーをしていた。 その影響もあって4年生の時にはプロバスケットボールプレイヤーになると誓いを立てて練習に励み、16歳の時にはプロであった父に1対1で15-0で勝つほどの実力が伴うという怪物的なセンスを発揮していた。 2010年の高校生の時にはジュニアナショナルチームに選ばれ、U-18バスケットボールアメリカ選手権で優勝するなどすでに全米中から注目が集まる選手となっていて、その後はデューク大学へと進学した。 そして大学進学1年を終えてNBAにアーリーエントリをし、クリーブランド・キャバリアーズから2011年に全体ドラフト1位で指名された。 themaven. NBA界でもトップクラスのドリブラーが販売を開始した待望の1足になりますね。 優れた耐久性を兼ね備え、高反発クッションで素早い踏み出しを実現させています。 カイリーアービングのように、コートを縦横無尽に駆け回るプレイヤーには持って来いのバッシュとなっています。 また、カイリーアービングのクロスオーバーのスピードは0. 33秒で切り返しが行われているそうなんです。 33秒のクロスオーバーなんて驚異的なスピードで、ディフェンスが守りづらいのは間違いありませんね(笑) その驚異的スピードのクロスオーバーにも対応しているバッシュとなっています。 scoopnest. その名の通り、カイリーアービングのバッシュ第3弾です。 電光石火のごとくコート内を駆け回るカイリーアービングにフィットさせた1足ですね。 前足部分にあるバンドが足全体をサポートし、その選手のポジションやプレースタイルに合わせることもできるのが特徴です。 slamonline. カイリーアービングの場合、0. 2秒間で自身のスピードを時速20kmから0(ゼロ)に一瞬で減速できるため、急なストップにも対応できる性能が必要となるとのそうなんです。 カイリーアービングはハンドリングの技術はNBAトップクラスでありますが、この緩急の使い方もNBAトップクラスと言えるでしょう。 それは、コートの外で着用してもお洒落に履けるというデザイン性です。 バスケ以外のファッションに使えるので、ぜひチェックしてみてください。 slamonline. 驚異のボールハンドリングでコートを縦横無尽にプレーし続けるカイリーアービング。 そのカイリー・アービングの動作に合わせたバッシュとなっています。 ターボクッションを搭載し、カイリーアービングのように急ストップなどにも対応できる素材を使用しています。 クッション性などの機能性に優れたバッシュでもありますが、デザインも非常にお洒落なデザインとなっています。 かかと部分には、カイリーアービングのシグネチャーマークが入っていて、表面の部分にはカイリー・アービングのサインも刻まれています。 皆さんも機会があればぜひ着用してみてください。 背番号もさることながら「11」という数字に何かと縁のあるカイリーアービング。 左のストラップにはタワーのイメージを散りばめ、右には「東京」の文字を配しています。 東京モデルは非常に華やかなバッシュになっていますね。 他の都市にて販売された Kyrie6 にもチェックしてみてください。 カイリーアービングは全世界でも絶大な人気を誇っているポイントガードの選手となっています。 カイリーアービングの気持ちになって、バッシュを着用してみてください!.

次の

カイリー・アービングの名言集を英語付きで紹介!!

