能 年 玲奈 ユニクロ。 ユニクロ UT特集|ピーナッツ 70|WOMEN(レディース)|公式オンラインストア(通販サイト)|UNIQLO

『重版出来!』の主演は能年玲奈のハズだった!「事務所を辞めてでも出る!」と乗り気も調整つかず

能 年 玲奈 ユニクロ

もくじ…あった方がいいよね?• 能年玲奈さんの今の名前はの「のん」肌ラボのCM が中国で人気! 能年玲奈さん…ことのんさんは現在自分の 事務所を設立して活動されています。 のんさんって、やっぱりちょっと違和感ありますかね~。 能年玲奈の方がしっくりきちゃいますね。 民放のドラマや映画などに出演する機会はまだまだ少ないのですが 歌を歌ってバンド活動をされています。 のんさんの現在の肩書は「創作あーちすと」という風になっています。 民放のドラマや映画ではのんさんをまだ見ることができないのですが、少しずつ CM や LINE ドラマ などで活動の幅を広げています。 10代の頃の能年玲奈さんは、ガチで可愛いですね… あまちゃん、ハマったもんな~。 のんがレプロ退社後芸能界を干された理由 のんこと能年玲奈さんが以前所属していた事務所は レプロエンターテイメントという事務所です。 レプロエンターテイメントの看板女優といえば ガッキーこと 新垣結衣さんですよね。 そのほかには 川島海荷さんも所属していますね。 最新情報では事務所独立で揉めて独立後フリーになっていた 真木よう子さんがレプロと契約した…とか。 そしてレプロエンターテイメントは一説によるば非常に厳しい事務所として有名です。 自由奔放で有名な真木よう子さんがレプロ? 折り合いつくか…芸能記事は早くも不協和音は確実!みたいな記事がでています。 当時の能年玲奈さんが事務所を辞めた理由は、レプロの売り出し方の方針と能年玲奈さんの希望が折り合わなかったからと言われています。 確かに朝ドラのあまちゃんで大ブレークしたにもかかわらず、民放のドラマなどには一切出演しませんでしたね… 噂では映画「進撃の巨人」の出演の話もレプロ側にはあったそうで、 能年玲奈さんは超でたかったそうなんですが、これも事務所の方針で断ってしまったとか… 映画もドラマも事務所が断ってしまう…どーなんでしょうね? のんさんのマネジャーさんが告発した内容を少し抜粋しました。 ですから、先進的な企業様やアジアからも、CMの依頼が多くあり広告には出ることができています。 でも彼女は女優です。 特に現場の若手のテレビマンからはかなりの引き合いがあったみたいですね。 最近はジャニーズ事務所がテレビ局に元SMAPの3人を起用しないように圧力をかけた…という報道もあったばかり。 これも少し引用。 17日、独立した元SMAPのメンバーを番組に出演させないようジャニーズ事務所がテレビ局に圧力をかけていた可能性があるとして、公正取引委員会がジャニーズ事務所に注意をしていたと報道された。 なぜなら能年玲奈さんの能年玲奈という名前はご自身の本名なのですが、と同時にレプロエンタテインメント所属の「タレントとして」の名前としても認知されているため、レプロエンターテイメントを辞めるからには能年玲奈という名前での芸能活動を中止せざるをえなかったんだとか。 本名なのに本名を名乗らないなんてなんかちょっとおかしいですよね。 のんに改名したのが2016年です。 改名後すでに3年ほど経つ能年玲奈さんですが、世間的にはまだまだあまちゃんのアキを演じた能年玲奈という名前の方が認知度は高いようです。 検索エンジンで「のん」と検索してもなかなか能年玲奈さんの記事は出てきません… Sponsored Link のんさんこと能年玲奈さんの最新情報…悲惨…というほどでもなくね? というわけで能年玲奈さんはご本人の本名である能年玲奈という名前で芸能活動をすることができず今現在は「のん」という名前を使って芸能活動をしているわけですが、 最新情報としては、のんさんは今現在中国で超話題になっています! ロート製薬の「肌ラボ」という商品のCMだそうで、前述の通り、中国本土のみならず、台湾やマカオなどでも話題なんだとか。 話題になっている理由はズバリ「 かわいい!」