マーズ 発生 源。 コロナウイルスと急性呼吸器症候群(COVID

中東呼吸器症候群(MERS)

マーズ 発生 源

「SARS(サーズ)」皆さん覚えていますか、この言葉。 日本での正式名称は「重症急性呼吸器症候群」といい、severe acute respiratory syndromeの略称として「SARS」で認知されています。 中国広東省で最初の症例が起こったとされ、2003年に世界中で大きな問題となりました。 「もしかしたら、このSARSではないか?」と不安視されている病気が今、中国で広まっているのです。 原因不明のウイルスが蔓延 AFPBBによると、中国当局は3日、原因不明のウイルス性肺炎の発症例を確認したと発表。 また、中部武漢市の保健当局によると、発症者数は昨年12月31日時点の27人から44人に増え、うち11人が「重症」だといいます。 この発表を受け、2002〜03年に中国で大流行したSARSではないかとの情報が拡散。 肺炎患者はさらに増えて59人に上っている中、中国湖北省武漢市政府は5日、感染源は引き続き調査中としているものの、SARSの可能性を明確に否定したと時事通信が伝えています。 なぜ中国国内ではSARSを懸念しているのでしょうか?大流行した過去を振り返ってみましょう。 中国南部の広東省で発生したとみられているSARSは2003年に流行。 中国本土では349人、香港で299人が死亡しました。 当時、世界保健機関(WHO)は、実際よりも少ない発症件数を報告していた中国を批判していて、WHOによると、全世界で8000人以上がSARSウイルスに感染したといいます。 今回流行しているのが原因不明のウイルス性肺炎で、重症例も出ていることから、中国国内でSARSではと不安視する声が多く挙がってきているのです。 過去に多くの死亡者を出したことから、中国当局は過剰に反応して騒ぎになることを警戒。 武漢市の警察当局は1日、「確証のない偽情報をインターネットで発表したり転送したりした」として8人を処罰したと発表しています。 発熱が初めてみられてから約1週間後に、呼吸困難や咳など、肺炎の症状が現れ始め、それとともに他の人への感染力も強くなって行きます。 また香港からの報告では、下痢症状も比較的多くの方にみられ、頭痛、さむけ、食欲不振、全身のだるさ、意識がはっきりしないなどの症状が見られることもあります。 前回の流行時のまとめでは、SARSの可能性があると診断された方のうち、80〜90%は発症後6〜7日で症状が改善し回復し、10〜20%の方が呼吸不全など重症化しているといいます。 感染経路としては、症状のあるヒトからヒトへと感染すると考えられていて、患者が咳やくしゃみなどをした際に飛び散るしぶき(ウイルスを含んだ飛沫)を吸い込むことによる感染、飛沫感染が中心であると考えられているそうです。 前回大流行した際には、SARSコロナウイルスが原因で肺炎になった人のうち、100人に9人〜10人が亡くなったことになるそうで、恐ろしい感染症であることに間違いはありません。 SARS予防で実用化されたワクチンはまだないといいます。 SARSの可能性は? これまでの情報を整理すると… ・5日時点で肺炎患者は、中国・武漢で59人。 ・全ての症例が武漢の医療機関で隔離され治療を受けている。 ・ヒトからヒトへの感染はや医療スタッフの感染例は報告されていない。 ・死亡例はなし。 ・病原体は未だに不明。 先述した通り、中国湖北省武漢市政府はSARSの可能性を明確に否定しています。 しかし、原因不明な状態が続いていることから、市民の不安は解消されたといはいえず、SARSではない新たな病原体では? と更に懸念する声も挙がっています。 日本は大丈夫なのか? 今回、原因不明のウイルス性肺炎の発症例が確認されているのは中国国内だけの話。 しかも、武漢というごく一部の地域のみ。 しかし、前回SARSが大流行した時も、中国広東省だけだった症例がどんどん拡散していきました。 それを考えると、今回もどうなるかはわかりません。 前例があっただけに、ネット上でも不安の声が聞こえます。 Twitterの反応 SARSやMERSではないとしても、未だ原因不明なのが気掛かり。 未知のものなのかな。 twitter. SARSが疑われていますが、東西南北に北京、上海、重慶、広東があり広がったら厄介ですね。 ウイルスは特定されていませんが、SARSやMERSの可能性は否定したそうです。 中国の発表は中国人が信用しませんが。 image by:Shutterstock MAG2 NEWS.