カイリー アービング

カイリーが意味不明な練習を公開してくれました。 それがこちら。 カイリーはNBA選手の中でも体勢を崩しながらのレイアップの技術力が高いです。 それは誰がどう見ても明らかなことで、カイリー以外のNBA選手たちも激しい競争がある世界最高峰のリーグで当たり負けしない身体を日々鍛えて作っています。 それは今の時代、色々な動画で知れることですが、僕らが見ている動画には映らないところで僕らの想像を遥かに超える練習をたくさんしているのだと思います。 では、今回はカイリーのこの動画から、 「体幹」というものについて考えてみます。 体幹について考えること、 こういったカイリーの動画について考えると、 西洋的なトレーニングと東洋的なトレーニングの差 というものも見えてきて、より世の中が面白く見えると思います。 「日本人的な体幹とは何か?」みたいなテーマを考えてみたいと思います。 さて、体幹と聞いて、どんなことを思い浮かべますか? 僕は「体幹トレーニング」というものを高校生の時に知りました。 当時はサッカーの長友選手が体幹トレーニングの重要性を説いているときで、かなりブームになっていました。 僕はたまたま長友選手がほんとかを出す前に、 「ヨーロッパのバスケットボールテクニック」 みたいな本を買って、その最後の方のページに書かれていた体幹トレーニングというものを 高校生の時はその本を読んでから毎日欠かさずやっていました。 内容としてはこういうようなものです。 こういうのを毎日30分くらいやってました。 練習後の筋トレで、家でテレビを見ながら。 体幹トレーニングの効果として、• 身体がブレなくなる• 当たり負けしなくなる• シュートやディフェンスの動きの質が高まる といったことがあると書かれていて、 僕は上手くなりたいと思ってずっとやってました。 実際、すぐに効果が出たわけではありませんが、 数か月したら確かに、シュートのブレなどが減りました。 (高校の監督からも体幹がしっかりして変わったと言われました) 体幹トレーニングとは、 「体制が崩れそうな状態でも崩れないようにするために、 身体の幹となる筋肉(「横隔膜」「多裂筋」「腹横筋」「骨盤底筋群」など)を鍛えるトレーニング」 のことを一般的には表しています。 ようは、 バランスが崩れないようにするための筋肉を鍛えようというものです。 そのため、今は色々なトレーニングがあります。 バスケでいえば、カイリーのようにボールの上に乗ったり、バランスボールを使って、 あえて、体勢を崩した状態を作って体勢が崩れないようにバランスを保つというものです。 NBA選手たちの体幹トレーニングなるものを見ていくと、本当に様々な種類があることがわかります。 こういう練習動画を見ると、 「よっしゃーーー!!体感トレーニングするぞーー!!!」 って燃えますよね。 モチベーション動画みたいなものです。 僕もそう思ってました。 「NBA選手がやってるんだから自分もやらなきゃ」 「体幹が強くなったら当たり負けもしないしシュートも安定するはずだ」 そう思って、高校時代から毎日やってました。 それがバスケが上手くなる近道だと思っていました。 ・・・過去形です。 今はちょっと違う考え方をしています。 今回は、自分の経験を踏まえて、 「体幹の必要性」について考えてみたいと思います。 さて、そもそも体幹トレーニングとは、 「バランスが崩れやすい状態で、バランスを崩れないようにするトレーニング」 です。 バランスが崩れている状態からスタートしますよね。 でも、ここで考えないといけないことがあります。 そもそも、バランスが崩れていない状態、 普通に立っているとき、バランスよく立てているのか? ということです。 普通に生活をしているとき、正しいバランスで生活できていますか? そもそも、普段の生活で、 立つ、歩く、座るといった動作で、 もしもバランスが既に崩れていたら、 体幹トレーニングをしたらどうなるでしょうか? 普段からバランスが崩れているのに、更に崩れた状態でトレーニングをする。 そのトレーニングが上手くできるようになっても、 普段の生活でのバランスが悪かったら、なかなか上達しません。 どういうことか。 もっと具体的に考えてみると、 たとえば、体幹トレーニングを一日1時間やったとします。 一週間毎日トレーニングをして「7時間」です。 それに比べて、 「立つ」「歩く」という動作が 一日2時間あったとしたら、 1週間で「14時間」になりますよね。 こう考えてみたときに、 毎日の動作、立つ、歩くといった動作で、もしも、 体幹トレーニングのように良い姿勢を保つことができたら、 体幹トレーニングをしている時間以上に、自分を高めることができます。 こういう意識で生活をしていると、 起きている時間の全てが練習の時間に変わります。 (これは前に記事で書いた武士の生き方と繋がる部分です。 ) もちろん、体幹トレーニングをすることで、 普段の立つ歩くという動作が正しい姿勢になる ってことはあると思います。 そうなれば、体幹トレーニングをしたら普段の生活の時間効率も上がります。 そう考えると、どちらも変わらないということになるのですが、 問題が起きるとしたら、 体幹トレーニングを毎日継続させることは簡単ではない という人もいるということです。 