だそうですよ… やっぱりあまちゃんのアキを演じたあのピュアな能年玲奈さんのイメージは中国でも残っているみたいで、商品のイメージにピッタリという理由で、中国側からオファーがあったんだとか! 中国の市場は日本の10倍以上の規模ですからね… 中国で売れたらけた違いの知名度と収入になるでしょうね。 そうなったらレプロがどうとか、日本の芸能界を干されているから…とかそんなのもう関係ないですよね、アジアのマーケットで活動してしまえば。 そのほかにも、能年玲奈さんの最新情報としては音楽活動に力をいれているため、全国ツアーを展開しています。 ついこの前の台風24号の影響で飲んさんのコンサートが中止になったという記事がありましたね。 また、LINEが制作したミニドラマに主演するというニュースも最近になって流れてきましたね。 圧力はあります。 テレビ局の若い編成マンからのたくさんの素晴らしいオファーが、上司や役員によって突然潰され続けています。 能年玲奈さんは女優業に本名まで奪われたまま先日26歳になりました。 有村架純さん(本命か…)• 広瀬すずさん(20代に突入!)• 広瀬アリスさん(かなりいい!)• 橋本愛さん(民放ドラマ嫌いらしいですが…)• 黒木華さん(演技は間違いない)• 吉岡里帆(苦戦中…)• 松本穂香さん(すばらしい!)• 土屋太鳳さん(女性ウケがいまいち…) 朝ドラ女優組でも、葵わかなさん、芳根京子さんあたりは主役っていうには地味過ぎ…演技は評価高いみたいですが… ほら!今民放ドラマで主役できる女優さんってみな30代に突入してるんで…• 新垣結衣さん• 綾瀬はるかさん• 石原さとみさん• 吉高由里子さん 能年玲奈さんの需要が高いのは当然ですよね!• 昨年(2018年)の夏ころから騒がれ始めた超超高校級のピッチャー、大船渡高校の佐々木朗希投手です。 557,365 views• 人気バンドスピッツのボーカル草野マサムネさん。 50代に入った草野マサムネさんですが、結婚したという発表... 299,763 views• 埼玉西武ライオンズの菊池雄星投手は結婚してますよね。 2019年はメジャーに移籍か? と騒がれているこの... 167,822 views• 俳優の瀬戸康史さんの妹の瀬戸さおりさんが、ジャングルポケット、通称ジャンポケの斉藤さんと結婚したのか?... 163,503 views• 女優で実業家の紗栄子さんといえば、女優としてドラマにもけっこう出演していました。 上野樹里さん主演ドラマ... 152,747 views• 女優の上野樹里さんが結婚してから一年以上たちました。 上野樹里さんといえばのだめカンタービレで大ブレーク... 132,029 views• 女優の能年玲奈さんていましたよね。 結構前から芸名を能年玲奈から「のん」に変更していることは知ってますよ... 111,569 views• 俳優の中村倫也さんに興味を持って、中村倫也さんで検索するとなぜか 中村倫也 矢口真里 っ... 108,009 views• 元中日ドラゴンズのピッチャーでNHK 「サンデースポーツ」のキャスターも務めたことのある与田剛さんが、中日ドラ... 106,124 views• 2018年の夏の甲子園大会は記念の100回大会でした… 平成最後の夏の甲子園で、秋田県代表の金足農業高校... 88,620 views• ダウンタウンの看板番組「ガキの使いやあらへんで」の総合演出として番組開始以来長きにわたって制作に携わっているヘ... 64,486 views• HKT48の指原莉乃さんといえば、AKB48の総選挙で2度1位に輝きました。 自身がセンターを務めたシン... 64,171 views• 女優の本田翼さんは大のゲーム好きとしても知られていますよね。 いわゆるゲーマーな本田翼さん。 64,084 views• 女優の清野菜名さん…話題のドラマ「今日から俺は!!」で聖子ちゃんカットが可愛いと話題ですね。 可愛いな可... 62,631 views• 和牛の川西さんがマジギレした!? 温厚な性格で、誰にでも優しい性格で知られている川西賢志郎さん。 60,737 views.