次の

中東呼吸器症候群(MERS)に関するQ&A|厚生労働省

マーズ 発生 源

中国 武漢 原因不明の肺炎で61歳男性死亡 初の死者か 中国内陸部の湖北省武漢で、先月以降相次いで見つかっている原因不明の肺炎の患者について、地元当局は1人が死亡したと発表しました。 この肺炎の患者で死者が出たのは初めてとみられます。 中国内陸部の湖北省武漢では先月以降、原因となる病原体が特定されていない肺炎の患者が相次いでいて、WHO=世界保健機関は患者の症状などから原因は新型のコロナウイルスの可能性が否定できないと指摘しています。 これについて、武漢の保健当局は11日、この肺炎の患者がこれまでに41人にのぼり、このうち1人が死亡したと発表しました。 この肺炎の患者で死者が出たのは初めてとみられます。 さらに7人が重症だとしています。 一方で今月3日以降、新たな患者は発生していないほか、患者と接触があった人を含め、これまでに人から人への感染は確認されていないとしています。 地元当局は患者の多くは現地の海鮮卸売市場の関係者で、この市場の営業を停止させるとともに、特に農産物を扱う市場について衛生管理を徹底させるなど対策を強化しているということです。 厚生労働省は武漢からの帰国者でせきや発熱などの症状がある場合は速やかに医療機関を受診し、渡航歴を申告するよう呼びかけています。 [NHK 2020. コロナウイルスは2年位前にも支那で発症疑惑が世界中に知れ渡ったと私は認識しています。 当時もコロナウイルスによる肺炎だったと私は思っていますが、確かWHOの事務局長が支那人が就いていたと思います。 で、その支那人が本国の意向で事実を隠したのではないか、というのが私の見方です。 >厚生労働省は武漢からの帰国者でせきや発熱などの症状がある場合は速やかに医療機関を受診し、渡航歴を申告するよう呼びかけています。 わが国の帰国者への対応もわかりますが、まずは支那人の入国検査を厳しくすることが重要じゃないのでしょうか。 特に、入国時の体調についての聞き取り検査とか、簡易的な検査なども含めてです。 そして、滞在先の宿泊地の確認は欠かせないと思います。 と、言うのも、これから支那は旬節が来ます、この休みを利用すてわが国に韓国に来る支那人が急増するのは毎年の事ですから。 >地元当局は患者の多くは現地の海鮮卸売市場の関係者で、この市場の営業を停止させるとともに、特に農産物を扱う市場について衛生管理を徹底させるなど対策を強化しているということです。 それと以前支那人が持ち込んだ食品、確かハムだったソーセージだったかを持ち込んで検疫で大変な問題を起こしたことがありましたが、支那からの旅行者が食べるために持ち込む食品の類にも要注意でしょう。 空港職員は先日のゴーンの密出国が阻止できなかった件がありますから、いつも以上に職務に注意を傾けてほしいと思います。 本当は、支那からの旅行者を断ることが出来るなら一番いいのだろうが。 臭の権力でわが国への渡航を辞めさせるとかは、やっぱり無理か。

次の

『続・人類と感染症の歴史』の第9章「SARSとMERS」を公開します。

マーズ 発生 源

池上彰のニュース検定 ニュース検定の今日の問題と答えです。 放送後に追記します。 今日の「ニュース検定」のキーワード キーワードは 中東発のMARS SARSに続く新型コロナMARS SARSは2003年7月に終息宣言が出されました。 8ヶ月ほどでウイルスを抑え込んだのです。 それから9年後、新たなコロナウイルスが現れます。 マーズ MARS 中東呼吸器症候群です。 サウジアラビアで発生 マーズの患者が最初に報告されたのは2012年9月、サウジアラビアでした。 その他の中東諸国やヨーロッパに感染が広がりました。 ラクダが持っていたウイルス MARS を引き起こす新型コロナウィルスは、元々はラクダが持っていて、人に感染したとみられています。 中東では生活に欠かせない動物で、移動手段としてラクダに乗るだけでなく家畜として肉を食べたり、ミルクを飲んだりします。 MARSは咳やくしゃみによって人から人へ感染しました。 韓国でMARSが流行 日本で注目されたのは、隣の国韓国で流行したためです。 韓国で最初に感染が確認されたのは、中東から帰国した男性です。 2015年発熱などの症状を訴えて複数の 病院で診察を受けました。 その結果病院スタッフなどに院内感染したのです。 韓国では2ヶ月で収束 結局、韓国では180人以上が感染し、39人の死者が出ました。 韓国政府は感染者の隔離を徹底し、2ヶ月ほどで流行はおさまったのです。 幸いなことに、市中感染はありませんでした。 感染力が強い新型コロナ 今回の新型コロナウイルスは、感染経路がわからない市中感染が多く見られます。 これまでのSARSやMARSよりも感染力が強いウイルスなのです。 感染拡大防止に向けて、一人一人の最大限の警戒が必要です。 ニュース検定前回の問題 今日のことば検定とお天気検定の問題.

次の