学生ならいいかもしれませんが、 なかなか毎日はできないって人もいるはずです。 そういう場合に、 「体幹トレーニングを止めた=体幹が鍛えられない」 という風になってしまったら、成長が止まります。 そこで、日常です。 「正しいバランスで立つ」 ということを意識できるようになると、 毎日、どんな時間も、練習の時間に変わります。 それも汗をだらだらかくようなきついものではなく、 あくまで、自分の身体にとって自然な状態を探す時間です。 そして、自分と対話する時間です。 体幹トレーニングの場合、「この体勢を保つ」というのが決まっていますが、 日常の身体動作を練習に変える場合は、「正しい姿勢」というのは一人一人違います。 決まった正解はありません。 だからこそ、対話をする必要があります。 「今、自分は、自分にとって正しい姿勢で立てているか?」 「今、自分は、今まで無意識に力んでいた部分に意識をもっていけているか?」 という感じで。 たとえば、今、パソコンを打っていますが、 この時間すらも、練習場に変わるってことです。 今僕はパソコンで記事を書いていますが、 この身体動作の中でも意識できることは、 ・キーボードを打つときに肩に力が入らないようにする ・仙骨(背骨の一番下にある骨)を意識して背中を反りすぎないようにする とかです。 実際、今、パソコンで記事を書きながらそれを意識しています。 こういういう風に考えると、 「何をしているか」は関係なくなって、 どこで、何をしていても、無駄な時間がなくなります。 これがスポーツの価値だなぁと思うし、 こういう風に、自分の身体と対話をするのは楽しいです。 僕は、バランスボールを使ったトレーニングもしたことがあるし、 水の入ったトレーニング用具を肩に担いでトレーニングをしたこともあります。 でも、今は体幹トレーニングはしていません。 どうしてしていないかというと、 「日常の生活を変えることで、どれくらい動きの質が変わるのか?」 ということを自分で検証してみたいからです。 たとえば、シュートに関しても、 体幹トレーニングをしながらシュートフォームも変えていたとします。 そうなったとき、シュートが入るようになって安定し始めたとしたとき、 ・体幹トレーニングで体感が身に付いたからシュートが入るようになったのか ・シュートフォームを変えたからシュートが入るようになったのか というのがわからなくなります。 だから今は、体幹トレーニングを止めて、 動きの質を変えるというところを楽しんでいます。 もちろん、体幹トレーニングが悪いという話ではありません。 僕は高校時代に体幹トレーニングを毎日やったことで、 体幹が強くなって、プレーの質が変わったという経験もあります。 何が合う合わないかは人それぞれなので正解がこれというつもりはありませんが、 ただ、今回の例で伝えたいことは「NBA選手がやっているから正しいんだ」と思って、 表面の部分だけを真似しても、それは遠回りをしていることになることが多いということです。 今の自分に足りないことは何か? どうしてそのトレーニングをするのか? そういった部分が大事になるなと思います。 高校時代の僕の場合は、今思えば、 体幹トレーニングをすることと並行して、 もっと「チームプレー」を学ぶべきだったと思います。 ここで発信しているようなスペーシングとか戦術とかです。 体幹トレーニングでも成果は出ましたが、 オフボールの動きを変えていたら、もっとチームは強くなっていただろうし、 自分も試合中に活躍できていただろうし、部活はもっと楽しい時間だったはずです。 体幹トレーニングをしていた時間のほんの数分を そういったことに使っていたら、あの頃のバスケは変わっていました。 他にも、 「シュートが横にぶれないように体幹を鍛えよう」 「ドライブをした時にフィジカル負けをしないように体幹を鍛えよう」 と思ってやっていましたが、 シュートフォームを改善したり、 踏んばらないドライブを身に付けたり、 そういう選択肢を取り入れることに時間を使っていたら、また違うバスケができていたと思います。 でも、あの当時はその選択肢がなかったです。 だからこそ、今、 体幹トレーニング以外にも選択肢があること、 NBA選手のトレーニングをただ真似しても遠回りになるということを 情報発信で伝えていくことに価値があると思っています。 自分がやれることはそれだと思っています。 ということで、今回はこれで。 実際に正しい姿勢をどうやって見つけるのか? という話は、慎さんのの記事などを参考にしてみてください。 そういえば、カイリーが傾くというこの動画。 Ummm … what,? 🧐🧐🧐 — ESPN espn 「ん???」となったけど、「体幹が強いからこんなこともできるのか!?」と最初はずっと思っていました。 さすがにこれができたら人間卒業ですね(笑)昔、レブロンがオールコートの距離で三連続で超ロングスリーポイントを決めるという動画(テレビCM)を見た時も信じていましたが、「ひょっとしてNBA選手ならこれくらいできるのかな!? 」と思えてしまうほど、やっぱりNBA選手たちは異次元な世界にいますね(笑).

次の