次の

能年玲奈「芸能界引退」危機…降って湧いた“洗脳騒動”の背景|日刊ゲンダイDIGITAL

能 年 玲奈 ユニクロ

4月12日から 黒木華さん(26)主演で放送される連ドラ『 重版出来!』(TBS)の 主演が、当初能年玲奈さんにオファーされていたことが分かりました。 しかし、能年さんといえば昨年より事務所と大もめにもめており、その影響でどうしても調整がつかなかったとか。 ご本人は 「辞めてでも出る!」 と乗り気だったそうなのですが…。 主演の黒木さんは、このドラマが連ドラでは初主演です。 (以下引用) 「 主人公は大学時代、柔道のオリンピック候補だったという設定。 しかし、黒木さんは柔道経験がほとんどない。 そのため、昨秋から柔道場に週に1日ほど通い、背負い投げなどの稽古に励んでいました」(スポーツ紙の芸能記者) (以上引用 週刊新潮) 役作りのために頑張っている黒木さんなのですが、実は…。 (以下引用) 「 実はうちとしては、彼女は外れの外れの指名でした」 と、TBS関係者が意外な内情を明かす。 「 昨年、最初のオファーしたのは、能年玲奈。 うまく行けば、『あまちゃん』後、初めての連ドラ主演になって話題性抜群でした」 が、能年が所属事務所と待遇を巡ってトラブルを抱えているのは周知の事実。 本人は「辞めてでも出る!」と乗り気だったものの、結局調整がつかず、取りやめになったという。 (以上引用 週刊新潮) 能年さんと所属事務所である レプロエンタテインメントとの間にトラブルがあることが明らかとなったのは、昨年5月のことでした。 当初は、能年さんが 滝沢充子氏に洗脳されて事務所から独立しようとしていると報じられたものの、その後、事務所内部での彼女の扱いが相当ひどいものだったことが原因だったと明らかとなっています。 最近ではテレビやラジオといった仕事は一切なく、ブログの更新が時々ネットをにぎわせるのみとなり、話題に上ることも少なくなってしまいました。 そもそも、能年さんの心が折れたのは実写映画『 進撃の巨人』ミカサ役を事務所が断ってしまったせいだと報じられていました。 今回も、能年さんからしたら事務所のせいでドラマに出られなかったと思うでしょうし、事務所との溝は深まる一方に思えますね…。 いったん所属事務所ともめてしまうと、その後拾ってくれる事務所がなかなか見つからない、とも言われます。 レプロも大手ですから、下手に手を出して事務所同士のトラブルに発展すると困るでしょうしね。 『あまちゃん』でかわいがられていた 小泉今日子さんの事務所に移籍するのでは、などといった噂もありましたが、今後どうなるのか…とりあえず契約が切れるという6月には何らかの動きがあるかもしれません。 さて、ドラマ『重版出来!』の話に戻ります。 能年さんを起用を断念したTBS、次の候補が黒木さん…だったわけではなく、もう一人候補がいたそうなのです。 (以下引用) 「次に接触したのは、ブレイク中の 有村架純。 彼女も乗り気でしたが、すでにこの時、今年だけで映画出演の予定が複数入ってしまっていた。 さすがに忙しすぎて無理という判断になってしまったのです」 (以上引用 週刊新潮) 3人目の候補者が、黒木さんだったんですね。 (以下引用) 「 2人に比べて黒木さんの方が女優としての実力は上です。 ただ、残念ながら顔が昭和っぽくて地味。 視聴率も苦戦必至、というところでしょうか。 このTBS火曜10時という枠は、14年4月に新設されたドラマ枠ですが、視聴率的には低迷を続けています。 こうして一覧で見てみると、 木村文乃さんや 西内まりやさんなど、連ドラで主演するにはやや知名度が…という方も起用してきており、大股開き写真騒動で干されてしまった 香里奈さんの復帰作もこの枠でした。 これなら、能年さんが名を連ねても全くおかしくないですよね。 本当に実現しなかったのが残念でした。 能年さんが干されているのは純粋に事務所の事情で、ご本人にはほとんどイメージダウンはないですから、香里奈さんのときのようにまさかの視聴率が出る可能性も低かったように思えます。 果たして視聴率を稼いで、TBSの幹部を見返してやることができるのでしょうか。 ちなみに、映画評論家の北川れい子氏はこう語っています。 今回のキャスティングは冒険ですし、視聴率も苦戦すると思います。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。 能年玲奈のブログは.

次の

能年玲奈・のんの現在が悲惨?仕事や事務所は?最新情報やCMは?|ニュースポ24

能 年 玲奈 ユニクロ

本名&旧芸名:能年玲奈(のうねん れな) 現芸名:のん 生年月日:1993年7月13日 現在年齢:26歳(2019年12月現在) 血液型:A型 出身地:兵庫県神崎群 身長:164㎝ 所属事務所:株式会社non 2006年にファッション雑誌『ニコラ』のモデルだった新垣結衣に憧れて、「ニコラモデルオーディション」に応募し、グランプリを獲得。 レプロエンタテインメントジュニア部に所属し、2006年から2010年まで同誌専属モデルを務めました。 2010年、湊かなえ著書で映画化された『告白』で生徒役として女優デビューを果たします。 オーディション選考の基準としては中学生の話ということもあり15歳以下としていましたが、当時16歳の能年玲奈さんが選ばれており、生徒の中では最年長だったそうです。 中島哲也監督は「彼女は特別だから」と語っていたそうです。 そんな魅力的な能年玲奈さんには次々と仕事のオファーが舞い込んできます。 2012年3月、カルピス「カルピスウォーター」の第11代CMキャラクターに起用されます。 2013年4月にはオーディションで1953人の中から選ばれて、NHK連続テレビ小説『あまちゃん』のヒロイン・天野アキ役を演じました。 同作での演技により東京ドラマアウォード2013主演女優賞、エランドール賞新人賞などの賞を獲得します。 映画初主演した『ホットロード』ではTAMA映画賞最優秀新進女優賞、日刊スポーツ映画大賞新人賞、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞するなど、賞を総なめにしていきます。 2016年7月より、芸名を「のん」に変更して活動を再開します。 2016年11月12日公開の『この世界の片隅に』で、片渕須直監督からの「のんさん以外のすずさんは考えられない」との熱烈なオファーにより主人公・すずの声を演じて劇場アニメ初主演、また改名後初の本格的な出演作品となりしました。 この作品はSNSでの口コミ拡散により単館系作品として異例の大ヒットとなったのです。 同作での演技により、なんと5つの賞を受賞しました! このように能年玲奈さんは事務所移籍後も大活躍されています。 納める税金を少なくするため、大手事務所に所属していながら個人事務所を設立するのは芸能人にはよくある話です。 しかし、能年玲奈さんは所属事務所に何も言わずに進めてしまっていたそうです。 この事務所独立騒動の影響もあってか、レギュラー出演していたラジオ番組やテレビCMも次々に終了し、能年玲奈さんは事実上の休業状態となっていったのです。 そもそも能年玲奈さんが個人事務所設立した原因はなんだったのでしょうか? 実は「あまちゃん」に出演していたときの月給が5万円だったというのです。 NHK連続テレビ小説に出演し、国民的女優と呼ばれていたのに、月給5万円とはあまりに酷な話・・・。 のちに増額されたそうですが、真相はわかりません) さらに能年玲奈さんが楽しみにしていた実写映画『進撃の巨人』への出演を知らぬ間に事務所側にキャンセルされていたそうです。 こういったことが続いたため、能年玲奈さんは事務所独立を水面下で進めたのかもしれません。 レプロに相談せずに独立を決めたことが問題となったようですが、相談すればどうにかなったかといえば、そうでもなさそうですよね・・。 その後、「能年玲奈」という名前を使うことができなくなってしまったため、芸名を「のん」に改名し、自身が代表取締役を務める個人事務所「株式会社non」を設立。 能年玲奈という名前は本名ということなので、本名を名乗れないとはいささか可哀相な気がします。 しかし、2019年夏、能年玲奈さんを取り巻く環境に変化が訪れます。 ジャニーズ事務所を退所した元SMAPの3人が出演できないよう、テレビ局に圧力をかけるのは独占禁止法違反につながると、公正取引委員会が事務所側に注意を促したことがきっかけでした。 同年8月には『この世界の片隅に』がNHKで放映され、地上波で久しぶりに能年玲奈さんの声が流れ、いよいよ追い風が吹くようになりました。 2016年からロングランヒットした能年玲奈さん主演の映画「この世界の片隅に」に新エピソードを入れ込み、再編集した「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」試写会が、2019年に執り行われたときです。 天皇陛下と愛子さまが令和の御代となって初の映画鑑賞にこの映画を選ばれ、ご臨席されることになったのです。 それでも「干されて仕事を探すのが大変そう」「収入なくて困っているんじゃないかな?」などと心配の声が上がってきそうな状況ですが、実は能年玲奈さん、意外にも仕事にも収入にも困ってはいないようです! 現在、アジアの企業20社とCM契約をしているようで、CMや広告で収入を得ていることが判明しました! 他にも、CMの歌の作詞作曲を自ら行ったり、映画を作っていたりなど様々な活動を精力的に取り組んでいるようです。 それにしても、CM契約が20社とは驚きですよね! 日本のCMの場合、CM一本あたりのギャラは、超大物女優で8000万円、ドラマ主演を務めるほどの人気があれば2500万円~5000万円ほどだそうですが、能年玲奈さんは現在ドラマなどに出演していないことや、日本のCMではないため金額の予想が立ちませんが、多からず少なからずでしょう! 20社と契約していることから、単純に総収入は上がるはずです! というわけで、能年玲奈さんの推定年収は・・ 億超え!となりました。 やはり海外のCM収入の予測がたたないため、完全に憶測ですが、このような結果となりました。 仮に500万円と安く見積もっても、20社で1億円は超えます。 能年玲奈さんは今後も芸能界の闇に飲み込まれることなく、真っ直ぐなままで頑張ってほしいですね! そして再びテレビでお見かけする日がくることを楽しみにしています!.

次の